経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「図書館が大量の蔵書を(誰かにあげちゃえばいいのに)廃棄してしまうのはなぜ?」(2011年10月15日)

●Tyler Cowen, “Libraries destroy books carrying costs exceed liquidity premia no free disposal edition”(Marginal Revolution, October 15, 2011)


廃棄してしまわないで貧しい人たちに譲ればいいのにどうしてそうしないの? 彼らも本を欲しているだろうに。譲るんなら囚人でもいいし、病気の子供でもいい。経営状態が悪くてもがいてる個人経営の本屋でもいい。本を譲るのにコストなんてかからないでしょうに。そうでしょ?

・・・というのが図書館の本を廃棄処分することに対して真っ先に寄せられる反論だが、図書館が置かれている状況というのは古着だとか不要になったポルノだとかを救世軍に寄付するのに比べるといくぶん複雑なのだ。図書館の本にはスタンプが押されていたり、バーコードシールだとかICタグだとか分類ラベルだとかが貼り付けられている。そのおかげでその本が図書館のものだという証になるわけだが、その本を誰かに譲ったり売ったりするとなると本に貼られているシールだとかラベルなんかをきれいさっぱり剥がさなきゃならない。図書館から本を譲り受けた(あるいは買い取った)人が決してその本を図書館の書架からこっそり盗んだわけじゃないということを証し立てるためにはそこまでしなきゃならないのだ。嘘なんかじゃないよ。シールとかラベルとかが貼られたままだと、図書館が一旦手放した本をどういう経緯でか手に入れた人が親切にもその本を図書館までわざわざ届けてくれることがあったりするんだから。

(一冊、二冊とかいうちんけな数じゃなくて)膨大な数の本が問題になっているということも忘れちゃいけない。それも膨大な数の本を短期間のうちに急いで処分しなきゃならないのだ。あなたが図書館の経営者だと想像してもらいたい。お抱えの会計士がやってきて次のように通告してきたとしよう。「10万冊。それだけの蔵書を処分してください。急いでください。1週間。1週間で全部処分してください」。あなたが取り得る選択肢は二つ。専門家を呼び寄せて蔵書を片っ端から鑑定してもらうというのが一つ目の選択肢だ。歴史的な価値だとか資料としての重要性だとかいう基準に照らして一冊一冊入念に鑑定してもらうのだ。そして専門家による鑑定で評価が低かった本を順番に次々と書架から引っ張り出してきて誰かに譲渡するなり売ったりする準備を整える。10万冊に及ぶ本一冊一冊に根気強く除籍スタンプを押したり一冊一冊に貼り付けられているシールやラベルをきれいさっぱり剥がしていくのだ。次に二つ目の選択肢。まずは図書館のコンピュータにお伺いをかけて蔵書の貸出回数のデータを調べる。そして貸し出された回数が少なかった本を順番に次々と書架から引っ張り出してきてシュレッダーに放り込む(廃棄する)。

二つ目の選択肢の方が一つ目の選択肢よりもずっと手早くて安上がりだ。紙のリサイクル工場に廃棄する本を古紙としてまとめて売り捌いてしまうという手もある。そうすれば本を廃棄するのに伴って差し引きしてプラスの儲けを手にすることだってできる。「紙のリサイクル工場に売るだって?」と誰もがしかめっ面をするだろうが、致し方ない。あなたの親友がゾンビに今にも噛み付かれようとしている。銃を持っているのはあなた一人だけ。図書館員はまるでそのような差し迫った状況に置かれているかのようなのだ。

二つ目の選択肢にも欠点はある。歴史的に見て貴重な本が他の本と一緒くたにされて廃棄されてしまう可能性がそれだ。しかしながら、後世に残すべき貴重な本を見つけ出すためにはゴミ同然の大量の本の山の中に分け入らなきゃいけないということを忘れちゃいけない。極めて価値のある本が他の本と一緒にゴミ箱に捨てられてしまう(廃棄されてしまう)のは避け難いことであり、そうならないように抗おうにもできることは少ない。『白鯨』の(ボロボロの)初版と2011年に出た(ピカピカの)再版とが同じ棚に並んでいたとしたらどっちを借りるだろうか? 初版を借りる人なんていないだろう。貸出回数のデータが詰まった図書館のコンピュータには初版と再版の違いはわからないのだ。

二つ目の選択肢には他にも欠点がある。廃棄するにしても元の姿がどんなだったかわからないように滅茶苦茶にした上で廃棄しなきゃならないのだ。本をそのままの姿でゴミ箱に捨てちゃダメだ。誰もいない隙を見計らって下衆野郎にゴミ箱の中身をこっそり持ち去られてしまうのがオチだ。本をゴミ箱に捨てるのであれば誰も欲しがらないように細かく裁断してから捨てるか、あるいはゴミ箱を洗剤まみれにする必要がある。誰だってゴミ箱をセール品が詰まったカゴみたいにはしておきたくはないだろう。(本を元の姿のままで廃棄してしまったために)ゴミ箱に人が殺到するなんてことになったら危険で汚いだけだ。

全文はこちら

タイラー・コーエン 「図書館の本の延滞料不払いにより逮捕」(2008年8月22日)/「図書館による延滞料の徴収に反対!」(2008年8月18日)

●Tyler Cowen, “Library fines, part II”(Marginal Revolution, August 22, 2008)


アメリカに住む女性が延滞料の不払いが原因で警察に逮捕されて手錠までかけられるに至った。何の延滞料かというと本の延滞料。件の女性は返却期限を過ぎた図書館の本(計二冊)に対する延滞料1の支払いに応じなかったのである。

その女性とはウィスコンシン州のグラフトンに住むハイジ・ダリボル(Heidi Dalibor)。図書館から再三にわたり電話と書面での(本の返却と延滞料の支払いを求める)催促があったが、いずれも無視したという。

延滞料を支払うか、さもなくば現地の裁判所に出廷せよと迫る通知も届いたがそれも無視したという。

そんな彼女もまさか警察が自宅にやって来ようとは思いもしなかったらしい。

全文はこちら2。ところで、件の女性は図書館に対して延滞料を支払った上にさらにそれにいくらか上乗せして二冊とも買い取ったらしい。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “The power of competition, or should there by library fines?”(Marginal Revolution, August 18, 2008)


イギリスから届いたニュースだ。

「テレビに雑誌にインターネットに電子書籍。図書館はそんな相手と競争しなければなりません。それにもかかわらず、本の返却が少し遅れたくらいで罰金(延滞料)を科すなんていう時代遅れで馬鹿げた考えにいつまでも固執している始末です」。そう語るのは図書館コンサルタントとして働くフランシス・ヘンドリックス(Frances Hendrix)。図書館員向けのオンラインフォーラムで巻き起こった論争で気炎を上げた一人だ。「延滞料を徴収したって何もいいことなんてありません。プロフェッショナルなやり方でもないし、能率的でもありません。図書館までが一般の営利企業を真似して顧客の疎外に邁進する必要なんて無いんです」とヘンドリックス。(読書の楽しみを広めることを目的とする)慈善団体のThe Reading Agencyでプログラム・ディレクターを務めるリズ・ダバー(Liz Dubber)も与して語る。「図書館の賞味期限はもう過ぎたというのが私の考えです。その理由というのは時代遅れの図書館像をいつまでも引きずっているからです。現に図書館が置かれている客観的な状況とも追い求めるべき理想像――寛容で鋭敏で柔軟で刺激的な図書館――ともあまりにかけ離れている時代遅れの図書館像に囚われてしまっているんです」。

延滞料の徴収=図書館の利用者を「疎外」する行為。延滞料の徴収に批判的な論者の間ではそのような声もあるようだ。ところで、延滞料の徴収の代わりとなるような有効な手って何かあるんだろうか?

図書館員の一人は大昔にいくつかの修道院で実践されていた制裁を復活させたらいいと提案した。中世の修道院では本を盗んだ僧侶に呪いがかけられたのである3。旧ソ連のやり方を真似て本の返却が遅れた人物の名前を新聞に掲載したらいいという提案も上がった。そうすれば恥ずかしさのためにすぐにでも本を返却するだろうというのだ。ちなみに来週のことだが、ニュージーランド北島にあるパーマストンノースで本の返却が遅れた利用者と図書館員との間で延滞料の支払い免除をかけたゲーム対決が行われる予定になっている。本の返却が遅れた利用者が音楽ゲームの「ギター・ヒーロー」で見事勝利を収めれば延滞料の支払いが免除されるのだ。

延滞料の徴収を一切やめるというのではなく延滞料に差をつけたらいいというのが私の提案だ。新作で人気のある本とか頻繁に貸し出される参考書とかの返却が遅れた場合にはそれ以外の本に比べて高めの延滞料の支払いを求めればいい。

  1. 訳注;アメリカ(だけに限らないが)では図書館で借りた本を返却期限が過ぎても返さないと罰金として延滞料が科される場合がある。 []
  2. 訳注;リンク切れ。代わりに例えばこちらを参照。 []
  3. 訳注;おそらくブックカースのことを指しているものと思われる。 []

タイラー・コーエン 「世界の美しい図書館」(2007年9月8日)/「住まい兼職場としての図書館」(2016年7月8日)

●Tyler Cowen, “Library appreciation day”(Marginal Revolution, September 8, 2007)



こちらの記事で世界中にある美しい図書館がたっぷり紹介されている。すんばらしい写真付きだ。ちなみに、上の画像に写っているのはかの有名なグラスゴー美術学校の図書館(マッキントッシュ図書館)だ1。意外にもポルトガルとかブラジルとかに美しい図書館が多いようだ。ところで、『ベルリン・天使の詩』の中に出てくるベルリンの図書館なんてどうよ?

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Library apartments, the culture that was New York”(Marginal Revolution, July 8, 2016)


20世紀の初頭から半ばにかけてのことだが、ニューヨーク市にある図書館の大多数は住み込みの管理人を抱えていた。今でもあちこちのマンションでよく見かける住み込みの管理人と同じように、管理を任された建物(図書館)の中で働きつつその内部で暮らしてもいたわけである。書架で占められた空間の背後に回ると、食事が作られ、シャワーで一日の汚れが落とされ、子供を寝かしつけるために夜な夜なおとぎ話が読み聞かされている。そのような職住一体の営みが何十年にもわたって続けられていたのだ。そうそう。図書館を住まいとしていた管理人一家は閉館後に書架から自由に本を取り出すことも許されていた。ありがたいおまけだ。というのも、子供を寝かしつけるために読み聞かせる本が急遽必要になってもすぐに用意できたのだから。

ついでにもう一丁引用。

ニューヨーク・ソサエティー図書館を住まいとしたソーンベリー一家。1945年にはテレンスが生まれ、ローズ・マリーに弟ができることになる。ソーンベリー一家は(一家の主である)パトリック・ソーンベリーが管理人を辞める1967年までニューヨーク・ソサエティー図書館を住まいとすることになる。ソーンベリー一家が住まいとした空間は現在では「閉架庫」(稀覯本が納められた書架のある部屋。普段は鍵がかかっている)となっている。稀覯本を傷めないためという理由で閉架庫は今では日光から遮断されているが、ソーンベリー一家がニューヨーク・ソサエティー図書館を住まいとしていた当時は閉架庫にあたるスペースは日の光が燦々(さんさん)と降り注ぐ活気に溢れた空間だった。とは言え、ソーンベリー一家は図書館の内部にある居住空間に閉じこもっていたかというと決してそうではなかった。図書館の外にあるペントハウス並みの庭も満喫したし、閉館後には書架や広い資料室を存分に利用したのである。

全文はこちら(写真もたくさんあり)。情報を寄せてくれたTed Gioiaに感謝。

  1. 訳注;2014年5月にグラスゴー美術学校で火事が発生し、その際にマッキントッシュ図書館もかなりの損傷を被ってしまったらしい。 []

タイラー・コーエン 「イギリスの図書館で一番借りられているのはどの作家の作品?」(2010年2月14日)

●Tyler Cowen, “What are the most borrowed books from UK libraries?”(Marginal Revolution, February 14, 2010)


2008年~2009年の1年間のデータによると、(イギリス全土にある図書館での年間での貸出回数が多かった順の)上位4作品のうち3冊はジェイムズ・パタースン(James Patterson)の作品とのこと。イアン・ランキン(Ian Rankin)だとかルース・レンデル(Ruth Rendell)だとかの作品の名前も垣間見える。ダン・ブラウン(Dan Brown)の作品は出てこないようだが、おそらくあまりにもたくさん買われてしまったか読み終わられてしまったかしたんだろう。前年度のブッカー賞の最終候補に残った6作のうちでランキングに名を連ねているのは・・・、一作も無いようだ。

長年にわたり1位(イギリスの図書館で1年間に作品が貸し出された回数が一番多かった作家)の座を守り続けてきたのはキャサリン・クックソン(Catherine Cookson)。しかし、アメリカの人気作家勢の激しい追い上げに屈して首位の座から陥落。クックソンの順位は(2000年代の)10年間の総計で測っても第10位にまで下げているようだ。2000年代の10年間の総計で第1位の座に君臨する作家は誰かと言うとジャクリーン・ウィルソン(Jacqueline Wilson)とのこと。それにしても何とも妙な栄冠ではある。「買うほどの価値は無いが、読む価値はある」というわけだから。

全体的な傾向として言えることは、ノンフィクションは「図書館で借りられた回数」ランキングでかなりの苦戦を強いられているということだ。その理由については個人的にこうじゃないかなと思う仮説がある。多くの人は本音のところでは大衆的で接しやすいフィクションを「読みたい」と思っている(それゆえ、買われもするし図書館でも借りられる)が、ノンフィクションは買われはしても読まれはしない。ノンフィクションを「買う」(私物として所有する)のは何のためかというと、その作品の著者なりその作品が体現している概念(アイデア)なりと一体になる気分を味わう(そしてその様子を周囲に見せびらかす)1ためなのだ。

ところで、「本を借りる」面々は「本を買う」面々に比べると保守的な傾向にあるようだ。「保守的」というのは文字通りの意味だ。すなわち、図書館の利用者(「本を借りる」面々)は同じ作家の作品(ただし、同じ作品ではなく同じ作家の別の作品)を繰り返し借りようとする傾向にあるようなのだ。

この話題は(いつもいい仕事をしている)Literary Saloon経由で知ったものだ。感謝する次第。

  1. 訳注;()内は訳者による挿入。コーエンは似た話題を扱ったこちらのエントリーで次のように述べている。「本を買いはするけど読まない。本を図書館で借りはするけど読まない。どっちがありそうだろうか? うぶな経済学者であれば後者に軍配を上げるかもしれない。本が無料で手に入る(借りられる)場合の方が(本を読んでもいないのに読んだふりをする)嘘吐きは増えるんじゃないかというわけだ。「いや、逆だろう」というのが私の考えだ。無料で手に入れた(借りた)本を家に持ち帰ってもシグナリングの効果は大して期待できない。本棚に分厚い本が並んでいたら隣人に強い印象を与えることができるかもしれないが、それはあくまでもあなたが身銭を切ってその本を手に入れねばならない(買わねばならない)場合に限られるのだ」。つまりは、本を図書館で借りるのは主に読むためであり、本を買うのは主にシグナリングのため(周囲に見せびらかすため)というわけだ。このあたりの話については本サイトで訳出されている次の記事もあわせて参照されたい。 ●タイラー・コーエン 「本を買う理由は?【イギリス版】」(2017年12月12日) []

タイラー・コーエン 「時の試練? ~『100年後も読まれ続けているであろう作家は誰だと思いますか?』~」(2009年11月4日)

●Tyler Cowen, “The test of time?”(Marginal Revolution, November 4, 2009)


話は今から80年前(1929年)に遡る。マンチェスター・ガーディアン紙(本紙の旧名)が読者投票を行った。「(100年後の)2029年になっても読まれ続けているであろうイギリス人作家は誰だと思いますか?」というのがその質問内容だ。

ジョージ・シマーズ(George Simmers)が自身のブログでその投票結果の妥当性を20年先走るかたちで皮肉を込めつつ検証している。

2029年まであと20年しか残されていないが、得票数で1位から5位に名を連ねた面々の前途は今の段階で既に危うく見える。その5名とは以下の通り。ジョン・ゴールズワージー(総獲得票数は1,180票)、H・G・ウェルズ(933票)、アーノルド・ベネット(654票)、ラドヤード・キップリング(455票)、ジェームス・マシュー・バリー(286票)。

ところで、ジェイムズ・ジョイスにヴァージニア・ウルフ、D・H・ローレンス、ヘンリー・グリーン、アイヴィ・コンプトン=バーネット、アガサ・クリスティ、E・M・フォースター、ジーン・リースなんかはどのくらい票を集めたのだろうか? 名前すら挙がっていないか、スズメの涙ほどの票しか集められていない。1929年に実施された件の読者投票ではそのような結果になっているのだ(ジョイスが獲得した票数は10票にも届いていない。ちなみに、ジョイスと肩を並べているのはマックス・ビアボーム)。

個人的にはゴールズワージーは好きな作家の一人だ。ウェルズもそうだ。上に引用した記事の全文はこちら。(上に引用した記事の中で言及されている)シマーズのブログエントリー(追記あり)はこちら。ところで、件の(1929年に行われた)読者投票ではアガサ・クリスティには一票も入っていないようだ。アガサ・クリスティと言えば、読者投票が行われた(1929年)当時に活躍していたイギリス人作家の中でもおそらく今一番読まれている作家だろうにね。

この話題は(いつもいい仕事をしている)Literary Saloon経由で知ったものだ。感謝する次第。

タイラー・コーエン 「19世紀前半のイギリスでベストセラーを連発した超売れっ子作家と言えば?」(2005年9月18日)

●Tyler Cowen, “Sales of new novels and romances during the Romantic period”(Marginal Revolution, September 18, 2005)


ロマン主義の時代(19世紀前半)のブリテン諸島(イギリス)で23作品にも及ぶベストセラー小説を生み出した作家がいる。それは誰だかわかるだろうか? 答えに目をやる前に少しばかり予想してもらいたいと思う。

その答えは誰かと言うと・・・・・、 [Read more…]

タイラー・コーエン 「私の好きな短編小説」(2010年3月13日)

●Tyler Cowen, “My favorite short stories”(Marginal Revolution, March 13, 2010)


本ブログの読者であるycから次のような質問を頂戴した。

貴殿の好きな短編小説(あるいは短編集)をお教えください。

20世紀を代表する偉大な短編作家の多く――例えば、ジョン・チーヴァーとかドナルド・バーセルミとか――にはそこまで心惹かれないが、アリス・マンローに関しては大ファンと言っていい。彼女の作品はその大半(もしかしたら全部かな)を読んだものだ(最新の短編集も悪くはないが、彼女の作品としては平均以下の出来だと思う)。マンローは人間の本性および人間の弱みに関する興味深い作品を世に問い続けている作家だ。取っ掛かりとしてはこちらの短編集(邦訳『イラクサ』)あたりから試してみたらいいんじゃないかと思う。

古典の中から選ぶとなるとどうなるだろうか? まずはカフカの『田舎医者』にメルヴィルの短編多数。ボルヘスもお気に入りだ(特に『伝奇集』)。ジョイスの短編も個人的には高く買っているが、読んで楽しいかというとそこまででもないだろう。エドガー・アラン・ポーの『黄金虫』とかヘミングウェイの『キリマンジャロの雪』とかも好きな作品だ。チェーホフの作品の中だと(翻訳の問題ももしかしたらあるのかもしれないが)短編よりも中編が好きだ。トルストイの『ハジ・ムラート』は中編ということになるのかね。ヘンリー・ジェイムズの短めの作品にもお薦めはたくさんある。例えば、『ねじの回転』とか『ジャングルのけもの』とか。他にもイサーク・バーベリだったりシャーリイ・ジャクスンだったりマーク・トウェインだったり(の短編)もお薦めだ。SF(サイエンス・フィクション)の方面でも好きな短編はたくさんある。SFの魅力が一番発揮されるのは短編という形式なのかもしれないね。

満足いく返答とは到底言えないが、頭にパッと浮かんだあれこれをまとめるとこんなところだ。

タイラー・コーエン 「私に『見えざる影響』を及ぼした本」(2017年11月21日)

●Tyler Cowen, “Books that had hidden influence on me”(Marginal Revolution, November 21, 2017)


大分前の話になるが、「私に強い影響を及ぼした本」のリスト(全10冊)〔拙訳はこちら〕を公けにしたことがある。手を加える必要は今のところ感じないのだが、件のリストを目にしたとある人物から次のような質問を頂戴したことがある。「貴殿が影響を受けたけれど、自分ではそのことに気付けていない。そんな本のリストをお教えいただけないでしょうか?」。矛盾めいたところのあるリクエストではあるが、細かいことには目を瞑って期待に沿えるようにできるだけのことはやってみるとしよう。さあ、とくとご覧あれ(記憶に間違いがなければ、以下に挙げた本のほとんどは10歳から12歳の間に読んだと思う)。 [Read more…]

スコット・サムナー 「私に影響を及ぼした『テクスト』」(2010年3月20日)

●Scott Sumner, “Some influential “texts””(TheMoneyIllusion, March 20, 2010)


「『この本には強い影響を受けた』。みんなもそんな本のリストを披露してくれないか?」というタイラー・コーエンの呼びかけ〔拙訳はこちら〕に対する他のブロガーの面々の回答をチェックしているうちに心配になってきたことがある。人様にお見せしても恥ずかしくないリストを拵(こしら)えられるだろうかといささか不安になってきたのだ。『A Theory of Justice』(邦訳『正義論』)に『The Structure of Scientific Revolutions』(邦訳『科学革命の構造』)。『Guns, Germs and Steel』(邦訳『銃・病原菌・鉄』)。『The Bell Curve』。『The Road to Serfdom』(邦訳『隷属への道』)などなど。他の面々が言及している本の一例だが、勿論どれも知っている。が、果たして読んだかと問われると・・・。『隷属への道』は30年前に読んだことがある。しかし、肝心の内容はまったく覚えていないときている。

映画の『メトロポリタン』を観たという人ももしかしたらいるかもしれないが、その中にこんなシーンがある。舞台はニューヨーク。カクテルパーティーの席上で若い男女が対面でジェーン・オースティンを批評し合っている。女が激怒しながら男に尋ねる。「ところで、ジェーン・オースティンのどの作品を読んだことがあるの?」。男の答えはというと・・・、「僕は小説は読まない人間でね。批評(文芸批評)は読むけどね」。 私もこいつと似たり寄ったりだ。学問の世界で名のある古典の(実に数多くの)あれにしてもこれにしても一切読んでなんかいないのに、それのどこがどう間違っているかを30分かけて誰かと議論し合えてしまうのだ。そんなやり方はフェアじゃないというのはよくわかっている。どんな本であれ枝葉を取り払ってその内容をギュッと要約してしまえば、その本の持つ説得力の大半は失われてしまって簡単に批判してしまえるものなんだから。そうそう。ちなみにだが、(ジェーン・オースティンの)『Pride and Prejudice』(邦訳『高慢と偏見』)は読んだことある。 [Read more…]

タイラー・コーエン 「私に強い影響を及ぼした本《十選》」(2010年3月16日)

●Tyler Cowen, “Books which have influenced me most”(Marginal Revolution, March 16, 2010)


本ブログの熱心な読者の一人であるChrisから次のような質問を頂戴した。

貴殿の世界観に影響を及ぼした本のトップテンを是非ともお教え願いたいです。

「長い時間をかけて熟考した挙句に選び抜いた10冊」ではなく「パッと頭に浮かんだ10冊」ということで許してもらいたいと思う。私の世界観に影響を及ぼした源の候補は本だけに限られるわけではないということも強調しておくとしよう。概ね読んだ順番に並んでいると思うが、リストの順序にはこれといって深い意味は無いことを断っておく。 [Read more…]