経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ノア・スミス「貧困と悪癖についてケヴィン・ウィリアムソンが間違っているところ」(2019年8月3日)

[Noah Smith “Why Kevin Williamson is wrong about poverty and bad behavior,” Noahpinion, August 3, 2019]

先日,ブルームバーグのコラムでこう論じた.先進国において,「悪癖」は――ドラッグ使用・暴力・片親の育児・怠け癖などは――貧困の主な原因ではない.証拠に挙げた国は日本だ.日本は,薬物使用も暴力も片親の育児も怠け癖も低い率にとどまっているのに,貧困率がアメリカにほぼ並んでいて,豊かなヨーロッパ諸国よりも大幅に上回っている.日本にそうした悪癖はとても少ないのに先進国にしては貧困率が高いのだから,悪癖が総体として貧困の主な原因になっているわけがない.

[Continue reading]

ビル・ミッチェル「国債の発行は必要ない」(2015年9月3日)

Bill Mitchell, “There is no need to issue public debt", – billy blog, September 3, 2015. 先週催されたロンドンでのイベントで、政府は国債を発行するべきではないという話をした。国債発行の機会費用は利益を上回るからだ。現代貨幣理論(MMT)の目で見れば、財政赤字を政府債務と一致させる特段の必要性はなく、財政赤字は、Overt Monetary … [Continue reading]

クレマンス・ベルゾン「フランス労働市場の二重性」

Clémence Berson “La dualité du marché du travail en France” Bloc-notes Eco, Banque de France, le 19 décembre 2017 フランスでは,労働市場の柔軟性は本質的に任期付雇用契約(CDD)や臨時雇用による従業員に依拠している。彼らは給与待遇が低く,受ける訓練も少なく,正社員契約(CDI) … [Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「ヘリコプターマネー・インフレ目標・量的緩和」(2012年6月14日)

[Simon Wren-Lewis, "Helicopter money, Inflation targets and Quantitative Easing," Mainly Macro, June 14, 2012] 経済学者向け ヘリコプターマネーについてよく質問を受ける.それに,この政策を実施しようという要請もときおりなされてきた.(最近の例はこちら.) … [Continue reading]

アレックス・タバロック「平均の終焉: 新聞編」(2019年8月1日)

[Alex Tabarrok, "Average is Over: Newspaper Edition," Marginal Revolution, August 1, 2019] 新聞でも平均の時代が終わったのをLAタイムズのジョシュア・ベントンが例証している. … [Continue reading]

アレックス・タバロック「年齢で重み付けした投票方式はいかが?」(2019年7月24日)

[Alex Tabarrok, "Age-Weighted Voting?," Marginal Revolution, July 24, 2019] 今日なにかの議会で政策が可決されたとして,その政策の効果を誰よりも長く経験するのは若者たちだ.言い方を変えると,(利己的な)年長世代の有権者たちの時間視野は短いので,これがバイアスとなって,赤字支出や地球温暖化の対応先送りといった近視眼的な政策に偏っているかもしれない.哲学者の MacAskill … [Continue reading]

サイモン・レンルイス「緊縮の教訓はこうして学ばれずじまいになった」(2019年7月23日)

[Simon Wren-Lewis, "How the lessons from austerity have not been learned," Mainly Macro, July 23, 2019] イギリスとユーロ圏はどちらも来たるべき景気後退に対して脆弱だが,どちらの政治家たちも中央銀行も,「あちらが景気後退に対応すべきだ」と考えている. … [Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「右派ポピュリズムが成功する理由を理解する」(2019年7月6日)

[Simon Wren-Lewis, "Understanding why right-wing populism succeeds," Mainly Macro, July 6, … [Continue reading]

タイラー・コーエン「いたるところに市場あり:日本のカーレンタル編」(2019年7月8日)

[Tyler Cowen, "Japanese car rental markets in everything," Marginal Revolution, July 8, … [Continue reading]

G.オッタヴィアノ「経済地理の逆襲:ヨーロッパの地域格差と選挙動向」(2019年7月3日)

[Gianmarco Ottaviano, "The economic geography of sovereignist Europe," VoxEU, July 3, … [Continue reading]