経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ダニ・ロドリック 「私の経歴」(2016年5月26日)

●Dani Rodrik, “I’m profiled…”(Dani Rodrik’s weblog, May 26, 2016)


私の経歴がIMFの季刊誌である「Finance&Development」で紹介されている。こちら(pdf)がそれだ。執筆しているのはプラカシュ・ラウンジャニ(Prakash Loungani)。私の過去が遡って探られており、本人でさえも忘れてしまっている小ネタも盛り込まれている。書き出しの部分を引用させてもらうとしよう。

「市場」vs「国家」、勝者は「市場」。そのようなかたちではっきりと決着がついたかのように思われた1990年代初頭。ソ連が解体し、ベルリンの壁も崩壊。それに伴って経済や政治といった分野における庶民の活動に介入する国家の役割に対して疑問符が付せられることになったのである。民主主義と資本主義が世界中を覆うのに伴って「退屈な」時代が到来することになる(今後の歴史は「退屈な」ものになる)だろう。政治学者のフランシス・フクヤマがそのように宣言したのは1992年のこと。経済学者の間でも「市場」に対する評価は――元々高かったが――さらに一段と高まることに。自由市場が世界中に広まるのを擁護したミルトン・フリードマンに対してローレンス・サマーズのような左派寄りの経済学者でさえも「渋々ながらの称賛」を送ったほどなのだ。

しかしながら、ハーバード大学に在籍する経済学者のダニ・ロドリックはその列に加わろうとはしなかった。グローバリゼーション――貿易や金融取引を通じて国家間の経済統合が深化するプロセス――は行き過ぎてしまっているかもしれない。ロドリックは1997年に出版された研究報告書でそのように警告したのである。経済学者の間で共有されているグローバリーゼーションに対する楽観論とグローバリゼーションに抵抗を覚える「大多数の庶民を突き動かす直感」との間には「大きなギャップ」があるとは同書でのロドリックの指摘だ。同書では「共和党の大物政治家」であるパット・ブキャナンが「『経済ナショナリズム』の看板を掲げて(1996年の)米国大統領選に出馬し、貿易障壁を設けるとともに移民の受け入れも制限せよと力強く訴えた」エピソードも取り上げられている(20年後の2016年に共和党から立候補したトランプがまったく同じ看板を掲げて大統領選に挑んだことは御存知の通り)。

自由貿易の恩恵は経済学者の目にもそれ以外の面々の目にも同じように明白なものとして映るかというとそうじゃないとのロドリックの指摘は先見の明があったと言えるし、資本移動の完全自由化(国境を越えた資本の移動に一切規制を課さないこと)に対するロドリックの懐疑論は今では通念(正統的な見解)の一つとなるに至っている。いわゆる「ワシントン・コンセンサス」に対するロドリックの論難も成果を上げ、経済成長を下支えする処方箋は一つには限られないとの認識がIMFや世界銀行といった国際機関や各国の政府の間にまで広まる結果となっている。「(どんな場合にも通用する)万能薬なんて無い」(“one size does not fit all”)との言い回しが決まり文句として広まるようになったのはロドリックの功績という面が少なからずあるのだ。ウォール・ストリート・ジャーナル紙の元記者であり現在はブルッキングス研究所ハッチンズセンターでディレクターを務めるデイビット・ウェッセルは次のように述べている。「当時はロドリックの言い分がどこまで正しいのかみんなよくわかってなかったんですよ」。

ちなみに、ラウンジャニは(Finance&Development誌の)同じ号に(ジョナサン・オストライとデビッド・ファーセリと連名で)「新自由主義は買い被られてる?」と題された別の記事も寄稿している。

IMFを代表する雑誌のそれも同じ号に私の詳しい経歴に加えて金融のグローバル化を批判する記事が同時に掲載ときたもんだ。一体全体どうなっちゃってるんだろうね?

ダイアン・コイル 「続・経済学者にお薦めの古典小説(+α)」(2018年9月3日)

●Diane Coyle, “More classics (and other novels) for economists”(The Enlightened Economist, September 3, 2018)


経済学者にお薦めの古典小説のリストを作成したのが2013年。そのリストをそっくりそのまま再掲した〔拙訳はこちら〕のが昨日のこと。すると早速コメント欄やツイッターを通じてリストに加えるべきお薦めの作品に関する情報が続々と寄せられた。今回はみんなから寄せられたお薦めの中からいくつか紹介しようと思う。まずは古典小説の分野から。 [Read more…]

ダイアン・コイル 「経済学者にお薦めの古典小説」(2018年9月2日)

●Diane Coyle, “Classics for Economists”(The Enlightened Economist, September 2, 2018)


オックスフォード大学に籍を置くエリザベス・ボールドウィン(Elizabeth Baldwin)に言われて思い出したのだが、経済学者が読んでおくべき古典小説のリストを数年ほど前に本ブログで紹介したことがある。自分でもすっかりその存在を失念してしまっていたのだが、我ながらなかなかの出来のリストなんじゃないかと図々しくも自負していたりする。そんなわけで、以下にその(なかなかの出来の)リストを再掲することにしよう。

早速本題に入りたいところだが、その前にリストは改善の余地ありということは断っておくとしよう。私がもまれてきた文化的な環境の基準に照らすと、ロシアの文豪の作品については読書量が足りていないというのが正直なところだ。ロシアの文豪のうちで経済学と関係が深い作品を残しているのは誰だろうか? ヘンリー・ジェイムズとかディケンズとかは個人的に好きじゃないのだが(学校で課題図書として強制的に読まされたのがその理由)、(ディケンズの)『リトル・ドリット』なんかはリストに入れてもいいんじゃないかとは思う。アフリカ文学だとかインド文学、はたまた中国文学の古典なんかはどうだろうね? 現代の古典――例えば、カート・ヴォネガットの『プレイヤー・ピアノ』とか――も加えた方がいい? 何かお薦めの小説があれば是非ともお教え願いたいところだ。 [Read more…]

タイラー・コーエン 「ピカソ、リヒター、ポルケ ~変幻自在な『概念的イノベーター』~」(2006年2月19日)

●Tyler Cowen, “The versatility of conceptual innovators”(Marginal Revolution, February 19, 2006)


デビッド・ガレンソン(David Galenson)の論文のアブストラクト(要旨)より。

パブロ・ピカソにゲルハルト・リヒターにジグマー・ポルケ。いずれも現代美術を代表する重要な画家であり、三人ともに画風(作品のスタイル)を幾度も――時にガラリと――変えたことで知られている。その変幻自在ぶりは美術史家の間で悩みの種となっているが、ピカソ研究者にしてもリヒター研究者にしてもポルケ研究者にしても研究対象である画家の変幻自在ぶりをその画家だけ(ピカソだけ/リヒターだけ/ポルケだけ)に備わる特異な特徴として見なそうとする傾向にある。三人の変幻自在ぶりの背後に控える「共通の根」を捉え損なってしまっているのだ。実のところ、変幻自在さというのは「概念的イノベーター」によく見られる特徴なのだ。「概念的イノベーター」の対極にいるのが「実験的イノベーター」だ。「概念的イノベーター」は個別具体的な目標(課題)を掲げてそれが解決されたと自覚されると新たな目標(課題)へと切り替えを図る傾向にある一方で、「実験的イノベーター」が掲げる目標(課題)は抽象的で解決するのが難しい。そのため、「実験的イノベーター」は生涯を通じて一つのスタイルに固執する傾向にある。一つのスタイルに囚われずに次々と革新を続ける「概念的イノベーター」は20世紀アートの世界に屹立する重要な存在である。その原型とも言えるのがピカソであり、その後にはマルセル・デュシャンからダミアン・ハーストへと至る数々の顔ぶれが続く。変幻自在ぶりは画家の中の「概念的イノベーター」(「概念的な画家」)だけではなく、アートのその他の分野における「概念的イノベーター」にもさらには学者の中の「概念的イノベーター」にも備わる特徴である。「概念的イノベーター」の変幻自在ぶりの背後に控える「共通の根」を認識することを通じて人間の創造性についての理解が深められることになろう。

(学者の中の「概念的イノベーター」の例として)「ケネス・アロー」の名前が脳裏に浮かぶが、同じくって人はいるかな? ライプニッツなんかはどうだろうね? こちらの本では「万物を知悉せし最後の男」(トマス・ヤング)について詳しく掘り下げられている。ガレンソンの論文はこちらだ。

タイラー・コーエン 「『フランコの夢と嘘』」(2006年2月17日)/「9・11がテーマのアートの名作」(2011年9月6日)

●Tyler Cowen, “The dream and lie of Franco”(Marginal Revolution, February 17, 2006)


裏返しになってる・・・わけじゃないのでご注意を。ピカソの手になる本作は二枚組(もう一枚はこちら)で詩(こちら)も書き添えられている。戦争に対するピカソなりの(作品の制作を通じた)応答の例についてはこちらのページにまとめられている。「ビジュアルアートの分野における『戦争』と『平和』」がテーマのデビッド・ハート(David Hart)の論考の草稿はこちら。お薦めだ。こちらのページでは古典的自由主義者を自任している御仁の興味を引くであろうアート作品の一覧が、こちらのページでは戦争に懐疑的な御仁の興味を引くであろうアート作品の一覧がそれぞれ紹介されている。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Has there been a great 9-11 work of art?”(Marginal Revolution, September 6, 2011)


ゾーイ・ポロック(Zoë Pollock)がこちらのエントリーで「これまでにアートの世界で9・11(米同時多発テロ事件)をテーマとする名作は生み出されているだろうか?」との質問を投げかけている(関連するあれやこれやの議論もあわせて紹介されている)。私ならジョン・アダムズ作曲の『On the Transmigration of Souls』(「魂の転生」)を第一候補に挙げるだろう。YouTubeだと例えばこちらの動画をお試しになるといいかと思うが、高性能のステレオで聴けば一層感動的に響くことだろう。生演奏ならなおよしだ。

ケヴィン・グライアー 「戦後ドイツのアーティスト ~ポルケ、リヒター、キーファー、ボイス~」(2007年5月27日)

●Kevin Grier, “German Postwar Artists”(Marginal Revolution, May 27, 2007)


ニューヨーク・タイムズ紙の日曜版にジグマー・ポルケ(Sigmar Polke)に関する長文の記事が掲載されている。近々(2007年6月10日から)開催予定のヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展のために目玉となる新作を用意しているらしい。以下の画像はそのうちの一つだが、何とも魅力的な作品だ。風変わりな素材を使って描かれているとのことだ。

ポルケはゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter)と比較されることが多い。個人的にはポルケ・・・ではなくリヒターに軍配を上げたいところ。現役の画家の中で一番偉大なのはリヒターというのがかねてからの持論なのだ。

戦後ドイツのアーティストの中だと、アンゼルム・キーファー(Anselm Kiefer)だとかヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys)だとかもザ・アーティストと呼ぶにふさわしい存在だ。戦争の後遺症(第二次世界大戦がその後のドイツに残した傷跡)に思いを馳せるアーティストという共通点を持つ二人。キーファーの作品は哀愁が漂っていて崩壊の予感に満ちている。陰鬱で物悲しい雰囲気に包まれている。それに対してボイスは人体の脆さや破茶滅茶さに眼目を置いているように見受けられる。

ワシントンD.C.に住む人間が羨ましくてならないことがある。それは何かというと、少し出歩けば(ナショナル・ギャラリー・オブ・アートだとかハーシュホーン美術館だとかに足を運べば)キーファー(例えば、こちらこちら)やリヒターの作品(こちらこちらを参照)を無料で鑑賞できるということだ。

タイラー・コーエン 「難解さの過大評価?」(2003年12月30日)

●Tyler Cowen, “Do we overvalue the difficult?”(Marginal Revolution, December 30, 2003)


とある実験によると、詩をはじめとするアート作品に対する鑑賞者(被験者)の評価はその作品が完成されるまでに長い時間を要したと伝えられると高まる傾向にあるとの結果が得られている。その実験結果をまとめた(4名の心理学者の手になる)論文はこちら(pdf)。制作するのに多くの「努力」が払われていると知るとその作品の評価は高まるというわけだが、その効果は「質」を判断するのが難しい作品ほど大きいとのことだ。難解な作品(理解するのに時間や労力を要する作品)ほど鑑賞者から高く評価されがちという結果を得ている別の研究もある。

以上の話はアートなるものについて一体どのようなことを意味しているだろうか? 我々はハイカルチャーに括られる難解な作品を過大評価しがちな一方で、とっつきやすい(大衆受けしやすい)作品を過小評価しがち。そのように言えるかもしれない。言い換えると、『となりのサインフェルド』はみんなが思っているよりも出来の良い作品なのだよ。

冒頭でリンクを貼った論文ではジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)にまつわるエピソードも紹介されている。ポロックが描く絵に対する同時代の評価として「あんな絵は誰にでも描ける」という批判があったというが、ポロックの絵は長い時間をかけて制作された血と汗の結晶であって誰でも真似できるような代物なんかではないというのが本当のところなのだ。「ポロックは作品の制作に多大な努力を注いでいるのだ」というポロック擁護論も散見されるくらいなのだ。一つの作品を仕上げるのに数ヶ月にわたる重労働を要することもあったというのだ。 ・・・てなことを伝えられると「ポロックなんて嫌いだ!」という御仁も考え直すんじゃないかな。

ところで、今回のエントリーなんだけどね、書き上げるまでにそりゃもうたんまりと時間がかかってるんだよ。

タイラー・コーエン 「ピカソの絵一枚と等価なあれこれ」(2004年5月4日)

●Tyler Cowen, “How much is a Picasso worth?”(Marginal Revolution, May 4, 2004)


今週の水曜日(2004年5月5日)に競売大手のサザビーズが開催するオークションでパブロ・ピカソ作の『パイプを持つ少年』が出品される予定になっている。その道の専門家の間では落札価格は最低でも1億ドルに達して絵画の取引額として史上最高値をつけるのではないかと予測する声もあるようだ1。ちなみに、ホイットニー家が1950年にこの絵を購入した際に支払った金額は3万ドルということだ。

入札への参加を検討中だったりする? ところで、1億ドルあれば何が買えるだろうね?

トロントの中心部に鎮座する新築のオペラハウス

1万5625ポンド(7087キログラム)の金(ゴールド)

ホイットニー・ヒューストンに6枚目のアルバムを出してもらう(6枚目のアルバムを出す際にホイットニー・ヒューストンに支払われた契約金が1億ドル)

アレックス・ロドリゲスをニューヨーク・ヤンキースに呼んできてサードを4年間守ってもらう

アダム・サンドラーに映画を一本撮ってもらう(宣伝費込み)

サブサハラ・アフリカおよび東南アジアで生活する子供たちのために150万人分のB型肝炎ワクチンを送り届ける

米軍にイラクを1日だけ占領してもらう(米軍によるイラクの占領に要する経費が1日あたり1億ドル)

詳しい話はこちらをご覧あれ。ところで、ニューヨーク近代美術館が手持ちのピカソの作品をいくつか売却するつもりらしいね。全部売れば2700万ドルになると見積もられているようだが、ダミアン・ハーストの作品をいくつか買い足す原資にするつもりだとかなんとかいう噂だ。

  1. 訳注;結果的には1億400万ドル(当時の為替レートで換算するとおよそ113億円)で落札。ちなみに、2015年5月に開催されたオークションでピカソの『アルジェの女たち(バージョンO)』1億7940万ドルで落札されている(ピカソの絵の中では今のところ最高額)。 []

タイラー・コーエン 「20世紀における最も重要なアート作品とは?」(2008年8月4日)

●Tyler Cowen, “Portrait of David Galenson”(Marginal Revolution, August 4, 2008)


デビッド・ガレンソン(David Galenson)に「20世紀における最も重要なアート作品は何か?」という問いを投げかけると躊躇することなく次のように答えることだろう。『アビニヨンの娘たち』(パブロ・ピカソが1907年に制作した絵画)。

話は第一位(最も重要な作品)だけにとどまらない。第二位(その次に重要な作品)以下のランキングについても順々に確信を持って答えてくれることだろう。

・・・(略)・・・ガレンソンによると、彼が頼りにする統計学的なアプローチ(定量的な分析手法)は20世紀美術について従来とは大きく異なるまったく新しい解釈――美術史家に眉をひそめられるに違いない解釈――を投げかけているとのこと。それぞれの作品が美術史の教科書(計33冊)に掲載されている頻度(回数)などの情報(数値データ)がその根拠となっているという1

記事の全文はこちら。ガレンソンについては本ブログでも過去に何度か取り上げている。詳しくはこちらの検索結果を辿っていただきたい。ガレンソンのホームページはこちらだ。

  1. 訳注;美術史の教科書(計33冊)への掲載回数に照らして作品の重要度を測ると、第一位は(文中にもあるように)『アビニヨンの娘たち』(掲載数は28回)。ちなみに、第二位は『第三インターナショナル記念塔』(ウラジミール・タトリン構想の鉄塔案)で掲載数は25回。第三位は『スパイラル・ジェティ』(ロバート・スミッソン制作の巨大なランド・アート)で掲載数は23回。第四位は『一体何が今日の家庭をこれほどに変え、魅力あるものにしているのか』(リチャード・ハミルトン制作のコラージュ)で掲載数は22回。第五位は『空間における連続性の唯一の形態』(ウンベルト・ボッチョーニ制作のブロンズ彫刻)と『ゲルニカ』(ピカソ制作の絵画)が同着で掲載数は21回。 []

タイラー・コーエン 「あのアーティストが最高傑作を仕上げたのはいつ頃?」(2005年10月5日)

●Tyler Cowen, “When do creators do their best work?”(Marginal Revolution, October 5, 2005)


ランダル・ジャレル(Randall Jarrell)もウォレス・スティーヴンズ(Wallace Stevens)について同様の評価を下している。曰く、「スティーヴンズはアメリカ出身の詩人として他に類を見ない珍事をやってのけている。アメリカ出身という限定を外して歴史上のすべての詩人に範囲を広げてみても前例がほとんど見つからないような珍事だ。長い人生(75年の生涯)の最後の1、2年の間(亡くなる1~2年前)に最高傑作にしてこれまでに無い新しさを備えた何とも奇妙な作品(詩)をいくつか書き上げているのだ」。

それとは対照的に、

ジャン=リュック・ゴダールは50年以上にわたる監督人生を通じて数多くの映像作品を残しているが、評論家の間ではゴダールの作品の中で一番の重要作(最高傑作)は1960年に公開された『Breathless』(邦題『勝手にしやがれ』)という点で幅広い意見の一致が見られている。『Breathless』はゴダールが30歳の時に監督した作品であり、長編映画としてはデビュー作にあたる。

どちらの文章もデビッド・ガレンソン(David W. Galenson)の『Old Masters and Young Geniuses: The Two Life Cycles of Artistic Creativity』からの引用だ。本書と関係の深いワーキングペーパーはこちら。ガレンソンは他にも興味深い論文をたくさん書いている。詳しくはこちらの一覧を参照のこと。

私からの質問:50歳を過ぎてから極めて重要な業績を残した経済学者って誰かいる? 仮に「いる」としてそれは最高傑作と言えるだろうか? 仮に「いない」というのであれば「40歳を過ぎてから~」に質問を変えるとどうなるだろうか? コメント欄を開けておくので思い付く人物を書き込んでもらえたら幸いだ。答えるのは簡単じゃないとは思うけど。