経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『みんな』の力を借りて旅にかかる交通費を浮かそう」(2012年10月1日)

●Tyler Cowen, “Crowdsourcing the lowest fare”(Marginal Revolution, October 1, 2012)


しかしながら、ややこしい旅行プラン1を立てている人にとっては格安航空券の発見を手助けしてくれる検索サイトも必ずしも満足のいく答えを返してはくれない。ここにビジネスチャンスを見出したのがFlightfox社。カリフォルニア州マウンテンヴューを本拠とする新興企業だ。旅の全行程でかかる交通費を可能な限り抑えるために「みんな」――Flightfox社が承認を与えた面々――で互いに競い合って最安値の乗り換え方法を見つけ出そうというのがFlightfox社の発想だ。

まず顧客(ややこしい旅行プランの持ち主)はFlightfox社のウェブサイト(Flightfox.com)を訪れて旅の行程についての情報といくつかの要望――「飛行機代を浮かすことができるならどの航空会社でも構いません」とか「交通費を浮かすことができるなら乗り継ぎの時間がどれだけ長くても構いません」などなど――を申し出た上でコンペの開催を願い出る。その願い出が受け入れられると「みんな」の出番だ。一斉に調査に乗り出してもらって「私が見つけた一番安い乗り換え方法」をそれぞれ報告してもらうのだ。

コンペの開催期間は3日間。勝者――最安値の乗り換え方法を見つけ出した人物――は「賞金」の75%を受け取る。「賞金」はコンペの開催を願い出た顧客(ややこしい旅行プランの持ち主)が支払う。「賞金」の額は旅の行程の「ややこしさ」の程度によって違ってくるとのことだが、最近のコンペでは(賞金の額は)34ドル~59ドルの範囲に収まるケースが多いようだ。

全文はこちら。情報を寄せてくれた@ArikSharonに感謝。

  1. 訳注;例えば、シドニーを出発して(スペインの)バルセロナに飛び、その後は南アメリカの国々を見て回って最終的にシドニーに戻る、といったように国境を越えて各地を転々とする旅のプラン。 []

コメントを残す