経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

Archives for 2月 2012

Noah Smith: マクロ経済学手法の政治的中立性

Are macroeconomic methods politically biased?” by Noah Smith from Noaphinion


最近のポストで、スティーブ・ウィリアムソンはこんなことを書いている。

現代マクロ経済学の手法は、もはや右派や左派のものではない。共和主義や自由主義、民主主義や、それ以外のどんな主義のものでもない。学問としての経済学のものだ。

僕は長い間このことについて考えてきたけれど、スティーブが正しいかどうかは自信が持てない。現代マクロ経済学の方法論は、ときに保守的な政策に寄った効果を持つことがあると思うからだ。
[Read more…]