経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ラルス・クリステンセン 「アーヴィング・フィッシャーとニュー・ノーマル」

●Lars Christensen, “Irving Fisher and the New Normal”(The Market Monetarist, November 13, 2011)/(訳者による付記)昨日訳出したばかりのタバロックのエントリーと同じ題材がテーマとして取り上げられており、相互に補完し合う内容となっている。興味がある方はどちらもあわせて参照されたい。


2008年以降現在に至るまで続く世界的な同時不況――いわゆる大不況(Great Recession)――から抜け出す術を巡って交わされる議論の多くではデレバレッジ(債務の圧縮)という概念に注目が寄せられる傾向にあるが、その関連でしばしば次のように語られることがある。デレバレッジに向けた動きが続く限りは経済の停滞が長引くことだろう。我々は長期にわたる低成長の時代、「ニュー・ノーマル」(“New Normal”)の時代に足を踏み入れたのだ、と。しかしながら、私にはこのような議論は理論的にも実証的にも欠陥を抱えているのではないかと思われてならないのだ。

アーヴィング・フィッシャー(Irving Fisher)と言えば20世紀を代表する最も優れた経済学者の一人だが、彼のデット・デフレーション(債務デフレ)理論(pdf)は現在広く論じられている「ニュー・ノーマル」というアイデアとかなり密接な関連があるものと思われる。とりわけ彼の理論は「ニュー・ノーマル」の状況からいかにして抜け出すかという問題と深い関わりを持っていると思われるのだ。そこで以下では彼のこの論文の内容を簡単ながら追ってみることにしよう。

フィッシャーがまとめているところでは、資産市場でバブルが破裂した後、経済は次の9つの段階を順を追って辿ることになるという。

  1. 債務の圧縮に向けて大勢の人々が大挙して(商品や手持ち資産の)投げ売りに乗り出す
  2. 銀行ローンの返済に伴うマネーサプライの縮小
  3. 資産価格や物価の下落
  4. 企業の純資産が縮小し、中には破産に至る企業も
  5. 企業利潤の低下
  6. 生産と取引の縮小、雇用の削減
  7. 悲観的なムードが蔓延し、信頼感の毀損が生じる
  8. 貨幣を手元に退蔵する動きが広がる
  9. 名目金利の低下と(デフレによる)実質金利の上昇

これは現在の危機に対する多くの人々の見方をそっくりそのまま描き出したものと言っても言い過ぎではないだろう。資産市場でバブルが発生し、やがてそれが弾ける。バブルの崩壊後は上で描かれているような「自然な」過程を辿ることは必至であり、その途上では痛手を被ることも避けられないというわけだ。

私としてもこの先長きにわたって低成長が続き、デフレ目前の状況にまで追いやられてしまうリスクが存在すること自体に異を唱えるつもりはない。フィッシャーも次のように語っている。

物価水準の下落を食い止めるような何らかの力が働かない限りは、悪循環がとめどなく進行することで経済は更なる落ち込みへと誘われ、1929年~1933年に発生したのと似たような不況(債務の返済を急げば急ぐほど(デフレが進むことで)債務の実質的な負担がますます高まるような状況)が何年にもわたって続くことになるだろう。先ほどの比喩を使うと、傾いた船を元に戻そうとする傾向など微塵も存在せず、やがて船は転覆してしまうということだ。企業の破産が普遍的な現象とでも言えるところまで広がりを見せるに至るや、それまで続いた債務の膨張に向けた動きは方向を転換し、債務は徐々に縮小し始めることだろう。そうなれば自然と景気は回復に向かい、その後しばらくすると新たな景気循環が発生するということになるだろう。不必要で悲惨な破産と失業、そして飢餓の発生を通じて不況は終わりを迎えるわけだが、これが不況から抜け出す「自然な」(“natural”)方法と呼ばれているものなのだ。

これはフィッシャー流の「ニュー・ノーマル」論だと言えるだろう。しかしながら、フィッシャーと巷の「ニュー・ノーマル」論者との間には大きな違いがある。フィッシャーの考えでは、「何年にもわたって続く悪循環」を受け入れねばならない必要性などないのだ。

他方で、これまでの分析が正しければ、リフレーションを通じてこの種の不況を食い止めたり、防いだりすることはいつだって可能だということになろう。すなわち、貸し手と借り手の間で契約が結ばれた時点――既存の債権・債務関係が発生した時点――の平均的な水準にまで物価を引き上げ(リフレートさせ)、その後は物価をその水準に保てばよいのである。

我々マーケット・マネタリストは常日頃より「名目GDPを危機発生以前のトレンドにまで引き戻せ」と推奨しているが、ここでフィッシャーが語っていることはそのヴァリエーションの一つだと言えよう。

「リフレーションを勧めるのはよいが、一体全体どうやってそれを実現するというのだ。金融政策で? それでは到底無理だ」と疑問視する声があるかもしれない。そのような(「流動性の罠」の存在を信じる人々の間からあがる)疑問の声に対してフィッシャーは次のように即答している。

物価水準をコントロールすることは可能だということは貨幣経済学者の間で受け入れられているが、つい最近発生した2つの重大な出来事によってこの見解の正しさが裏付けられている。(1)スウェーデンではこれまでのおよそ2年間にわたって物価の安定が保たれている――目標水準の上下2%の範囲には必ず収まっており、大抵は上下1%の範囲に収まっている――。(2)適切な手段を用いることで、あるいは適切な手段が用いられそうだと見込まれるだけでも、それほど時間をかけることなく容易にデフレーションを反転させることができるということはアメリカのルーズベルト大統領が実証しているところである。

1933年にルーズベルト大統領は金本位制から離脱する決断を下したが、そのエピソードに関連してフィッシャーは次のように語っている。

「ルーズベルト大統領がリフレーションの達成を約束し、その実現に向けて動き出したからこそ景気が回復に向かっているのだという見方は間違っている。景気が回復局面にあるのは単に景気が底打ちしたからだ」との意見があるが、そのような意見はひどく間違っていると言えよう。そもそもそのように語る人々から景気の底打ちを示す証拠が提出されたという話は寡聞にして知らないのだが、仮にそのような意見が正しいとすれば私のこれまでの分析は大きく間違っているということになるだろう。入手可能なありとあらゆる証拠に照らすと、1933年3月4日1 時点の債務とデフレはかつてない規模に達していたことが示されている。私のこれまでの分析に従えば、仮に3月4日以降も債務とデフレの問題が放置されたままであったとしたら経済はこれまで以上にひどい惨状を呈することになっていたことだろう。仮に経済に対して「人工呼吸」(“artificial respiration”)が施されていなかったとすれば2、住宅ローンの保証会社や貯蓄銀行、保険会社、鉄道会社、地方政府、州政府の間で破産が相次いでいたことだろう。おそらく連邦政府も国債を償還する(借金を返済する)ために輪転機に頼らざるを得ない3状況に追い込まれていたことだろう――あまりにも遅すぎであり、そして大変嘆かわしいかたちではあるが、これも「人工呼吸」の一つではある――。それでもなお政治指導者たちが経済の「自然治癒」にこだわり、インフレの受け入れに抵抗し続け、財政収支の帳尻を合わせるために公務員の削減に乗り出したり増税に訴えるようであれば、あるいは借り入れをさらに増やそうと試みるようであれば、早晩彼らは政治指導者としての地位を失う羽目に陥ることだろう。というのも、ゆくゆくは連邦政府自体が破産状態に追いやられる可能性があるとともに、次の選挙を待つまでもなく何らかのかたちで革命が引き起こされる可能性があるからだ。現に中西部の農民たちの間では法律の無視を決め込んだ行動が蔓延りつつあるのだ。

これまで述べてきたことが正しいとすればこういうことになるだろう。経済の行方を自然の成り行きに任せるということは医者が肺炎患者を見て見ぬ振りをするのと同じくらい不道徳的で馬鹿げている。経済学も医学と同様に治療学としての側面を備えているが、経済の行方を自然の成り行きに任せるということは治療学としての経済学に対する侮辱を意味してもいるのだ。

フィッシャーの主張を現在の文脈に置き換えて解釈するとこういうことになるだろう。今現在我々は金融面でのショックに端を発するデット・デフレーションの悪循環の入り口近くに立たされており、この先何年にもわたって低成長に苦しめられる可能性がある。しかしながら、金融政策を通じて――例えば、名目GDPを危機発生以前のトレンドにまで引き戻すことで――経済の下方スパイラルを食い止めることは可能である。政策当局者がルーズベルト大統領に劣らぬ決心を見せさえすれば、あるいは大恐慌期のリクスバンク――スウェーデンの中央銀行――の経験(pdf)から教訓を学び取りさえすれば、流動性の罠など存在しないも同然なのだ。

  1. 訳注;1933年3月4日というのはルーズベルトが大統領に就任した日時を指している。 []
  2. 訳注;仮にルーズベルト大統領がリフレ政策を採用していなかったとしたら、という意味 []
  3. 訳注;国債を償却するための原資として貨幣の新規発行に頼るということ []

Comments

  1. 復興現場を巡っての建設資材の高騰は、本格的なインフレーションの幕開けではないだろうか。政府は資器材の調達においてこの兆しを助長するよう配慮するべきではないか?

コメントを残す