経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ラルス・クリステンセン 「ユーロ圏の救世主としてのFed」(2011年11月15日)

●Lars Christensen, “The Fed can save the euro”(The Market Monetarist, November 15, 2011)


デビッド・ベックワースがこちらの大変優れたエントリー〔拙訳はこちら〕で米国の名目GDPとユーロ圏の名目GDPとの間に見られる相関(つながり)を詳らかにしている。

ベックワースによると、ユーロ圏の名目GDP成長率は米国の名目GDP成長率の後追いをしているようだとのこと。そのことが一体何を意味しているかというと、仮にFedが米国の名目GDPを危機以前のトレンドに引き戻すべく重い腰を上げたとしたら、それに伴ってユーロ圏の名目GDPも同じく勢いづく可能性があるということになるのだ。

つまりはこういうことだ。「世界経済を牛耳るマネタリー・スーパーパワー」(pdf)たるFedが名目GDP水準目標(NGDPLT)の採用に踏み切ったとしたら、ECB(欧州中央銀行)もFedの真似をせざるを得なくなるということだ。ここで興味深い問題が持ち上がることになる。ECBが(Fedの後を追うようにして)名目GDP水準目標の採用に踏み切り、その結果として名目GDPが危機以前のトレンドに向けて回復を続けたとしたら、その過程で一時的にユーロ圏内のインフレ率が(ECBが目標として掲げている)2%を上回る可能性がある。そうなったらECBはどのような対応をとるだろうか? まずはじめにFedが、それからややあってECBがそれぞれ名目GDP水準目標の採用に踏み切ったとしたらはじめのうちはユーロ高ドル安が急激に進み、そのおかげでユーロ圏内のインフレ圧力もいくらか和らげられることになるではあろうが、それはそれとして探っておくべき問いはECBが名目GDPの回復が続いている最中に何らかの手を打つかどうかということだ。「我々が標的としているのは足許のインフレではなく将来のインフレ(今後のインフレの成り行き)だ」というのがECBの公式見解だが、そのことから何とも逆説的なシナリオが予想されることになる。ECBのお偉方の口から次のような言葉が吐かれる可能性があるのだ。「確かに足許(現状)のインフレ率は5%に達しています。しかしながら、現状のインフレ率にすぐさま影響を及ぼせるだけの力は我々にはありません。かといって、インフレ率は今後もこのまま高止まりしそうかというとそういうわけではなく、米国の名目GDPが危機以前のトレンドに肩を並べるまでに回復を遂げてそこで落ち着けば(そしてユーロ圏の名目GDPも危機以前のトレンドに肩を並べる水準で落ち着けば)それに伴ってユーロ圏内のインフレ率も2%に向けて徐々に沈静化するものと思われます。そういうわけですので今のところは金融政策を引き締める必要はないと判断されます」。

ECBは今のところ(2011年11月時点においては)新たな金融緩和策に踏み切ることに難色を示している。しかしながら、Fedが積極果敢な金融緩和策に打って出たとしたら、ECBもその後を追って金融緩和策の「輸入」に乗り出すことだろう。そうなればおそらくユーロ圏も救われることだろう。というわけで、Fedの議長さんにお願いするとしよう。欧州の民に救いの手を差し伸べてくれませんかのう?

デビッド・ベックワース 「ECBの代役としてのFed」(2011年11月14日)

●David Beckworth, “The ECB Needs the Fed Now More Than Ever”(Macro Musings Blog, November 14, … [Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「NAIRU バッシング」

[Simon Wren-Lewis,  “NAIRU bashing,“ Mainly Macro, February 17, … [Continue reading]

スコット・サムナー「日本は細部にあり」

[Scott Sumner, “Japan is in the details,” The Money Illusion, April 17, 2018] ずっと前から日本にきてる人たちは、このポストは無視してほかのもっとためになるものを読んでもらった方がよさそうだ――たとえば、ノア・スミスの文章なんかがいいだろう。ともあれ、はじめての日本旅行についてちょっとばかりコメントを書こうと思う。現時点で、日程の6割を消化しているところだ。権威もないただの印象を書き綴った文章だと思ってほしい。 … [Continue reading]

ラミーロ・ガルベス, バレリア・ティフェンベルク, エドガル・アルティーラ「映画に見られるジェンダーと知的能力のステレオタイプ的連想関係を定量化する」(2018年4月1日)

Ramiro Gálvez, Valeria Tiffenberg, Edgar Altszyler "Quantifying stereotyping associations between gender and intellectual ability in films", (VOX, 01 April 2018) 男性は女性より優れた認知能力を保持するとの信念は、根強くかつよく実証されたステレオタイプである。6歳という幼さの男児・女児までもが、ともに 「利発さ … [Continue reading]

デビッド・ベックワース 「大将の後を追え ~マネタリー・スーパーパワーとしてのFed~」(2009年9月9日)

●David Beckworth, “Follow the Leader”(Macro Musings Blog, September 9, 2009) 以下の図をご覧いただきたい。この図はOECD(経済協力開発機構)が公表した最新(2009年9月版)の経済見通し(Economic … [Continue reading]

デビッド・ベックワース 「マネタリー・スーパーパワーとしてのFed」(2012年8月23日)

●David Beckworth, “Further Evidence on the Fed's Superpower Status”(Macro Musings Blog, August 23, 2012) これまで私は幾度にもわたって「Fedはマネタリー・スーパーパワー(monetary … [Continue reading]

デビッド・ベックワース 「名目支出の動きから世界経済の歴史を捉え直す」(2009年11月3日)

●David Beckworth, “Global Nominal Spending History”(Macro Musings Blog, November 3, … [Continue reading]

デイヴィッド・ベックワース「FOMC はインフレ目標をいくらか超過させてもいいと見てる」

[David Beckworth, "Why Yes, the FOMC Would Like Some Inflation Overshoot Now," Macro Musings Blog, April 12, 2018] 連銀は,対称的な2パーセントインフレ目標をもっている.2017年と2018年の「長期目標と金融政策についての声明」で,FOMC … [Continue reading]

フランシス・ウーリー「初級経済学の試験に挑戦,ただし60年前の」

Frances Woolley "Could you pass a 1950s Econ 1000 exam?" Worthwhile Canadian Initiative, March 29, 2018 経済原則の期末試験は,知らず知らずのうちに経済学という学問の核となる部分の一覧となっている。こうした試験問題は,経済学の基盤となる概念を問うように作られており,そうした概念は経済分析の基本となるアイデアだ。 というわけで,期末試験問題集と解答付のクリフォード・L・ジェームズ … [Continue reading]