経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

コーエン & クルーグマン「インタビュー, pt.1: テック系企業と反トラスト」(2018年10月10日)

[“Paul Krugman on Politics, Inequality, and Following Your Curiosity,” Conversations with Tyler, Oct. 10, 2018]

※訳者の註記: このインタビューは,タイラー・コーエンのポッドキャスト Conversations with Tyler で 2018年10月になされたものです.

ノーベル経済学賞を受賞して,ポール・クルーグマンは「野望の終着点」にたどりついた.もう,これから達成すべき新たな業績も残されてはいない.こんな状況に憂鬱になってもおかしくない.だがクルーグマンは,終着点での安住を避けてみせた:好奇心の赴くところに向かって,なにより心をつかまれる題材に精力を傾けて取り組むという,いつもの流儀のたまものだ.

タイラーはニューヨークにあるクルーグマンのオフィスを訪れ,いまクルーグマンが関心を寄せている話題を議論した――反トラスト,最高裁判事の任期,格差をなくす最良の方法,YIMBY でいる理由,インフレ目標,貿易(グローバル貿易も恒星間貿易も),渋滞税,存命のお気に入りSF作家,移民政策,賢い読者のためにうまく書く方法,経済研究の新しい方向,などなど.
[Read more…]