経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「バンクシーの真意やいかに? ~1枚60ドルで売ります~」(2013年10月15日)

●Alex Tabarrok, “Banksy Comments on the Nobel Prize?”(Marginal Revolution, October 15, 2013)


Mashable: ストリートアーティストとして知られるバンクシー(Banksy)の絵が土曜日にニューヨークのセントラルパークで路上販売された。露店で売りに出されたのは万ドル単位相当の値打ちがあると見積もられている作品ばかりだが、そのお値段は1点あたりなんとわずか60ドル。

その模様はバンクシーの公式サイトで映像付きで報告されているが、記念すべき最初の売り上げにたどり着くまでに開店から数時間を要したという。最初の購入者は女性。値引き交渉の末に2点の作品を半額で購入していったという。午後6時に店が閉じられるまでに絵を購入していったお客の数は合計で三名。一日の売上高(売り上げ総額)は420ドルにとどまったらしい。

ちなみに、バンクシーの作品のうちで『Space Girl & Bird』は2007年にオークションで57万8000ドルの値がつけられており、『Keep it Spotless』は2008年に187万ドルで落札されている。

ファーマ&シラー&ハンセンの三人――「資産価格の実証分析」への学術的な貢献が讃えられて本年度(2013年度)のノーベル経済学賞を共同で受賞した三人――なら上の結果について何てコメントするだろうね?

複製不可能な作品(アート作品)を売って得られる儲けを最大化する(一つでも多くの作品をできるだけ高値で売りさばく)というのはマッチングの問題の一種であり、「この作品を手に入れるためなら誰よりも金を出してやる」と意気込む相手(買い手の候補)を世界中から探し出す努力が欠かせない(この点について詳しくは “An Economic Theory of Avant-Garde and Popular Art”(pdf)を参照のこと)。・・・という観点からすると、上の結果はマーケティング(宣伝)の失敗として説明がつけられるかもしれない。

「現代芸術(モダンアート)はバブルに彩られている」という別の説明も考え得る。将来的に誰かに(自分が買った時よりも高い値段で)売ってしまえるだろうと予想するからこそ買う。そうじゃなければモダンアートなんて買わない、というわけだ(ファッション感覚で買ったり流行に乗って買うというのもバブルを後押しする働きをする可能性があるが、それでもやはり将来的にいいカモ買い手が見つかる(高値で転売できる)に違いないという予想に支えられている点では変わりがない)。

あるいはバンクシーとしては(「シグナリングの理論」の分野を開拓した)別のノーベル経済学賞受賞者の業績に目を向けよと言いたいのかもしれないね。

マーク・ソーマ 「消費経済の歴史は想像以上に古い?」(2005年9月8日)/ アレックス・タバロック 「自壊する絵 ~本物のアーティストがここに~」(2018年10月6日)

●Mark Thoma, “The Consumer Driven Economy”(Economist’s View, September 08, 2005)


消費経済(消費者主導の経済)の歴史は思っていたよりも古いようだ。


上の画像は大英博物館が公表した「嘘っぱち」の洞窟壁画。大英博物館に展示されていた作品で原始人がショッピングカートを押す姿が描かれている。作者は匿名の「アート・テロリスト」ことバンクシー(Banksy)。大英博物館に無断でこっそり置いていったという。・・・(略)・・・〔全文はこちら1

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “Banksy is the Real Deal”(Marginal Revolution, October 6, 2018)


Hyperallergic: 金曜日の夜にロンドンで開催されたオークションでバンクシーの作品が「自壊」した

競売大手のサザビーズが取り仕切るオークションの午後の部の締め括りとして登場した(バンクシーの代表作である)『少女と風船』(2006年制作)。「95万3829ポンド(約1億4000万円)!」という印象的な掛け声とともにオークションは終了。

キャスターライン・グッドマンギャラリーの創業者であるロバート・キャスターライン(Robert Casterline)もオークション会場にいた一人。我々の取材に対して落札直後に何が起こったかを説明してくれた。「オークションの終了を告げる小槌が打ち鳴らされた瞬間でした。額縁の内側から警報音が鳴り響いてきたんです」。会場は「大混乱」。

「百万ドルを超える値で落札され、私も含めて聴衆の面々が席に座ろうとしたその時です。絵が突然動き出したんです」とキャスターライン。作品が収められている額縁もバンクシー本人が用意したものであり、シュレッダーが仕掛けられていたという。作品が落札されるやシュレッダーが作動して絵をバラバラに裁断し出したというのだ。「はじめのうちはすっかり混乱して何がなんだかわかりませんでしたが、しばらくすると興奮に襲われて震えましたね」とキャスターライン。

サザビースの現代アート部門(欧州地域)の責任者を務めるアレックス・ブランクチク(Alex Branczik)がアート・ニュースペーパーの取材に応じているが、どうやら彼も会場にいた一同と同じくらい仰天したようだ。

バンクシーって天才だね。

  1. 訳注;リンク切れ。ちなみに、バンクシーが件の作品を大英博物館に無許可で置き去ったのは2005年のことだが、今現在は晴れて「許可を得て」大英博物館に置かれているとのこと。大英博物館にて開催中の展覧会(会期は2018年9月6日~2019年1月20日)で正式な作品として展示されているらしいのだ。 []

アレックス・タバロック 「誰が彼を責められようか?」(2004年8月31日)/「『メタ』パフォーマンス・アート」(2007年7月15日)

●Alex Tabarrok, “Can you blame him?”(Marginal Revolution, August 31, 2004)


ロンドンにある国立美術館のテート・ブリテンに展示されていた作品の一つ(右の画像がそれ)が男性の清掃員によって誤って廃棄されるという事件が起こった。幸いなことに作者(であるグスタフ・メッツガー)が近くに居合わせており、(驚くべきことでもないだろうが)瞬く間に作り直されて事なきを得たということだ。

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “Meta Performance Art”(Marginal Revolution, July 15, 2007)


パフォーマンス・アートの大ファンとは言えないのだが、つい最近大好きな「メタ」パフォーマンス・アートにめぐり合うことができた。事の始まりは(動物の死体を切り刻んだ作品死んだ牛の頭にウジ虫やハエを群がらせている作品で知られる)ダミアン・ハースト(Damien Hirst)が制作した現代アート史上最も高価な作品にある。8000個を超えるダイヤモンド――額にして数百万ドル――が散りばめられた頭蓋骨がそれだが、ロンドン在住のアーティストである「ローラ」(ローラ・キーブル)がそっくりな作品(パロディ)を仕上げたのだ。頭蓋骨に(ダイヤモンドの代わりに)スワロフスキー・クリスタル(スワロフスキー社製のクリスタル・ガラス)を散りばめて他のゴミと一緒に真夜中に美術館の外に展示。まさに「プライスレス」。

アレックス・タバロック「有料トイレを合法化せよ!」(2018年11月27日)

[Alex Tabarrok, “Legalize Pay Toilets!” Marginal Revolution, November 27, 2018]

有料トイレはヨーロッパではありふれているけれど,アメリカではめったにみない.そのワケを City Lab でソフィー・ハウスが書いている.アメリカでは,多くの地域で有料トイレが1970年代に違法になったんだそうだ:
[Read more…]

タイラー・コーエン 「紙幣の中から橋を出してみせよう」(2014年12月18日)/ アレックス・タバロック 「紙幣の中から姿を消した『彼』」(2008年7月7日)

●Tyler Cowen, “The culture that is Dutch”(Marginal Revolution, December 18, 2014)


笑いすぎてお腹が痛いとはこのことだ。

全部で7種類あるユーロ紙幣にはそれぞれに異なる建築様式――ルネサンス様式やバロック様式といったヨーロッパを代表する建築様式――の橋が描かれているが、いずれも抽象例であり架空の橋だ。実在する橋ではなく架空の橋が描かれている理由はEUに加盟するいずれかの国に存在する橋を描いてしまうと他の加盟国からやっかみの声があがる可能性があったためである。「欧州中央銀行は実在する橋を紙幣の図柄に使いたくなかったようですが、紙幣の中から橋を引っ張り出してきて実在の橋にしちゃえば(実際に作ってしまえば)どうだろう? 面白いんじゃなかろうか? そう思ったんです」。(橋の設計を請け負った)ロビン・スタム(Robin Stam)氏は本紙の取材に対してそのように答えた。

記事の全文はこちら。ちなみに、見出しは「ユーロ紙幣に描かれている架空の橋がオランダにて建設される運びに」となっている。ユーロ圏を立ち行かせるための大まかでいわく言い難いメタファーにでもなるんじゃないかね。

情報を寄せてくれたJoel Cazaresに感謝。

——————————————————————————————————-

● Alex Tabarrok, “Evidence of Absence”(Marginal Revolution, July 7, 2008)


この度中国で(北京オリンピックの開催を記念して)額面が10元の記念紙幣が発行されることになった(Metafilter経由で知った情報)。何かが足りないのだがおわかりになるだろうか?1 裏返してもやはり「彼」はいない(描かれていない)らしいよ。

  1. 訳注:答えは毛沢東の肖像画。中国の紙幣は1元札、5元札、10元札、20元札、50元札、100元札の計6種類あるが、すべてに毛沢東の肖像が描かれている。 []

アレックス・タバロック「問題:子供2人のうちどちらも女の子である確率は?」

Alex Tabarrok “A Girl Named FloridaMarginal Revolution, July 9, 2008


レナード・ムロディナウの”The Drunkard’s Walk: How Randomness Rules our Lives”(邦訳「たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する」田中三彦 訳)を読んだ。この本はモンティ・ホール問題,ベイズ理論,可用性バイアス,コントロール幻想等々を取り上げている。これらについて馴染みがない人にとっては,この本はこの上なく面白いものだろう。

他方,私としてはこの本から新たなことをたくさん学んだとは言えない。とは言え,それでもこの本には楽しませてもらった。うまく書かれてるし,興味深いネタに溢れているのだ(偉大な数学家であるポール・エルデシュは,ドアを変更すべきということを信じるのを拒んだ1 というのは知ってたかい?)。確率論や統計入門を教えている人にとっては,授業を活気づける良い例題をたくさん発見できることだろう。

私が目を引かれた問題は次のようなものだ。ある家庭に2人の子供がいると仮定する。両方とも女の子である可能性はどれだけか。そう,これはとても簡単。女の子である確率は2分の1,それぞれの確率は独立だから2人とも女の子である確率は2分の1×2分の1=4分の1だ。

それでは少なくとも1人の子供が女の子である場合,2人とも女の子である確率はどれだけか。 [Read more…]

  1. 訳注;モンティ・ホール問題を参照。 []

タイラー・コーエン 「カナダにおける通貨イノベーション ~通貨の刷新に明け暮れるカナダの造幣局~」(2012年4月11日)/ アレックス・タバロック「カナダの通貨にゃ敵わない」(2017年7月8日)

●Tyler Cowen, “The continuing course of Canadian monetary innovation”(Marginal Revolution, April 11, 2012)


カナダの通貨当局(造幣局)はじっとしていられないようだ。まるで落ち着きのない子供のように、通貨の刷新に明け暮れているのだ。プラスチック製の紙幣(ポリマー紙幣)の導入に踏み切ったかと思うと、ペニー硬貨(1セント硬貨)の製造中止を決定。そして今度は暗闇で光る25セント硬貨でお楽しみあれときた。

今回新たに発行される記念硬貨には恐竜の姿が描かれている。暗闇に置くと鱗に覆われた肌の下に隠れている骨格が光って浮かび上がってくる仕組みになっている。

片面に二種類の図柄が描かれている世界初の硬貨と言えそうだ。ちなみに、もう片方の面にはエリザベス女王の姿が描かれているが、女王陛下は暗闇に置いても光りはしないとのことだ。

素材は白銅。市中に流通している25セント硬貨よりもかなり大きめのサイズとのことだ。

記事の全文はこちら。情報を寄せてくれたEva Vivaltに感謝。

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “Canadian Money is Better than US Money”(Marginal Revolution, July 8, 2017)


カナダの通貨はアメリカの通貨よりも優れている。まず紙幣。カラフルで水を通さず透明な箇所もあってホログラム入り。すごいよね。次に硬貨。(スターリングシルバーとニオブを素材とする)ニオブ銀貨の(月夜に吠えるオオカミの姿が描かれている)「ウルフムーン」硬貨。誰だって欲しくなろうというものだ。「いや、まだ足りない」とばかりにこの度カナダ王立造幣局はカナダの建国150周年を記念して暗闇で光る硬貨の発行を決めたようだ。まあ、2012年に発行された(暗闇に置くと骨格が光って浮かび上がってくる)かの恐竜硬貨は越えられないけどね。

アレックス・タバロック 「作品を長持ちさせる秘訣 ~『シティ』のケース~」(2016年8月25日)

●Alex Tabarrok, “The Economics of Building Art to Last”(Marginal Revolution, August 25, 2016)


マイケル・ハイザー(Michael Heizer)と言えば巨大なアート作品の制作を専門とする彫刻家だ。そんな彼の作品の一つが『シティ』。ネバダ州の砂漠に鎮座する作品であり、1972年に制作が開始。未だ完成には至っていない。噂によるとワシントンD.C.の(国立公園である)「ナショナル・モール」だとか(メキシコの古代遺跡である)「テオティワカン」だとかに匹敵する規模と言われているが、確かなことは誰にもわからない。というのも、「訪問客が歓迎されていないことは明らかである。道路から隔たった場所に制作されていることに加えて土壁に囲まれてもいるために、不法侵入の危険を冒さない限りは地上からその一部でさえも一瞥できない」格好になっているためだ。数枚の「盗撮」写真が出回っているくらいだ。

ところで、ニューヨーカー誌にハイザーにまつわる興味深い記事が掲載されている。長持ちする作品作りに向けたハイザーの用意周到ぶりにはあっぱれと言うしかない。

『シティ』の大部分は岩や砂、あるいはコンクリートからできている。いずれもハイザーが現地で調達するなり一から製造するなりしたものだ。どこにでもある素材を使っているのには戦略的な理由があるとのこと。やがてきたる「破壊活動」に備えるためだというのだ。「仲の良い友人でもあるリチャード・セラは軍事用の鋼を使って作品を制作している最中みたいですが、きっとそのうち溶かされちゃうでしょうね。そう思うのはなぜかですって? インカにオルメックにアズテックですよ。数ある古代遺跡に眠っていた類稀なる芸術品の数々がどんな運命を辿ったか思い出してください。どれもこれも片っ端から盗まれてしまいました。徹底的に打ち壊され、バラバラに切り離されてしまいました。金(ゴールド)なんかは溶かされちゃいました。我が『シティ』も同じようにメチャクチャにしてやろう。そう企む連中がいたとしてもすぐに悟ることでしょう。『シティ』を標的にしても労多くして益少なしと。」

アレックス・タバロック 「今年度(2018年度)のノーベル経済学賞を手にしたのはウィリアム・ノードハウスとポール・ローマーの二人」(2018年10月8日)

●Alex Tabarrok, “The Nobel Prize in Economics Goes to William Nordhaus and Paul Romer!”(Marginal Revolution, October 8, 2018)


申し分ないチョイスだ! ノードハウスは環境経済学の発展に貢献した功績を讃えて、そしてローマーは経済成長論の発展に貢献した功績を讃えての受賞となった。ローマーの業績についてはMRUniversityの教材用ビデオで解説済みだ。(内生的成長理論をはじめとした)経済成長の話題やチャーター都市構想1についてだけではなく、経済学の教育ツールの開発を手掛けた「起業家」としてのローマーの一面についても解説している。ビデオが制作されたのはMRUniversityが船出したばかりの頃で随分前のことになる。そのため、(ビデオを制作して以降にローマーの周辺で巻き起こった)あれやこれやの小ネタには触れられていない。とは言え、ローマー本人から「あのビデオは気に入っているよ」とのお言葉を頂戴している。というわけで、今年はノーベル経済学賞の解説エントリーを書く必要はなさそうだ。

だがしかし、コーエンは別だ(例年通り腕を振るってノーベル経済学賞の解説エントリーを書き上げている)。コーエンによるノードハウスの業績解説はこちら〔227thday氏による訳はこちら〕、ローマーの業績解説はこちら〔拙訳はこちら〕をご覧あれ。

  1. 訳注;ローマー本人がチャーター都市構想をテーマに語っているTEDトーク(日本語字幕付き)はこちら。 []

アレックス・タバロック「テクノロジーの文化的継承:試行錯誤で学習…はしないけど改善はするみたい」

[Alex Tabarrok, “Improving But Not Learning by Doing,” Marginal Revolution, October 4, 2018]

名著『人類が成功した秘訣』で,ジョー・ヘンリックは知性がもたらしたのではない複雑な技術製品や営みの事例をいくつも挙げている.そうした製品や営みを産み出したのは,仕組みをろくに理解しないまま文化的に世代をまたいで継承されてきた無数のささやかな改善の積み重ねだ.Derex et al. は,この文化的な世代継承仮説を検証するたくみな実験を披露している.
[Read more…]