経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「一万年後の未来でも有名なままなのは誰だろうか?」

●Tyler Cowen, “Who will still be famous in 10,000 years?”(Marginal Revolution, February 28, 2011)


このブログの熱心な読者であるサム・ハモンド(Sam Hammond)から次のような質問を受けた。

一万年後の未来でも有名なままなのは誰だと思いますか? 現存する人物でも歴史上の人物でも構いません。シェイクスピアでしょうか? ソクラテスでしょうか? それともホーキング(Stephen Hawking)でしょうか?

この質問に答えるにはこれから一万年後の未来がどうなっているかに関する理論が必要となるだろう。一応ここでは次のように仮定しておこう。一万年後の未来では我々は今よりもずっと豊かになっており、人間の脳の情報がコンピューター上にアップロードされるなんてことにはなってはおらず(もしそうなっていたとしたらこの質問への答えは明らかだ1 )、朽ち果てたディストピアのような状況が到来してはいないと仮定しよう。さらには、人間の見た目も今と同じままであり、人類は現在と同様に物理的な空間で生活を続けているとしよう。お望みならば、この先一万年間を通じて毎年経済成長が続くわけではない(時にマイナス成長に陥ることがある)と想定してもいいだろう。

このような仮定の上で私が思う「一万年後の未来でも有名な人物」を列挙してみよう。まずは主要な宗教指導者(イエス・キリスト、仏陀などなど)が挙げられるだろう。そして、アインシュタイン、チューリング、ワトソン(James Watson)とクリック(Francis Crick)、ヒトラー、クラシック音楽の代表的な作曲家、アダム・スミス、ニール・アームストロングといったところだろうか(追記;おっと。ダーウィンとユークリッドを忘れていた)。

次にその理由2 を解説することにしよう。主要な宗教はこれまで長きにわたって存続しており、歴史の上にその痕跡を深く残している。宗教という分野に関しては経路依存性(path dependence)が決定的に重要な意味合いを持っており、それゆえ(歴史の長い)主要な宗教の指導者は一万年後の未来でも有名であり続けることだろう。

宗教指導者以外の人物が有名であり続けるためにはその分野全体――それもその重要性や影響がなかなか衰えない分野――を象徴する存在となる必要があるだろう。相対性理論はこの先も妥当性を失うことはないだろうし、その重要性は今後さらに高まる可能性もある。コンピューターやDNAがこの先その重要性を失うなんてこともないだろう。ヒトラーは純粋悪(pure evil)の代名詞であり続けることだろう――仮に今後ヒトラーに代わって純粋悪を象徴するような人物が現れるようなことにでもなれば、我々に未来はないかもしれない――。ベートーベンやモーツァルトはその華麗さを失うことはないだろう。一方で、シェイクスピアをはじめとした偉大な作家は翻訳の必要3 があるため、それに伴って(翻訳の過程で)その輝きが幾分か失われてしまうことだろう。この先も人間の中から交換性向(The propensity to truck and barter)が失われることはなく、それゆえアダム・スミスは今後も経済学を象徴する地位に居座り続けることだろう。今後の展開次第ではケインズ経済学の妥当性は幾分か損なわれることになるかもしれない。というのも、将来的にバイオフィードバック療法の開発が進み、自己改善のためのサービスを提供する市場が発展することになれば、それに伴って賃金の伸縮性が増すことになるだろうし4、将来的にNGDP先物市場が導入されることになれば最早デフレスパイラルを恐れる必要はなくなるだろうからである。

上に列挙した人物の名声が今後も続くであろう別の理由としては、将来的に彼らのライバルとなり得るような人物(時代を超えてその名が語り継がれるような人物)が登場する可能性が小さい(あるいはそのような人物の数が少ないと予想される)ということもある。今後も様々な分野で成果が成し遂げられることだろうが、その成果も狭い領域においてのもので、個人によってではなくチームによって成し遂げられる可能性が高いだろう。エジソンやテスラ(Nikola Tesla)に並ぶほどの画期的な発見がこの先なされることはないだろうし、たとえ科学が急速に進歩を続けたとしても(あるいは続けた場合でさえも)今後80年の間にスーパーアインシュタインが登場し、それと引き換えに我々の記憶の中からアインシュタインの存在が忘れ去られるなんてことはおそらくないだろう。

  1. 訳注;脳の情報をコンピューター上にアップロードするというアイデアはコーエンの同僚でもあるロビン・ハンソン(Robin Hanson)によるもの。詳しくはこちら(英語)を参照。「この質問への答えは明らかだ」ということでコーエンが具体的に誰のことを思い描いているのかはよくわからないが、もしかしたら「(脳の情報がコンピューター上にアップロードされているような)一万年後の未来で有名な人物はハンソンだ」と言いたいのかもしれない。 []
  2. 訳注;なぜ上に列挙した人物が一万年後の未来でも有名であると考えるのか []
  3. 訳注;「翻訳」といっても違う言語に翻訳するという意味だけではなく、時代状況に合わせた読み替えといった意味も含まれているものと思われる。 []
  4. 訳注;おそらくはバイオフィードバック療法や自己改善のためのサービスのおかげで感情のコントロールがこれまでよりも容易になり、その結果賃金の硬直性(特に下方硬直性)の原因の一つとなっている心理的な要因(賃金のカットを不公正な扱いと見なして、それに怒りを覚えるなど)の影響が弱まることになる(その結果として賃金の伸縮性が増す)といったことを意味しているものと思われる。 []

コメントを残す