経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マーク・ソーマ 「連歌ノミクス」

●Mark Thoma, “Renganomics”(Economist’s View, May 14, 2014)


さて、話は打って変わって・・・

拝啓 マーク・ソーマ殿(このメールは貴殿のブログで公開していただいても結構です)

貴殿だけではなくEconomist’s Viewブログの読者の皆様にも興味を持っていただけるのではないかと考えまして、余計なお節介かもしれませんが何とも奇抜な論文を紹介させていただきます。この論文では経済学の教育の場に連歌による競い合いを取り入れてはどうかと提案されています。言い換えると、「連歌ノミクス」(“renganomics”)――言葉が織りなす自生的秩序に関する実験――のススメがテーマとなっています。

●Stephen T. Ziliak et al., “The Spontaneous Order of Words: Economics Experiments in Haiku and Renga”(「言葉が織りなす自生的秩序: 俳句と連歌を通じた経済学教育の実験の試み」)

この論文はInternational Journal of Pluralism and Economics Education誌の最新号(Vol. 5, No. 3)に掲載される予定になっています。論文は以下のリンクより無料でダウンロードできます。

http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=2437052

「アブストラクト:自発的な競争を通じて学生たちの創造的な協働と知的な面での成長を促す低コストの協同学習(collaborative learning)モデルが求められている。本論文ではそのような学習モデルに格好の素材として賞金を懸けた連歌大会を取り上げる。俳句経済学(Ziliak 2011, 2009a)と日本に古くから伝わる詩形の「連歌」にインスピレーションを受けて創作された“Capitalistic Crisis”は経済学をテーマに5名の学部生が自らの思いを込めて交互に詠み合った俳句をつなぎ合わせて出来上がった作品であり、「連歌ノミクス」の何たるかを示す好例だと言える。連歌は複数の人が(5-7-5の音節の)上の句と(7-7の音節の)下の句を交互に詠み合ってできる共同作品である。中世の日本では連歌の催しは文芸の醍醐味を満喫するために開かれ、社会的・政治的・経済的な交流の場として機能していた。俳句の応酬を目にした聴衆たちは(連歌の中で語られている)特定のテーマやムード、(その時々の経済の状況も含めた)季節(時勢)に思いを馳せ、その場の雰囲気に酔いしれるのであった。8世紀に貴族の宮廷で行われた催しが起源とされている連歌は次第に庶民の間にも広がりを見せることになったが、競い合いの要素を含む連歌は時に身分を問わず賭けの対象ともなったのであった。2014年の4月にルーズベルト大学で(スティーブン・ジリアクを除く)本論文の著者5名も参加した連歌大会が催された(審査員はスティーブン・ジリアク)。経済学の講義を受講している50名程度の学部生たちが3人または5人からなるチームを作り、賞金50ドルを懸けて45分間にわたって連歌の詠み合いを演じたのである。我々の知る限りではこの大会は経済学をテーマとした英語ではじめての――あるいはすべての言語を含めてはじめての――連歌大会だと思われる。まずはじめに連歌と俳句との関係を含め連歌に関するルールについて簡潔な説明がなされ、その説明の直後に大会が開催されたわけだが、見事グランプリに輝いたのが“Capitalistic Crisis”と“Fashions of Economics: Haiku”の2作品である。」

俳句経済学については過去にも貴殿のブログで取り上げていただいたことがありますが1、さらに詳しい情報は以下のリンクをご覧ください。

http://sites.roosevelt.edu/sziliak/official-site-of-the-haiku-economist-aka-stephen-t-ziliak-2/

敬具

スティーブン・ジリアク(Stephen T. Ziliak)

  1. 訳注;こちらこちらを参照(ともに英語) []

コメントを残す