経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

スコット・サムナー 「真の解決策はロックダウンじゃない。マスクだ。」(2020年6月12日)/「マスクは空の旅でも有効」(2020年10月23日)

●Scott Sumner, “Masks, not lockdowns”(TheMoneyIllusion, June 12, 2020)


折角のチャンスをふいにしてしまったことが日に日に明らかになる一方だ。それもこれも、あれやこれやの「悪人」たち(私もそのうちの一人)のせいだ。

(新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための)真の解決策は、「マスク着用、検査(PCR検査)、ソーシャルディスタンス(自発的に他人との距離を保つ)」・・・だったのに、ロックダウン(都市封鎖)に乗り出してしまった。(2020年)2月前半の段階で「マスク着用、検査、ソーシャルディスタンス」を徹底していたら、新型コロナウイルスによる死者の総数は115,000人(11万5千人)じゃなくて、115人を下回っていた可能性だってある。この国で「マスク着用、検査、ソーシャルディスタンス」を徹底するのは政治的に無理ってことはよくわかってる。でも、やはり言っておかなきゃいけない。折角のチャンスをふいにしてしまったんだよ。

最新の研究結果によると、人口の半分(50%)が公共の場でマスクを着用するようにしたら、それだけでR0(基本再生産数)を1未満に抑えられる可能性があるとのこと。東アジアの一部の国のように、人口のほぼ100%がマスクを着用するようにしたら、R0の値は1を大幅に下回る可能性があるとのことだ。

この研究によると、多くの人が症状の有無にかかわらず公共の場でマスクを着用するようにすると、症状が現れてからマスクを着用する場合と比べて、基本再生産数を減らす効果が倍増することが見出されている。

件の研究では様々なシナリオが検討されているが、どのシナリオでも、人口の50%以上がマスクを日頃から着用するようにすれば、基本再生産数が1未満に抑えられることになる――それゆえ、新型コロナウイルスの感染拡大が抑えられ、対抗措置としてのロックダウンも比較的緩やかで済む――との結果が得られている。

ついでに、お気に入りのイラストも紹介しておこう。

 

ワシントン・ポスト紙の報道によると、月に700万枚の医療用マスクを製造できる設備を持った会社の製造ラインが5月まで止められていたらしい。政府の愚かしい介入によってね(おそらくは、便乗値上げを規制しようとしたんだろう)。

警察官でさえマスクを着けてないっていうんだから、何て言ったらいいんだろうね?

アメリカ人は、あまりにも長いこと甘やかされてきちゃったみたいだね。 [Read more…]

タイラー・コーエン 「一番安全なのは何食を出してるレストラン?」(2020年3月14日)/スコット・サムナー 「レストランでテラス席を選ぶ理由」(2020年8月25日)

●Tyler Cowen, “Which are the safest restaurants to eat in?”(Marginal Revolution, March 14, 2020)


科学的な調査結果の裏づけがあるわけじゃなくて、あくまでも個人的な印象に過ぎないと断っておくが、身の安全(健康への影響)を重視するなら、母国がコロナウイルスでトラウマになるような経験を味わっていて、加熱処理が施されている料理を提供しているレストランに行くのがいいんじゃないかと思う。母国が辛酸をなめていることもあって、リスク(コロナの感染リスク)に相当真剣に向き合っているだろうからね。その一方で、コロナ対策がなおざりな国から輸入されていて、加熱処理されていないサラダを出しているレストランは避けといたほうがいい。

言い換えると、中華料理が一番安全だろうと思われるのだ。さらには、中国から(アメリカへ)の入国が制限されていることもその根拠の一つに加わるだろう。というのも、母国(中国)でコロナに感染したコックやウェイターが店内にいる可能性は(入国が制限されていることもあって)極めて小さいからね。翻って、イタリアからの入国は今のところは制限されていないし、空港で細かいチェックがされてるわけでもない。

さらに付け加えておくと、中華レストランは(『密』じゃない)郊外にあることが多いし、一つのテーブルに詰め込まれる客の数も少なめだ。

—————————————————————————————————–

●Scott Sumner, “Why I dine outside”(TheMoneyIllusion, August 25, 2020)


レストランで食事をする時は、これまでとは違って、屋外(テラス席)で食べるようにしている。どうしてかって? 韓国で起きた出来事がその理由を説明する助けになってくれるだろう。

新型コロナウイルスに感染した女性がソウル近郊にあるスターバックスの店舗を訪れてから数日後に、その場に居合わせた他の顧客27人が新型コロナ検査で陽性であることが判明した。しかし、マスクを着用していた従業員4名は感染を免れた。

韓国の北部にある坡州(パジュ)市で起きた今回の集団感染は、新型コロナウイルスが狭い屋内空間でいかに急速に拡散し得るかを示す新たな事例であると同時に、感染を最小限に抑えるためのヒントを提示してもいる。マスク着用の効果については世界中の保健当局の間でも未だに論争が続いているが、店内にはエアコンが取り付けられていたにもかかわらず27人が集団感染してしまったわけであり、マスクの着用を義務付けることが新型コロナウイルスの拡散を抑える一助になる可能性を指し示していると言える。

レストランだったり商店だったりに入店する時は、マスクは勿論着けている。でも、マスクを着けたままでは食事できない。だから(マスクを外しても比較的安全な)屋外で食べる、というわけだ。

(追記)韓国では、コロナの感染率はかなり低い。そのことを踏まえると、27人はそれぞれ別の場所で別の時刻に感染したわけじゃなく、同じ場所で同じ時刻に感染した――つまりは、件のスターバックスの店舗で感染した――可能性が高い。ところで、マスクを着用していた従業員4名は今のところはまだ誰もコロナに感染していないようだ。

スコット・サムナー「知的体制順応についてイグレシアスが語ってること」(2021年5月27日)

[Scott Sumner, “Yglesias on intellectual conformity,” TheMoneyIllusion, May 27, 2021]

マット・イグレシアスがこんなことを書いている:
[Read more…]

タイラー・コーエン「『面接に来たら50ドルあげます』:どこでも1兆ドルの追加刺激策を必要としてるわけじゃない」(2021年4月18日)

[Tyler Cowen. “Not everywhere needs another $1 trillion in stimulus,” Marginal Revolution, April 18, 2021]

フロリダのとあるマクドナルド店舗では,採用面接にやってくるだけで,応募者に50ドルを支払っている.それでも,いまだに募集に応じてやってくる人々は多くない

そのフランチャイズ店のオーナーであるブレイク・キャスパーは Insider の取材に答えて,こう語った――従業員を雇うために「必要なことならなんでもやれ」と伝えたところ,支店長と主任が面接報酬のアイディアを考えついたんですよ.

「現時点で,うちのドライブスルーを回まわせなくなったら,面接1回につき50ドルを払います」とキャスパーは言う.彼はフロリダ地域のタンパにマクドナルドの店舗を60軒所有している.

記事の全文はこちら.すばらしき Samir Varma にご教示いただいた.さて,もちろん過剰な失業保険は問題で,スコット・サムナーがこの文章で2021年の夏について書いている.多くのデータポイントが急速な景気回復を示しているし,サマーズとブランシャールは〔バイデン政権の支援パッケージが巨額すぎると警告した点で〕先見の明があったわけだね?

スコット・サムナー「平時に戻る?」(2021年3月30日)

[Scott Sumner, “Back to normal?” TheMoneyIllusion, March 30, 2021]

去年のいまごろ,ぼくはこう言ってた――Covid-19 の初期段階では対応が不足してしまった一方で,パンデミックの終局では過剰対応がなされるだろう.その過剰対応がいま起きているようだ.
[Read more…]

スコット・サムナー「平均インフレ率目標はますます信用を高めている」(2021年3月17日)

[Scott Sumner, “AIT is increasingly credible,” The Money Illusion, March 17, 2021]

先日,連銀は2021年の個人消費支出インフレ率が 2.4% になるという予測を公表した.米国物価連動国債 (TIPS) の市場は,投資家たちが今後30年の個人消費支出インフレ率が 2% になる一方で今後5年のインフレ率がいくぶん高くなると予想しているという証拠を示している.これはすべて連銀の 2% 平均インフレ率目標 (AIT) 枠組みと整合している.2020年のインフレ率が 2%未達にとどまったのを埋め合わせる必要があるからだ.経済回復は 2009年~2019年よりもずっと急速になりそうだ.その理由の大半は平均インフレ率目標にある.
[Read more…]

スコット・サムナー「市場マネタリスト,MMT論者,ラリー・サマーズ,若いツイッタラー,そして政治家たち」(2021年3月21日)

[Scott Sumner, “MMs, MMTers, Larry Summers, young tweeters, and politicians,” The Money Illusion, March 21, 2021]

ラリー・サマーズは,次の3とおりの結末がだいたい同じ確率でありうると考えている:高インフレ,軟着陸,連銀がブレーキをガンと踏み込んで経済が景気後退に陥る.いい予測だね,どう転んでも間違ったことにならない.(皮肉ってるんだよ.ぼくにしてもこれよりいい予測ができるわけじゃないけれど,彼とちがって市場の予測を静観してる.)
[Read more…]

スコット・サムナー「個人消費支出水準 135 に注視すべし」(2020年8月28日)

[Scott Sumner, “Focus on 135,” TheMoneyIllusion, August 28, 2020]

ぼくらは連銀の政策を変えられる.ここでいう「ぼくら」には,連銀についてあれこれ語ってるいろんな集団がぜんぶ含まれる.
[Read more…]

スコット・サムナー「今度の平均インフレ率目標が守られたなら」(2020年8月27日)

[Scott Sumner, “The (PCE) price level will be 135.207 in January 2030,” TheMoneyIllusion, August 27, 2020]

2030年1月に(個人消費支出)物価水準は 135.207 になるわけだ.あるいは,少なくとも,そうならなきゃいけない.
[Read more…]

スコット・サムナー「人種差別の真実」(2020年7月25日)

[Scott Sumner, “The truth of racism,” TheMoneyIllusion, July 25, 2020]

人種差別の真実を解説する前に,真実の真実を解説しておく必要がある.たまにこんなことを言う人たちがいる――「あいつは人種差別で非難されてるけど,あいつはホントに人種差別者なのかな?」 この言葉遣いはややこしい.そこで,まずはなにを問題にしてるのか整理しておこう.
[Read more…]