経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ラルス・クリステンセン 「ハイエク、ピノチェト、シシ将軍」(2013年7月12日)

●Lars Christensen, “A Hayekian coup in Egypt?”(The Market Monetarist, July 12, 2013)


(おことわり:今回のエントリーは金融政策とは一切無関係のネタを扱っている。その点ご注意いただきたい)

チリの独裁者であるアウグスト・ピノチェト(Augosto Pinicohet)に関するハイエクの見解をめぐってブログ界で非常に興味深い――ハイエクのファンにとっては不愉快なところのある――論争がしばらく前から継続中だ。事の始まりはおよそ1年前(2012年の7月)に書かれたコリィ・ロビン(Corey Robin)――保守派やリバタリアン陣営の思想家に対してかねてより左派寄りの観点から批判を加えている論者――によるこちらのブログエントリー。「フリードリヒ・ハイエクはアウグスト・ピノチェト率いる血なまぐさい体制の熱烈な支持者だった」。コリィはそう述べている。

白状しなければならないが、コリィのエントリーを(1年前に)はじめて読んだ時はきちんとした証拠に裏付けられた説得力のある主張だと感じたものだ。ハイエクの長年のファンを自認している身としては愉快とは言えないものの確かにそう思わされたのだ。その後、かれこれ1年間にわたりコリィの主張をめぐってブログ界で断続的に論争が繰り広げられ、私もその論争を追ってはいた。とは言え、じっくりと腰を据えて論争の様子を眺めていたわけでもなければ、論争の過程で持ち上がってきた個々の争点のすべてに対して自分なりの意見を固める努力をしてきたわけでもない。

コリィに対してはリバタリアンの面々から数多くの批判が寄せられている。そのうちの一人がケビン・ヴァリエ(Kevin Vallier)であり、彼による最新の(コリィに対する)反論(“Hayek and Pinochet, A Discussion Deferred For Now”)がBleeding Heart Libertariansブログに投稿されたばかりだ。ピーター・ベッキー(Pete Boettke)もこちらの大変優れたエントリーで関連する話題を取り上げている。

この論争には数多くの学者が参戦しているが、残念なことにこれまでのところは誰も論争のまとめ役を買って出てはくれていないようだ。いや、私がその役目を引き受けようというのではない。正直なところ、誰が正しくて誰が間違っているのかと問われても私は何の意見も持ち合わせていないのだ。それならなぜわざわざこの論争を取り上げたのかという話になるが、ハイエクとピノチェトの関係にまつわる論争はエジプトで現在進行中の出来事(シシ将軍率いる軍事クーデター)と密接な関わりがあるように感じられ、そのことについて少々触れておきたいと思ったのだ。 [Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「経済学者:イデオロギー過剰,経験則過少」

[Simon Wren-Lewis, "Economists: too much ideology, too little craft," Mainly Macro, October 9, … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「ハイエクとピノチェト」(2013年6月26日)

●Tyler Cowen, “On the Hayek-Pinochet connection”(Marginal Revolution, June 26, 2013) コリィ・ロビン(Corey Robin)が「ハイエクとピノチェトの交わり」をテーマに長文のブログエントリーを物している。その一部を引用しておこう。 ハイエクはチリの独裁者(ピノチェト)の求めに応じた。自分の秘書に頼んで執筆中の本の草稿の一部をピノチェトのもとに届けさせたのである。ピノチェトの手に渡ったのは後に『Law, … [Continue reading]

ブライアン・カプラン 「針の穴にラクダを通して進ぜよう ~『高邁な意図』に魅せられた知識人たち?~」(2004年7月28日)

●Bryan Caplan, “The Eye of the Needle”(Marginal Revolution, July 28, … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「20世紀最高の詩人と言えば誰?」(2004年7月12日)/「全体主義体制の興味深き『協力者』と言えば誰?」(2010年8月19日)

●Tyler Cowen, “The greatest poet of the twentieth century?”(Marginal Revolution, July 12, 2004) 今は亡きパブロ・ネルーダ(Pablo … [Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「金融政策が学ぶべき教訓」

[Simon Wren-Lewis, "The lesson monetary policy needs to learn," Mainly Macro, October 17, 2017] 先日,ピーターソン研究所で開かれたカンファレンス「マクロ経済政策再考」について,当然ポストを書かなくてはと思っていたけれど,最近になって,その仕事は Martin Sandbu にまかせる方が効率がいいのに気づいた.たいていの場合には意見が一致しているし,私より Sandbu … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「スターリン、シェイクスピア、ターザン」(2003年9月20日)/「トランプ時代におけるシェイクスピア」(2017年6月21日)

●Tyler Cowen, “Stalin, Shakespeare, and Tarzan” (Marginal Revolution, September 20, 2003) ドミートリイ・ショスタコーヴィチ(Dmitri … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「シェイクスピアの『狡猾な穀物商人』としての一面」(2013年4月2日)

●Tyler Cowen, “William Shakespeare, grain hoarder”(Marginal Revolution, April 2, … [Continue reading]

リヴァイ・ボクセル 「インターネット・ソーシャルメディア・政治分極化」 (2017年10月1日)

Levi Boxell, "The internet, social media, and political polarisation" (VOX, 01 October … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「シェイクスピアのお値段の変遷」(2005年9月17日)/ アレックス・タバロック 「セックスと暴力」(2004年7月12日)

●Tyler Cowen, “The changing value of Shakespeare”(Marginal Revolution, September 17, … [Continue reading]