経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

クルーグマン アンチ・ソーシャル・ネットワーク

Paul Krugman, “The Antisocial Network“, The New York Times Op-ed, April 13, 2013

ビットコインの荒馬を乗りこなすのは、ここ数週間の経済界最大の話題だったけど、確かに面白かったね。二週間足らずの間に、この「デジタル通貨」の価格は3倍以上になった。かと思えば、数時間で50%以上も下がった。まるで突然ドットコム・ブームの時代に戻ったみたいな感じ。

このジェットコースターの経済的な意義は、基本的に皆無だった。でもビットコイン騒動は、人々がいかにお金を誤解しているか、特に、お金を社会から切り離したいという欲望にいかに惑わされるか、についての有益な教訓になった。

ビットコインって何だろう?オンライン取引の方法として説明されることもあるが、それ自体は、オンラインのクレジットカードやPayPal取引の時代には、なんら新しいものではない。実際、2010年にはアメリカの総売上の16パーセントは、すでに電子商取引の形で行われていた、と商務省は推計している。

じゃあ、ビットコインの何が違うんだろう。デジタル・トレールを残すクレジット・カード取引と違い、ビットコイン取引は匿名かつ追跡不可能に設計されている。ビットコインを誰かに振り込むと、路地の暗がりで100ドル札で一杯になった紙袋を渡したのと同じことになるんだ。で案の定、知られている限り、ビットコインの投機以外の主な利用法は、このような路地の暗がりの取引のオンライン・バージョンで、ビットコインは麻薬その他の違法なブツと取引されてる。

だけどエヴァンジェリストたちは、ビットコインにはこのような違法取引をスムーズにする以上のものがあると言い張ってる。ビットコインへの投資を公言している最大の投資家は、ウィンクルボス兄弟。フェイスブック株の裁判で成功し、映画「ソーシャル・ネットワーク」で有名になった富豪兄弟だ。彼らはこのデジタル製品に関して、金本位制論者が彼らお気に入りの金属にしているのと同じような主張をしている。「私たちは選ばれたのです。」とタイラー・ウィンクルボスは先日断言した。「この政治やヒューマン・エラーに縁のない数学的フレームワークへの信仰に投資する者として。」

金本位制論者とのレトリックの類似は偶然じゃない。なぜなら、金本位制論者と、「ビット本位制論者」とでも呼ぶべきビットコインの熱狂者は、リバタリアン的な政治思想と、政府はお金を刷る能力をひどく濫用しているという信仰との、両方を共有する傾向があるからだ。同時に、これは非常に奇妙なことでもある。なぜなら、ビットコインはある意味、究極の不換紙幣であって、その価値は無からひねり出されるからだ。金の価値の一部は、歯に詰めるとか宝石を作るといった、貨幣的以外の価値から来る。紙幣に価値があるのは、国家権力がバックにあって、法定貨幣として指定したり、税金の支払として受け取ったりするからだ。でもビットコインは、仮に価値があるとしても、その価値は、他の人も支払いとして受け取ってくれるという信仰、つまり純粋に自己成就的な予言から来る。

でも、こういうおかしさや、ビットコインのストックを増やすために使われる複雑な計算処理である、奇妙な「採掘」処理については脇に置いておこう。代わりに、金本位制論とビット本位制論の根底にある、二つの大きな勘違いに注目しよう。一つは実際的な勘違い、一つは哲学的な勘違いだ。

ここにある実際的な、そして大きな勘違いは、私たちが生きている時代が、今にも制御不能なインフレが来るような極めて無責任な貨幣印刷の時代である、という認識だ。確かにFRBその他の中央銀行がバランスシートを大幅に拡大してきたのは事実だ。でもそれは明らかに、経済危機に対応する一時的な手段としてやっただけである。政府の官僚が信用できないとかなんとか、そういう話も知ってる。でも実際には、ベン・バーナンキの対応がインフレを引き起こさないという約束の正しさは、年々明らかになってきているし、金本位制論者の悲惨なインフレの警告はいまだに当たっていない。

でも、哲学的な勘違いの方が、もっと大きいように見える。金本位制論者とビット本位制論者はどちらも、人間的な弱さに汚されていない、純粋な貨幣本位制を熱望しているようだ。だが、それは不可能な夢だ。かつてポール・サミュエルソンが名言したように、お金は「社会的な仕掛け」であって、社会の外にあるものじゃない。金貨や銀貨に頼っていたときだって、そういう硬貨を役に立つものにしていたのは、その中に含まれる貴金属じゃなくて、他の人が支払いとして受け取ってくれるだろうという期待だった。

実際、あらゆる人間の中でもウィンクルボスこそが、これを理解しているはずなのだ。というのも、お金はある意味でソーシャル・ネットワークのようなもので、他の人が利用してくれる限りにおいて役立つものだからだ。でも、お金が人間的であることを許せない人がいて、「ソーシャル」な部分のない貨幣ネットワークの恩恵を受けたいと考えるのだろうね。悪いけど、そんなことありえないよ。

じゃあ、何か新しい形のお金が必要か?
私たちが実際使っているお金が、何か悪さをしてたならそうかもね。でも、そうじゃない。大きな経済問題はあるけど、緑の紙切れはそれなりにうまくやってる。だからそのままにしておこうよ。

クルーグマン 金のサイバー足枷

Paul Krugman, “Golden Cyberfetters“, The New York Times, September 7, 2011

Gavin Andresen, developer of Bitcoin

ここ数ヶ月、ビットコインというある種の私的なサイバー貨幣を創造する試みついて、たくさんの人が私に感想を求めてきた。そして今度は、ブルームバーグ・ニュースのアレクサンダー・コワルスキが、ジェームズ・スロウィッキーのビットコインに関する論文について知らせてくれた。非常に面白い論文だ。

ビットコインに対する私の最初の反応は、「それって何が新しいの?」って感じだった。電子的に支払を行う方法なんていくらでもあるし、実際、従来の貨幣制度のかなりの部分はすでに仮想化していて、ドル紙幣のような緑の紙切れじゃなくて、デジタルな会計処理に頼ってる。でも、違いがあることもわかった。ビットコインは、仮想通貨の価値を緑の紙切れとの換算で固定する代わりに、サイバー通貨の総量を一定にして、ドル換算の価値はフロート制にしてる。ビットコインは実質的に、独自の私的金本位制の世界を創り出していて、その中では、貨幣供給量が決まっていて印刷機で増やされることはない。

で、どうなったか。このサイバー通貨のドル価値は激しく変動したけど、総体的には上昇してきた。だからビットコインを買うことは、少なくとも今のところは、よい投資となっている。

でも、だからってこの実験が成功かと言ったら、違うだろうね。私たちが貨幣制度に求めるものは、お金をため込んでる人を金持ちにすることじゃない。取引を便利にして、経済全体を豊かにすることだ。これはビットコインで起きていることとはまるで違う。

ドルの価値は過去数年比較的安定していたことを思い出そう。確かに、2008~2009年にはややデフレだったし、その後商品価格が反発したときはややインフレだったが、全体的な消費者物価は3年前よりほんのちょっと高いだけだ。つまり、物価をビットコインに換算すれば、急落してることになる。ビットコイン経済では、実質的に途方もないデフレが起こっているのだ。

そしてだからこそ、仮想通貨を使わずにため込むインセンティブがあった。ビットコインで行われた実際の取引の価値は、上がるどころか下がっているのだ。「ビットコイン内総生産」は実質的に急激に下落してきた。

だから、この実験が通貨体制について何か教えてくれるとすれば、新金本位制的なものに対して不利な材料が増えたということだろう。というのも、この実験は、このような本位制が、貨幣の保有、デフレ、不況にいかに弱いかということを示しているからだ。

© The New York Times News Service