経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「絵画の『完璧』な複製が可能になったとしたら」(2004年5月31日)

●Tyler Cowen, “What if paintings were fully reproducible?”(Marginal Revolution, May 31, 2004)


ファビオ・ロハス(Fabio Rojas)がこちらのエントリー〔拙訳はこちら〕で名画の出来のよい「コピー」は安くで――オリジナル(原画)よりも格段に安い値段で――手に入ると指摘しているが、チャールズ・マレー(Charles Murray)も同様の主張を展開している

どんなサイズの絵画であれ原寸大の「完璧」なコピーを作り出すことを可能にするテクノロジーは既に存在している。色の明度や一本一本の線を「完璧」に再現するというだけにとどまらない。まったく同じキャンバスだったり石膏ボードだったりに素早い筆使いで生み出された三次元の凹凸や質感を「完璧」に再現することもできるし、ニスを塗って出る光沢だって――お望みならばひび割れ(亀裂)だって――「完璧」に再現できるのだ。「完璧」という言葉にはさらに別の意味も込められている。世界の中でも選りすぐりの目利きで最上の訓練を積んでいるアーティストでもどちらがオリジナルでどちらがコピーかを五分五分の確率でしか見抜けないという意味でも「完璧」なのだ。

テクノロジーの現状が誇張されている面はあるものの、「絵画が録音された曲のようになったとしたら(絵画の複製が曲を録音するのと変わらないくらい容易になったらとしたら)どうなるだろうか?」という問いそれ自体は依然として重要だ。 [Read more…]

タイラー・コーエン 「精巧な3Dの複製画はアート市場の撹乱要因となるか?」(2013年8月26日)

●Tyler Cowen, “Will accurate 3-D reproductions disrupt art markets?”(Marginal Revolution, August 26, 2013)


アムステルダムからこんなニュースが届いている。

オランダのアムステルダムにあるゴッホ美術館が最先端のコピー技術である3Dプリント技術を活用して所蔵するゴッホの秀作数点の「三次元」の複製画の作成に乗り出している。同美術館の館長を務めるアクセル・リューガー(Axel Rüger)氏は語る。「次世代の複製画と言えるでしょうね。3次元の世界に足を踏み入れたわけですから。素人目にはオリジナル(原画)と見分けがつかないことでしょう。ただし、素人でも絵に詳しいようであれば注意深く目を凝らせば見分けられるでしょうね」。

「三次元」の複製画のお値段は1点2万2000ポンド1。名画が印刷されたポストカードやポスターに比べると値が張るが、ロシアのオリガルヒ(新興財閥)やアメリカの億万長者が数千万ポンド払ってでも手に入れたいと思うような作品に接することができる機会を少しでも増やしたいというのがゴッホ美術館としての願いとのこと。

これまでに3Dスキャナーでの複製に成功した(ゴッホの)作品は以下の通り。『花咲くアーモンドの木の枝』(1890年制作)、『ひまわり』(1889年制作)、『収穫』(1888年制作)、『荒れ模様の空の麦畑』(1890年制作)、『クリシー大通り』(1887年制作)。ゴッホの全作品を網羅した3D版のカタログの作成も計画されているとのことだ。

パソコンの画面越しでは「三次元」の複製画の出来栄えを判断するのは難しいが、少なくとも現段階では騙されない(オリジナルと複製画を見分けられる)自信がある。50ドル賭けてもいい。仮に騙されるようでも(オリジナルと複製画の見分けがつかないとしても)、私には(複製画を手に入れるために)2万2000ポンドもの大金を払う気はないね。記事の全文はこちら。複製画も一点だけ紹介されている。そうそう。絵画(をはじめとした芸術作品)の精巧な複製が技術的に可能になった場合にどんな展開が予想されるかをタバロックとの共著論文でしばらく前に分析した(pdf)ことがあったっけ。

情報を寄せてくれたのはTed Gioia。ツイッター上でお気に入りの一人だ。

  1. 訳注;2013年8月当時の為替レートは1ポンド=150円前後だったので、1ポンド=150円で計算すると2万2000ポンド=330万円ということになる。 []

ファビオ・ロハス 「一家に一点 ~名画を我が家に~」(2004年5月30日)

●Fabio Rojas, “A Masterpiece in Every Home”(Marginal Revolution, May 30, 2004)


アーティストや知識人による反市場論の一つに「市場はあれやこれやの経路を通じてアートを堕落させる」というのがある。「あれやこれやの経路」の候補を逐一列挙しようとすればそれだけで丸一日潰れることだろう。ところで、アートと市場経済との関わりをめぐる重大な(そしておそらくは議論の余地がないほど明白な)事実がある。(市場経済国では)誰もが容易く名画(少なくとも名画の上質のコピー)を自分のものにできるというのがそれだ。

いくつか例を挙げるとしよう。ピカソの絵で何かお気に入りの作品があればインターネットでその作品の画像を無料でダウンロードできるし、キンコーズに駆け込めばほんの数ドル払うだけでその画像のカラーコピーを印刷することもできる。(ジェフ・クーンズの代表作の一つである)ガラス張りの水槽の中に浮かべられた三個のバスケットボールを鑑賞するのが好きなのだとすれば、40ドルほど支払ってフルカラーの複製(写真)が掲載されている本なり雑誌なりカタログなりを手に入れればいい。お気に入りの作品を自宅の壁にかけたいというのであれば、その作品が印刷された上質のポスターを買って額に入れて飾ればいい。数百ドル単位の出費で済むだろう。どこぞの画家を雇って見事な出来栄えの複製画を描いてもらうという手もある。数千ドルの予算があれば足りるだろう。数十万ドルあるいは数百万ドル払ってもいいというのであれば、ゲルハルト・リヒターを自宅に招いて一家の立派な「ぼやけた」肖像画を描いてもらえばよかろう。そんなに悪い話じゃないんじゃない?

タイラー・コーエン 「人目に晒され過ぎたせいで魅力が損なわれた芸術作品」(2004年9月12日)

●Tyler Cowen, “Artworks ruined by overexposure”(Marginal Revolution, September 12, 2004)


洞察力に満ち溢れているジェームス・トウィッチェル(James Twitchell)が「人目に晒され過ぎた(目にする機会が多すぎる)せいで魅力が損なわれた芸術作品」のリストをまとめている。

1. レオナルド・ダ・ヴィンチ作の『モナ・リザ』

2. グラント・ウッド作の『アメリカン・ゴシック』

3. エマヌエル・ロイツェ作の『デラウェア川を渡るワシントン』

4. いわゆる『ホイッスラーの母』1

5. いわゆる『ムンクの叫び』2(本作品はつい最近(2004年8月に)所蔵先の美術館から盗まれてしまったが、そのおかげで芸術作品としての魅力が高まることになるかどうかはいずれ判明することだろう)

ギルバート・スチュワートの手になるジョージ・ワシントンの肖像画もリストに加えたいところだ。モンドリアン柄のバッグやらシャンプーボトルやらも出回っているが食傷気味だね。トウィッチェルが語るには、「モネ、ピカソ、ドガ、セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホ。こういった面々の作品も陳腐になりつつある」とのこと。どんな作品か気になる人は自分でググって調べること。リンクなんか貼って「人目に晒され過ぎ」問題の片棒を担ぎたくはないからね。 [Read more…]

  1. 訳注;ジェームズ・マクニール・ホイッスラー作の『灰色と黒のアレンジメント 第1番 画家の母の肖像』 []
  2. 訳注;エドヴァルド・ムンク作の『叫び』 []

タイラー・コーエン 「ヨーロッパの芸術作品の中で過小評価されている傑作四選」(2012年5月16日)

●Tyler Cowen, “Four underrated European masterworks”(Marginal Revolution, May 16, 2012)


1. ラヴェンナ(特にサン・ヴィターレ聖堂)のモザイク

2. モンレアーレ大聖堂:(イタリアの)シチリア島にあるノルマン建築様式の教会

3. マティアス・グリューネヴァルト作のイーゼンハイム祭壇画(所蔵先はフランスのコルマールにあるウンターリンデン美術館)

4. (ドイツの)ヴュルツブルクのレジデンツ(司教館)を彩るティエポロの作品

いずれの作品もモナ・リザよりもはるかに好きだったりする。いずれも芸術の歴史に名を残す傑作の中でも最良の部類に入るのではないかというのが私なりの偏った嗜好に照らした判断だ。どれについても言えることだが、鑑賞するために巡礼の労をとるに値するだけの価値を備えている。

タイラー・コーエン 「モナ・リザのモデルは誰?」(2004年6月28日)

●Tyler Cowen, “Who was the Mona Lisa?”(Marginal Revolution, June 28, 2004)


モナ・リザのモデルはフィレンチェの裕福な絹商人の妻(リザ・デル・ジョコンド)。通説はそうなっているが、本当のところは恋煩いのミラノ公妃であったイザベラ・ダラゴナこそがモナ・リザのモデルに違いない。(オーストラリアの)アデレード在住の歴史家であるマイケ・フォクト=リュールセン(Maike Vogt- Luerssen)氏はドイツではじめられた17年に及ぶ研究の結果としてそのような結論に至ったという。

モナ・リザが悲しげなのはどうしてなのだろうか?

「イザベラがミラノにやって来て結婚したのが1488年の終わり頃でしたが、それに伴って彼女は大問題を抱えることになったんです。従兄にあたる結婚相手は美男でしたが酒乱でそれに夜の営みの面でも問題を抱えていた(インポだった)ようなんです」。

イザベラは美術史家の間でモナ・リザのモデルではないかと長らく噂されてきた対抗馬の一人だが、イザベラ説を支持する証拠は日に日に増えているようだ。詳しくはこちらの全文を参照してもらいたいが、あれこれの証拠についても論じられている。モナ・リザの微笑みの謎に科学的な観点から切り込もうとする試みについてはこちらの記事を参照のこと。

フランシス・ウーリー 「フリマの経済学 ~同じ機種で色違いの中古の電話機。値段に差があるのはなぜ?~」(2013年8月23日)

●Frances Woolley, “Flea Market Economics”(Worthwhile Canadian Initiative, August 23, 2013)


(カナダは)オンタリオ州のパース市で開かれている蚤の市(フリーマーケット)に足を運んできたのだが(「ガラクタ買います。アンティーク売ります」がスローガン)、並べて売りに出されている二台の中古の電話機に目が留まった。違いといえば機体の色と値段だけ。その他はどこをとってもそっくりな二台。

(機体の色がベビーブルーの)青電話の言い値は160ドル。一方で、(機体が黄色の)黄電話の言い値は90ドル。青電話の方が70ドルも値段が高いわけだが、それはどうしてなのだろうか? その答えは至ってシンプル。「供給」と「需要」のバランス。それが答えだ。 [Read more…]

タイラー・コーエン 「電話の歴史が投げかける教訓」(2004年5月10日)/「『The Phone Book』 ~アメリカの大統領の中でホワイトハウスの執務室に電話を初めて持ち込んだのは誰?~」(2010年11月30日)

●Tyler Cowen, “Telephone history: lessons for today”(Marginal Revolution, May 10, 2004)


アメリカがマスメディアやテレコム(遠距離通信)の分野で世界を牽引するリーダー国になった経緯を知りたいと思ったことはあるだろうか? その疑問に真っ向から取り組んでいる出色の一冊がポール・スター(Paul Starr)の手になる『The Creation of the Media』(「メディアの創造」)だ。注目すべき指摘の一例を引用しておこう。

フランス当局による政策は・・・(略)・・・電話の普及に不利に働くものだった。フランス政府は電話という通信インフラの開発に公費を投じるのを嫌がり、その代わりに民間の事業者にわずか5年間という期限付きでの営業許可証を発行するという道を選んだ。1879年のことである。民間部門に新ビジネスに伴うリスクを背負わせておいて様子見をしよう。国でその事業を引き継ぐ(国営化する)だけの価値があるかどうかを5年をかけて見極めようという魂胆だった。民間の資本は損を被る可能性がある一方で、電話というメディアは儲かるということが仮に判明したら政府に横入りされるというわけだ。結果はどうだったかというと、民間による投資は当然のように手控えられることになった。1885年になるとフランス政府は自ら長距離通信網の建設に乗り出したが、設備投資の額は抑えられることになった。整備済みの電信網が陳腐化するのを少しでも遅らせようとしたのである。その4年後には民間の通信業者の国有化に乗り出した。そのような行動に出たのはなぜかというと、電話サービスの改善に向けて国を挙げて取り組むぞという前向きな決意を示すためではなく、国が独占している電信事業の土台が掘り崩されるのを防ごうという後ろ向きの懸念が理由となっていたのである。

・・・(中略)・・・

1895年の段階における電話の普及率を国別に比較すると、アメリカでは208人に一台の割合で電話機が普及していた一方で、・・・(略)・・・フランスでは1216人に一台の割合にとどまっていた。・・・(略)・・・1927年にベル電話会社は長距離電話のタイムラグは平均すると1.5分程度との調査結果をまとめているが、パリ-ベルリン間の長距離電話となるとタイムラグは1時間以上にもなったのである。

結論: 政治家がVoIP(IP電話)の規制について何か言っているようだったら上に引用したエピソードを思い出すべし。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “*The Phone Book*”(Marginal Revolution, November 30, 2010)


アメリカの大統領の中でホワイトハウスの執務室に電話を初めて持ち込んだ(執務室にある机の上に電話を設置した)のはハーバート・フーバー。1929年のことである。ホワイトハウスの敷地内に電話が持ち込まれたのはさらに昔に遡る。(第19代アメリカ合衆国大統領である)ラザフォード・ヘイズが国内でもかなり早い段階で1878年に官邸内にある電信室に電話を設置したのがはじまりである。しかしながら、当初のうちはホワイトハウスにある電話が使われることは滅多になかった。(ヘイズの判断で官邸内の電信室に電話が設置された)当時のアメリカでは電話の持ち主はごく少数に限られていたからである。ワシントンD.C.にある世帯を対象として作成された最初の電話帳にもホワイトハウスの電話は登録されているが、シンプルに「No.1」(電話番号は「1」)とだけ記載されている。

先日(2010年11月に)発売されたばかりの興味深い一冊である『The Phone Book: The Curious History of the Book That Everyone Uses But No One Reads』(「電話帳:誰もが利用するが誰も読みはしないかの本の奇妙奇天烈な歴史」)からの引用だ。著者はアモン・シェイ(Ammon Shea)。

ニック・ロウ 「貨幣、電話、ハロウィン ~はじめの一歩が踏み出されるまで~」(2017年11月1日)

●Nick Rowe, “How can Halloween get started?”(Worthwhile Canadian Initiative, November 01, 2017)


(ハロウィンには)一日遅れてしまったが、構うまい。

「貨幣」の誕生に向けていかにしてはじめの一歩が踏み出されるかを理解するのは造作ない。A氏はビスケットが欲しいが手元にはジャムしかない。B氏はジャムが欲しいが手元にはタバコしかない。A氏は非喫煙者でありタバコなんて欲しくもないが、とりあえずB氏と交渉してジャムと引き換えにタバコを手に入れる。タバコとビスケットの交換に応じてくれそうな喫煙者を探せばいいと考えたわけだ。すると格好の相手を見つけた。C氏だ。A氏はC氏にタバコを差し出してそれと引き換えにビスケットを手に入れる。非喫煙者のA氏は「欲望の二重の一致」問題を乗り越える術としてタバコを「交換手段」――「貨幣」――として転用した(pdf)わけだ。かようにしてはじめの一歩が踏み出されればその後は雪だるま式に勢いがつく可能性がある。何かしらの財と引き換えにタバコを受け取る人間が一人いる(A氏)となると、非喫煙者の中から自分も(手持ちの品を差し出すのと引き換えに)タバコを受け取ってもいいと考える者が相次いで出てくる可能性があり――A氏がタバコを受け取ってくれる(のと引き換えに財を差し出してくれる)からね――、そうなるとタバコの流動性は高まることになる。「貨幣」らしさが増すことになるわけだ。 [Read more…]

フランシス・ウーリー 「トリック・オア・トリート、互酬、社会関係資本」(2010年10月31日)

●Frances Woolley, “Trick or Treating, reciprocity and social capital”(Worthwhile Canadian Initiative, October 31, 2010)


幼少期はヒルスヴィルで過ごしたのだが、ハロウィンがやってくる度に「トリック・オア・トリート」と叫びながら近所を練り歩くのはワクワクする体験だったし、・・・物凄く疲れもしたものだ。歩く距離なんて大したことはなかったものの、こちとらひ弱な両の脚ときている。勾配が急な私道を歩くのはなかなかの重労働ですぐにも足が棒になってしまったものだ。

ヒルスヴィルにある家々を「トリック・オア・トリート」と叫びながら訪ね回る子供の数は減少傾向にある。その一方で、車で10分ほど離れた近場の郊外に「トリック・オア・トリート」の標的とするのにうってつけの条件を兼ね備えた住宅地が開発されるに至っている。その郊外に住む層の世帯所得は平均を上回っているし、隣近所には子供のいる家庭も多い。私道も短いし、車の交通量も少ない。住宅も密集している。

隣町へ(遠征して)の「トリック・オア・トリート」はあくまで例外的な現象に過ぎないのかどうかは詳しくは知らないが、「トリック・オア・トリート」の標的とするのにお薦めの場所のランキングを紹介している記事もあるようだ(私には思いも付かなかったのだが、ランキングを作成する上では犯罪発生率も重要な要因として加味されているようだ)。「トリック・オア・トリート」の狙い目となる地に遠征すれば、吸血鬼やライオンや幽霊になりきるのと引き換えに60分も練り歩けば(お菓子を詰め込むために携帯している)枕カバーをチョコレートでいっぱいにすることも可能というのは確かなようだ。

隣町へ(遠征して)の「トリック・オア・トリート」に関しては(好悪の入り混じった)何とも複雑な感情を抱いてしまうというのが正直なところだ。プラスの面ははっきりしている。住宅が密集している地域であれば、小柄な魔術師や魔女がそこらを闊歩しても安全だし心温まるものだ。私の住まいは「トリック・オア・トリート」の狙い目の只中にあるが(今のところ訪問者の数は55人、いやそれ以上を数えている)、ハロウィンに我が家の門を叩く訪問者の数が少ないとひどくがっかりすることだろう。現段階までに訪問者に差し出したキャンディの総額は15ドル相当。その一方で、その見返りとして金額に換算すると15ドル以上の喜び(満足)を得ている。痛みを伴わない所得再分配策の一種と言ってよかろう。

それと同時に少々すっきりしない思いを抱いているのはなぜなのか?

その理由の一部はハロウィンで訪問者に差し出されるキャンディはギフト(贈り物)の一種という思いにある。ギフトの贈呈には「互酬」という社会的な機能が備わっている。数年前にお隣さんは我が子にキャンディをくれた。今度は私がお返しする番だ。お隣さんの親切心に報いる機会だ、というわけだ。しかしながら、別の町から訪問者がやってくるとなるとどうだろうか? 「互酬」は分散されてしまうことになるだろう。

その子供がどこからやって来たかに応じてキャンディをあげたり出し渋ったりするというのは狭量ではあるが、話はそれだけにとどまらない。ハロウィンへの参加を拒む大人は無視できない数に上っているが、「ギフトをあげてもお返しがもらえないじゃないか」という思いもその一因となっている可能性があるやもしれないのだ。

ハロウィンは社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)を構築する機会でもある。顔見知りの範囲を広げる機会、お互いの近況を報告し合う(情報を共有し合う)間柄を構築する機会でもある。子供たちが町の境界を越えて「トリック・オア・トリート」に出向くようになったら町ごとの社会関係資本は一体どうなってしまうだろうか? お隣さんと顔見知りになるにはどうしたらいいだろうか?

子供たちが町の境界を越えて「トリック・オア・トリート」に出向くようになったら若夫婦が集まるコミュニティの性格は一体どんな感じになるだろうか?