経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ブラッドフォード・デロング「大衆政治と『ポピュリズム』:『長い20世紀の経済史』抜粋」(5/6)

[Bradford DeLong, “Mass politics and “populism”: An Outtake from “Slouching Towards Utopia: An Econonmic History of the Long Twentieth Century,” Grasping Reality with at Least Three Hands, August 09, 2018]

5.2.5: ジョン・ピーター・オルトゲルドの経歴: オルトゲルドはドイツに生まれた。1848年、生後3ヶ月だったオルトゲルドを連れて両親はオハイオ州に移り住む。南北戦争では北軍に参加。バージニア州タイドウォーターのモンロー要塞でマラリアにかかり、生涯にわたって苦しむことになる。戦後、オルトゲルドは高校を卒業して鉄道作業員や学校教師などをして転々と渡り歩きつつ、どこかで法律を学ぶ。1872年、ミズーリ州サバンナで市法務官 (city attorney)、1874年には郡検事となる。1875年、オルトゲルドは『罰せられるべき我らの機械とその犠牲者』(Our Penal Machinery and its Victims) の著者としてイリノイに姿をあらわす。1884年のオルトゲルドはふるわない民主党議員候補だった――そして、民主党大統領候補グローバー・クリーブランドの強力な支持者でもあった。
[Read more…]

ブラッドフォード・デロング「大衆政治と『ポピュリズム』:『長い20世紀の経済史』抜粋」(4/6)

[Bradford DeLong, “Mass politics and “populism”: An Outtake from “Slouching Towards Utopia: An Econonmic History of the Long Twentieth Century,” Grasping Reality with at Least Three Hands, August 09, 2018]

5.2.4: シカゴランド(シカゴ都市部): では、最前線で政治と経済はどう相互作用したのだろうか?――第一次世界大戦以前の世界でどこよりも急速に成長し工業化を進めていた場所で、政治と経済はどう相互作用したのだろう? その場所、現代でいえば上海にあたる場所とは、シカゴだ。
[Read more…]

ブラッドフォード・デロング「大衆政治と『ポピュリズム』:『長い20世紀の経済史』抜粋」(3/6)

[Bradford DeLong, “Mass politics and “populism”: An Outtake from “Slouching Towards Utopia: An Econonmic History of the Long Twentieth Century,” Grasping Reality with at Least Three Hands, August 09, 2018]

5.2.3: 人民党と進歩主義運動: 中産階級の多く、とくに農民たちは、金持ち・東部人・銀行家のせいで19世紀後半のアメリカがおかしくなっていると非難した。1890年代の人民党(ポピュリスト; the Populists)は、東部の銀行家たち・金本位制・独占企業が悪いと言った。彼らはなにをやったか。貨幣供給(マネーサプライ)を増やし金利を下げ企業物価を上げるために、16対1の比価で銀貨を自由に発行することを追求した。反トラスト法で独占企業を打破しようと模索した。鉄道その他に料金規制を導入して、大半が田園部にある本物のアメリカ人 (real Americans) の屋台骨が都市の鉄道貴族・製造業の独占企業・銀行家といった相手に搾取されないようにしようと模索した。
[Read more…]

ブラッドフォード・デロング「大衆政治と『ポピュリズム』:『長い20世紀の経済史』抜粋」(2/6)

[Bradford DeLong, “Mass politics and “populism”: An Outtake from “Slouching Towards Utopia: An Econonmic History of the Long Twentieth Century,” Grasping Reality with at Least Three Hands, August 09, 2018]

5.2.2: 製造業者たちの貴族政治: 移民と金満家の国は、自作農の国とは大きく異なる(これもやはり、自国生まれの白人成人男性の話だ:「移住してきたアメリカ人はお互いに力を合わせて小屋を建て、お互いの権利主張を尊重していたのです」といったたぐいの〔開拓時代のステレオタイプ的な〕物語では、大事なことを無視している。財産法では、メキシコ人やアメリカ先住民の権利主張は尊重する必要なしとしている点を無視しているのだ。もしも当時彼らがマリアーノ・グアタルーペ・ヴァレーオ〔スペイン領カリフォルニア生まれの軍人、アメリカ上院議員〕の相続人だったなら、ちょうど今日のイギリスでジェラルド・グローヴナー第6代ウェストミンスター公爵が占めている地位に相当するものをいまのカリフォルニアで占めていたことだろう。) 建国の父祖たちが思い描いた空想の世界では、草創期のアメリカ合衆国は自作農の国だった。そして、現実でも大部分はそうだった。
[Read more…]

ブラッドフォード・デロング「大衆政治と『ポピュリズム』:『長い20世紀の経済史』抜粋」(1/6)

[Bradford DeLong, “Mass politics and “populism”: An Outtake from “Slouching Towards Utopia: An Econonmic History of the Long Twentieth Century,” Grasping Reality with at Least Three Hands, August 09, 2018]

人々が――当初は男性のみ,しかも圧倒的多数が白人で,いまにいたるまで成人のみが――選挙権を手にしたとき,彼らはなにをしようとしたんだろう?
[Read more…]

ブラッドフォード・デロング「「マルサスの束縛」と「消極的自由」:『長い20世紀の経済史』抜粋」

[Bradford DeLong, “Imprisonment by Malthus and ‘Negative Liberty,'” Grasping Reality with at Least Three Hands, June 18, 2018]

長い20世紀がはじまった頃,イギリス随一の経済学者にして随一の道徳哲学者,そしてインド政庁の官僚としてかつて大英帝国随一の帝国主義者・支配者でもあったジョン・ステュワート・ミルは,とある本の最終稿の仕上げにとりかかっていた.経済学を学ぼうと思った人が頼りにすることになる同書『政治経済学原理,および道徳哲学へのその応用』(1848年)では,1730年~1870年のイギリス産業革命時代に十分な紙幅を割いている.同書にかぎらず,ミルは産業革命に相応の関心を向けていた.だが,1870年,貧しく惨めだと彼には思えた世界の一隅にミルは目を向ける.その貧しく惨めな地域と当時の大ブリテン島とアイルランドに目を向けつつ,ミルはこう記している:
[Read more…]

ブラッドフォード・デロング「統計地図」

ランドール・マンローが地理的な統計情報の視覚表示についてとても賢いことを言ってる:Randall Munroe: xkcd: 2016 Election Map:

「統計地図(カルトグラム;人口でデフォルメした地図)の発想は好きだけど,実際にやると二兎を追う者は一兎をも得ずになってしまう場合が多い――地理を示すのも人数を数えるのも両方うまくいかずじまいになってしまう.なにより,例のあれ,えーとクロロ…クロロフ…クロロペト…地図を色分けする際の問題もそっくりそのまま残ってしまう.

[Read more…]

タイラー・コーエン「テレビとセックス頻度」

[Tyler Cowen, “Television and the frequency of sex,” Marginal Revolution, August 6, 2018]

代替関係はほんと,いたるところにあるもので:

本論文では,テレビ所有と性交頻度の関係を検討する.五大陸80ヶ国の全国的世帯調査の4百万人近くから得られたデータを使用する.研究結果からは,テレビが性生活を消し去ったわけではないものの性生活の停滞には関連していることがうかがえる.もっとも控えめな推定でも,テレビを所有していると,その人が過去1週間にセックスした確率がおよそ6パーセント減少するという関連がある.これは,テレビ視聴と性的活動との間に小さな度合いの代替関係があることと整合する.世帯の豊かさと生殖関連の保健知識はこの関連を後押しする要因ではないらしい.

以上は,Adrienne Lucas & Nicholas Wilson の新しい NBER 論文から引用.

タイラー・コーエン「どうしてマックで宿泊するの?」

[Tyler Cowen, “Why sleep in a McDonald’s?” Marginal Revolution, August 7, 2018]

ある研究によれば,マクドナルドの店舗で宿泊する人たちの数が,過去5年間で6倍に増えている.この傾向の原動力になっている一因に,家賃の上昇と基準未満の居住環境がある.居住環境がよくないために,とくに都市部の焼け付くような気候で生活が耐えがたくなっている面があるのだ.

国際青年会議所が組織して有志によって6月に行われたこの調査では,過去3ヶ月にマクドナルドの店舗で一晩眠ったことのある人々334名を見つけている.市内で24時間営業している110店舗のうち,84店舗で宿泊する客が見られたという.

この数字は,2013年に行われた同様の調査の6倍だ.2013年の調査では57名しかこうした人々は見つかっていなかった.当時,彼らは「マック難民」「マック宿泊民」と広く呼ばれた.

ツェンワン〔香港〕の1店舗では,30名をこす宿泊客が滞在した.今回の調査に依れば,全店舗でも最大の人数だという.

研究者たちは30名以上のマック難民に詳しい聞きとり調査をすることができた.年齢は19歳から79歳で,57パーセントが仕事をもっており,71パーセントはアパートの部屋を借りたり所有したりしている.「マック難民は無職やホームレス」という通念とは異なる結果だ.

マックで宿泊する理由を訪ねられて彼らが答えた理由の1位には,「居心地」・「安全」と並んで「空調」が来ている.その下に続くのが,「高い家賃」「家族とのいざこざ」「マックでできる対人関係」「基準未満の居住環境」となっている.

全文はこちら.via Kevin Lewis

アレックス・タバロック 「インセンティブ管理の失敗例: お金を払ったものが手に入るのだよ」

[Alex Tabarrok, “Managing Incentives,” Marginal Revolution, July 21, 2018]

ぼくらが書いた経済学教科書でも,インセンティブを扱った章がある.その章のレッスン・ワンはこれだ――「なににお金を出したかで得るものは変わる」(お金を出したものがずばり自分の求めるものでないときであっても).これの好例がある.カリフォルニア州が山火事の後始末を2017年にやったとき,1つの場所あたりに掛かった費用は 28万ドルだった.過去にあった同様の後始末の実に4倍もの費用で,これまでカリフォルニアでやってきた山火事の後始末のなかでもいちばん高くついてしまった.カリフォルニア州はスピードを重視して,陸軍工兵部隊に仕事を委託したのだけれど,その工兵部隊は業者を雇うに当たって,なんと掘り返した土のトン数で支払う契約をしてしまった.この契約は,意外な 案の定の結果をもたらした.KQED がこう伝えている:
[Read more…]