経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ピーター・ターチン「2020年11月のアメリカ:アルファ・ケンタウリからの構造人口動態による観察」(2020年11月1日)

America in November 2020: a Structural-Demographic View from Alpha Centauri
November 01, 2020
by Peter Turchin

このブログの読者ならご存知のように、構造人口動態の理論家達は、革命や内戦の原因を2つに区分している。構造的な動向は、ゆっくりと形成され、かなり予測可能なものとなっている。そして、トリガーとなるイベントは、はるかに予測困難、あるいはほとんど予測不可能である。この見解に従えば、革命は地震や山火事のようなものだ。毛沢東がかつて書いている。
「1つの火花が大草原の火事を引き起こすことがある。火事に必要なのは燃料だ――つまりは枯れ草であり、枯れた植物が倒れて徐々に燃料として蓄積されていく」。
ただ、火事を起こすのに最初に必要なのは火花である――誰かが不注意に捨てるマッチや、空からの落雷などだ。

アメリカにおいて、社会のレジリエンス(回復力)を蝕む構造的な動向は、何十年にもかけて蓄積されてきている。これは10年前に明らかになっており(2010年の私の予測を参照)、ここ数年で誰の目にも明らかになっている。こういった構造的な力は、「大衆の窮乏化(収入の減少、平均寿命の低下、社会的悲観論と絶望の増大)」、「エリートの過剰生産と内輪での諍い」、「国家の破綻(国家債務の増大と国家機関への信頼の崩壊)」である。COVID-19のパンデミックは、このアメリカのシステムにさらなる大きな負荷を掛け、特に窮乏化を悪化させている。

〔トリガーとなるイベントは普通は予測できないのだが〕今回少し特異になっている。2020年にトリガーイベントが起こるのが、かなり予測可能となっているのだ。アメリカでは、4年ごとに大統領を選んでいる。「正常な」状況下においてさえ、支配者の交代は制度にストレスを与えるが、社会の脆弱性が高い状況下で支配者の交代が起こると、システムに致死的な打撃を与える可能性がある。前回、これが起こったのは1860年だ。結果、アメリカ南北戦争が起こり、多くの歴史家が「第二次アメリカ革命」と呼ぶイベントとなった。なぜ「革命」なのか? それは、古い社会秩序が転覆したからである。奴隷を所有していた南部の農園主が支配していた古い社会秩序は覆り、新たな支配階級は、北部の製造業・鉄鋼業・鉄道業・農業ビジネスに従事するエリートに取って代わることになった。当時、最大の断層は、奴隷を所有する南部と、自由労働の北部の間に線引かれていた。

今日だと、断層は、「赤のアメリカ」と「青のアメリカ」と呼ばれるものの間に引かれている。青いアメリカ人は、トランプとトランプが象徴するもの全てを憎み、恐れている。赤いアメリカ人は、バイデンが象徴するものを憎み、恐れている。どちらの側も、自分たちの側の候補を特に気に入っているわけではない、対立政党が自候補を嫌っていることを主たる理由に団結しているのである。この対立には地理的な要素(沿岸部と内陸部の対立)もあるが、1860年のように明確にはなっていない。また、2016年だと、オバマを支持した有権者の多くがトランプに転向しているが、今回だと共和党の政治家の多くがバイデンを支持しており、「赤」と「青」は、共和党と民主党に完全に一致していない。分裂は見解の相違に由来している。

念の為に言っておくが、このブログ(他の場所でも)での、私の分析はいついかなる時も、党派的なものではない。私はできる限り公平な立場に立つようにしている。なので、アルファ・ケンタウリからの観察者となって、「赤」と「青」、それぞれが、どのように感じているかまとめてみよう。 [Read more…]