経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「チャールズ・ストロス ~ハードSSF(ハード・ソーシャル・サイエンス・フィクション)の体現者~」

●Alex Tabarrok, “Hard Social Science Fiction: Neptune’s Brood”(Marginal Revolution, October 21, 2013)


現代科学の知見(発見や制約)に留意した上で創作されたサイエンス・フィクションはハードSF(ハード・サイエンス・フィクション)と呼ばれているが、その類推で現代の社会科学-特に、経済学や政治学、社会学といった分野-の知見(発見や制約)に留意した上で創作されたサイエンス・フィクションを指してハードSSF(ハード・ソーシャル・サイエンス・フィクション)1 と呼ぶことができるだろう。ハードSFの基準からすると、ワームホールのような特定の仕掛けがないにもかかわらず、光よりも速い速度での移動を想定することはファンタジー(空想)以外の何物でもないと判断されることだろう。それと同様に、ハードSSFの基準からすると、エデンの園のような未来の共産社会を描くことはファンタジーと見なされることだろう。とは言っても、エンターテイメントとしてのファンタジーには何の問題もないことはここで付け加えておこう―ただし、現実の世界で実際に試されない限りという条件はつくが―。

チャールズ・ストロス(Charles Stross)はハードSSF作家の中でも私がお気に入りの一人である。ストロスはハードSFもハードSSFもどちらも手掛けている―時には同じ作品の中で両者の要素がともに表れることもある―。例えば、彼のThe Merchant Princeシリーズはファンタスティックな異世界旅行のストーリー仕立てであると同時に開発経済学の知見に依拠したハードSSF作品であり、『Halting State』は近未来を舞台としたハードSSF作品であると言える(『Halting State』が「ハイエク」・アソシエイトという名の会社の銀行口座が狙われる印象的な話からはじまる点には注意)。

そんなストロスの最新作である『Neptune’s Brood』は遠未来を舞台としたハードSSF作品だが、そのことは本書の中の次の印象的な文章から最もよく感じ取れることだろう。

繁栄を追い求める恒星間のコロニーは例外なくバンカー(銀行家)を必要とせざるを得ない、ということは広く認められた真実である。

『Neptune’s Brood』の舞台は遠未来となってはいるものの、あちこちに散りばめられた隠された意味を慎重に読み取ると―言い換えれば、ストロシアン・リーディング(Strossian reading)2 を試みると―最近起こった現実の出来事に対する言及で溢れていることがわかる。例えば、本書がデヴィッド・グレーバー(David Graeber)の『Debt』からの引用で幕を開け、利他的なイカとともに終わりを迎えるのは偶然ではない。

また、本書では、恒星間航行が可能となっている世界で貨幣や銀行業がどのような形態をとるかを考えることで貨幣についての理解を深めようと試みられている。そうする中でストロスがポール・クルーグマン(Paul Krugman)の「恒星間貿易の理論」(pdf)3 や(クルーグマンの恒星間貿易の理論ほど明示的ではないものの)ファーマ(Eugene Fama)/ブラック(Fischer Black)/ホール(Robert Hall)/コーエン=クロズナー(Tyler Cowen and Randall Kroszner)らがその発展に尽力したニュー・マネタリー・エコノミクスの知見に依拠していることは驚くに当たらない。貨幣の流通速度が劇的に上昇した場合にどのような事態が招かれるかということがプロットポイント(ストーリーの転換点)の一つとなってもいるのである。また、話の中で私掠船が登場するのも個人的には嬉しいところ(pdf)だ。

ハードSSFは単に経済学の知見にだけ依拠しているわけではない。実際、『Neptune’s Brood』ではテクノロジーや宗教、社会組織、生殖といった話題(そしてその相互の影響関係)についても興味深い言及がなされている。個人的には『Neptune’s Brood』をストロスの作品の中でも一番のお気に入りとまでは評価していないが、楽しみながら読んだことは確かである。愉快なアクションとミステリーの数々を伴いながら目まぐるしい勢いで進行するストロス特有のストーリー展開に横から誰か他人の口をはさませておく必要などそもそもないのだ4 。本書はお勧めの一冊である。

  1. 原注;正確にはハード・ソーシャル・サイエンス・サイエンス・フィクション(hard social-science science-fiction)と呼ぶべきだろうが、それだと長ったらしいのでここではハード・ソーシャル・サイエンス・フィクションと呼ぶことにする。  []
  2. 訳注;おそらくはStraussian Readingを もじったものと思われる。Straussian Reading=レオ・シュトラウス(Leo Strauss)流にテキストの「行間を読む」こと。 []
  3. 訳注;okemosさんによる翻訳はこちら。ちなみに、クルーグマンも自らのブログで本書のことを取り上げており、「ストロスのこの本は恒星間ファイナンスの理論を扱ったものだ」と語っている。あわせてこちらの書評(Liz Bourke, “A review of Charles Stross’ Neptune’s Brood“)も参照のこと。 []
  4. 訳注;私(タバロック)の評価なんて気にしないで自ら手にとって読むことをお勧めする、という意味。 []

コメントを残す