経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『Forged Through Fire』 ~戦火の産物としての民主主義~」(2017年1月22日)/「国家建設、ナショナリズム、戦争」(2017年5月28日)

●Tyler Cowen, “*Forged Through Fire*”(Marginal Revolution, January 22, 2017)


ジョン・フェレジョン(John Ferejohn)&フランシス・ローゼンブルース(Frances McCall Rosenbluth)の二人の手になる新刊が登場だ。副題は「戦争、平和、民主主義をめぐる駆け引き」(“War, Peace, and the Democratic Bargain”)。極めて重要な一冊だ。本書の中心的な主張は以下の通り。

現代の民主主義は大量の人員と多額の資金を要する戦争によって育まれたのだとすれば1、ここいらでちょっと立ち止まって次の疑問をよくよく吟味してみる必要がありそうだ。その存立を支えたエンジンが消え去ったとしたら民主主義の行く末には一体どんな展開が待ち受けているだろうか? 現代の民主主義を育む上で戦争が果たした役割を理解すれば、民主主義の弁慶の泣き所を見定める手がかりが得られることになる。国家を外敵から守る上で大衆(一般の国民)が果たせる役割が小さくなっていくとしたら、大衆とエリート層との間での(戦争への協力と引き換えに大衆にも政治参加の機会を保障するという妥協によってこれまではどうにかこうにか保たれていた)階級の枠を超えた協力関係はどうなってしまうだろうか?

・・・(中略)・・・

ヨーロッパで国家が形成された14~15世紀に戦火とは無縁でいられた地域の今後は果たしていかにというのが二番目の問いだ。絶え間なく続く苛烈な戦争のおかげで普通選挙と所有権の保護を特徴とする民主主義が育まれるに至ったヨーロッパのゴルディロックス地帯2――それなりに高い行政能力を備えた君主国がひしめき合い、決して楽とは言えないが国民が総力を挙げて戦えばどうにかなる戦争が繰り広げられた地帯――。それとは対照的に、・・・(略)・・・

・・・(中略)・・・

悪い報せとは何かというと、今や戦争は民主主義を育むエンジンとしての機能を失ってしまったということだ。

Amazonでの注文はこちら、ローザ・ブルックス(Rosa Brooks)による(ウォール・ストリート・ジャーナル紙上での)書評はこちら[Read more…]

  1. 訳注;徴兵制の受け入れを通じた軍隊への参加ないしは納税を通じて戦争に協力してもらうのと引き換えに大衆にも選挙権をはじめとした諸権利が認められるに至った、という意味。 []
  2. 訳注;そこら一帯が血の海となっている(熱過ぎる)わけでもなければ平和そのもので波風一つ立たない(冷た過ぎる)わけでもない、ほどほどに熱い(武力衝突続きではあるが一定の秩序は保たれていてどうにか生きてはいける)地帯という意味が込められているものと思われる。 []

タイラー・コーエン 「『国家の能力』と武力衝突」(2014年10月31日)

●Tyler Cowen, “State capacity and military conflict”(Marginal Revolution, October 31, 2014)


ニコラ・ジェンナイオーリ(Nicola Gennaioli)&ハンス=ヨアヒム・ヴォス(Hans-Joachim Voth)の二人が「『国家の能力』と武力衝突」と題された論文(pdf)を物している。レビュー・オブ・エコノミック・スタディーズ(RES)誌に近々掲載予定とのこと。論文のアブストラクト(要旨)を引用しておこう。

国民所得の大きな割合をコントロールする(高い徴税能力を備えた)強力で中央集権化された国家がヨーロッパに姿を現すのは1500年以降に入ってからである。かような国家は戦争におけるカネ(資金力)の重要性が高まるのに伴って出現する至ったことをモデルを使って説明するのが本論文の目的である。戦争の勝敗を左右する上でカネがそれほど重要な役割を果たさない場合には、いずれかの相手(外敵)と武力衝突しかねない脅威に晒されると国家の能力開発に勢いがつくどころかむしろ逆に歯止めがかかることになる。その一方で、戦争の勝敗を左右する上でカネが決定的な役割を果たす場合には、国ごとの権力構造の違い(権力が集中しているか分散しているか)に応じて国家の能力に徐々に格差が生まれることになる。(権力が一極に集中している)統一国家は国内を統治する能力の向上(徴税能力の強化)に熱心に取り組む一方で、(群雄が割拠している)分断国家はそのような能力構築競争から(割に合わないと判断して)自発的に降りるからである。本論文で特に強調したいのは(戦争におけるカネの重要性を高めるのに貢献した)「軍事革命」――戦争(武力衝突)のあり方を一変させた一連の技術革新――の役割である。なお、本論文では計374件の武力衝突の事例を参照して戦争におけるカネの重要性や近世ヨーロッパにおける国家建設のパターンについて実証的な検証も行う。現実の証拠はモデルから導かれる予測と整合的というのが我々の結論である。

本論文はマーク・コヤマ(Mark Koyama)に教えてもらったものだ。

タイラー・コーエン 「チャールズ・ティリー(1929-2008) ~戦争が国家を作った~」(2008年5月2日)

●Tyler Cowen, “Charles Tilly dies at 78”(Marginal Revolution, May 2, 2008)


チャールズ・ティリー(Charles Tilly)が(2008年4月29日に)78歳で亡くなった。訃報記事はこちら。ティリーの専門は歴史社会学ということになるが、彼の影響は経済史の分野(および新制度学派経済学)にも及んでいる。

ティリー博士は多様な文脈に当てはめることのできる理論の彫琢に役立てるために、原データや同時代人の証言――行政機関に保管されている公文書、未刊の手紙や日記など――が盛り込まれている膨大な量の独自資料の発掘に乗り出した。ティリー博士がとりわけ興味を惹かれたのはヨーロッパにおける国民国家の形成過程だった。国民国家は戦争によって作られた面があるというのがティリー博士が示唆しているところであり、1990年に上梓された『Coercion, Capital, and European States, AD 990-1990』(ブラックウェル社)では、嵩(かさ)む一方の武器の費用(軍事費)と軍隊の巨大化に伴って確固たる徴税力を有する大規模で強力な国民国家が必要とされるに至ったと述べられている。

かような見解(「戦争が国家を作った」)は1985年に書かれた論文(pdf)で既に仄めかされている。暴力(物理的強制力)の行使を独占する団体としての国家はヤクザの用心棒みたいなものとは件の論文でのティリー博士の言だ。外敵の存在を強調し、あるいは外敵を作り出し、あるいは外敵を刺激する。しかる後に国民に対して外敵から身を守るための費用の支払いを求める。それが政府のやり口というのだ。

ティリーが残した成果の中でも中期の業績――例えば、『The Formation of National States in Western Europe』――が一番重要というのが私の考えだ。それはともかく、アメリカはこの国の社会科学界を牽引する学者の一人を失ってしまったことになる。ティリーのウィキペディアのページには選りすぐりのリンクが揃っている。こちらのページではティリー流の研究手法(社会科学の分野での研究の進め方)が開陳されている。お薦めだ。

タイラー・コーエン「よい科学者ほどよく笑う?」(2018年7月9日)

[Tyler Cowen, “Do better scientists smile more?” Marginal Revolution, July 9, 2018]

理論からも実証からも,頻繁にプラスの情動が生じる個人ほど日常生活や仕事で目標をうまく達成できることがシメされている.本研究では,つくりものでないプラスの情動の表情を科学者が表に出すことと仕事に関連した達成に正の相関があるかどうかを検討した.仕事に関連した達成を,ここでは文献面の計量(e.g.被引用数)と対人面の計量(学術的な更新のフォロワー数)で定義する.研究者向けソーシャルネットワーキング・ウェブサイトから440名の科学者を標本に取り出し,彼らが公開している写真がどれくらい笑っているかの度合い(満面の笑み,やや笑顔,まったく笑みがない)を複数名の評価役で数値化した.満面の笑みを掲載している科学者たちの方が,それほどプラスの情動の表情を見せていない科学者たちと比べて,更新を追いかけるフォロワー数をより多く引き寄せ,同じ公表論文数でも質(e.g. 論文1本あたりの被引用数)でまさっていることがわかった.プラスの情動がもたらす有益な効果に対してシン・スライシング・アプローチは,実験による証拠や長期的な追跡による証拠を補完する生態学的に妥当なアプローチとなる.プラスの情動を示す表情と科学上の影響・対人的な影響を結びつける証拠は,プラスの情動のモデルを拡大・構築する支えとなる.

これが当てはまりそうにない研究分野ってどこかにないかな…?

この論文には共著者がたくさんいる.ぼくの同僚 Todd B. Kashda もその一人だ.via 華麗なる Kevin Lewis

〔※訳者の註記: 原文のコメント欄では,「それって成功をおさめてる科学者ほどしあわせで笑顔になってるんじゃないの? そのへんをコントロールするのってむずかしいよね」と指摘が入っている.〕

タイラー・コーエン 「国民意識の高まりは異民族間に横たわる信頼問題を和らげるか?」(2017年8月5日)

●Tyler Cowen, “National identity eases cross-cultural trust problems”(Marginal Revolution, August 5, 2017)


今回紹介するのはアマンダ・レア・ロビンソン(Amanda Lea Robinson)の論文だ。題して「ナショナリズムと異民族間における信頼:アフリカの境界地帯におけるフィールド実験から得られた証拠」(pdf)1。主要な結論は以下。

多民族国家に生きる個人は同じ民族に属する同国人を異民族の同国人よりも信頼しがちである。しかしながら、国境線によって区切られた国家――異なる民族が共有する領土――に対する帰属意識の高まりは同国内の異民族間に横たわる(同じ民族に属する同国人を異民族の同国人よりも信頼しがちという)信頼問題を和らげる可能性があるというのが本論文の主張である。本論文ではマラウイ共和国内の異国民と異民族が隣接する境界地帯で「フィールド実験」を行い、各人の国民意識(マラウイという国への帰属意識)の強さを計測するとともに、(国旗に関する質問を事前に行うなどして)国家という存在(マラウイという国)に対する注意を人為的に喚起した後で被験者にゲーム(「信頼ゲーム」)を行ってもらって他者への信頼度(他者にどの程度の信頼を寄せるか)を計測した。その結果、他者への信頼度を予測する上で国籍が同じかどうかは同じ民族に属しているかどうかと同等の高い力(予測力)を備えていることが判明した。さらには、国への帰属意識は(同国内の)異民族間に横たわる(同じ民族に属する同国人を異民族の同国人よりも信頼しがちという)信頼問題を和らげることも見出された。国への帰属意識が弱い(薄い)人物は異民族の同国人よりも同じ民族に属する同国人に信頼を寄せがちである一方で、国への帰属意識が強い人物は誰に信頼を寄せるかにあたって民族の違いにこだわらない傾向にあったのである。また、(国旗に関する質問を事前に行うなどして)国家という存在に対する注意を人為的に喚起すると(国民=マラウイ人というアイデンティティに意識を向けさせると)国への帰属意識が弱い面々の間で同じ民族に属する同国人をとりわけ信頼する傾向が和らげられることも見出された。本研究を通じて得られた一連の結果は、強固で顕著な国民意識には多民族国家での異民族間に横たわる信頼問題を和らげる可能性が備わっていることを示すミクロレベルの証拠を提供していると言えるだろう。

本論文はBen Southwoodのツイート経由で知ったものだ。

  1. 訳注;学術誌に掲載されたバージョンはこちら。 []

タイラー・コーエン 「経済発展の側面支援に向けて国際的なスポーツ大会のあり方を見直そう」(2016年5月13日)

●Tyler Cowen, “Redesigning Sport to aid economic development”(Marginal Revolution, May 13, 2016)


本ブログの熱心な読者の一人であるOli Cairnsから次のようなメールを頂戴した。

ここ最近ずっと考えていることがあります。それは何かというと、スポーツ競技での勝利が愛国心(patriotism)を高揚させる効果についてです。

私はイギリス人なんですが、冷笑的な友人だったり同僚だったり通勤電車に乗り合わせる人々だったりが母国やお互いのことについて不平を漏らすのをやめるのは同胞の選手がテニスの試合で勝ったりオリンピックでメダルを獲得したり(最近はあまりお目にかかれなくなっていますが)サッカーの代表戦で相手の国をやっつける時くらいのものです。同じ国の選手が活躍するのに伴って愛国心が高揚するなりソーシャル・キャピタル(社会関係資本)が強化されるなりするのは結構なことじゃないかと少し前までは思っていたのですが、視野を広げて「世界」を単位として考えてみるとどうでしょうか? 「世界」を単位として考えた場合にスポーツ競技での勝利が愛国心を高揚させる効果は果たして効率的に配分されていると言えるだろうかと疑問に思えてきたのです。

そこで私の提案なのですが、国際的なスポーツ大会の構造にメスを入れて貧しい国々(の選手)が活躍できる余地を広げる1べきなんじゃないかと思うのです。例えば、サッカーのワールドカップは2回に1回はサブサハラ・アフリカ地域で開催するようにする。ワールドカップへの出場枠の4分の1(25%)はサブサハラ・アフリカの国々に割り当てる。ヨーロッパのトップレベルのプロサッカーリーグではサブサハラ・アフリカ出身の選手を最低でも2人はスタメン入りさせるよう各チームに義務付ける。オリンピックに関しても競技を入れ替える。トラック・レース(自転車競技)やボート、馬術なんかの種目はその大半をオリンピックから除外してその代わりに125m走だとか250m走だとか1万mのエリミネーションレース2だとかといった種目を新設して陸上競技の数を増やす。

このようなかたちで国際的なスポーツ大会のあり方が見直されたとしたら結果的に厚生の改善につながるでしょうか? 貴殿のお考えはいかがでしょうか?

このような観点からすると、(FIFAの元会長である)ゼップ・ブラッターも悪人ではなくて英雄のように見えてくるかもしれませんね。

  1. 訳注;そうすることで貧しい国々における愛国心の高揚およびソーシャル・キャピタルの強化を側面支援する []
  2. 訳注;周回ごとにランナーの数が減っていく(周回ごとに一番後方を走るランナーが失格となる)レース []

タイラー・コーエン 「ルーニー効果 ~ルーニーの姿を見ると足がすくむ?~」(2006年11月23日)/「デモンストレーション効果?」(2014年9月12日)

●Tyler Cowen, “The power of suggestion?”(Marginal Revolution, November 23, 2006)


バンガー大学に籍を置くパトリック・バッハ(Patric Bach)とスティーヴン・ティッパー(Steven Tipper)の二人が手掛けた実験によると、ウェイン・ルーニー(サッカー選手)の写真を見た人はそれだけで足のコントロール(敏捷性)が鈍るという結果が見出されたという。 ルーニーの写真を見た人の脳内では動作を司る部位が自動的に(無意識のうちに)活性化してプレイ中のルーニーの動き(サッカーに特有の動き)が再現されることになり、それに伴って足のコントロールが鈍らされるという何ともパラドキシカルな効果が生まれるというのだ。それとは対照的に、テニス選手のティム・ヘンマンの写真を見た人は手のコントロールが鈍る一方で足のコントロールに関しては鈍ったりすることはなかったという1

全文はこちら

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “The demonstration effect”(Marginal Revolution, September 12, 2014)


デモンストレーション効果? はたまた群衆行動

NFL(アメフトのプロリーグ)の元選手であるレイ・ライスがエレベーター内で妻(当時は婚約者)を殴打する映像が流失して以降、全米DV(家庭内暴力)ホットラインには従来比で84%増の相談が寄せられるに至っている2という。

詳細はこちら

  1. 訳注;パソコンの画面にプロスポーツ選手の画像をランダムに映し、その直後にその選手がどの競技のプロであるかに応じてキーボードないしはフットペダルをできるだけ早く押してもらうというのが被験者に課せられた課題。まずはじめの実験では画面にサッカー選手(例えば、ルーニー)の画像が映ったらできるだけ早くフットペダルを足で押し、テニス選手(例えば、ヘンマン)の画像が映ったらできるだけ早くキーボードのスペースキーを手で押す。次の実験では画面にサッカー選手の画像が映ったらできるだけ早くキーボードのスペースキーを手で押し、テニス選手の画像が映ったらできるだけ早くフットペダルを足で押す。以上の二つの実験結果を比べると、サッカー選手の画像を見た直後にキーボードのスペースキーを手で押す場合の方がフットペダルを足で押す場合よりも被験者の反応は(平均すると0.02秒ほど)早くて正確だった(画面にテニス選手の画像が映った時の結果は逆転し、テニス選手の画像を見た直後にフットペダルを足で押す場合の方がキーボードのスペースキーを手で押す場合よりも被験者の反応は早くて正確だった)とのこと。 []
  2. 訳注;それまでは1日あたり500~600件の(家庭内暴力の被害に関する)相談が寄せられていたが、レイ・ライスによる暴行の瞬間を捉えた映像が流出して以降は1日に1000件を超える相談が寄せられるに至っているとのこと。 []

タイラー・コーエン 「至る所に市場あり ~イングランド代表チームが敗退するリスクに備えた保険?~」(2006年6月13日)

●Tyler Cowen, “Insurance markets in everything”(Marginal Revolution, June 13, 2006)


今年(2006年)の早春に・・・(略)・・・サイモン・ブルゲスはイングランド代表チームのサポーターであるポール・ハッカーと保険契約を結んだという。イングランド代表チームがワールドカップの1次リーグ(同じ組に入っている対戦相手はパラグアイ、トリニダード・トバゴ、スウェーデン)で敗退してそのショックで「心的外傷(トラウマ)」を抱えることになった場合に100万ポンドを超える保険金を支払うというのが契約の内容。見返りにブルゲスが受け取る保険料はおよそ195ドル(100ポンド)。エセックスを本拠とするブルゲスの会社はイングランド代表チームのサポーター向けに似たような内容の保険を何百種類にもわたって取り揃えているという。

同じくらいの保険料で処女懐胎のリスクに備えた保険も売り出し中と語るブルゲス。キリストは私のお腹に宿るかたちで再臨するに違いないと信じて疑わない(スコットランドのインヴァネスに住む)3名の女性と既に保険契約を締結済みだという1

「スコットランド代表チームのサポーターとも保険契約を締結済みです。イングランド代表チームがワールドカップで万一優勝してそのショックで心的外傷を抱えることになった場合に治療費として保険金を支払うというのが契約の内容です」とブルゲス。ブルゲスの会社は他にもエイリアン(宇宙人)に誘拐されるリスクに備えた保険も売り出しており、エイリアンに誘拐されるのではないかと恐れるカリフォルニア州の住人を相手に既に3万件の保険契約が成立しているという。

全文はこちら2。情報を寄せてくれたJohn de Palmaに感謝。

  1. 訳注;保険金はキリストを養育するための費用にあてるという契約内容になっているようだ。 []
  2. 訳注;リンク切れ。代わりに同じ話題を取り上げているこちらの記事を参照されたい。 []

タイラー・コーエン 「代表チームの勝利には危険が伴う?」(2005年4月7日)

●Tyler Cowen, “Are sports winners more violent than sports losers?”(Marginal Revolution, April 7, 2005)


研究チームが分析対象として選んだのは1995年から2002年までの間に行われた合計106試合のラグビーおよびサッカーの国別対抗戦。試合が無い日だと暴行による怪我で(急患として)病院に担ぎ込まれる人の数は1日平均21人。それではウェールズ代表の試合が行われる日はどうかというと、ウェールズ代表チームが試合に敗れた場合には暴行による怪我で病院に担ぎ込まれる人の数は1日平均25人に上昇するという。しかしながら、ウェールズ代表チームが試合に勝つと事態はさらに悪化し、その数(暴行による怪我で病院に担ぎ込まれる人の数)は1日平均33人に達するというのだ。

対抗戦は血の気の多い乱暴者を集結させる面があるのだろう。少なくともそう言えそうだ。そして代表チーム(応援するチーム)が勝利すると乱暴者としての血が騒ぐのかもしれない。それに加えて、(代表チームの勝利を祝って飲み交わされる)アルコールの影響も忘れちゃいけないだろう。詳しくはこちらの記事を参照されたい1

  1. 訳注;記事の中で取り上げられている研究はこちら。 []

タイラー・コーエン 「サッカーはあなたの力になってくれる?」(2014年2月9日)

●Tyler Cowen, “Is soccer good for you?”(Marginal Revolution, February 9, 2014)


「その答えはおそらくイエス」と語るのはDoerrenberg&Sieglochの二人。「あなた」が失業者であればなおさらそうらしい。

本稿ではドイツ社会経済パネル調査(SOEP;調査期間は1984年~2010年)のデータを利用してサッカーの大規模な国別選手権大会(UEFA欧州選手権およびFIFAワールドカップ)が失業者の求職意欲に及ぼす影響を探る。聞き取り調査の日時(対象者にいつの時点で聞き取り調査を行うか)はランダムに決定されるというSOEPの特徴に目を付けて検証を行ったところ、サッカーの国別選手権大会には失業者の働く意欲や留保賃金1といった動機(モチベーション、意欲)に関わる変数の値を高める効果がある2との統計学的に有意な結果が得られた。それに加えて、サッカーの国別選手権大会のようなスポーツイベントには健康状態に関する自己評価だけではなく景気の成り行きに関する不安(といった失業者の幸福度に関わる変数の値)を高める効果も備わっていることが見出された。

論文の草稿はこちらケヴィン・ルイス(Kevin Lewis)経由で知ったものだ。

  1. 訳注;「働くのであれば最低でもこれくらいの賃金は欲しい」(これ以下の賃金しかもらえないのであれば働きたくない)という賃金の最低限の希望額 []
  2. 訳注;サッカーの国別選手権大会には新たに職を見つけるのもそんなに難しくないと思わせる(という意味で失業者に自信を持たせる)効果があるとの結果も得られており、留保賃金が高まるという結果になっているのはサッカーの国別選手権大会には失業者に自信を持たせる(失業者を強気にさせる)効果があるためではないかと推測されている。 []