経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

債務上限問題再び

Mark Thoma, “The Debt Ceiling Once Again“, Economist’s View, September 13, 2013


我々はまたもや政府債務についての政治的クラッシュに向かっている。共和党は社会保障プログラム(オバマケア)を停止させるために行政機能の停止を盾にとり、また金融セクターの健全性を脅かしている。そんな中で心に留めておくべきことがいくつかある。

まず、長期的な債務危機はこれまでもそうであったようにいつでも一義的には健康保険のコストのことを意味している。

次に、そして重要な事に、それは「多くは民間部門におけるヘルスケア提供コストの上昇によってもたらされている」問題なのである。つまりそれは政府や政府が提供するヘルスケアプログラムによってもたらされた問題ではないのだ。

三番目に、オバマケアはヘルスケアコストを減少させていることを示唆する証拠がある。

四番目に、社会的セーフティネット(共和党が大幅な縮小あるいは撤廃を強く求めているもの)は不況の深刻さを限定させる重要な役割を果たしている。これらのビルトインスタビライザーがなければ状況はもっとひどいことになっていたのかもしれないのだ。


About Takayuki Takinami

コメントを残す