経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「ウォー・ポリティクス ~国内景気、戦争、大統領選挙~」(2004年4月14日)

●Alex Tabarrok, “War Politics”(Marginal Revolution, April 14, 2004)


あれは1995年のこと。経済学の世界で最も権威のある学術雑誌であるアメリカン・エコノミック・レビュー誌に一篇の論文が掲載された。その論文とは、“War Politics: An Economic, Rational-Voter Framework”。著者はグレゴリー・ヘス(Gregory Hess)&アタナシオス・オルファニデス(Athanasios Orphanides)の二人。アメリカン・エコノミック・レビュー誌の長い歴史の中でも一二を争うくらい物議を醸した論文の一つだ。

「国内経済の舵を取る能力」に「戦争を指揮する能力」。有権者はその二つのマネジメント能力を行政府の長(大統領)に求める。本論文ではそのようにモデル化されている。二期目を狙う現職の大統領が再選を果たすためには、「国内経済の舵を取る能力」と「戦争を指揮する能力」の二つのマネジメント能力の面で挑戦者(対立候補)よりも秀でていることを有権者に納得してもらわねばならないというわけだ。 [Continue reading]

アレックス・タバロック「透明性を高めすぎると世の中いっそう不透明になる」(2020年1月10日)

[Alex Tabarrok, "Too much transparency makes the world more opaque," Marginal Revolution, January 10, 2020] 『ニューヨークタイムズ』のキャスリン・キンズバリーの論説ページを見ると,誇らしげにこう宣言している――これまで伝統的に,選挙の候補者たちとオフレコで話したあとに,自分たちが支持する候補を公表するやり方をとってきたけれど,今後は完全に「透明に」するんだそうだ. … [Continue reading]

タイラー・コーエン「40年前のトラクターがいまアツい――実用品として」(2020年1月8日)

[Tyler Cowen, "40-year-old tractors are now a hot commodity," Marginal Revolution, January 8, … [Continue reading]

アレックス・タバロック「原発は人命を救う」(2020年1月4日)

[Alex Tabarrok, "Nuclear Energy Saves Lives," Marginal Revolution, January 4, 2020] 福島の事故を受けてドイツでは原子力発電所を閉鎖した.これによって,大気汚染が増加して数千もの人たちが亡くなり,数十億ドルのコストが生じている.「ドイツの原発廃止による私的コストと外的コスト」について,Stephen Jarvis, Olivier Deschenes & Akshaya Jha … [Continue reading]

アレックス・タバロック「イノベーション版,囚人のジレンマ」(2019年12月30日)

[Alex Tabarrok, "The Innovation Prisoner’s Dilemmam," Marginal Revolution, December 30, 2019] ぼくは風車って美しいなって思うけど,そうは思わない人たちも大勢いる.環境保護の意識が高いドイツにすらたくさんいる. … [Continue reading]

アレックス・タバロック「汚染と健康に関する『ランセット』委員会報告から」(2019年12月30日)

[Alex Tabarrok, "The Lancet Commission on Pollution and Health, and IQ," Marginal Revolution, December 30, 2019] 〔医学系学術誌〕『ランセット』の汚染と健康に関する委員会から,10数名の傑出した共著者たちが執筆した権威あるレビューが出ている.汚染物質(とくに鉛)が IQ … [Continue reading]

タイラー・コーエン「知性格差が拡大中?」(2019年12月5日)

[Tyler Cowen, "Is the inequality of intelligence increasing?" Marginal Revolution, December 5, 2019] 「重大な格差とは~」と,かつてよく言われたものだけど: … [Continue reading]

タイラー・コーエン「大卒プレミアムが *ゼロ* に?」(2019年12月26日)

[Tyler Cowen, "Is the college wealth premium *zero*?" Marginal Revolution, December 26, … [Continue reading]

ピーター・ターチン「繁栄の終焉:実質賃金は1970年代になぜ上昇が止まったのだろう?」(2013年4月4日)

The End of Prosperity: Why Did Real Wages Stop Growing in the 1970s?Posted by Peter Turchin on April 04, … [Continue reading]

ビル・ミッチェル「日本式Q&A – Part 3」(2019年11月6日)

Bill Mitchell, “Q&A Japan style - Part 3“,  Bill Mitchell – Modern Monetary Theory, November 6, … [Continue reading]