経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ラルス・クリステンセン 「カッセルの敗北 ~デンマークとノルウェーにおける1920年代の金融政策の失敗~」

●Lars Christensen, “Danish and Norwegian monetary policy failure in 1920s – lessons for today”(The Market Monetarist, June 12, 2012)


これまでに人類が歩んできた歴史を振り返ると、そこには金融政策の大失敗の例があちこちに溢れている。現在政策を実行する立場にある者たちには是非ともそのような失敗の事例に目を向けてもらいたいものだ。そうすればそこから多くのことを学べるに違いない。そして失敗の歴史に学ぶ上では是非ともあの人物に伺いを立てるべきだろう。あの人物というのはスウェーデンの尊敬すべき貨幣経済学者グスタフ・カッセル(Gustav Cassel)である。カッセルは1920年代にデンマークとノルウェーの政策当局者たちが金融政策の大きな過ちを犯しつつある時にそれを食いとどめようと忠告を試みたのである――そして不幸にもその試みは失敗に終わった。

第一次世界大戦終了後、ヨーロッパ各国の政策当局者たちは相次いで金本位制への復帰を目指すことになった。戦時中にインフレが急速に進んでいたにもかかわらず、多くの国では戦前の旧平価で金本位制に復帰することが公式の政策として採用された。デンマークとノルウェーもまたその例外ではなく、両国の政策当局者たちは戦前の旧平価で金本位制に復帰することを決めた(言い換えると、クローネの切り上げを決めた)のであった。

旧平価での金本位制復帰は1920年代を通じてデンマークとノルウェーの両国に多大なる経済的・社会的な苦難をもたらす格好となったばかりか、自由放任的な資本主義――両国ではそれまで自由放任的な資本主義に高い支持が集まっていた――を支持する声を完膚なきまでに打ちのめすことにもなったのである。何とも逆説的なことに、(金融・通貨政策の面での)政府の失敗が経済における政府の役割の拡大に向けた扉を開く格好となったわけだ。金融政策の失敗にはかような政治的な危険が伴うわけであり、当時カッセル以上にそのことを理解していた人物はいなかったであろう。

デンマークとノルウェーの両国で採用されたデフレ政策がそれぞれの物価水準に及ぼした影響については以下のグラフをご覧いただきたい(1924年の物価水準を100とおいている)。スウェーデンも金本位制に復帰はしたものの、その過程で通貨の切り上げが追い求められることはなかった。

pricenosedk

1920年代の後半を通じて世界の大半の国々は比較的高い経済成長を記録することになったが、デンマークとノルウェーの両国は政府による意図的なデフレ政策のために苦難に耐え忍ばなければならなかった。両国では失業が急増し、経済活動が急速な勢いで低迷することになったのである。今日ユーロ圏経済に対して「内的減価」(“internal devaluation”)1を勧める声を耳にすることがあるが、そのような声を聞いた際には是非とも1920年代のデンマークとノルウェーの例を思い出してもらいたいものだ。両国で採用されたデフレ政策は成功とは決して言えず、その弊害は誰の目にも明らかだったにもかかわらず、両国における政策当局者と多くの経済学者たちは旧平価での金本位制復帰を正しい政策だと公言していたのである。

以下のグラフは失業率の推移を表わしたものだ(縦軸が失業率。単位は%)。

unempnosedk

両国の政策当局者の中でカッセルの忠告に耳を傾ける者は一人としておらず、そのため1920年代の後半を通じて両国経済は停滞の憂き目に遭い、失業は大幅な増加を見せたのであった。一方で、その同じ期間にフィンランドとスウェーデン――どちらの国も金本位制に復帰はしたものの、その過程で通貨の切り上げが追い求められることはなかった――は力強い経済成長と低い失業を謳歌したのである。

カッセルはデフレ政策の採用に向かいつつあるデンマークとノルウェーの政策当局者たちに対して強い口調で警告を発した――もしも彼が現在も生きていたとしたら、ユーロ圏経済に「内的減価」の採用を勧める声に対して同じくらい強い口調で警告していたことだろう――。1924年にカッセルはコペンハーゲンのとある学生会館でスピーチを行い、その中でデンマーク・クローネの切り下げを強く訴えた。デンマークのセントラルバンカーらはカッセルのそのようなメッセージを聞いて当然いい気分ではなかったが、かといって彼らには恐れるべきものは無いも同然だった。カッセルの忠告は「我らが古き良き誠実なクローネ」(“Our old, honest krone”)を求める人々の掛け声の前にかき消されてしまったのである。

デンマークの中央銀行はデンマーク・クローネの切り上げと旧平価での金本位制復帰を実現するために金融政策の急激な引き締めに向かい、公定歩合を7%にまで引き上げることになった(7%というのはスペイン国債の現在の利回りとほぼ同じ水準である)。このような中央銀行による意図的な行動の結果として、1924年から1927年までの間にデンマーク・クローネもノルウェー・クローネもともに倍の水準にまで切り上がることになったのである。

デンマークにおいてと同様にノルウェーでも金(ゴールド)への狂気の沙汰とも思われるほどの執着はそこら中に蔓延っており、この地で正気を保っていたのはカッセルただ一人だけであった。1923年11月、カッセルはクリスチャニア(現在のオスロ)でスピーチを行い、その中でノルウェー・クローネを旧平価の水準にまで切り上げようとする馬鹿げた試みを批判した。カッセルがスピーチを行った会場にはノルウェー中銀のニコライ・リグ(Nicolai Rygg)総裁も居合わせており、リグ総裁はカッセルのそのような批判を聞くや憤慨の色を露わにしたのであった。

カッセルのスピーチ終了後に入れ違いで壇上に登ったリグ総裁は聴衆に向かってこう語りかけた。100年前にノルウェー・クローネは旧平価の水準で金(ゴールド)と交換することが保証された。我々は100年前と同じことを再び繰り返すことができるし、そうすべきなのだ。「我々は100年前に確立された旧平価に立ち戻るべきなのだ。必ずや立ち戻ってみせる。決してあきらめるわけにはいかないのだ」。その翌日、首相であるアブラハム・バージ(Abraham Berge)は公のインタビューの席上でリグ総裁の意向を全力でサポートする旨を明らかにした。ノルウェー中央銀行とノルウェー政府がともに旧平価で金本位制に復帰することを決意した瞬間であった。

1920年代におけるデンマークとノルウェーのセントラルバンカーの行動は経済合理性を欠いたものだったわけだが、1920年代のデンマークとノルウェーの歴史は「プロジェクト(国家プロジェクト)」――ユーロであったり金本位制であったり――の実行に向けて舵が切られ、経済合理性よりもその実現が優先されるようになった場合にどのような結果が待ち構えているかを思い出させてくれている。さらには、「内的減価」が強行された場合にその国では経済・社会・政治の次元で痛ましい結果が待ち受けていることも思い出させてくれているのだ。1920年代に発生したデフレはデンマークにおいてもノルウェーにおいても社会主義政党の台頭を招くことになり、両国はそれまで成果を上げていた自由放任モデルから離反することになったのであった。「内的減価」の追求を押し付ければその国で社会主義の伸張と自由市場の退潮を招く可能性があることを自由市場の役割を重視すると自認する世のコメンテーターや政策当局者、経済学者はよくよく銘記しておくべきだろう。カッセルはそのことをよくわかっていた。そしてマーケット・マネタリストの面々もそのことは重々承知している。
———————–
今回のエントリーはリチャード・レスター(Richard Lester)による次の論文 “Gold-Parity Depression in Denmark and Norway, 1925-1928”(Journal of Political Economy, August 1937)に大きく依拠していることを断わっておく。

(追記)ドイツの政策当局者の中には経済史や貨幣史から学んでいない人物がいるようだ。その例としてこちらの記事を参照されたい。

  1. 訳注;名目賃金の引き下げ(=デフレ)(というかたちでの実質為替レートの減価)を通じた輸出競争力の回復 []

コメントを残す