経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ダイアン・コイル 「経済学者よ、謙虚たれ」(2013年5月24日)/「体系の人」(2015年3月29日)

●Diane Coyle, “The humility of economists”(The Enlightened Economist, May 24, 2013)


間近に迫った講義の準備を進めている最中にふと手に取ったのはジェームズ・スコットの『Seeing Like A State: How Certain Schemes to Improve the Human Condition Have Failed』。1998年に出版された出色の一冊だ。

20世紀には数々の理想主義的な大規模実験が試みられた。旧ソ連における農業集団化やタンザニアにおけるウジャマー村構想(共同農場化)などがその例だが、本書ではかような実験が辿った破滅的な結末について詳しく取り上げられている。本書の結論部では数々の失敗(に終わった大規模実験の)例に共通するテーマが抉り出されている。いずれのケースでも未来(行く末)を取り巻く根本的な不確実性を看過するという過ちが犯されているというのだ。 [Continue reading]

デイビッド・アンドルファット「年上の女を讃える」(2010年10月4日)

David Andolfatto, "In Praise of Older Women" ((訳注:ハンガリー生まれカナダ人作家スティーヴン・ヴィジンツェイの恋愛小説の題名「年上の女を讃える」からと思われる。)) , (Macro Mania, October 4, 2010) どこで聞いてもアメリカの雇用情勢は悪いと言われる。だが、「悪い」とはどういう意味だろう?どれほど悪いかを証明する最もよくある方法は以下のような図表を使うことだ … [Continue reading]

マリア・ヴィクトリア・アナウアティ, セバスチャン・ガリアーニ, ラミーロ・ガルベス 「経済ジャーナル階層の違いによる引用パターンの差異」(2018年10月9日)

Maria Victoria Anauati, Sebastian Galiani, Ramiro Gálvez, "Differences in citation patterns across journal tiers in economics" , (VOX,  09 October … [Continue reading]

ジョセフ・ヒース「ワクチン接種は集合行為問題だ」(2015年2月5日)

Joseph Heath, "Vaccination is a collective action problem", (In Due Course, February 5, 2015) 何週間か前、集合行為問題の理屈を理解することは多くの人にとって難しい、という投稿を書いた(ホッブズの難しいアイディア)。集合行為問題とは、人々のやりとりがよくない結果にいたるのだが、だれもそれを止める動機を持たない、という状況のことだ。 … [Continue reading]

ジョセフ・ヒース「ホッブズの難しいアイディア」(2014年12月15日)

Joseph Heath, “Hobbes's difficult idea” (In Due Course, December 15, … [Continue reading]

ゼバスチアン・ドゥー, ホセ-ルイス・ペイドロ, ハンス-ヨアヒム・フォーツ 「銀行破綻はかくしてヒトラーに権力への道を敷いた: ドイツにおける金融危機と極右勢力, 1931-33」(2019年3月15日)

Sebastian Doerr, José-Luis Peydró, Hans-Joachim Voth, "How failing banks paved Hitler's path to power: Financial crisis and right-wing extremism in Germany, 1931-33", (VOX, 15 March … [Continue reading]

ダイアン・コイル 「ジェームズ・スコット(著)『Seeing Like A State』を再読して」(2015年9月6日)

●Diane Coyle, “On Seeing Like A State”(The Enlightened Economist, September 6, 2015) ステファノ・ベルトロ(Stefano Bertolo;@sclopit)がツイッターで慨嘆している。 sclopit:別のニュース。政策の立案を担当する若手官僚の面々と数日ほど一緒に過ごす機会があったのだが、誰一人としてジェームズ・スコット(James … [Continue reading]

ダイアン・コイル 「公共政策について学ぶ:推薦図書リスト」(2016年9月16日)

●Diane Coyle, “Public policy reading”(The Enlightened Economist, September 16, 2016) ツイッター上でフレデリコ・モレ(Frederico Mollet)から次のようなやりがいのある挑戦状が届いた。「公共政策について学ぶために大学院の修士課程に進学したばかりの学生が大局を掴む上で役に立つお薦めの書籍を挙げよ」。以下に私なりのお薦めを掲げるとしよう。合計で10冊 (( … [Continue reading]

ダイアン・コイル 「『公共政策の経済学』を教えるとしたら」(2013年12月9日)

●Diane Coyle, “What can economics contribute to public policy?”(The Enlightened Economist, December 9, … [Continue reading]

ダイアン・コイル 「経済学のお薦めの教科書」(2015年3月5日)

●Diane Coyle, “Preparation for a public policy degree”(The Enlightened Economist, March 5, … [Continue reading]