経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

メンジー・チン「選挙と資産価格」

●Menzie Chinn, “Elections and Asset Prices” (Econbrowser, October 8, 2016)


米ドルに対するメキシコペソの価格と、市場評価によるドナルド・トランプが大統領選で勝利する確率の間の興味深い相関について、ニューヨーク・タイムズ紙上でクラインズが指摘している。

アイオワ選挙市場に基づくと、昨日から今日にかけて選挙予想市場が大きく動いたため、これを一種のケーススタディとするのも面白いと思う。

election_mxn1
図1:ドル・ペソ為替レート(青線:左軸)、大統領選挙での民主党勝利のオッズ(赤線:右軸)。2016年10月8日の数値は東海岸時間午後3時時点のもの。為替レート(青線)の上昇はペソの増価を示す。点線は第一回目の候補者討論会の実施日。出典:FRED, Pacific Exchange Services, アイオワ選挙市場

 

(上のグラフを見る際には、為替レートは正午、オッズは午後11時59分時点のものであることを念頭に置いてほしい)

この週末を通じてオッズが現時点の水準に留まるのであれば、10日(月)にはドル・ペソ為替レートの急上昇が見られるはずだ。


コメントを残す