経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ジョセフ・ヒース「大学教授のうっかりはマウント行動」(2017年9月5日)

Absent-mindedness as dominance behaviour
Posted by Joseph Heath on September 5, 2017 | academia

父はむかし、私にある話をした。その何年も前に、父は大学教授としてサスカチュワン大学1 のセントトーマス・モア・カレッジで歴史学を教えていた。父は車を運転して仕事に行き、駐車して、授業を教えに教室へ向かったものだった。しかし家に帰る時に、自分がどこに駐車したのか思い出せない事がしょっちゅうあった。サスカチュワン大学は縦横無尽に拡がっている広大な駐車スペースを有する大学の一つだったので、父は何度も自分の車を探してさまよう事を余儀なくされたものだった。

父の教授としての生活は、かつて望んでいたものと比べるとはるかに失望するものへと変わった。それに加えて、同僚とのあらゆる種類の軋轢に巻き込まれていることに父は気が付いた。軋轢があまりにひどくなったので、ある日父はやっとのことで大学を辞職した。辞表を出して駐車場に向かい、辺りを探し回って車を発見し、家まで運転し、二度と大学には戻らなかった。父の話で愉快なのがここからだ。その後の人生の中で、自分の車をどこに停めたのかを忘れたのはその時が最後だった、と父は断言したのである。 [Continue reading]

  1. 訳者注:カナダ・サスカチュワン州にある州立大学。 []

スコット・サムナー「安倍政権の雇用面での奇跡と無意味な「景気後退」」(2020年2月19日)

[Scott Sumner, "Abe’s employment miracle and Japan’s meaningless 'recessions'", TheMoneyIllusion, February 19, 2020] 2013年のはじめに安倍が政権についたとき,驚愕するほど雇用がよくなるとは,ほぼ誰も予想していなかった(ぼくも含めて).それまでの20年間,就労年齢の雇用はだいたい 70% … [Continue reading]

アレックス・タバロック「英語のポップソングは悲しみと怒りが色濃くなってきてる」(2020年2月17日)

[Alex Tabarrok, "Pop Songs are Getting Sadder and Angrier," Marginal Revolution, February 17, 2020] AEON: 英語圏のポップソングは,だんだんネガティブになっている.ネガティブな情動に関連する単語の使用頻度が,1/3 以上も増えている.一例として,ビルボードのデータセットをとりあげよう.歌一曲あたり平均 300語が使われていると仮定すると,ヒット曲の上位 100曲の歌詞は毎年 … [Continue reading]

デイビッド・アンドルファット「米国経済学博士号における人種多様性」(2018年12月5日)

David Andolfatto, "Racial Diversity in the Supply of U.S. Econ PhDs", Macro Mania, December 25, 2018 このエントリを書く動機になったのは「経済学の人種多様性の欠如の悲惨な損失(The Dismal Cost of Economics' Lack of Racial … [Continue reading]

タイラー・コーエン「著作家が賞味期限を長く延ばす方法」(2020年2月6日)

[Tyler Cowen, "How public intellectuals can extend their shelf lives," Marginal Revolution,February 6, 2020] 知識人が質のいい著作活動を続ける期間がああも短い理由について, Scholar's Stage … [Continue reading]

タイラー・コーエン「就任時のCEOたちの年齢をプロットしてみると」(2020年1月31日)

[Tyler Cowen, "CEO ages at hire," Marginal Revolution, January 31, 2020] こんな意味深な傾向がある.S&P 500 企業で CEO たちが就任したときの平均年齢は,過去14年間で 14歳上がってきてる. 1980年から2001年までのあいだに CEO の平均年齢は 4歳下がり,2005年から2019年のあいだに新 CEO 就任時の平均年齢は 14歳上がってる! つまり,CEO … [Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「金融政策と財政政策の協調:経済状態に応じて政策割り当てを切り替えるべき理由」(2020年1月14日)

[Sinon Wren-Lewis, "Monetary and fiscal cooperation: the case for a state dependent assignment," Mainly Macro, January 14, … [Continue reading]

アレックス・タバロック 「迂回賄賂」(2014年2月17日)

●Alex Tabarrok, “Indirect Bribing with Plausible Deniability”(Marginal Revolution, February 17, 2014) ステファノ・デッラヴィーニャ(Stefano DellaVigna)&ルーベン・デュランテ(Ruben Durante)&ブライアン・ナイト(Brian Knight)&エリアナ・ラ・フェラーラ(Eliana La … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「ビジネスマンが選挙に出馬するのはなぜ?」(2007年4月5日)

●Tyler Cowen, “Why do businessmen run for public office?”(Marginal Revolution, April 5, 2007) イタリア観光も終えて帰路の真っ只中なのだが、イタリアにいたせいか、こういう話に自然と目が向いちゃうね (( … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「ビジネス経験を有する政治指導者は『ただ乗り』しがち? ~国際公共財の一種たる集団安全保障を例に~」(2020年1月24日)

●Tyler Cowen, “Are political leaders with a business background any different?”(Marginal Revolution, January 24, … [Continue reading]