経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「スポックはどれくらい合理的だった?」(2021年4月17年)

[Tyler Cowen, “How rational was Spock?” Marginal Revolution, April 17, 2021]

[ジュリア・]ゲレフは,こうした予測がどれほど当たっているのか気になって,正確に知りたいと考えた.「そこで,『スタートレック』全エピソードと映画版を全部通して調べてみたんです――見つけられるかぎりすべての書き起こしを調べて――それで,スポッックが「確率」「見込み」「偶然」「確実に」「おそらく」といった単語を使っている事例を検索してみました」とゲレフは言う.「スポックがなにか予測した事例をすべてカタログにして,その予測が当たったか外れたかをまとめていきました.」

その結果はどうなったか.ガレフの新著『スカウト・マインドセット』にも述べられている結果は,惨憺たるありさまだった.スポックの予測実績はひどいものだったし――「不可能」とスポックが言っていた出来事の 83パーセントは実現していた――,そればかりか,スポックの確信度は現実と逆相関していた.「しかじかのことが起きるという予想に――宇宙船が大破するとか,生存者が見つかるとか,その手の予想に――スポックが自信をもっていればいるほど,その出来事は起こりにくいんです.そして,スポックの自信が小さいほど,その出来事はよく起こります」とゲレフは言う.

スポックの最大の弱点は,他人がいつでも「論理的に」ふるまうとはかぎらないことを理解し損ねているところだ.また,スポックは自分のアプローチを更新しようと試みない.自分の失敗が仲間が死ぬ憂き目になってもなお,アプローチを改めようとしないのだ.

Wired の記事全文はこちら.ジュリアの新著はこちらから購入できる.テレビシリーズに比べて映画版の方がスポックは合理的になってたりしないかな.あと,ファンの二次創作だとどうだろう? 劇的な不合理性がとりわけ強く求められる場面って,どんなのだろう? その理由は?

ノア・スミス「ヒッケル説を反駁する:貧困削減をめぐる議論」(2021年4月3日)

[Noah Smith, “Against Hickelism,” Noahpinion, April 3, 2021]

貧困は減少してきてる.そして,それは自由市場資本主義のおかげではない.


Mumbai Night City” by Vidur Malhotra, CC PDM 1.0

ジェイソン・ヒッケルを反駁するのは骨折り仕事なうえに,やったところで感謝もされない.ヒッケルのツイートが世間であちこち出回っている.その一方で,そのツイートの冷静な反駁が,かえってツイートの勢いを増しているありさまだ.それでも,反駁はぜひしておかないといけない.なぜなら,ヒッケルの言ってる見当違いな物語は掛け値なしに人口に膾炙しやすいので,永遠に終わらないシジフォスの苦役のごとき反論が必要になるからだ.
[Read more…]

アレックス・タバロック「議会の公聴会で話してきたよ」(2021年4月15日)

[Alex Tabarrok, “My Congressional Testimony,” Marginal Revolution,April 15, 2021]

会合はうまくいったと思う.4つの論点を話してきた.
[Read more…]

ノア・スミス「バイデノミクス解説」(2021年4月3日)

[Noah Smith, “Bidenomics, explained,” Noahpinion, April, 2021]

これはレーガン時代の終わりだ.でも,話はそれで終わらない.


Joe Biden” by Gage Skidmore, CC BY-SA 2.0
[Read more…]

ピーター・ターチン「アメリカ大衆の貧困化」(2018年8月21日)

Population Immiseration in America
August 21, 2018 by Peter Turchin

 昨年、私はある人物と興味深い会話を交わした。彼女をワシントン・インサイダーと呼ぼう。彼女は、おそらく2020年代に政治的暴力の大流行でピークを迎えるであろう米国の不安定性の増加を、私の構造的人口動態モデルが予測した理由について尋ねた。私は3つの主要な力に基づく説明を始めた。大衆の貧困化、エリート内競争、そして政府の脆弱性。だが彼女が質問してきたため、それ以上は説明できなかった。貧困化とは何か? 何の話をしているのか? 今ほど暮らし向きのいい時代はない。世界的な貧困は減っているし、小児死亡率は低下し、暴力も減少している。過去の世代と比べれば奇跡のような水準のテクノロジーにアクセスできる。マックス・ローザー1 が集めた大量のデータを見よ。物事がいかにうまく行っているかはっきり理解できるスティーブン・ピンカーの本2 を読めばいい。

 このバラ色の見方には、それを支える3つのバイアスが存在する。第1は世界的な課題への着目だ。だが中国における貧困の減少(中国の人口はあまりに大きいため、これが世界の貧困減少を推進している)や、アフリカにおける小児死亡率の低下は、アメリカの労働者には関係ない。どんな場所でも人々は、遠い地域の誰かとではなく、両親の家で経験した生活水準と今の自分とを比べるものだ。そしてアメリカ大衆の大半は、(以下で見るように)多くの重要な面で両親より自分たちの暮らしの方が悪くなっていると見ている。

[Read more…]
  1. 原文はMax Rosenとなっているが正確にはMax Roser、Our World in Dataの創設者 []
  2. 暴力の人類史(上)(下) []

タイラー・コーエン「どうしてもっと多くの人が大学に進学しないんだろう?」(2021年4月2日)

[ Tyler Cowen, “Why don’t more people go to college?” Marginal Revolution,  April 2, 2021]

American Economic Journal: Macroeconomics に掲載されてるこの論文は,Bryan Caplan の議論にいくつかの点で通じるものがありそうだ:
[Read more…]

Björkegren, Lindahl, Palme & Simeonova なぜ教育のある親の子供達は健康なのか:環境要素と遺伝要素 (2021年3月11日)

VoxEUのコラムの翻訳です。

裕福な家庭の子供達は貧しい子供達よりも健康的である事がおおいことはよく知られている。しかしそういった健康状態の原因が遺伝的なものか環境的なものなのかを区別するのは依然として困難だ。我々はスウェーデンの子供達についての大規模なデータを用いて、遺伝上の親に育てられた子供達と養子となったものたちを比較し、両親の教育水準と子供達の長期的な健康状態との間のつながりは、認知・非認知スキルの形成から健康に関連する生活習慣といった媒介要因によるものである事、そして主たる要因は子供達の人的資本への投資である事を発見した。

[Read more…]

アレックス・タバロック「失敗は成功の母」(2021年4月3日)

[Alex Tabarrok, “Failure is the Mother of Success,” Marginal Revolution, April 3, 2021]

Jeffrey E. Harris の新しい論文が出た:
[Read more…]

Aghion et al. 「経済成長を確実にするべくゼロCovid-19を目指す」(2021年3月31日)

[Philippe Aghion, Patrick Artus, Miquel Oliu-Barton, Bary Pradelski, “Aiming for zero Covid-19 to ensure economic growth,” VoxEU, March 31, 2021]

【要旨】 パンデミックが1年以上も続くなかで,健康と経済のトレードオフはないことがはっきりしてきた.パンデミックの管理に成功をおさめるかどうかは,コロナウイルスのない安全地帯をめざしこれを守るかどうかに左右されてきた.本コラムでは,迅速な駆逐戦略を選択することで世界の数カ国はウイルスを制御下においたことを論じる.そうした国々は,死者数と不確実性を最低限におさえることでこれに成功し,いまやすでに経済の再建をすすめている.これと対照的に,大半の欧州諸国はストップ・アンド・ゴーの論理にしたがった.だが,ストップ・アンド・ゴーの方がより〔人々の自由への〕制限が強く,より危険で,経済への打撃がより大きかった.
[Read more…]

ピーター・ターチン「起業家は非合理的なのか?(結論:その通り――標準的な経済理論によれば)」2018年7月22日

Are Entrepreneurs Irrational? (According to Standard Economic Theory)
July 22, 2018 by Peter Turchin

 私にとってヴィクター・ウォンとグレッグ・ホロウィットの「熱帯雨林:次のシリコン・バレーを作り上げるための秘密」1 で最も目から鱗だったのは、自身でイノベーション企業を立ち上げるのが徹底して非合理的な決断であるという認識だ2 。投資することになる努力(及びしばしば自身の資金)の量と、極めて低い成功確率を考えるなら、企業を立ち上げるのは単純に道理に合わない――成功を金で測る限り。著者たちがあるところで書いている通り、「スタートアップ企業を立ち上げるプロセスは、ローラーコースターに乗るのと多くの類似点がある。極めて非合理的な行動だ」。

 熱帯雨林の224ページには、ベンチャーが成功するために機能しなければならない構成要素を説明した便利な図がある。

  • テクノロジーが機能する
  • 製品が機能する
  • 顧客が購入する
  • 製造工程が機能する
  • ビジネスモデルが機能する
  • 十分な資本がある
  • チームがすべての物事に対処できる
[Read more…]
  1. The Rainforest: The Secret to Building the Next Silicon Valley []
  2. ピーター・ターチン「資本主義は協調を破壊するのか?」参照 []