経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「冷血なセントラルバンカーの恩恵 ~時間整合性と金融政策~」(2004年10月12日)

●Alex Tabarrok, “The virtues of a nasty central banker”(Marginal Revolution, October 12, 2004)


キッドランド&プレスコットが彫琢した「時間整合性」のアイデアの応用範囲は広いが、その中でも最も重要な応用例は金融政策に関するものだ(この方面の功績はバロー&ゴードンおよびケネス・ロゴフにも帰さねばならないことは言うまでもない)。中央銀行としてはインフレも失業も低く抑えたいと考えているとしよう。そこで中央銀行はその願いを果たすために次のように宣言(約束)したとしよう。「インフレを低い水準にとどめるためにマネーサプライの伸びを抑えるつもりだ」。そして国民もその宣言を信じ、(労働契約や融資契約といった)契約の交渉に臨む際には「この先インフレは低い水準にとどまるだろう」と予想した上で(賃金額なり融資条件(金利)なりといった)契約条件の詳細を詰めるものとしよう。そんなある時のことだ。思いも寄らないショックが起きて失業率が上昇して(失業が増えて)しまったのだ。そのような事態を目にした中央銀行はふと次のような誘惑に駆られることだろう。「インフレを高めに誘導して景気を刺激したいところだが、どうしたものだろうか」。国民は「この先インフレは低い水準にとどまるだろう」と信じ切って既にあれこれの契約を結んでしまっている。国民が予想しているよりも高めにインフレを誘導すれば(実質賃金なり実質金利なりが予想よりも低下することで)失業率の抑制(失業の減少)を後押しする強力な効果が期待できる。何とも甘い誘惑だ。

しかしながら、上で描いたような展開が「均衡」となることはあり得ない。中央銀行が「インフレを低い水準にとどめるつもりだ」と宣言(約束)したとしても国民はこう反論することだろう。「そんな約束は信用できない。約束を鵜呑みにしたらそれ幸いと後になって手のひらを返すにきまってる。インフレを高めに誘導して我々を騙そうとするに違いない」。そうなるとどうなるだろうか? 国民は「この先インフレは低い水準にとどまるだろう」とは予想せず、そのため(何らかのショックが起きて失業率が上昇した場合に)中央銀行が失業率を抑えたいと思ってもインフレを先ほどの場合(国民が中央銀行の宣言を鵜呑みにする場合)よりもずっと高めに誘導しなければならなくなるだろう。インフレが高止まりするだけで失業率が(国民が中央銀行の宣言を鵜呑みにする場合よりも平均して)低く抑えられるわけでもない。最終的にはそのようなゲームの「均衡」に落ち着くことになるのだ。

どうすれば事態をいい方向に向かわせることができるだろうか? 意外な手がある。冷血漢をセントラルバンカーの地位に据えるのだ。そうすれば誰もがよりよい境遇を手にできる可能性があるのだ。「冷血なセントラルバンカー」というのはインフレを低く抑えることだけで頭がいっぱいで失業を抑えることには一切関心が無いような人物のことだ(その具体的な人物像としては債券の利息収入で暮らしを立てている金満家の共和党員なんかを思い浮かべればいいだろう)。「冷血なセントラルバンカー」は失業を減らすために(インフレを高めに誘導して)景気を刺激しようなんて考えもしない。そのため、「冷血なセントラルバンカー」が語る「インフレを低い水準にとどめるつもりだ」との宣言(約束)は信憑性が高く、国民は「冷血なセントラルバンカー」の宣言(約束)を信用して「この先インフレは低い水準にとどまるだろう」と迷い無く予想することだろう。最終的に落ち着く「均衡」では、失業率は中央銀行の約束が一向に信用されない先の場合と(平均してみると)変わりがない一方で(どちらのケースでも国民が予想するよりも高めにインフレを誘導する(国民を驚かす)ことはそう何度も繰り返せないため)、インフレは(中央銀行の約束が一向に信用されない先の場合よりも)低く抑えられることになる。こうして国民の誰もがよりよい境遇を手にすることになるわけだ。

トーマス・シェリングなんかは次のような例を使って似たようなアイデアを先んじて論じていたものだ。あなたが誘拐犯の魔の手に落ちてしまったとしよう。あなたを救い出すために誰かに誘拐犯と交渉する窓口になってもらうとすれば一体誰にその役割を引き受けてもらうのがいいだろうか? あなたのことを深く愛している妻だろうか? それとも冷血な前妻(別れた元妻)だろうか? その答えは迷うまでもないだろう(そうでしょ?)1。それでは次のような場合はどうだろうか? あなたがまだ誘拐されていないうちから(もしも誘拐された場合に備えて)誘拐犯と交渉する役目を誰に引き受けてもらうかを決めておき、誘拐犯にも前もって(あなたの誘拐を企てるよりも前の段階で)そのこと(誰が交渉の窓口役を務めるか)がわかっているとしたらどうだろうか? あなたのことを深く愛している妻と冷血な前妻のどちらにその役目(交渉の窓口役)を引き受けてもらえばいいだろうか? 答えはおわかりだろうか?2 冷血漢も時にはいい仕事をやってのけることがあるのだ。

  1. 訳注;答えは「あなたのことを深く愛している妻」。誘拐犯が身代金を要求してきた場合に交渉の窓口役を務めるのが「あなたのことを深く愛している妻」であれば身代金がいくら高額であってもそれを支払ってあなたを救い出そうと尽力してくれる可能性が高いが、「冷血な前妻(別れた元妻)」が交渉の窓口役を務める場合には見捨てられてしまう(その結果として最悪の場合あなたは誘拐犯に殺されてしまう)可能性がある(「その人とはもう何の関係もないわ。好きなようにして頂戴」)。 []
  2. 訳注;答えは「冷血な前妻(別れた元妻)」。「冷血な前妻(別れた元妻)」が交渉の窓口役を務めるとわかっていたら誘拐犯もあなたをさらおうとはしない可能性が高い。あなたを誘拐しても身代金が手に入らない可能性が高いからだ。つまりは、「冷血な前妻(別れた元妻)」のおかげであなたは誘拐されずに済む、というわけだ。 []

タイラー・コーエン 「キッドランド&プレスコットの貢献 ~時間整合性問題の厳密な展開~」(2004年10月11日)

●Tyler Cowen, “Kydland and Prescott: New Nobel Laureates”(Marginal Revolution, October 11, 2004) 今年(2004年)のノーベル経済学賞はフィン・キッドランド(Finn Kydland)とエドワード・プレスコット(Edward … [Continue reading]

マーク・ソーマ 「『誘拐犯とは一切交渉しない!』 ~時間整合性問題入門~」(2010年12月8日)

●Mark Thoma, “"Barack Obama's Time Consistency Problem?"”(Economist's View, December 08, 2010) オバマ大統領は将来的に政治の世界で「人質事件(誘拐事件)」が起きる可能性を高める結果を招いてしまったのだろうか? “Barack Obama's Time Consistency Problem?” by Twenty-Cent Paradigms: 大学の講義で「時間整合性」(time … [Continue reading]

マルティナ・ビョルクマン・ニクヴィスト, ルチア・コルノ, ダミエン・デ・ワルク, ヤコブ・スヴェンソン 『より安全な性行動へのインセンティブ: HIV予防おける籤引活用』 (2017年1月7日)

Martina Björkman Nyqvist, Lucia Corno, Damien de Walque, Jakob Svensson "Incentivising safer sexual behaviour: Using lotteries to prevent HIV ",  (VOX, 07 January … [Continue reading]

ピエール・カユック, オリヴィエ・シャルロ, フランク・マレルブ, エレーヌ・バンガルム, エムリーヌ・リモン 『臨時雇用への課税: 善き意図されど思わしからぬ結果』 (2017年1月5日)

Pierre Cahuc, Olivier Charlot, Franck Malherbet, Hélène Benghalem, Emeline Limon, "Taxation of temporary jobs Good intentions but bad outcomes", (VOX, 05 January … [Continue reading]

チャールズ・マンスキー 『ポスト-トゥルースワールドの政策分析』 (2016年12月24日)

Charles Manski,"Policy analysis in a post-truth world", (VOX, 24 December 2016)   政策アウトカムや経済情勢をズバリ予測・推定した値を目にせぬ日は無い; 他方、不確実性の表明は稀である。合衆国における新たな政権の幕開けが間近に迫る現在、これまでの政府政策分析における信用ならぬ確定性 [certitude] もあれよあれよという間に小さな問題に思えてくるだろう - … [Continue reading]

アレックス・タバロック「チャック・ノリス vs. 共産主義」

lonewolfmcquade_quad

[Alex Tabarrok, "Chuck Norris Versus Communism," Marginal Revolution, January 5, 2017] 『チャック・ノリス vs. … [Continue reading]

スコット・サムナー「2パーセント目標の超過より3パーセント目標未達の方がのぞましい」

[Scott Sumner, "Better to undershoot a 3% target than overshoot a 2% target," TheMoneyIllusion, January 1, … [Continue reading]

スコット・サムナー「弱者に同情しすぎる保守派」

[Scott Sumner, "Bleeding heart conservatives," TheMoneyIllusion, December 30, … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「『もしもし。大統領のバラク・オバマという者なんですが・・・』 ~電話で花を注文する大統領が本人であることを証明するにはどうすればいい?~」(2010年11月15日)

●Tyler Cowen, "How does the President order flowers?”(Marginal Revolution, November 15, … [Continue reading]