経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「安心する曲への移行:パンデミックでポップ音楽の人気は低下」(2020年4月28日)

[Tyler Cowen, “The turn to “comfort music,” Marginal Revolution, April 28, 2020]

どうも,ポップ音楽はパンデミック期に人気が落ちるらしい.

何百万もの人々がコロナウイルスにともなう外出規制のなかで娯楽を求めている.データによれば,大物ポップアーティストたちの新曲は,平時ほどリスナーを集めていない.かわりに,ストリーミングの各種数値によれば,リスナーたちは昔のお気に入り曲に耳を傾けている――ボブ・マーリー,ディクシーチックス,ビル・ウィザースといった面々の曲だ.ちなみに,”Lean On Me” で知られるウィザースは先月死去している.

ポップ音楽聴取を減らしている要因はいくつかある.アナリストたちが言うには,大物アーティストたちはアルバム発売を遅らせているし,出勤しないよう命じられた勤め人たちは通勤時間がなくなって,ラジオを聞く時間を減らしているのが要因だそうだ.さらに,ラジオを聞く人たちも,音楽よりニュースの方を聞くようになっているのも一因だという.ライブコンサートやトークショーへの出演がなくなって,音楽レーベルの宣伝マシンはいつもほど力を発揮していない(…)

定額制音楽ストリーミングサービス最大手の Spotify では,アメリカでの人気曲上位200のストリーミング回数がこのところ落ち込んでいる――3月12日までの1週間に比べて,4月16日までの1週間の回数が 28% も減っている.この週には,J Balvin, the Weekend, Childish Gambino, Dua Lipa といった大物ストリーミングアーティストたちの新アルバムが発売されていたのを考えると,この急減はいっそう際立つ.一方で,カタログ音楽(発売から18ヶ月以上が経過している曲)は上昇中で,4月9日までの1週間のストリーミング回数がこの数年でも指折りの多さになっている.こうしたカタログ音楽が,オーディオストリーム全体で,63% を占めるにいたっている.Nielsen/MRC によれば,3月12日までの1週間にくらべて,60% の増加だという.

「安心する音楽に軸が移ってきていますね」と Midia Research のアナリスト Mark Mulligan は言う.

『ウォールストリート・ジャーナル』の記事全文はこちら.安心する食べ物への好みの変化について以前書いたポストはこちら

タイラー・コーエン「この経済学者が疫学者をどう思ってるかと申しますと」(2020年4月12日)

[Tyler Cowen, “What does this economist think of epidemiologists?” Marginal Revolution, April 12, 2020]

このところ,疫学の片鱗に触れる機会がいつもよりも増えてる.理由はみなさんご承知のとおり.ぼくが触れてるのは,疫学分野のほんの隅っこでしかないのは理解してる.今回の話は,べつに疫学への不満をぶちまけるつもりで書いてるわけじゃない.経済学だって,似たような問題に苦しんでいるんだから.ただ,ぼくらに提示されてる主流の疫学モデルに見受けられる限界を少しばかり書き留めておきたい.
[Read more…]

タイラー・コーエン「心理テスト:『対人距離の維持は実にうまくいってる!』と思ってる?」(2020年4月17日)

[Tyler Cowen. “‘Social Distancing is Working so Well!‘” Marginal Revolution, April 17, 2020]

「対人距離の維持は実にうまくいってる!」って聞かされて,どう思う? ぼくはこれを一種の心理測定テストだと考えてる.
[Read more…]

タイラー・コーエン「気分先行・見解追随の誤謬」(2011年3月31日)

[Tyler Cowen, “The fallacy of mood affiliation,” Marginal Revolution, March 31, 2011]

この前,こんなことを書いた
[Read more…]

タイラー・コーエン「コロナウイルスでデジタル格差はいっそう悪化する?」(2020年4月17日)

[Tyler Cowen, “Will the coronavirus make the digital divide worse?” Marginal Revolution, April 17, 2020]

――というのが,今回の『ブルームバーグ』コラムの話題だ.抜粋しよう:
[Read more…]

タイラー・コーエン「経済の再始動?」(2020年4月15日)

[Tyler Cowen, “Re-starting the economy,” Marginal Revolution, April 15, 2020]

アメリカは経済活動を時期尚早に再開するだろうか?:
[Read more…]

タイラー・コーエン「幸福と政府の質」(2020年4月8日)

[Tyler Cowen, “Happiness and the quality of government,” Marginal Revolution, April 8, 2020]

John F. Helliwell, Haifang Huang, and Shun Wang の論文から抜粋:
[Read more…]

タイラー・コーエン「隔離生活で地位追求はどう変わる?」(2020年4月6日)

[Tyler Cowen, “How does isolation change status-seeking?” Marginal Revolution April 6, 2020]

――というのが,『ブルームバーグ』の新コラムの話題だ.抜粋しよう:
[Read more…]

タイラー・コーエン「世界はストレス下の心理測定を実施中」(2020年3月27日)

[Tyler Cowen, “The world is running a disturbing psychometric test,” Marginal Revolution, March 27, 2020]

小さなお子さんがいる人たちは(それほど小さくないお子さんがいる人たちも)除外して,人々を観察してみよう.今回のパンデミックで生産性が加速してるだろうか,それとも,生産性がガタガタになってるだろうか.そこを見れば,その人がストレスにどう対処できるかを計る物差しになる.それに,苦しい状況ですばやく適応して仕事を進める必要がある大きなプロジェクトやスタートアップをやろうというとき,その人が信頼できるかどうかをはかる物差しにもなる.
[Read more…]

タイラー・コーエン「コロナウイルスによって進歩派左翼は死んだ」

Tyler Cowen  “The Coronavirus Killed the Progressive LeftMarginal Revolution, March 20, 2020

タイトルは僕の最新のBloombergコラムのトピックから。もちろん釣りタイトルなんだけど,糸の先に付いてる餌は真実だ。以下はそこからちょこちょこ抜粋したもの。

― 進歩派左翼の平等主義もまた,おぼろげな記憶のようになるだろう。エリートは自分に害がないときであればたいてい富の再分配を支持するし,実際にカリフォルニアや北東部の海岸沿いの金持ちエリートは進歩主義運動の屋台骨となっている。しかし,こうした人々が自身の生活や職業が脅かされていると感じる,あるいは彼らの子供たちの未来が突如として安泰ではないように思われてしまうと,再分配はそんな魅力的な理想ではなくなってしまうだろう…

[Read more…]