経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ピーター・ターチン「実質賃金の上昇が止まった理由Ⅲ:非市場影響要因の代替値」(2013年4月11日)

A Proxy for Non-Market Forces (Why Real Wages Stopped Growing III)
April 11, 2013
by Peter Turchin
labor, norms, structural-demographic

前回までの一連ののエントリで、なぜ実質賃金は1970年代に上昇が止まったのか、そして労働需要と労働供給の長期の動向はこの疑問に応えることができるかどうか問うてみた。このエントリでは、経済的影響要因より定量化が困難な「経済の領域外」(非市場)の影響要因に目を向けてみたい。

非市場的影響要因は、実質賃金へ潜在的な影響を与えているが、多量のメカニズムから成り立っている。1つ挙げるなら、国家の経済統制(一部の人に言わせれば、国家による干渉)を起因とする政治的要因である。様々な関係者間の権力勾配の存在が影響になっている。政治・立法的環境が労働組合に有利ならば、労働者は雇用者と団体交渉が可能になり、権力を得ることになる。逆の場合は、雇用者が優勢となる。 [Continue reading]

ピーター・ターチン「エリート達の内輪での競争:複雑な社会の動態を理解するための重要な概念」(2016年12月30日)

Intra-Elite Competition: A Key Concept for Understanding the Dynamics of Complex SocietiesDecember 30, 2016by Peter Turchinelites, norms, social change, … [Continue reading]

ボールドウィン & エヴェネット「COVID-19 と通商政策: pt.7」(2020年4月29日)

[Richard Baldwin & Simon J. Evenett, "Introduction," in COVID-19 and Trade Policies. VoxEU, April 29, 2020] [pt.6 はこちら] グローバル化の潜在的な貢献は,政府どうしが協力したときに増幅される 「国際貿易や生産拠点の国外移転,ひいてはグローバル化全般は,COVID-19 … [Continue reading]

ピーター・ターチン「コロナウィルスの長期的影響」(2020年4月20日)

Long-Term Consequences of CoronavirusApril 20, 2020 by Peter Turchincooperation, economics, elites, health, inequality, … [Continue reading]

ボールドウィン & エヴェネット「COVID-19 と通商政策: pt.6」(2020年4月29日)

[Richard Baldwin & Simon J. Evenett, "Introduction," in COVID-19 and Trade Policies. VoxEU, April 29, 2020] [pt.5はこちら] ボックス記事 #1: 輸出制限は裏目に出る 3M は保護マスクの世界的な製造業者で,ヨーロッパ・アジア・ラテンアメリカ・合衆国に工場をもっている.2020年1月時点で,COVID-19 の発生を見た 3M は … [Continue reading]

ビル・ミッチェル「日本式Q&A – Part 5b」(2019年12月5日)

Bill Mitchell, “Q&A Japan style – Part 5b“,  Bill Mitchell – Modern Monetary Theory, December 5, 2019 Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part … [Continue reading]

ボールドウィン & エヴェネット「COVID-19 と通商政策: pt.5」(2020年4月29日)

[Richard Baldwin & Simon J. Evenett, "Introduction," in COVID-19 and Trade Policies. VoxEU, April 29, 2020] [pt.4 はこちら] 内向きに転じてもうまくいかない 本 eブックの論考がそろって発しているとくに重要なメッセージのひとつはこれだ:保護主義は COVID-19 … [Continue reading]

ボールドウィン & エヴェネット「COVID-19 と通商政策: pt.4」(2020年4月29日)

[Richard Baldwin & Simon J. Evenett, "Introduction," in COVID-19 and Trade Policies. VoxEU, April 29, 2020] [pt.3 はこちら] さまざまなショック,さまざまな保護主義 … [Continue reading]

ジョセフ・ヒース「ナオミ・クライン、追記その2」(2015年4月12日)

Naomi Klein postscript no. 2Posted by Joseph Heath on April 12, 2015 | environment 『これがすべてを変える』を読んで、私はどこかノスタルジックな気分なった。今から10年以上も前の古き良き時代だ。当時、『ブランドなんかいらない』や『アドバスターズ ((訳注:カナダに本拠を置くカウンターカルチャーに大きな影響を持っている雑誌。「ウォール街を占拠せよ」で有名なオキュパイ運動等を先導している。)) … [Continue reading]

ボールドウィン & エヴェネット「COVID-19 と通商政策: pt.3」(2020年4月29日)

[Richard Baldwin & Simon J. Evenett, "Introduction," in COVID-19 and Trade Policies. VoxEU, April 29, 2020] [pt.2 はこちら] 保護主義の誘惑と,自由主義貿易体制への恐れ 景気後退は保護主義の召使いだというのが通説だ.すでに述べたように,1930年代序盤の経験という歴史の実例を見れば,この通説にもなっとくがいく.その帰結は,陰惨だった.傑出した経済史家たち … [Continue reading]