経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ファーマン&パウエル 「合衆国の失業率、いまだ高止まり中」(2021年3月5日)

(訳者:アメリカの景気回復が急速にすすむ、あるいは進んでいきそうに見える現在、今後の物価水準や金利の変化を考える上で今のアメリカの供給余力を見ることは重要になりそうかなとおもい、PIIEにあった失業についての記事を訳してみました)

ジェーソン・ファーマン (PIIE)

ウィルソン・パウエル3世 (ハーヴァード・ケネディースクール)

原文

2021年2月、雇用者が37万9000人分の職を追加し、労働市場は改善した。これで経済はパンデミック以前のトレンドを1190万人分下回るだけとなった。同時に、失業率は6.2%に低下した。このパンデミックの間、公式の失業率は分類のミスと労働力からの何百万人もの人々の異常なほど大規模な離脱によって低く抑えられてきた。2月の失業率についての我々によるよりリアルな推定値は8.2%となっている。これは労働参加率の異常に大きな減少と人口動態の変化を調整したコンセプトによるものであり、2007-09年の金融危機では最高で10.0%に達した公式失業率に歴史的に比較可能となるように設計されている。また別のコンセプトであり、ジェイ・パウエル米連邦準備制度理事会議長とジャネット・イエレン財務長官が引用している固定参加率失業率は9.5%となっている。このコンセプトは金融危機のピークで11.8%となっていた。

 

よりリアルな失業率は2月に少し低下したが、それでもまだ高止まりしている

公式の失業率は2月に6.2%となり、1月の6.3%からわずかに低下した。このコンセプトは平時にはうまく機能するが、パンデミックの状況下においてはいくつかの欠陥がある。この特殊な状況に対応するために6月以降、図1に表されている我々が「リアルな失業率」と呼ぶ失業率を毎月更新しその情報を公表し続けている。

 

図1 合衆国の失業率は2月にわずかに低下したが、公式失業率は過少な推計を続けている

ソース:Bureau of Labor Statistics via Macrobond; 著者の計算による。

[Read more…]