経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ジョナサン・ハイト「学界における視点の多様性を向上させるために:2017年の展望と目標」(2017年1月3日)

・Jonathan Haidt, “Heterodox Academy: Our Plans for 2017“, January 3, 2017.

 

ヘテロドックス・アカデミー(Heterodox Academy、以後文中ではHxAと表記)の目標は「学界における視点の多様性を向上させること」だ。視点の多様性…特に政治的見解の多様性…は1990年代以降減少し続けているということ、そして視点の多様性を向上させることは大学における研究と教育の質を向上させる可能性が高いということを、我々は繰り返し指摘してきた

2015年9月にHxAを立ち上げてからの十六ヶ月間、HxAは前述の目標を追求することに非常に成功してきた。最初には25人だったメンバーも今日では363人となり、下の表に示されているように、メンバーたちの政治的見解は様々に分布している。HxAは学界のなかでも最も政治的に多様な団体であり、伝統的に学問的な生活の特徴とされてきた幅広い研究と市民的な意見の不一致のある種のモデルをメンバーたちは示しているのだ。

 

breakdown-1

 

2016年には我々は117のブログ記事を発表し、およそ25万人の読者がHxAのサイトを訪問した。有名なメディアもHxAを好意的に取り上げた。我々は、政策の情報源になるような、新しくて必要性の高いデータを収集した。そして、政治的な分裂と緊張が増していった2016年において、我々は視点の多様性が持つ価値を訴えてきた。

(…中略…)

しかし、2016年11月8日、政治的な激震がアメリカで起こった。大学に職を得ている我々の大半はヒラリー・クリントンが大統領選で勝利すると予測していたし、我々の多くは民主党が上院多数派を取り戻すだろうとも思っていた。ドナルド・トランプの意外な勝利と、連邦政府と多くの州政府における三権分立が全て共和党によってコントロールされることになるという事態は、アメリカの大学の状態をこれまでとは非常に違ったものにする。大学における生活に影響を与えようと試みている全ての団体は、この変化について熟慮して注意を払うべきだ。

大統領選の結果はHxAの目標に特に関係のある三つの変化をもたらした、と私は考える。

1.視点の多様性が持つ価値を以前よりも多くの人々が認識するようになった。それも、ソーシャルメディアやソーシャルネットワークによって作り出された党派的な「幻想」の解毒剤としての価値だ。多くの社会科学者やジャーナリストや世論調査員が、今回の選挙に働いていた力学を計算し損なった。分裂した時代において真実を追求することにコミットメントすることは、全ての立場の人々に対して、自分たちとは異なる意見を持っている人々を探し出して彼らの意見を聞くという行為に肯定的に踏み出すことを要求する。オバマ大統領を含む、左派の組織や著述家たちの多くが、視点の多様性をより高める必要があると訴えた。HxAは、「視点の多様性」という単語を普及させたことについての実績を誇ることができる。

2.連邦政府から大学にもたらされる圧力の質が変化する。2011年には、オバマ政権下の教育省は教育関係者宛の書簡を発表し、ハラスメントという概念を拡大して以前よりもずっと広範な言語行為までをもハラスメントに含まれると見なすように、大学へ圧力をかけた。このハラスメントに関する新しいルールを遵守しない場合、大学は連邦政府からの援助金を失うリスクに晒された。この新しい政策は、学生と教員たちの言論や社会的活動をこれまでよりもずっと徹底して監視することを大学に奨励して、様々な問題をキャンパスに引き起こした。トランプ政権下の教育省がこのルールを撤廃することを私たちは期待できるし、それはキャンパスで起こっている問題について各大学それぞれが最善だと考える方法で対処するための裁量権を大学に与えることになるだろう。

しかし、共和党の候補者の一人が大統領選で示唆したように、これまでとは異なる政治的目標のために、新たな教育省と司法省がこれまでとは異なる圧力を大学に与えるという可能性は極めて高い。一般的な原則として、大学が政治的な争いの舞台になって左右のどちらでも権力を持った側に好きにされてしまうことを、私は憂慮している。HxAのメンバーたちの大半も学問的な生活の政治化を減らしたいと望んでいるだろうと私は考えるし、私たちはそれを大学の内側から試みている。HxAは、左右どちらの側から来るものであるかに関わらず、学問の自由を脅かすものに反対するであろう。

3.政治的な分裂と政治的な情熱は今後長らくに渡って激化し続けるであろう。1990年代以降、アメリカでは政治的な分裂と党派間の敵対感情の程度が増し続けている

さらに、その敵対感情は2016年に飛躍的に増したようだ。現在のように強力で無理もない情熱の時代には、どんな立場にも叡智が存在しているということや意見の争いからも叡智は発見できるということを論証し続けるのは、HxAにとっても困難になるであろう。私たちが怒ってしまって潜在的な支持者を失ってしまうという事態が起きる可能性は高くなるだろう。

これらの三つの変化を合わせて考えると、舞台は変わったのでありこれからも予期せぬ形で変わり続けるだろうと私は思う。HxAは慎重に目標を実行しなければならない。しかし、激化する分裂と急激な変化の時代において大学が答えを見つけることを助けるユニークなポジションにHxAがいることをふまえると、いま学界にいる全ての人々が直面している不確実性は多くの可能性をもたらしてもくれるのだ。我々の政治的多様性は利点である…画期的な解決策を発見して、全ての立場から信頼を得る可能性がHxAには含まれているのだ。結局のところ、HxAに参加した大学教授である我々は、学界を愛しているのであり学界が栄えるのを目の当たりにしたいと思っているのである。

したがって、2017年にはHxAは特に二つの優先事項に集中して尽力するべきである、と私は提案する。

1.データ収集と実証的研究。

視点の多様性と自由な探求に関する、全てのデータや新しい研究に基づくレポートを我々は収集し続けるだろう(ラングバートらによる、HxAの最近のサマリーを参照せよ)。これまでは我々は非左派的な視点に対する抑圧について集中して研究していたが、これからはそれに加えて左翼的または進歩的な視点や学問を抑圧する効果をもたらす傾向や実践についての情報も我々は活発に追い求めるだろう。全ての立場からの検閲行為や脅迫に対して我々は反対する。

また、組織外の人々による研究を促進するためのツールもHxAは作り出している。HxAによる「恐れなき言論のインデックス」は、どのような学生がどのようなトピックについて語るときにどのような結果を恐れているか、ということを発見するためのオンライン調査であり、全ての教授や管理的立場の人が使用することができる。これは議論の質を向上させたいと心から望んでいる人々を助けることを意図したツールであり、学生の恐怖を減少させて議論の質や包括性を向上させるための介入手段についての実証研究を行うことを容易にするものだ。

2.大学が視点の多様性を向上させて大胆だが市民的な言論を促進することを援助するリソース。

ソーシャルメディアは、”相手の側”が言ったり行ったりした最悪なことを毎日のように我々に突きつけてくる。しかし、全ての立場からの最善の考えについて読みたいと望んだなら、どうするべきだろうか?我々は視点の多様性リーディングリストを作成中であり、これは学生たちが自分の考えを拡げることを手助けするものである。また、多様性についての一年生向けセミナーを含む様々な授業に自由な長さで挿入することのできる教育用モジュールを作ることについて教授たちを手助けもする。2016年の選挙をふまえると、このリソースは非常に必要とされているものであり、大学に限らず高校やその他の政治的多様性に欠けているか党派的な紛争に苛まれている全ての組織に必要とされるものである、と我々は考える。党派的な情熱をまず落ち着かせることができれば、他の種類の多様性についての議論もより生産的なものとなるかもしれない。視点の多様性についての理解を高めることは、他の種類の多様性との並立する選択肢なのではなく、全ての人々が仲間に含まれていると感じられて、意見を共有して、建築的で市民的な意見の不一致から恵みを授かることを可能にするような開放的で信頼のある環境を成立させるために不可欠な前提条件なのであると我々は考えている。

リーディングリストの作成に加えて、我々はお勧め大学ガイドも発展させ続ける。アメリカのトップクラスの大学それぞれについて、その大学には意見の多様性はどれだけ見受けられるかということに関する全ての発見可能な情報を我々は収集し続けるだろう。これは他の組織が行っていない種類のデータ収集であり、多くの高校生はこの情報について知りたいと望んでいるであろうと我々は考える。しかし、やがては我々は意見の多様性の確保に成功している大学について重点を置き、最良の実践について特に取り上げるであろう。

結論を言うと、アメリカは数多くの亀裂によってひどく分断されているのであり、我々の党派的な分断はより幅広くより敵対的なものへと成長し続けている。アメリカで起こっている政治的な傾向の一部は他の多くの国々でも起こっており、民主主義・グローバリーゼーショーン・新しいテクノロジーとの間の相互作用に関する、現時点ではまだ十分に理解されていないようなシステム的な問題が存在するかもしれないということを示唆している。これらの問題を研究し、開放的で、偏向しておらず党派的でない方法でこれらの問題に対して挑戦することについて、大学は最も優れた機関であるべきだ。

さらに、理想的には、大学は相互の理解や党派を超えた尊敬を培うことに適した場所である。多様な民主主義社会における有能な市民となったり、価値観や理念についての不一致が常に存在し続ける場所である職場における有能な従業員となるように学生たちを教育することが教授たちには可能であるし、またそのように教育しなければならないのだ。我々は彼らの政治に関わらず全ての学生を教育しなければならないのであり、自分たちの間で生きていけて、議論して、協力して、政治に関わらず市民的に意見を不一致させることができるようになるように彼らを教育しなければならない。

これらやその他の理由のために、大学の健康と活力を向上させることは国家的な優先順位が差し迫っている事項である。HxAにおいて、我々はこの目標にとって建設的なパートナーとなるだろう。

 

 

 

新しいパートーナーのおしらせ

すでに記事の配信は始まっているのでご存じの方も多いとは思いますが、この度、新たに3人のパートーナーが加わりましたのでお知らせいたします。Jonathan Haidt、Joseph Heath、Peter Singerの3人です。

引き続き経済学101への皆さまのご支援をよろしくお願いいたします!→寄付はこちら

Jonathan Haidt (Heterox Academy)

社会心理学者。ニューヨーク大学スターンビジネススクール教授。道徳の心理学を専門とする。異なる文化における道徳と感情について研究すると同時にポジティブ心理学の研究者でもある。ポジティブ心理学とは、人々のより良い意味ある生活を求める心理を前提として、社会を前進させる要因について科学的な研究を行う分野である。スターンでは経済学者を始めとする社会科学者と共同で、いかにして倫理システム設計によって様々な社会システムがより効率的かつ倫理的に機能するかという研究を行っている。

Joseph Heath (In Due Course)

トロント大学哲学教授。哲学部および公共政策学部で教鞭をとる。批判理論 (critical social theory) を軸に商道徳(あるいは商業倫理、企業倫理)や合理的選択など関心領域は多岐にわたる。

Peter Singer

プリンストン大学哲学・倫理学教授。専門は功利主義に立脚した応用倫理学。著書『動物の解放』が有名。タイム誌に「世界の最も影響力のある100人」に選ばれた。

ジョナサン・ハイト「真実と社会正義:なぜ大学はどちらか一つの目標を選択しなければならないか」(2016年10月21日)

Jonathan Haidt, Why Universities Must Choose One Telos: Truth or Social Justice, Heterodox Academy,  Oct 21 2016.

 

しばしば、アリストテレスは物事をその”テロス(telos)”に基づいて判断していた。テロスとは、目的や結末や目標のことを意味している。医者のテロスとは健康または治療である。では、大学のテロスとは何であるのだろうか?

最も明白な答えは”真実”だ…かなり多くの大学が、”真実”という単語を自校のエンブレムに掲げている。しかし、アメリカのトップ大学の多くは社会正義を自分たちの第一のテロスかそれに等しい第二のテロスとして掲げるようになっているし、そのような大学の数は増え続けている。だが、二つのテロスを同時に持つことのできる制度や専門職は存在するのだろうか?もしその二つのテロスが衝突するとすれば、何が起こるのだろうか?

道徳を研究する社会心理学者として私は30年間大学に所属してきたが、その30年間でこの二つのテロスがますます頻繁に衝突するようになっていく様子を目にしてきた。真実と社会正義との衝突は、1990年代にはまだ対処可能なものであったようだ。だが、90年代以降には衝突の激しさが増していった。それは大学の教授たちの政治的多様性が失われていったのと同じ時期であり、また、民主党支持者たちと共和党支持者たちのお互いに対する敵対心が増していったのと同じ時期でもある。2015年の秋に80校の大学で学生たちが抗議運動を行い、より大規模で明白な社会正義へのコミットメントを行うことを自分たちの大学に要求した時に真実と社会正義との間の衝突は頂点に達した、と私は考えている。多くの場合、学生たちの大学に対する要求には、社会正義的な視点や内容の必修授業や研修を行うことが含まれていたのだ。

いまでは多くの大学の学長たちが学生の要求に同意してそれを実施せざるを得なくなっている。真実と社会正義との衝突はもはや対処が不可能なものになるであろう、と私は考えている。大学はどちらか片方のテロスを選択しなければならなくなるだろう。また、これから入学しようと考えている学生や就職しようと思っている教職員が正確な情報に基づいた選択を行えるようにするために、大学は自校が選択したテロスを明白に示さなければならなくなるだろう。真実と社会正義の両方を掲げようとする大学は、二つのテロスの間で増し続ける矛盾と衝突に直面することになる。

 

〔注意:私は、個々の学生たちが真実と社会正義の両方を追求することができない、とは言っていない。以下に掲載した講演の中では、真実を大切にすることこそが社会正義を効果的に促進するための活動を実践する唯一の方法なのだ、と私は学生たちに奨励している。だが、大学のような制度は、不可侵の最高目標を一つしか持つべきでないのだ。また、多くの学生たちが自分たちの人種やジェンダーや性的アイデンティティのために軽蔑や侮辱や体系的な妨害を受けていることも、私は否定していない。彼らが侮辱や妨害を受けているのは事実であるし、何らかの形の基準を設定したり多様性についてのオリエンテーションを新入生たちに受けさせることは、私も支持している。しかし、別の記事で私が論じているように、大半の抗議活動家たちが行っている要求の多くは反動を引き起こす可能性が高いものであり、学生たちが疎外感を抱く経験を減らすのではなくむしろ増やしてしまうものであるのだ。〕

昨年に多くの大学に広まっていった出来事を目にした私は、一体どのような事態が起こっているのかということについて道徳心理学と社会心理学の観点から明らかにする作業を始めていった。(……略……)66分間と長い動画であるが、これでも出来る限り短くした後である。この問題にはあまりにも多くの要素があって、私はそれらの要素を順番に示していく必要があったのだ。

 

講演の内容

 

イントロダクション:

講演は、二つの引用から始まっている。

 

“哲学者は、世界をただいろいろに解釈しただけである。しかし、大事なことは、それを変革することである。” ー カール・マルクス、1845年

 

“自分の側が言いたいことしか知らない人は、ほとんど無知に等しい。彼の主張は優れたものかもしれないし、誰も彼の主張に反論できないかもしれない。だが、同じく彼も反対側の主張に反論できないとすれば、反対側の主張がどんなものであるかということを知らないとすれば、どちらの側の主張を支持すべきであるかを判断する根拠を彼は持っていないということになるのだ。…” ー ジョン・スチュアート・ミル、1859年

 

マルクスは、私が”社会正義大学( Social Justice U )”と呼ぶ大学にとっての守護聖人だ。社会正義大学は権力構造や特権を転覆させて世界を変革することを目的としている。社会正義大学にとって、政治的な多様性は行動の障害である。ミルは”真実大学( Truth U )”の守護聖人である。真実大学は、誤りのある個人たちがお互いのバイアスや不完全な推論を指摘して挑戦し合うプロセスに真実を見出している。このプロセスは全ての人を賢くする。そこにいる人々の知的傾向が均一になったり、そこが政治的な正当さを主張する場所になったりした時に、真実大学は亡んでしまう。

 

1.テロス

 

専門職や分野はそれぞれのテロスを持っている。ある分野のメンバーがテロスを達成することを助けるために別の分野のメンバーが自分たちの技術を用いる時には、分野間の建設的な相互作用が発生する。例えば、私が Amazon や Google や Apple を好んでいるのは、私が研究者としてのテロス(真実の発見)を達成することをそれらのビジネスが手伝ってくれるからだ。しかしある分野が自分たちのテロスを別の分野にも差し込んでくる時には、破壊的な相互作用が発生してしまう。例えば、ビジネスのテロスが医療に差し込まれると、医者がビジネスマンになってしまい患者のことを利益を得る機会として見なすようになってしまう。社会正義のテロスは人種の平等を達成することやその他であるが、社会正義はそのテロスを他の専門職に差し込んでくる場合がある、と私は論じている。そして、社会正義のテロスが他の専門職に差し込まれる時、その専門職は自身のテロスを裏切っているのである。

 

2.動機付けられた推論

 

人間が行う推論に関して、一貫した現象が発見されている。…私たちがXを”信じたい”と思う時、私たちは「私はそれを信じることができるか(Can-I-Believe-It?)」と自分自身に尋ねる。だが、私たちがそれを”信じたくない”と思う時には、私たちは「私はそれを信じなければならないか?(Must-I-Believe-It?)と自分自身に尋ねるのだ。この現象は研究者にも当てはまり、そのことは以下の結果を生じさせる。

 

・ある政治的目標を支持するために行われる研究は、その目標を支持することにほとんど常に”成功”する。

・自分にはバイアスがあった、と研究者が認めることは稀である。

・何かに動機付けられた学問は、しばしば、自分たちにとって心地の良い虚偽を伝播してしまう。そして、それが虚偽であると暴露された後にも、その虚偽は取り除かれずに伝播され続ける。

・研究の過程で何らかの間違いがあったとしても、”制度的反証(institutionalized disconfirmation)”が信頼できる場合には、研究に起こるダメージを抑えることができる。…私たちと同じ動機を持っていない他の研究者たちが、私たちの主張に反証しようと試みることで私たちの研究に貢献してくれる、という営みが行われることが確実であるかどうかだ。

しかし、私たちにはもはや制度的反証を信頼することはできなくなっている。人文学と社会科学から保守派とリバタリアンがほとんど消え去っているためだ(経済学は例外であり、3人の左派につき1人の右派という比率に留まっている)。これこそが Heterodox Academy が存在する理由でもある。 Heterodox Academyは、(少なくとも、マルクス的ではなくミル的な意味での)学問の質を最も上げることができる種類の多様性を呼びかけているのだ。

 

3.神聖さ

 

人類は部族間の争いに適応して進化してきた。その進化の過程で、私たちは巧妙な能力を獲得した。神聖化された物体や原則を囲んで集まることでチームを形成する能力である。大学では、伝統的に学者たちは真実を囲んで集まっていた(少なくとも20世紀までは…当時も完璧ではなかったが)。だが、21世紀には、学者たちは少数の被害者集団を囲むようになり続けている。学者たちは被害者たちを守って助けたいと望むし、彼らに対する人々の偏見を払拭したいと思う。学者たちは自身の学問によって世界を変えたいと望む。それは称賛に値する目標であるが、被害者たちに対するこの新しい種類の世俗的な”崇拝”は、多くの大学で”被害者性の文化“をもたらすという社会学的特徴と交差しているのだ

被害者性の文化は、平等主義的で政治的に均一な大学で特に蔓延している。被害者性の文化は、まさにそれが救おうとしている学生たちに”道徳的依存性”を植え付けてしまう…学生たちは、争いが起こった時に自分たち自身で争いに対処する方法を学ぶのではなく、第三者(管理者や行政者)に訴えることで問題を解決することを学んでしまうのだ。

 

4.反脆弱性

 

ニーチェは「私を殺さないものは、私をいっそう強くする」と書いたが、彼は正しかった。ナシーム・タレブの著書 “Antifragile(反脆弱)”はその理由を説明している。。子供は、親やその他の大人の監督下ではない場所で遊ぶことを何千時間も経験する必要があるし、他の子供と争って大人の助けなしに争いを解決することを数千回は行わなければならない。独立して生きていく大人になるためには、それだけの経験が必要なのだ。しかし、アメリカにおける子育てには1980年代から変化が起こっており、特に1990年代からは中産階級や裕福な家庭の親たちがヘリコプターペアレントになってしまったために、子供たちは独立した大人になるための経験ができなくなってしまった。

代わりに、子供たちは「安全性の文化(safety culture)」の網の目に捕らわれてしまった。そして、若い頃からそれに捕らわれていた元子供たちは、大学生になっても安全性の文化をキャンパスに持ち込もうとしている。本や単語や講演者が”危険”であると見なされるようになったし、一種の”暴力”であると言われることすらある。脆弱な若者たちを危険と暴力から守るために、トリガー警告やセーフ・スペースが必要とされるようになったのだ。だが、そのような文化は政治的多様性と両立しない。多くの保守的な考えや保守的な講演者が危険であるとのラベルを貼られて大学やカリキュラムから禁止されてしまったからだ。支配的になっている政治的風潮に疑問を呈する学生は、教室の他の学生たちから敵対的な反応をされて疲弊させられる。これこそが、大学が一つのテロスを選択しなければならない核心的な理由の一つだ。ミルは真実の探求にとって意見の多様性は欠くことのできない本質的な要素であると主張したが、安全性の文化を支持する制度は意見の多様性を持つことができないのである。

 

5.涜神罪

 

真実大学には涜神罪は存在しない。誤った考えは論駁されるのであって、誤った考えに罰が与えられる訳ではないのだ。だが、社会正義大学には涜神罪を規定する法律が存在するかもしれない…研究に用いてはならない考え、理論、事実、そして著者たちが存在するのである。このことは、政治的な誘発性のあるトピックについて良質な社会科学研究を行うことを困難にする。相互に作用する様々な原因の結果として存在する大規模で複雑な問題を扱う学問であるために、ただでさえ社会科学は難しい。そのうえに、社会正義大学では研究を行うのに有効な道具の多くが禁止されてしまっているのだ。

 

6.相関関係

 

相関関係は因果関係を意味しない、ということは全ての社会科学者が知っている。だが、人口統計学上のカテゴリ(人種やジェンダーなど)と現実の世界における結果(テクノロジー企業における被雇用率、理系学部における教職員の割合など)に相関関係がある場合はどうなるだろうか?社会正義大学では、そこに因果関係を推測するように教育される。体系的なレイシズムやセクシズムが原因だと教えられるのだ。この教育が明らかに誤った結論へと人々を導いている具体例を、私は講演の中で示している。対照的に、真実大学では「異なった結果は、異なった扱いを意味しない」と教育する(異なった結果が出たことは、対象となる人々が異なった扱いを受けていないかということを注意深く確かめることを行う誘因ではある。たしかに、異なった扱いが不均衡な結果の原因である場合もあるからだ)。

 

7.正義

 

活動家たちが口にしている正義には、主に二つの種類があるようだ。異なった扱いを発見して撲滅することと(それは常に正しい行為であるし、真実と衝突することもない)、異なった結果を結果を発見して撲滅することである…異なった入力要素や第三の変数などには目もくれず。後者こそが全ての問題を引き起こしているのであり、真実と社会正義との衝突を引き起こしているのだ。結果の不均衡を根絶しようとする試みがいかにして人々に真実と正義の両方を軽んじさせることになるか、私は講演の中で具体例を示している。

 

8.分裂

 

上記1~7で行った議論をふまえれば、どんな大学にも真実と社会正義の二つのテロスを両立させることができないのは明白だ、と私は考えている。全ての大学は、どちらか一つを選択しなければならない。ブラウン大学は社会正義大学のリーダー的な座を占めており、シカゴ大学は真実大学のリーダー的な座を占めている、ということを講演の中で示している(このことは、Heterodox Acacemy のお勧め大学ランキングでも証明されている)。

私は、講演の最後で「自分たちの大学が真実と社会正義のどちらの方に行くことを、自分たちは望んでいるのだろうか?」と自分自身に問いかけることをアメリカの全ての大学の学生たちに勧めている。(……略……)最低でも、大学規模でマルクス対ミルの議論が行われるとすれば、それは建設的な対話となるであろう。

 

【訳者による補足】

・ハイトの講演動画のリンクはこちら