経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

メンジー・チン 「価格メカニズムがうまく働かないとき ~アカロフの洞察を振り返る~」

●Menzie Chinn, “When Price Does Not Clear the Market”(Econbrowser, June 16, 2011)


価格メカニズムがうまく働かず、需要と供給の不一致がなかなか解消されないのはどのような時だろうか? 新古典派の世界観に異を唱えたとある経済理論家の魅力的なお話に耳を傾けてみることにしよう。

IMF(国際通貨基金)の季刊誌であるFinance&Developmentで私の恩師の一人でありノーベル経済学賞受賞者でもあるジョージ・アカロフ(George Akerlof)の経歴が紹介されている(“The Human Face of Economics”)。「需要」と「供給」の2つさえおさえておけばどんな政策問題であれ答えを出すに十分だと豪語する声がちらほらと聞こえてくる昨今だが、そのような風潮が見られる今だからこそアカロフの洞察を思い起こしてみる必要があると言えるだろう。アカロフの洞察とは何か? それは、情報の非対称性が存在する状況においては価格メカニズムがうまく働かない-価格調整を通じては需給(需要と供給)の不一致が解消されない-可能性があるということだ。記事の中から内容の一部を以下に引用することにしよう。

これまでの研究生活を通じてアカロフの心を最も強く捉え続けたのは「失業」の問題だったが、彼の手にノーベル経済学賞をもたらしたのは(失業の問題に真正面から取り組んだ研究ではなく)「情報の非対称性」の問題を扱った1970年の論文だった-この論文では、情報の非対称性の存在がいかにして市場の存立を危うくするかが明らかにされている-。博士号を取得している経済学徒に「アカロフと聞いて連想する言葉は?」と尋ねると「レモン!」という答えが返ってくることだろう。その理由は1970年の論文の中で中古車市場の例が持ち出されているからである。中古車市場においては売り手と買い手との間に「情報の非対称性」が存在する。つまりは、中古車の売り手は(実際に自分で乗り回した経験もあり)その車の品質について(その車が優良品なのかそれとも「レモン」1なのかについて)買い手よりも詳しく知っているわけである。さて、品質の判断がつかない買い手はどうするだろうか? おそらくは中古車市場に出回っている優良車とポンコツ車のおおよその割合を推測し、そこから市場に出回っている中古車の「平均的な質」を割り出すというのが精々といったところだろう。そして買い手はどの中古車も「平均的な質」の車だと見立てた上で「平均的な質」の車を手に入れるために支払ってもよいと思う金額をどの売り手に対しても提示することだろう。しかし、ここで問題が発生する。優良車の持ち主にとってはその提示金額では(自らの車の品質と照らし合わせると売るにはあまりに安すぎて)売ろうという気にはならないのだ。そのため優良車の持ち主は中古車市場から撤退することになるわけだが、その結果として中古車市場に出回る優良車の割合は低下することになる。すると、それにあわせて(中古車市場に出回る優良車とポンコツ車の割合に基づいて割り出される)市場に出回る中古車の「平均的な質」も低下することになり、買い手が売り手に提示する金額は先ほどよりも引き下げられることになるだろう。するとほどほどの品質の車の持ち主も「その金額では安すぎる」と考えて中古車市場から撤退することになり、その結果として市場に出回る中古車の「平均的な質」はさらに低下し・・・と悪循環は続き、最終的に中古車市場に出回るのは「レモン」だけという結果になるわけだ。

このような問題は古くは馬の売買を巡る葛藤にまで遡るものだとアカロフは語る(「あいつは自分の馬を売りたがっているわけだが、果たして買っていいものかどうか」)。しかし、現在の世界に目をやると情報の非対称性の問題はあちこちに潜んでいることがわかる。特に金融市場がそうだ。アカロフは次のように語る。「今回の金融危機は情報の非対称性の問題をまざまざと示す例だと言っていいでしょう。自分では家を買っているつもりだったのに、いざふたを開けてみると複雑なデリバティブ商品を掴まされていたわけです。」

アカロフが語るところによると、1970年の論文で中古車を例に用いたのはそうしたほうがアメリカの読者に「比較的なじみを持って」読んでもらえるに違いないと考えたからだという。しかし、この問題に興味を抱くそもそものきっかけとなったのは中古車以外のところにあったらしい。1967年から1968年にかけてインドに滞在する機会があり、その折に資金の貸し借りがなかなか思うように進まない様を目にしたことが論文のヒントを得る直接的なきっかけとなったというのだ。1970年の論文では、彼がインドで目の当たりにしたこのエピソード(信用市場の機能不全)だけではなく、高齢者がなかなか保険に加入できない理由や社会のマイノリティが職をなかなか得られずにいる理由が「レモンの原理」(“lemons principle”)を応用するかたちで説明されているが、当時の経済学界にとってはアカロフが持ち出してくる例はどれもこれもがあまりにエキゾチックなものに映ったようだ。最終的にアカロフの「レモン」論文はQJE(Quarterly Journal of Economics)に掲載されることになったわけだが、そこに至るまでに3つのトップジャーナルから掲載を拒否されるという憂き目を見なければならなかったのである。

アカロフが「レモン」論文で取り扱った問題は現在では経済学者の間で盛んに研究される対象の一つとなるに及んでいる。その一方でアカロフその人はというと・・・今もなおフロンティアの開拓に向けて前進を続けている最中であり、レイチェル・クラントン(Rachel Kranton)との共同研究の成果をまとめたIdentity Economics(邦訳『アイデンティティ経済学』)がつい最近出版されたばかりである。そしてアカロフの息子であるロバート(Robert Akerlof)も父親の血をしっかりと受け継いでいるようだ。イェール大学-そこではロバート・シラー(Robert Shiller)からも教えを受けた-とハーバード大学で経済学を学び、父親の後を追いかけるようにして研究者の世界に足を踏み入れたロバートがどんな話題を研究しているかを知ればそのことは一目瞭然だろう。以下にロバートの現在の研究テーマを掲げておこう。腐敗まみれの企業がある一方で、そうではない企業があるのはどうしてだろうか? 企業の経営者が自らの権威の正当性を高めるための手段としてはどのようなものがあるだろうか?(効率賃金の支払いはそのうちの一つだと言える) マイノリティがマジョリティを軽蔑し、あるいはその反対にマジョリティがマイノリティを軽蔑するような対抗文化(oppositional culture)現象が発生するのはどうしてだろうか? グループ間での確執を長続きさせる原因とは何だろうか?

今日の経済社会ではあちこちに情報の非対称性の問題が蔓延っていることを思うと、企業の活動に対する障害を取り除く2だけで果たしてパレート最適な結果がもたらされると言えるのかどうか疑わざるを得ないだろう。外部性やその他の(寡占や独占的競争といった)市場の不完全性の問題に晒されていなくとも、「自由な市場=完全競争市場」というわけでは必ずしもないのだ。それにもかかわらず、情報の非対称性の問題が顕著と思われる医療や金融の分野が抱える問題を解決するためと称して「競争の促進」を勧める声があちこちから聞こえてくる始末なのだ。

かつてこちらのエントリーで取り上げたことがあるが、S&L危機が勃発する過程において規制緩和がどのような影響を持ったかという点についてはアカロフがポール・ローマー(Paul Romer)と共同で行った研究(”Looting: The Economic Underworld of Bankruptcy for Profit”)がある。ジェフリー・フリーデン(Jeffry Frieden)と2人で執筆したLost Decadesの中でも論じたのだが、アカロフとローマーのこの研究はつい最近の危機を理解する上でも多くの示唆をもたらすことだろう。

  1. 訳注;「レモン」というのは黄色い皮に包まれたあの酸っぱい果物のことではなく、ポンコツ車(欠陥車)のことを指している。 []
  2. 訳注;規制緩和などを通じて企業間での競争を促進する []

コメントを残す