経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ラルス・クリステンセン 「若かりし日のケインズはマネタリストだった!?」

●Lars Christensen, “The young Keynes was a monetarist”(The Market Monetarist, July 8, 2013)/(訳者による付記;2014年3月18日)山形浩生氏が(本エントリーでも取り上げられている)ケインズの『貨幣改革論』を全訳されています。『一般理論』だけではなく、『貨幣改革論』までネット上でタダで閲覧できるとは何ともありがたい話です。


貨幣・金融問題を専門的に研究している経済学者に推薦図書のアンケート(「貨幣を巡る問題について学ぼうと考えている学生に対してあなたならどの本をお薦めしますか?」)をとっている最中なわけだが、今日もまたその結果の一部を報告することにしよう。今回の「犠牲者」はスコット・サムナー(Scott Sumner)である。四の五の言わずに早速紹介することにしよう。サムナーの推薦図書リストは以下である。

◎デイヴィッド・ヒューム(David Hume) 経済学に関する一連のエッセイ

◎アーヴィング・フィッシャー(Irving Fisher) The Purchasing Power of Money(『貨幣の購買力』)

◎ケインズ(Keynes) A Tract on Monetary Reform(『貨幣改革論』)

◎ラルフ・ホートレー(Ralph Hawtrey) The Gold Standard in Theory and Practice(『金本位制度の理論と実践』)

◎フリードマン&シュワルツ(Friedman and Schwartz) A Monetary History of the US(『合衆国貨幣史』)

◎デイヴィッド・グラスナー(David Glasner) Free Banking and Monetary Reform(『フリーバンキングと貨幣改革』)

◎ロバート・バロー(Robert Barro) Macroeconomics(『マクロ経済学』)

当初私は推薦図書として5冊選んでほしいと依頼していたのだが、サムナーは上のリストにあるように7冊を候補に挙げた上で「この中から君が好きなように5冊選び出してくれ」とのことだった。何よりも重要なことは一人でも多くの人に推薦図書を読んでもらうことにあるわけだから、図書の数が5冊か7冊かというのはそれほど大したことではないのだが、サムナーが語るには「どうしても5冊に絞らなければならないとしたらヒュームとケインズを削ってくれ」とのことだった。そのため、これから私は(サムナーに対して)不公平極まりない所業に手を染めることになる。というのも、これから先はケインズの『貨幣改革論』に焦点を絞って話を進めていくつもりだからだ。

なぜ『貨幣改革論』を取り上げるかというと、サムナーだけではなく(アンケート対象者である)その他の多くの学者もまたこの本を推薦図書に挙げているからである。実のところ、私自身もこの本を興味深く読んだ一人である。それというのも、『貨幣改革論』は「ケインジアンの書」-ここで「ケインジアン」というのはケインズの最も有名な本である『一般理論』からその発想の源を引き出している立場を指している-というよりも「マネタリストの書」というにふさわしい内容だからである。

『貨幣改革論』がマネタリストの書に他ならないということを確認するために、ここでちょっとその序文を見てみることにしよう。以下は序文の写真である。

tract

この序文でケインズが言わんとしていることはこういうことである。貨幣が存在しない1 世界では自由な市場は均衡に向かう-需要と供給が一致する-傾向にあるが-これは基本的にはワルラス的な世界であると言える-、一度貨幣が導入されるや、貨幣の需給(需要と供給)に不均衡が生じる可能性があり、もし仮に貨幣の需給に不均衡が生じることになればその影響が他の市場にまで波及することになる。ケインズ自身は次のように表現している。

「しかしながら、人々が安定的な価値尺度と見なしている貨幣が当てにならなくなる(undependable)場合には、その他の市場はうまく機能し得なくなる。」

実のところ、この見解はリーランド・イェーガー(Leland Yeager)やクラーク・ウォーバートン (Clark Warburton)らが「マクロ経済的な不均衡」(macroeconomic disequilibrium)を説明する際のアプローチとまったく同じである。つまりは、景気後退やデフレ/インフレといった現象の背後には金融政策の失敗があると見なすわけである。これ以上にマネタリスト的な立場があり得るだろうか?

1996年のことになるが、ブラッド・デロング(Brad DeLong) が『貨幣改革論』を書評の対象に取り上げている。この大変優れた書評の中で彼は次のように語っている。「『貨幣改革論』はマネタリズムの経済学を扱った書の中でもこれまでで最高の一冊である」。私自身はこの本をデロングほど高く評価する気はないものの、『貨幣改革論』はその根本においてマネタリストの書であり、大変優れた一冊であるという点には何の躊躇もなく同意する。しかし、「マネタリズムの経済学を扱った書の中でもこれまでで最高の一冊である」とまで言えるかというと、決してそうとは思わない2

ともあれ、デロングのこの書評は是非とも一読してもらいたいお薦めの作品である。『貨幣改革論』の全体(全5章すべて)にわたってコメントが加えられており、「ケインジアン」となる以前のケインズがどのような考えを抱いていたかが非常に的確に描き出されていると思う。

貨幣制度さえきちんとしていれば、後は市場に任せればよい

貨幣制度に混乱がもたらされるや、その影響で経済全体も混乱に見舞われることになる。『貨幣改革論』の全般的なメッセージを私なりにまとめるとこうなるのではないかと思う。ということは、それとは反対に、ルールの導入を通じて貨幣制度の安定性と予測可能性が高められることになれば、自由な市場がその機能を発揮しはじめることになり、価格メカニズムの働きを通じて多かれ少なかれ資源の効率的な配分が実現されるということになるだろう。これはまさしくスコット・サムナーが長いこと口にし続けてきたメッセージである。FRBによる金融政策の予測可能性を高めるためにNGDP水準目標というルールを導入せよ。そうすれば、残りの問題は自由な市場が解決してくれるだろう、というわけだ。

実際のところは、2008年以降から現在に至るまでFRBをはじめとした各国の中央銀行は貨幣制度に混乱を招き寄せ、その結果経済全体に大きな被害をもたらす格好となったわけだが、そのような現代のセントラルバンカーたちに対して90年前(1923年)のケインズから次のようなメッセージが寄せられている(再び序文からの引用)。

「通貨に関わる分野ほど保守的な発想がはびこっている領域はない。しかし同時に、革新(新たな発想)の必要がこれほど切迫している領域も他にはない。しばしば次のような警告を耳にすることがある。金融界は自らが抱える問題を理解する能力を欠いており、それゆえ通貨を巡る問題を科学的に取り扱うことなどできやしない、と。もしこの警告が正しいとすれば、彼ら(金融界)が礎となって支えているこの社会の秩序はやがて崩壊してしまうことだろう。しかし、そんな警告など信じない。これまでの我々に欠けていたのは既存の分析結果を理解する能力なのではない。ありのままの事実に関する明晰な分析それ自体が欠けていたのだ。目下のところ各所で新たなアイデアが語られ始めているが、そのアイデアが健全で正しいものであれば早晩広く普及するに違いない。」

ケインズのこの言葉は中央銀行が今まさに抱えている危機をそっくりそのまま描き出しているように私には思える。しかし、それ以上に、適切な「貨幣改革」の重要性を理解してもらうためにセントラルバンカーと世間一般の人々の啓蒙に向けて何度も何度も試みを続けるサムナーの姿を表現しているように思える。若きケインズやグスタフ・カッセル(Gustav Cassel)、リーランド・イェーガー、ミルトン・フリードマン(Milton Friedman)といった偉人が歩いたその道をラディカルな貨幣改革の必要性を訴えながらひた歩くその男の名はサムナー、というわけだ。

最後にどうしても指摘しておきたいことがある。今年の後半になりそうだとのことだが、ついにサムナーの大恐慌本が出版される予定なのだ。個人的にはサムナーのこの本は大恐慌に関する古典となるに違いないと踏んでいる。ありがたいことに草稿を読ませてもらったのだが、もし出版されることになれば是非ともみんなにも購入してもらいたいところだ。サムナーによると、本のタイトルは『ミダス・パラドックス』(“The Midas Paradox: A New Look at the Great Depression and Economic Instability”)となる予定とのことだ。

(追記)デロングの書評の中から「若きケインズ」と「老ケインズ」に関するコメントを引用しておこう。

「貨幣の価値が当てになる(安定している)場合には貯蓄の決定と投資の決定をそれぞれ民間の主体に任せても万事うまくいくとの暗黙の想定がここにはある。しかし、国内の物価が安定していればマクロ経済は順調そのもので景気循環の程度も軽微で済むだろうとの考えも1930年代の大恐慌の衝撃を経験した後のケインズにはもはや信頼に値しなくなっていただろう。しかし、今日では大恐慌はよくある景気循環の大規模版ではなく金融仲介と世界貿易の崩壊、それも滅多に見られない崩壊によって引き起こされた物珍しい災害なのだと考えられており、そのような今現在の観点に立って考えると、1924年のケインズ(『貨幣改革論』のケインズ)よりも1936年のケインズ(『一般理論』のケインズ)を受け入れるべきなのかどうかは決してはっきりとしない。さらに加えるに、1936年のケインズよりも1924年のケインズの方が文章がよく書けている。文は明瞭だし、学者の文章という感じでもなく、形式ばってもいない。内容もわかりやすくて回りくどくなく、議論の展開も追いやすい。そして機知に富んでもいる。 」

  1. 訳注;物々交換を通じて財がやり取りされる、という意味。 []
  2. 訳注;コメント欄でデロングから「『貨幣改革論』よりも優れたマネタリズムの本って何だとお思いで?」と尋ねられたクリステンセンは、リーランド・イェーガーの“Fluttering Veil”とミルトン・フリードマンの“Monetary Mischief”、そしてクラーク・ウォーバートンの“Depression, Inflation, and Monetary Policy; Selected Papers, 1945-1953”の3冊を挙げている(中でもベストはイェーガー本とのこと)。 []

Comments

  1. ケインズ『お金の改革論』(貨幣改革論)
    http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20140317/1394984444

    • お知らせいただきありがとうございます。記事の冒頭で紹介させていただきました。私も折を見て拝読させていただきます。

コメントを残す