経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「経済学者の間で脈々と受け継がれる『既成道徳の転倒』という伝統芸」(2014年6月12日)

●Alex Tabarrok, “The Moral Inversion of Economic Thinking”(Marginal Revolution, June 12, 2014)


「経済学は人を堕落させる学問だ」との悪評をよく耳にするがそれはなぜなのだろうか? ティモシー・テイラー(Timothy Taylor)が「経済学とモラル」と題された小気味よい小論(pdf)の中でそう問いかけている。

敵意や執着、利己心(わがまま、自分勝手)、残虐性といった問題を取り扱う学問は数多い。例えば、政治学や歴史学、心理学、社会学、文学などがそうだ。こういう学問では肉欲や怠惰、貪欲、妬み、うぬぼれ、憤り、暴食(放蕩)といったことも問題にされる。しかしながら、今しがた列挙した学問を学ぶ学生はソシオパス(反社会的な性向の人間)になる訓練を受けているようなものだと危ぶむ声があるようには思えない。どうして経済学だけが「人を堕落させる(ダメにする)学問」だと思われているのだろうか?

この問いかけに対してアーノルド・クリング(Arnold Kling)は次のように答えている

どうして経済学だけが「人を堕落させる学問」という汚名を着せられているのだろうか? その理由は経済学が「意図ヒューリスティック」とでも呼べるものに真っ向から挑みかかるからではないかというのが私の考えだ。行為の「意図」が私心のないもので善意に満ちたものであれば(その行為が自らの利益のためではなく他者(ないしは社会全体)の利益の促進を「意図」したものであれば)、その行為は立派。行為の「意図」が自らの利益を追求することにあれば、その行為は立派とは言えない。そう考えるのが「意図ヒューリスティック」だ。

もっと直截な表現で言い換えるとこうなるだろう。経済学の評判が悪いのは悪徳を研究対象に取り上げているためだけではない。悪徳が時として好ましい結果をもたらす可能性があることを暴露しているためでもあるのだ、と。経済学が「既成道徳の転倒」という役目を引き受けるようになったそもそものはじまりはマンデヴィルの『The Fable of the Bees』(『蜂の寓話』)にまで遡る。私的な悪徳が社会全体に恩恵(公共善)をもたらす可能性を描き出しているスキャンダラスで不道徳極まりないこの一冊(pdf)がはじまりだ。それに続くのが・・・、そう、アダム・スミスだ。『国富論』の中に出てくる「見えざる手」の比喩やかの有名な一節――「われわれが食事にありつけるのは肉屋や酒屋やパン屋が博愛心を発揮するからではない。彼らが自分自身の利益を追求するからだ」――も「私悪すなわち公共善」というマンデヴィル由来のテーマを繰り返したものなのだ。 [Continue reading]

タイラー・コーエン 「経済学のポピュラー書の背後に潜む神学的な立場」(2008年2月19日)

●Tyler Cowen, “What I really think of the new popular economics books”(Marginal Revolution, February 19, … [Continue reading]

ティモ・ボーパート, ペア・クルーセル 『人はどれくらい働いているのか: 過去・現在・未来』 (2016年5月21日)

Timo Boppart, Per Krusell, "How much we work: The past, the present, and the future" (VOX, 21 May 2016) オートメイションの隆盛、そしてこちらはより一般的になるが、IT技術が主導する労働市場の構造変化。政策画定者や研究者が 『消えゆく職』 … [Continue reading]

ヴォルフガング・ケラー, ハーレー・ユーター 『Brexit以後のグローバル化と二極化』 (2016年7月5日)

Wolfgang Keller, Hâle Utar, "Globalisation and polarisation in the wake of Brexit" (VOX, 05 July … [Continue reading]

ラルス・クリステンセン 「相撲の力士や海賊をテーマにした経済学の本が世間から人気を集めた理由」(2012年7月30日)

●Lars Christensen, “Remember when economists were writing books about sumo wrestlers and pirates?”(The Market Monetarist, July 30, 2012) 以下に列挙する本は私の家にある本棚から適当にピックアップしたものだが、それぞれの作品のタイトルを眺めてみてどういう感想を持たれるだろうか? Freakonomics – A Rogue Economist … [Continue reading]

マーク・ソーマ 「経済学界隈の推薦図書(変わり種多め)」(2005年3月30日)

●Mark Thoma, “Interesting Books on Economics”(Economist's View, March 30, 2005) つい昨日のエントリーで大学の同僚であるビル・ハーバウ(Bill Harbaugh)の研究成果を紹介したばかりだが、そのついでに彼が自分のホームページで(経済学部の学部生に向けて)お薦めしている経済学関係の「面白い本」のリスト (( … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「暇な時間に経済学を学びたい。そんなあなたへのお薦め」(2007年6月12日)

●Tyler Cowen, “How to study economics in your spare time”(Marginal Revolution, June 12, … [Continue reading]

タイラー・コーエン「日本の人口減少」

[Tyler Cowen, "The depopulation of Japan," Marginal Revolution, July 11, … [Continue reading]

タイラー・コーエン「自動運転車の挙動の理由は理解できる?」

[Tyler Cowen, "Will we understand why driverless cars do what they do?" Marginal Revolution, July 9, … [Continue reading]

マーク・ソーマ 「『インターネットと生産性スランプ』」 (2016年4月3日)

Mark Thoma, "'The Internet and the Productivity Slump'" (Economist's View, Sunday, April 03, 2016) Gavyn Daviesの記事から: インターネットと生産性スランプ: 平均的アメリカ人の年間可処分所得は42,300ドルとなっているが、彼らにまる1年のあいだ携帯電話とインターネットへのアクセスを諦めてもらうとしたら一体幾ら必要になってくるだろうか? … [Continue reading]