経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ブラッド・デロング「クルーグマン:機能的ファイナンスのどこが問題か」(2019年2月14日)

[Brad DeLong, “Paul Krugman: What’s Wrong With Functional Finance?,” Grasping Reality with Both Hands, February 14, 2019]

ポール・クルーグマン:機能的ファイナンスのどこが問題か:「MMT はアバ・ラーナーの「機能的ファイナンス」[pdf] とだいたい同じものに思える(…).そこで,このメモでやりたいのは,ラーナーの機能的ファイナンスをぼくが全面的には信じていないワケを説明することだ.この批判は MMT にも当てはまると思う.ただ,これまでのいろんな論争の経験から何事かが示唆されるとすれば,きっとすぐさまこんな風に言われることだろう,「クルーグマンはわかってない」「あいつは寡頭政治の腐った手先だ」とかなんとか.(…)
[Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「金利下限の罠,そして罠を脱出不可能にしている思想」(2019年2月2日)

[Simon Wren-Lewis, "The Interest Rate Lower Bound Trap and the ideas that keep us there," Mainly Macro, February 2, 2019] 日本では,中央銀行が設定する短期金利が1990年代中盤からゼロ近傍にとどまっている.イギリスでこれに相当する短期金利も,2009年からゼロ近傍にある.ユーロ圏では,2014年からだ … [Continue reading]

ビル・ミッチェル「中央銀行のオペレーションを理解する」(2010年4月27日)

  Bill Mitchell, “Understanding central bank operations“, Bill Mitchell – billy blog, April 27, … [Continue reading]

タイラー・コーエン「IQ経済学 > 行動経済学」(2019年1月31日)

[Tyler Cowen, "IQ economics > behavioral economics," Marginal Revolution, January 31, 2019] 本稿では,行政データと調査にもとづくデータを用いて,認知能力 (IQ),経済予想の形成,代表的な男性人口の選択の関係を研究する.中央値を上回る IQ の男性(高 IQ 男性)は,そうでない男性にくらべて,インフレ予想の誤りが 50% 低い.高 IQ … [Continue reading]

タイラー・コーエン「奴隷制と《啓蒙》に関するスティーブン・ピンカーの考え」(2019年1月26日)

[Tyler Cowen, "Steven Pinker on slavery and the Enlightenment," Marginal Revolution, January 26, 2019] ピンカーがいろんな批判に Quillette で反論している.そのなかから,彼の反論をひとつ引こう: … [Continue reading]

アレックス・タバロック「字幕>吹替え」(2019年1月15日)

Alex Tabarrok, "Subtitling > Dubbing"(Marginal Revolution, January 15, … [Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「所得最上位層に高い税率をかけるべき理由は金銭的でもあり政治的でもある」(2019年1月24日)

[Simon Wren-Lewis, "The key arguments for high top rates of income tax are political as well as pecuniary," Mainly Macro, January 24, 2019] 「ネオリベラルなんて無意味な概念だ」という批判を聞いたら,相手にこう教えた方がよさそうだ――「アメリカやイギリスにかぎらず他の国でも,1980年ごろから所得税の最高税率はこんな具合になっているよ」(出典; … [Continue reading]

アレックス・タバロック「メキシコ国境沿い犯罪率」(2019年1月8日)

Alex Tabarrok, “Border Crime“(Marginal Revolution, January 8, … [Continue reading]

ダニ・ロドリック 「私の経歴」(2016年5月26日)

●Dani Rodrik, “I'm profiled...”(Dani Rodrik's weblog, May 26, 2016) 私の経歴がIMFの季刊誌である「Finance&Development」で紹介されている。こちら(pdf)がそれだ。執筆しているのはプラカシュ・ラウンジャニ(Prakash … [Continue reading]

ダイアン・コイル 「続・経済学者にお薦めの古典小説(+α)」(2018年9月3日)

●Diane Coyle, “More classics (and other novels) for economists”(The Enlightened Economist, September 3, … [Continue reading]