経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ピーター・ターチン「“食物連鎖の下層を食べること”の闇の側面」(2021年3月6日)

The dark side of “eating lower on the food chain”
March 06, 2021
by Peter Turchin

9年前、私は人生において最も重大な決断を下した――いわゆるパレオダイエット1 に切り替えたのだ(「パレオ」は、少し誤解を表現だと過去のエントリで説明している)。もし切り替えていなければ、アメリカの肥満統計の上昇に私は貢献していたに違いない。パレオダイエットに切り替えてから、半年も経たないうちに、体重が20ポンドも減り、平均値は今の体重に落ち着いた。もっとも、体重は実際にはさほど重要でない。よりもっと重要なのが、切り替えてからの数ヶ月後に、総体的な健康状態の劇的な改善を私が経験したことにある。今、私は10年前より気分が良い、(間違いなく)10歳老化したにも関わらずだ。

大きく変えたのが、食物連鎖の最上位のものを食べるようになったことだ。純粋な菜食ベースの食事において、タンパク質を接種する唯一の方法は、穀物や豆類、つまり小麦や豆を食べることである。しかし、これら食品の排除がまさに、私の健康の改善に繋がっている。レストランで食事を食べた時、(小麦を使用しないでくれとハッキリと懇願してるのにも関わらず)シェフがソースに製粉小麦を使用すれば、私は知らず知らずのうちに少量の小麦を食べてしまう。翌日になって、私は毒が盛られことに気付く。 [Read more…]

  1. 訳注:狩猟採集民に倣って、肉や野菜を中心に食べ、穀物をなるべく接種しない食事方法 []

ピーター・ターチン「フェミニストから見た人類の社会進化:デヴィッド・グレーバーさんかなり変ですよ その2」(2019年2月16日)

A Feminist Perspective on Human Social Evolution
February 16, 2019 by Peter Turchin

人類が進化する過程で、不平等の水準は劇的に変化してきている:祖先である類人猿の社会階層から、狩猟採集民の平等主義の小規模社会に、そして権力・地位・富の分配で大きな格差がある大規模な階層的社会へと。枢軸時代(紀元前800~200年)は、不平等の進化において、別の注目に値すべき変容――より大きな平等主義への移行の始まりがもたらされており、現在まで続いている。結果、不平等の軌跡はZのように見えるため、私はZ曲線と呼ぶことを以前から提唱している。

最近、デヴィッド・グレーバーとデヴィッド・ウェングローは、この人類史の物語の重要な部分に意義を申し立てた。

何世紀にもわたって、私達は社会的不平等の起源について単純なお話を自身に言い聞かせてきました。人類史において、ほとんどの期間、人は狩猟採集民として小さな平等主義の部族で暮らしていました。その後、農業が始まり、それに伴い私有財産権がもたらされました。続いて、都市が出現し、これは文明の出現に他なりません。

この物語には根本的な問題があります。真実ではないのです。

グレーバー&ウェングロー(G&W)への全般的な批判については、前回の私のエントリ〔本サイトでの翻訳版はここ〕を参照して欲しい。私は、G&Wの言うこと全てに反対しているわけではない(例えば、農耕の採用と大規模で複雑な社会の台頭との関係は、通常描かれている以上に複雑である。)しかし、彼らのエッセイの中心的な考え、「狩猟採集による平等主義的な更新世から、不平等な初期国家への移行はなかった」は間違えている。 [Read more…]