経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マーク・ソーマ 「マルクス vs. コース」(2012年11月21日)

●Mark Thoma, “Marx vs Coase”(Economist’s View, November 21, 2012)


今日は車を長時間運転せねばならないのだが、出発するのに手間取ってしまった。というわけでブログに時間を割く余裕はないので目に付いた記事をいくつか足早にパパッと紹介するとしよう。今回のエントリーではクリス・ディロー(Chris Dillow)のブログ記事を紹介しておくとしよう。

Marx vs Coase: experimental evidence” by Stumbling and Mumbling

企業は不確実性に対処するための効率的な制度。ロナルド・コースはそのように考えたが、別の見方もある。マルクス主義者の信じるところでは、企業というのは資本家が労働者を搾取するための道具ということになる。一体どちらの見方が正しいのだろうか? エルンスト・フェール(Ernst Fehr)率いる研究チームが最新の論文でこの問題に対する実験を通じた証拠を提供している。

・・・(中略)・・・

フェールらによる実験結果によると、雇用契約を結んだ被験者間でのやり取りが一回限りである場合にはプリンシパル(雇い主)役を務めた被験者のうち51%がエージェント(従業員)役を務めた被験者を搾取するに至った(搾取の発生率は51%)という。「(雇い主が手にする)権力1は労働者(従業員)を搾取するために行使され得るというマルクス主義者のアイデアは絵空事ではない」というのが彼ら(フェールら)の結論だ。

・・・(中略)・・・

ところが、雇用契約を結んだ被験者間でのやり取りが何度も繰り返される場合には搾取の発生率は21%にまで落ち込んだという。その理由は? 雇い主(の役を務めた被験者)が「私(我が社)は公平な人間(会社)です」との評判を打ち立てたいと願ったからである。そのような評判を打ち立てることができれば働き手が「この相手(会社)となら雇用契約を結んでもいい」と乗り気になってくれる可能性があるのだ。

フェールらの論文は至ってシンプルな内容ではあるものの、次のような疑問に取り組むための枠組みを提供してくれてもいる。「マルクス的な企業の代わりにコース的な企業が蔓延りがちなのは一体どのような状況だろうか?」2という疑問がそれだ。

公平性を追い求める強固な規範が社会に広く行き渡っている状況というのが考え得る答えの一つ(一つ目の答え)。・・・(略)・・・企業が「善良な」雇い主という評判を打ち立てたいと駆り立てられている状況というのが他に考え得る答え(二つ目の答え)だ。労働市場が完全雇用に近い状態にあるほど企業は「善良な」雇い主という評判を勝ち取りたいと願うことだろう。というのも、労働市場が完全雇用に近い状態にあると人材を確保するために他の企業と争わねばならなくなるからだ。

労働組合の力が強いというのが三つ目の答えとして考え得る状況だ。・・・(略)・・・このことは強力な労働組合は一国経済に好ましい影響を及ぼす可能性を秘めているという私見を補強してくれることにもなる。

四つ目の答えというのも考え得る。労働者が搾取的な雇用契約を撥ね付けることを可能にする外部機会――(生活保護などの)福祉給付がその一例――が確保されている状況というのがそれだ。

資本主義の擁護者の多くは福祉給付のような制度(四つ目の答え)には批判的な様子だが、その様を眺めていると彼ら(資本主義の擁護者)はコース的な企業が蔓延することよりも資本家の権力(労働者の搾取を可能とする権力)を維持することに心惹かれているのではなかろうかと思われてならないものだ。

  1. 訳注;従業員に対してどの職務を割り当てるかをある程度裁量的に決めることができる権限 []
  2. 訳注;「労働者(従業員)が搾取されずに済むのは一体どのような状況だろうか?」とも言い換えられるだろう。 []

コメントを残す