経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マイルズ・キンボール 「『恐怖に対する祈り』 ~歯科恐怖症を和らげる魔法の言葉?~」(2012年8月27日)

●Miles Kimball, “The Litany Against Fear”(Confessions of a Supply-Side Liberal, August 27, 2012)


明日は歯医者に行く予定になっているのだが、どうやら根管治療待ったなしのようだ1。歯医者の診察台に座るたびに我が身に迫り来る「中型」の「恐怖」に立ち向かうために個人的にきまって頼りにしてきたのが「ベネ・ゲセリットの祈り」――フランク・ハーバート(Frank Herbert)〔日本語版ウィキペディアはこちら〕のSF小説『デューン』シリーズ〔日本語版ウィキペディアはこちら〕に出てくる「ベネ・ゲセリットの恐怖に対する祈り」――だ。以下に引用しておこう。

恐れてはいけない。
恐怖は心を殺すもの。
恐怖は何もかも忘れさせてしまう小さな死。
我が身に迫り来る恐怖に立ち向かうとしよう。
恐怖が我が身を横切るのを、恐怖が我が身を通り抜けるのをただただ放っておくとしよう。
そして恐怖が我が身を去るのを待つとしよう。心の目を使って恐怖が辿った軌跡をなぞるのはその後(恐怖が我が身を去った後)でのことだ。
恐怖が去った後にはもう何も残ってはいない。
そこにあるのは(後に残るのは)ただ私だけ。

  1. 訳注;歯の根を治療しないといけなくなりそうだ、という意味。 []

コメントを残す