経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ベン・バーナンキ 「金融政策と世界経済」

●Ben Bernanke, “Monetary Policy and the Global Economy”(At the Department of Economics and STICERD (Suntory and Toyota International Centres for Economics and Related Disciplines) Public Discussion in Association with the Bank of England, London School of Economics, London, United Kingdom, March 25, 2013)/(訳者による付記)バーナンキがFRB議長時代の2013年3月に行ったスピーチの翻訳。このスピーチが行われたのは今からちょうど1年ほど前のことになりますが、その当時は主要先進各国の中央銀行が歩調を合わせるようにして金融緩和に乗り出す構えを見せており、そのような動きを受けて「通貨安競争だ」「近隣窮乏化政策だ」といった批判の声がメディアを度々賑やかせていたものです。バーナンキのこのスピーチはそのような批判に対する応答を意図したものであり、1930年代の大恐慌の教訓を振り返りつつ次のような結論が導き出されています。「現在先進各国で同時に進行中の金融緩和策は、「近隣窮乏化」ではなく、ポジティブ・サムな「近隣富裕化」をもたらすと考えられるのです」。このスピーチが行われてからすでに1年が経過しており、時事性に欠けるきらいがあるのは否めませんが、大恐慌という歴史的な事件に関する要を得た解釈として、さらには将来再び似たような状況が生じた際の参考資料としてそれなりに意義を持ち得るのではないかと思われます。また、このスピーチではFRBの金融政策が新興各国に及ぼす影響についても話題にされており、(方向性は反対ですが)FRBによるテイパー(量的緩和の縮小)が新興各国に及ぼす影響を考える上でも有用な示唆を得ることができるかもしれません。なお、このバーナンキのスピーチは本サイトでも訳出されている次の論説 “メンジー・チン 「近隣富裕化政策としての世界同時リフレ ~回復スピードが二極化する世界におけるリフレーションと支出転換~」”でも話題にされています。あわせて参照していただければ幸いです。


古き良き友人であるマーヴィン・キング(Mervyn King)を称えるカンファレンスにこうして参加することができ、大変嬉しく思います。つい最近彼もニューヨークでの講演で触れていましたが1、経済学の研究者に成り立ての頃、彼と私とはMIT(マサチューセッツ工科大学)の同僚であり、研究室も隣同士でした。あれから30年経った今も同僚のままである――とは言っても、現在ともに同じセントラルバンカーであるという意味でですが――とは想像だにしませんでした。研究者仲間であった当時もそうでしたが、今も変わらず彼のアドバイスや洞察には敬意を払っています。 [Read more…]

  1. 原註1;Mervyn A. King (2012), “Talk to the Economic Club of New York(pdf)”(ニューヨーク経済クラブでの講演、2012年12月10日) []

ベン・バーナンキ 「ラテンアメリカにおけるインフレの実情:新時代の到来?」

●Ben Bernanke, “Inflation in Latin America: A New Era?”(At the Stanford Institute for Economic Policy Research Economic Summit, Stanford, California, February 11, 2005)/(訳者による付記) ベン・バーナンキがまだFRBの(議長ではなく)理事を務めていた2005年2月に行ったスピーチの翻訳。ラテンアメリカ諸国がなぜ「ハイパーインフレ」に陥り、またどのようにしてそこから抜け出したのかが豊富な知識をもとにして語られており、ラテンアメリカ経済の戦後の歩みを貨幣・金融的な側面から学ぶ上で格好の資料と言えるのではないかと思われます。ハイパーインフレというのは基本的には巨額の財政赤字を賄うための手段として貨幣の新規発行に訴える(マネタイゼーションと呼ばれたりします)結果として生じるわけですが、それではなぜラテンアメリカ諸国がハイパーインフレにつながるようなマネタイゼーションに乗り出したのかという点(言うなれば、ハイパーインフレの「根本的な」原因)にまで踏み込まれており-その文脈で「アイデア」と「政治」の役割に目が向けられています-、大変刺激的な内容ともなっているように感じられます。バーナンキのスピーチの中でも個人的にお気に入りのうちの一つです。


FRBは自らの行動を通じてインフレの抑制とその安定化を成し遂げた事実を誇らしく感じていますが、それも当然のことだと言えるでしょう。今から25年前にポール・ヴォルカー(Paul Volcker)がFRBの議長に就任した際、アメリカ国民は2桁台のインフレ率と低迷する経済のパフォーマンスに耐え忍ぶ日々を送っていました。そのような状況を前にして、ヴォルカーならびにアラン・グリーンスパン(Alan Greenspan)率いるFOMC(連邦公開市場委員会)はアメリカ経済に物価の安定をもたらすべく数々の行動に打って出ました。1980年代中頃以降、アメリカでは経済成長のペースが加速するだけではなく、生産と雇用の変動が大きく縮小することになりましたが、そのような好ましい結果がもたらされたのもFRBの努力によってインフレが抑え込まれたからこそであるように思われます(Bernanke, 2004)。

FRBによるインフレ退治の記録は我々に強いインパクトを与えますが、我が国の南方に位置するラテンアメリカの国々におけるめまぐるしく変転するインフレの歩みと比べるとそのインパクトも見劣りするかもしれません。20世紀後半のラテンアメリカ経済は高率のインフレに何度も苦しめられました。それだけではなく、経済成長のペースは不規則であり、経済危機や金融危機に直面することも珍しくはありませんでした。しかしながら、1990年代の中頃以降に入ると、ラテンアメリカのほぼすべての地域でインフレが劇的なまでに低下することになりました。ラテンアメリカの大半の国々ではインフレ率が1桁台にまで低下することになったのです。 [Read more…]

ベン・バーナンキ「コミュニケーションと金融政策」

Ben S. Bernanke “Communication and Monetary Policy” (November 19, 2013) At the National Economists Club Annual Dinner, Herbert Stein Memorial Lecture, Washington, D.C.


8年近く前に私が議長の職を務め始めた際、最優先の課題の一つはFedの透明性を高めることであり、とりわけても金融政策を合理的に可能な範囲で透明で開かれたものにすることでした。私は当時、そして今も変わらず、金融政策の透明性は人々の理解と信頼を育み、政策選択に関してより広い情報に基づいた議論を促し、課せられた目標を達成するにあたっての金融政策決定者の説明責任を向上させ、ひいては金融政策、金融の環境、そして実体経済の間の繋がりを密にすることで金融政策をより効果的なものにすると信じています。もちろん、その後すぐに金融危機とその余波への対処がFedの主要な焦点となりました。しかしながら、金融システムの安定化の後に明らかになったように、大恐慌以降で最も深刻なものとなった景気後退から経済が抜け出すのを支えるためには、金融政策のコミュニケーションと透明性がこれまでにないほど大きな役割を担っているのです。 [Read more…]

ベン・バーナンキ「金融パニックの一例としての2008年危機」

Ben S. Bernanke “The Crisis as a Classic Financial Panic“(November 8, 2013) At the Fourteenth Jacques Polak Annual Research Conference, Washington, D.C.


スタンリー・フィッシャーを讃えるこの会議に参加することができ、大変嬉しく思っています。スタンは私の大学院時代の先生で、そうした経緯からこれまで頻繁に助言をもらっていますし、私にとっての目標であり続けています。彼は金融危機の専門家であり、その分野について多くのものを書いていますし、さらに特筆すべきこととして、1990年代の新興市場危機の際にはIMF事務次長として最前線に立っていました。彼は1980年代のイスラエルのハイパーインフレーションに対する闘いにおいても一助となりましたし、近年の金融危機にあたっては、同国の中央銀行総裁としてその影響を緩和するために巧みに金融政策を駆使しました。その後のイスラエルの住宅価格上昇に際して、彼は金融安定性を維持するためのマクロ・プルーデンス政策の擁護者かつ実施者の先駆けとなりました。
[Read more…]

ベン・バーナンキ「アメリカにおける中央銀行の100年:目標、枠組み、説明責任」

Ben Bernanke, “A Century of U.S. Central Banking: Goals, Frameworks, Accountability” (July 10, 2013)
At the “The First 100 Years of the Federal Reserve: The Policy Record, Lessons Learned, and Prospects for the Future,” a conference sponsored by the National Bureau of Economic Research, Cambridge, Massachusetts
[Read more…]