経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

サイモン・レン=ルイス「医者としての経済学者」(2017年4月6日)

Simon Wren-Lewis, “Economists as Medics” (Mainly Macro, 6 April 2017)

先日、経済学はいろんな点で医学に似ているという私の長年の見解についてツイッターで絡まれた。もちろん経済学は正確には医学のようではない。ダニエル・ハウスマン曰く、経済学は不正確な遊離科学だ。しかしほとんどの医者が何に時間を費やしているか考えてみてほしい。彼らは高度に不確かな環境で問題解決の仕事をしていて、限られたヒントみで先に進まなくてはならない。彼らは一部の問題に対する解決策を持っているが、そうした解決策が信頼できる度合いはさまざまである。 [Continue reading]

消えた成長の謎:あるいは如何に帰属と創造的破壊がTFPに影響するか

訳者: 帰属計算というと、普通はGDPの計算で市場取引されていない財・サービスの価値の計算方法のことかと思いますが(よく例として出されるのが、持ち家の住居サービスの価値の計算)、このコラムでは名目値を実質値とインフレ率に変換する際の、新製品の影響の計算方法の事を指しています。   消えた成長:帰属と創造的破壊がいかにTFPの計測に影響を与えるか From VoxEU 2017年8月16日 Philippe … [Continue reading]

マーク・ソーマ 「キューバ危機と『寛大なしっぺ返し戦略』」(2007年2月13日)

●Mark Thoma, “Generous Tit-for-Tat”(Economist's View, February 13, 2007) 「寛大なしっぺ返し」戦略は壊滅的な軍事衝突を避ける上でキーとなる役割を果たす。ジェフリー・サックス(Jeffrey Sachs)がそう語っている (( 訳注;サックスはこのテーマ(キューバ危機への対応を含めたケネディ大統領の世界平和の実現に向けた奮闘)で一冊物している。次の本がそれである。 ●Jeffrey D. Sachs(著)『To … [Continue reading]

ラジブ・カーン「ピーター・ターチンへの10の質問:『歴史の方程式』は存在するか?」(2010年2月10日)

10 questions for Peter Turchin POSTED ON FEBRUARY 10 2010 BY RAZIB KHAN ピーター・ターチンは、生態学、進化生物学、ならびに数学を修め、コネチカット大学で教鞭を取っています。彼は5冊の本の著者です。その内の3冊『国家興亡の方程式』、"Secular Cycles"(『長期の世代循環』) 、"War and Peace and … [Continue reading]

サイモン・レン-ルイス 日本とその公的債務負担 (2017年8月18日)

Japan and the burden of government debt  (Mainly Macro, Friday, 18 August 2017) Posted by Simon Wren-Lewis 日本について十分書いているとは言えない.今となっては,私の投稿の一部がありがたいことに日本語に翻訳されている ((訳注: … [Continue reading]

経済学は何を研究しているのか?

経済学者は何を研究しているのか? From VoxEU Christopher Snyder,  ダートマス大学経済学部教授 2017年8月12日   概要: メディアが経済学にネガティブな光を当て続けているなか、我々の分野が一般層にどのように語られているのかについて再考する価値はあるでしょう。このコラムは、経済学の基本的な原理ですら多くの人々が可能だと考えているよりも広い範囲の問題を説明する力があって非経済学者を驚かせることができることを説明します。 … [Continue reading]

サイモン・レン-ルイス ネオリベラリズムと緊縮 (2016年10月21日)

Neoliberalism and austerity, (Mainly Macro, Friday, 21 October 2016) Posted by Simon … [Continue reading]

グローバライゼーションと合衆国の労働市場

グローバライゼーションと合衆国の労働市場 From VoxEU Mine Senses、ジョンズ・ホプキンズ大学国際経済学准教授 2017年8月6日   概要: グローバライゼーションによってもっとも被害を被ったコミュニティは近年の合衆国の選挙において中道の候補からよりイデオロギー的に過激な候補へと支持をシフトさせたという証拠などが出てきている。Vox … [Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「ウソつき政治」

[Simon Wren-Lewis, "The politics of lying ," Mainly Macro, August 11, 2017] 世間では「政治家はみんな嘘つきだ」と言うけれど,政治家がみんなドナルド・トランプと同レベルの不誠実ぶりだという意味ではとてもじゃないけれど言えない.とはいえ,政界での嘘つき具合を計るにはどんな方法があるだろう? … [Continue reading]

アレックス・タバロック 「最終戦争の到来を見越して株を売るのは得策か?」(2017年8月12日)

●Alex Tabarrok, “Can You Short the Apocalypse?”(Marginal Revolution, August 12, 2017) (北朝鮮による核開発の進捗に伴って)核戦争が起こる可能性が仮に高まりつつあるのだとしたらその影響で株価が下落してもよさそうなものだが今のところはそうなっていない。どうしてだろうか? ラルス・クリステンセンも指摘している (( … [Continue reading]