経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ジョセフ・ヒース「ウォーク(正義に目覚めた一部の左派)は戦術・信条において裸の王様・女王様である:リベラリズムの皮を被った反自由主義」(2021年6月23日)

Joseph Heath: Woke tactics are as important as woke beliefs
Woke language hides illiberal tactics in liberal aims
Posted by Joseph Heath on June 23, 2021

 ここ数年、進歩主義を装った反自由主義が世を覆いつつあったが、ついにアメリカのリベラルたちは団結して行動を起こし始めた。リベラルたちは、「ウォーク」〔woke、社会問題に対して目覚めた(=wake)人々を指す〕の政治活動やイデオロギー的影響力の拡散を阻むために、いくつかの組織を創設したのである。〔ウォークと戦う〕リベラル派が優勢なのは、一つには、ウォーク派の「警察予算を打ち切れ(defund the police)」1 といった呪文の多くが不人気であることが誰の目にも明らかになったからだ。そして、ウォーク左派が不寛容で権威主義的な政治と結びついていることに対して、警戒心が高まっているからでもある。

 不幸なことに、ウォーク派の多くは、自分たちの政治的手段や政治的戦術を、脅迫と感じる人がいることをまったく理解できていない。特に、「お前たちは権威主義的になってしまっている」とか、「『キャセル・カルチャー』は表現の自由を脅かしている」といった非難が寄せられても、ウォークたちには馬耳東風である。

 これには理由があり、そしてそれを理解しておくことは有益だ。ウォークの政治活動には大変重要な役回りを担ういくつかのキーフレーズ(「安全性(safety)」、「メンタルヘルス(mental health)」、「マイクロアグレッション(microagression)」、「いじめ(bullying)」、更には「人権(human rights)」まで)が存在するが、活動家らはこうしたフレーズを利用して「ウォークは権威主義だ」との批判を逸らしている。活動家らは「正しい言葉」を使えば、たとえ悪人のように振る舞っても、自分は善人であると安易に思い込めるのである。

 このメカニズムがどのように働いているのかを説明していきたい。 [Read more…]

  1. 人種差別的な取り扱いを行っているなどの理由から、警察の解体・縮小を求める主張。2020年の警察官によるジョージ・フロイド氏殺害事件に対する抗議運動によって一般に普及した []