経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「トランプとヒラリーの性別が逆だったら」(2017年3月8日)

●Alex Tabarrok, “Gender Reversal Teaches Uncomfortable Lessons”(Marginal Revolution, March 8, 2017)


ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンの性別が逆だったら二人の討論の様子は聴衆の目にどう映っただろうか? 二人の研究者がその疑問に取り組んだ。トランプとヒラリーの(討論会での)セリフだけではなく身振り手振りも完全に再現した芝居を上演したのだ。ただし、トランプの役を演じるのは女性(役名はブレンダ・キング)でヒラリーの役を演じるのは男性(役名はジョナサン・ゴードン)という捻りが加わっている。

女性がトランプのような攻撃的な姿勢――相手の発言を頻繁に遮り、すぐに相手をなじる――をとれば決して見逃してはもらえないだろうし、反対にヒラリーが男性だったらその理知的な感じにしても冷静沈着な感じにしてもずっと魅力が高まるだろうに。米大統領選のテレビ討論会を生放送で視聴している最中にふとそう考えたという。トランプとヒラリーの性別を入れ替えて討論会の様子を再現してみたらきっとその通りになるに違いない。そう当て込んで今回のプロジェクトに乗り出したという。

しかしながら、予想とは大違いの結果が待っていた。(討論会の様子を再現した)芝居(公演は2度にわたって行われ、どちらも完売)を鑑賞した観客たちも事前の予想を裏切られてショックを受けた。 芝居を見終えた後の観客たちはブレンダ・キング(女版トランプ)に好意を覚え、ジョナサン・ゴードン(男版ヒラリー)に不信感を抱くに至ったのだ。

芝居が終わるとあちこちから観客たちの「何でかわかったぞ」――トランプが選挙で勝った理由がわかったぞという意味――という声が聞こえてきました。みんな狼狽していましたね。私の席の2列前に座っていた男性(の観客)なんか頭を抱えていました。文字通り両手で頭を抱えていたんです。その彼は隣にいた観客に肩を揉んでもらっていましたね。トランプ流のシンプルなメッセージが女性の口から語られると聞き取りやすさが増すようです。まさにそれこそが今回のプロジェクトのテーマの一つでした。ある観客はこう語っていました。「トランプのテクニックの緻密さがわかってただただ仰天したよ」。別の観客(職業はミュージカルの作曲家)はこんな感じの感想を漏らしていました。トランプ(ブレンダ・キング)はまるで「口ずさみやすい曲」を歌っているかのように喋っている。その一方で、ヒラリー(ジョナサン・ゴードン)は口数が多くて発言内容はどれもこれも正しくて事実だけれど「フック」が効いていない、というのです。・・・(略)・・・ジョナサン・ゴードン(男版ヒラリー)の顔を見ていると「無性に殴りたくなる」と語った観客もいました。ずっと笑みをたたえているからだそうです。多くの観客は芝居の鑑賞中に感じた感情が事前に予想していたのとは大違いだったようで非常に驚いていましたね。

芝居のリハーサルの模様を収めた映像は以下だ。

アレックス・タバロック「価格差別の倫理(小ネタ)」

[Alex Tabarrok, “The Ethics of Price Discrimination,” Marginal Revolution, February 20, 2017]

デリーにあるインド国立博物館から,価格差別の一例を.議論の呼び水に疑問を1つ書いておこう――「これって,公正だろうか.倫理的だろうか」「アメリカでは,これは合法だろうか?」

IndianPriceDiscrim-768x438

インド国民:20ルピー
外国人:650ルピー(補足的な音声ガイドつき)
7年生までの学生:無料(I-カード提示)

アレックス・タバロック 「キスの科学 ~ヒトはなぜ口づけを交わすのか?~」(2016年2月14日)

●Alex Tabarrok, “Why Do We Kiss?”(Marginal Revolution, February 14, 2016)


キスは男女のカップルが未来の伴侶(結婚相手)を探す手助けをする。特に女性は付き合いはじめの段階で交わされたキスに高い価値を置いて相手(彼氏)が自分の伴侶にふさわしいかどうかの判断材料にする傾向にある。唾液には各種のホルモンや化合物が大量に含まれている。キスは唾液の交換を通じて相手が自分の伴侶としてふさわしいかどうかを「化学的」に見定めるヒントを与えてくれる可能性があるのだ。生物学的な要因が暗躍を始めるのはここだ。

・・・(略)・・・ある試算によると、男女がキスをしている最中には、9ミリリットルの水分に0.7ミリグラムのたんぱく質、0.18ミリグラムの有機化合物、0.71ミリグラムの脂質、0.45ミリグラムの塩化ナトリウム、そして1000万~10億匹に上るバクテリア(細菌)が二人の間で(唾液を介して)交換されるという。

付き合ってはじめて交わした「最初のキス」を相手が未来の伴侶としてふさわしいかどうかを見定める判断材料とする。そう答えがちなのは男性よりも女性だ。「生物学的」には相性がよくても相手のキスが下手だと感じられた場合にはどういうことになるのだろうか? ブウォダルスキ(Wlodarski)教授は「生物学的な相性」と「キスの感想」とを切り離すことは難しいと答えつつ次のように語る。「あくまでも推量でしかありませんが、相手の口の臭いが合わなかったのでキスが下手だという感想を持つに至るのかもしれませんね」。女性は男性よりも伴侶選びに慎重にならねばならない理由がある。女性の方が伴侶選びで下手をこいてしまった場合のコスト(負担、痛み)が大きいからだ(例えば、妊娠9ヶ月での早産を余儀なくされたり、というように)。ブウォダルスキ教授はさらにそう付け加える。

・・・(略)・・・口と口をしっかりとくっつけて(時に舌も絡ませながら)口づけを交わす風習はあらゆる文化で見られるわけではない。ブウォダルスキ教授によると、現代のそれも西洋に特有の(おそらくは2000年くらいの歴史しかない)風習らしい。2015年に公けにされた研究によると、調査対象となった文化のうちで性的な行為として口づけが交わされているケースは全体の半分にも満たなかったということだ。

文字として残されている歴史に話を限ると、過去においては互いに顔や鼻をこすり付けたり、互いに近寄って匂いをかぎあうのがキスに相当する性的な行為だったことを示す証拠がある。口づけは相手の魂を吸い取る行為として記されているヴェーダ語の古い文書も残っている。

全文はこちらを参照。

Gustav-Klimt_The-Kiss_ArtEx

タイラー・コーエン 「著名な経済学者は長寿の傾向にある?」(2009年4月6日)/ アレックス・タバロック 「モーリス・アレ」(2010年10月10日)

●Tyler Cowen, “He forgot about Hawtrey”(Marginal Revolution, April 6, 2009)1


エズラ・クラインが読者の一人であるNylundのコメントを紹介している

著名な経済学者は長生きの傾向にあるように思われるのですが、私の思い違いでしょうか?

ミルトン・フリードマン(享年94歳)、ミーゼス(享年92歳)、ジョン・ケネス・ガルブレイス(享年98歳)、ハイエク(享年92歳)、レオンチェフ(享年93歳)

・・・(略)・・・ケインズ(享年62歳)なんかは(あとはリカードだとかセイだとかいった大昔の経済学者も)例外ですが、著名な経済学者の中で80歳を迎える前に亡くなった例というのはなかなか見つからないのです。

サミュエルソンは現在90歳代だし2、ケネス・アローは現在87歳だ3。ブキャナンにタロック、コース、バーノン・スミスはまだまだ健在だし4、ゲーリー・ベッカーなんかは不死身なんじゃないかとさえ思えるほどだ5。例外(80歳を迎える前に亡くなった著名な経済学者)として真っ先に思い浮かぶのはフランク・ラムゼー(享年26歳)だ。ミゲル・シドラウスキー(享年28歳)もそうだ。比較的最近だと、フィッシャー・ブラック(享年57歳)やエイモス・トベルスキー(享年59歳)が例外(80歳を迎える前に亡くなった著名な経済学者)として思い出されるところだ。亡くなるのが早すぎた著名な経済学者の例についてはこちらの論文(pdf)を参照されたい(全部で16名が取り上げられている)。

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “Maurice Allais”(Marginal Revolution, October 10, 2010)


フランス人の物理学者にしてノーベル経済学賞受賞者でもあるモーリス・アレが(2010年10月10日に)亡くなった。享年99歳。アメリカの経済学者の間では「アレのパラドックス」が彼の業績の中では一番有名だが、アレは非常に幅広い分野で業績を残している博識家こちらも参照)の一人だ。しかしながら、その多くは見過ごされたままだった。彼が母国語(フランス語)で書いた論文の多くが長い間英語に翻訳されずにいたためだ(残念なことに今でもそうだ)。

アレは「金本位制」と「オーストリア学派の景気循環論」を強く支持していた一人だったということはあまり知られていない。アレは自分の論文の中でミーゼスやロスバードを引用しているほどなのだ。その証拠としては例えば彼が1987年に執筆した “The Credit Mechanism and its Implications”(George R. Feiwel(編集)『Arrow and the Foundations of the Theory of Economic Policy』に収録)を確認してみればいいだろう。アレはフランス語で書いた論文でもミーゼスやロスバードを引用しているのだ(この点についてはこちらを参照されたい)。

博識家ということからも予想されるだろうが、アレがどういう考えの持ち主だったかを整然と要約するのは難しい。その一例を挙げておこう。アレは私的所有権や市場経済を強く支持していたが、市場経済に対する社会的な合意を取り付けるための手段として移民の受け入れ制限や保護主義を支持してもいたのだ。

驚くなかれ、アレは振り子を使った画期的な実験を行い、その成果を称えて1959年にフランス航空宇宙協会からガラベール賞を授与されてもいる。アレが件の実験を通じて発見した現象は物理学者の間では「アレ効果」と呼ばれており、一般相対性理論の分野におけるアノマリー(うまく説明できない異常現象)の候補の一つとなっている。

  1. 訳注;原エントリーのタイトルは「ホートレーを忘れてるぞ」(He forgot about Hawtrey)となっているが、ホートレーも長生きした経済学者の一人。ホートレーは95歳で亡くなっている。 []
  2. 訳注;サミュエルソンは2009年12月13日に亡くなっている。享年94歳。 []
  3. 訳注;アローは今も健在。現時点(2017年2月現在)では95歳。 []
  4. 訳注;ブキャナンは2013年1月9日に享年93歳で、タロックは2014年11月3日に享年92歳で、コースは2013年9月2日に享年102歳でそれぞれ亡くなっている。バーノン・スミスは今も健在(現在90歳)。 []
  5. 訳注;ベッカーは2014年5月3日に享年83歳で亡くなっている。 []

アレックス・タバロック 「冷血なセントラルバンカーの恩恵 ~時間整合性と金融政策~」(2004年10月12日)

●Alex Tabarrok, “The virtues of a nasty central banker”(Marginal Revolution, October 12, 2004)


キッドランド&プレスコットが彫琢した「時間整合性」のアイデアの応用範囲は広いが、その中でも最も重要な応用例は金融政策に関するものだ(この方面の功績はバロー&ゴードンおよびケネス・ロゴフにも帰さねばならないことは言うまでもない)。中央銀行としてはインフレも失業も低く抑えたいと考えているとしよう。そこで中央銀行はその願いを果たすために次のように宣言(約束)したとしよう。「インフレを低い水準にとどめるためにマネーサプライの伸びを抑えるつもりだ」。そして国民もその宣言を信じ、(労働契約や融資契約といった)契約の交渉に臨む際には「この先インフレは低い水準にとどまるだろう」と予想した上で(賃金額なり融資条件(金利)なりといった)契約条件の詳細を詰めるものとしよう。そんなある時のことだ。思いも寄らないショックが起きて失業率が上昇して(失業が増えて)しまったのだ。そのような事態を目にした中央銀行はふと次のような誘惑に駆られることだろう。「インフレを高めに誘導して景気を刺激したいところだが、どうしたものだろうか」。国民は「この先インフレは低い水準にとどまるだろう」と信じ切って既にあれこれの契約を結んでしまっている。国民が予想しているよりも高めにインフレを誘導すれば(実質賃金なり実質金利なりが予想よりも低下することで)失業率の抑制(失業の減少)を後押しする強力な効果が期待できる。何とも甘い誘惑だ。

しかしながら、上で描いたような展開が「均衡」となることはあり得ない。中央銀行が「インフレを低い水準にとどめるつもりだ」と宣言(約束)したとしても国民はこう反論することだろう。「そんな約束は信用できない。約束を鵜呑みにしたらそれ幸いと後になって手のひらを返すにきまってる。インフレを高めに誘導して我々を騙そうとするに違いない」。そうなるとどうなるだろうか? 国民は「この先インフレは低い水準にとどまるだろう」とは予想せず、そのため(何らかのショックが起きて失業率が上昇した場合に)中央銀行が失業率を抑えたいと思ってもインフレを先ほどの場合(国民が中央銀行の宣言を鵜呑みにする場合)よりもずっと高めに誘導しなければならなくなるだろう。インフレが高止まりするだけで失業率が(国民が中央銀行の宣言を鵜呑みにする場合よりも平均して)低く抑えられるわけでもない。最終的にはそのようなゲームの「均衡」に落ち着くことになるのだ。

どうすれば事態をいい方向に向かわせることができるだろうか? 意外な手がある。冷血漢をセントラルバンカーの地位に据えるのだ。そうすれば誰もがよりよい境遇を手にできる可能性があるのだ。「冷血なセントラルバンカー」というのはインフレを低く抑えることだけで頭がいっぱいで失業を抑えることには一切関心が無いような人物のことだ(その具体的な人物像としては債券の利息収入で暮らしを立てている金満家の共和党員なんかを思い浮かべればいいだろう)。「冷血なセントラルバンカー」は失業を減らすために(インフレを高めに誘導して)景気を刺激しようなんて考えもしない。そのため、「冷血なセントラルバンカー」が語る「インフレを低い水準にとどめるつもりだ」との宣言(約束)は信憑性が高く、国民は「冷血なセントラルバンカー」の宣言(約束)を信用して「この先インフレは低い水準にとどまるだろう」と迷い無く予想することだろう。最終的に落ち着く「均衡」では、失業率は中央銀行の約束が一向に信用されない先の場合と(平均してみると)変わりがない一方で(どちらのケースでも国民が予想するよりも高めにインフレを誘導する(国民を驚かす)ことはそう何度も繰り返せないため)、インフレは(中央銀行の約束が一向に信用されない先の場合よりも)低く抑えられることになる。こうして国民の誰もがよりよい境遇を手にすることになるわけだ。

トーマス・シェリングなんかは次のような例を使って似たようなアイデアを先んじて論じていたものだ。あなたが誘拐犯の魔の手に落ちてしまったとしよう。あなたを救い出すために誰かに誘拐犯と交渉する窓口になってもらうとすれば一体誰にその役割を引き受けてもらうのがいいだろうか? あなたのことを深く愛している妻だろうか? それとも冷血な前妻(別れた元妻)だろうか? その答えは迷うまでもないだろう(そうでしょ?)1。それでは次のような場合はどうだろうか? あなたがまだ誘拐されていないうちから(もしも誘拐された場合に備えて)誘拐犯と交渉する役目を誰に引き受けてもらうかを決めておき、誘拐犯にも前もって(あなたの誘拐を企てるよりも前の段階で)そのこと(誰が交渉の窓口役を務めるか)がわかっているとしたらどうだろうか? あなたのことを深く愛している妻と冷血な前妻のどちらにその役目(交渉の窓口役)を引き受けてもらえばいいだろうか? 答えはおわかりだろうか?2 冷血漢も時にはいい仕事をやってのけることがあるのだ。

  1. 訳注;答えは「あなたのことを深く愛している妻」。誘拐犯が身代金を要求してきた場合に交渉の窓口役を務めるのが「あなたのことを深く愛している妻」であれば身代金がいくら高額であってもそれを支払ってあなたを救い出そうと尽力してくれる可能性が高いが、「冷血な前妻(別れた元妻)」が交渉の窓口役を務める場合には見捨てられてしまう(その結果として最悪の場合あなたは誘拐犯に殺されてしまう)可能性がある(「その人とはもう何の関係もないわ。好きなようにして頂戴」)。 []
  2. 訳注;答えは「冷血な前妻(別れた元妻)」。「冷血な前妻(別れた元妻)」が交渉の窓口役を務めるとわかっていたら誘拐犯もあなたをさらおうとはしない可能性が高い。あなたを誘拐しても身代金が手に入らない可能性が高いからだ。つまりは、「冷血な前妻(別れた元妻)」のおかげであなたは誘拐されずに済む、というわけだ。 []

アレックス・タバロック「チャック・ノリス vs. 共産主義」

[Alex Tabarrok, “Chuck Norris Versus Communism,” Marginal Revolution, January 5, 2017]

lonewolfmcquade_quad

チャック・ノリス vs. 共産主義』はルーマニアに取材した芸術とヒーローの力と共産主義の終焉をめぐる傑作ドキュメンタリーだ.共産主義体制が1948年に樹立されると,旅行は制限され,メディアは検閲され,秘密警察がみんなを監視するようになった.ルーマニアは外の世界から隔絶された.ところが,1980年代中盤に,密かに持ち込まれたアメリカ映画の VHS テープが出回りだした.地下グループはひそかに集まっては,『ロッキー』や『テキサスSWAT』といったご禁制映画を上映した.
[Read more…]

アレックス・タバロック 「クリスマスゲーム理論」(2009年12月27日)

●Alex Tabarrok, “Christmas Game Theory”(Marginal Revolution, December 27, 2009)


愛しき妻へのクリスマスプレゼントに宝石を買っておいたのだが、妻曰く「返品してきてちょうだい」とのこと。「高価すぎるわ」(高価すぎて受け取れない)というのだ。素晴らしい。実に素晴らしい応答だ。こうして私はクレジットカードを使わずして妻からクレジット(信頼、信望)を勝ち得たというわけだ1

「ゲームの木」を慎重に辿った挙句に(後ろ向き帰納法を駆使した挙句に)宝石を買うという選択に至ったのだが2、そんな裏事情があるなんてことは妻には絶対に明かすまい。

(追記)真似はしないように。ゲーム理論や自分の配偶者のことは細かいところまでよく知っているというなら話は別だが、そうでもないのに私の戦略を真似ると懐事情に大打撃が加えられる恐れがある(詳しくはトーマス・シェリング(Thomas Schelling)の瀬戸際戦略(brinkmanship)を参照のこと)。

  1. 訳注;お金を一銭も使わずに妻からの信頼を勝ち得た、ということ。宝石を返品すればその代金を支払う必要もなくなる(クレジットカード払いで宝石を買っていた場合は宝石の代金が後日預金口座から引き落とされずに済む)が、その一方で妻には「夫は大枚をはたいて私に宝石をプレゼントしてくれようとした」という好印象を持ってもらえる可能性がある。 []
  2. 訳注;妻に宝石をプレゼントしても決して受け取らないだろう(「高価すぎて受け取れないわ。返品してきてちょうだい」と応じるだろう)と見越した上で宝石を買った、という意味。 []

アレックス・タバロック「大停滞に関する憂鬱な論文:アイディアは見つけにくくなっている」

[Alex Tabarrok, “A Very Depressing Paper on the Great Stagnation,” Marginal Revolution, December 17, 2016]

アイディアは見つけにくくなってるんだろうか? 「なってる」と言っているのがこの論文 [PDF] の著者たち,ブルーム,ジョーンズ,ヴァン・リーネン,ウェッブだ.アメリカの経済成長については,よく知られている事実がある.この100年あまりにわたって,アメリカの成長率は比較的に一定していた.一方,研究者の数は同じ期間にずっと大幅増加を続けている.研究者が増える一方で成長率が一定だということから,アイディアの生産性が下がっているらしいとわかる.ジョーンズがこの論点を主張したのは,ずっと昔の論文でのことだ [PDF].それ以来,この問題がずっと頭に引っかかってる.ただ,アメリカ一国をのぞいて世界の成長率は上昇しているのだから,もしかして,アメリカにはなにか相殺する要因があるのではないだろうか? だが,ブルーム,ジョーンズ,ヴァン・リーネン,ウェッブは,この問題をあらためて考察して,具体的な産業をもっと詳細に調査している.その結果得られた見取り図は,うるわしいものじゃあない.
[Read more…]

アレックス・タバロック「アメリカ人は多様性を強みだとみている」

[Alex Tabarrok “Americans Believe Diversity is Our Strength,” Marginal Revolution, October 7, 2016]

ft_16-07-11_eu-usdiversity_overall

ピュー研究所の調査によると,ヨーロッパ人に比べてアメリカ人は多様性をずっといいものだと考えている.多様なほどアメリカはよくない場所になると信じるアメリカ人は,わずかに7パーセントしかいない.これに次ぐのはスペインだが,アメリカの実に3倍以上もの人々が「多様になるとスペインはよくない場所になる」と信じている.

リベラルは保守に比べて多様性をよいことだとみているが,アメリカの保守派の多く (47%) は,多様なほどアメリカはもっとよくなると考えている.つまり,ヨーロッパのリベラルの大半よりアメリカの保守の方が多様性をよいことだと考え手いることになる.

多様性を楽観的に考えるのは,アメリカのとくに賞賛すべき特質だ.

多様性は信頼を損ないうるし,不信と強力な中央政府が結びついた社会は内戦と権威主義とを揺れ動く恐れがある.だが,限定された政府のもとでは,少しばかりの不信は手に負えるし,そればかりか利点でもある.たとえば,かりにアメリカがもっと同質であったなら,言論や信仰の自由をとっくの昔に放棄していただろう.その理由は,ほかでもなく,どういうことならみんなが自分の言いたいことを言っていいかどうか合意できない点にある.

多謝: Cardiff Garcia.

アレックス・タバロック「パワーポーズは死んだ」

[Alex Tabarrok, “Power Poses Are Dead,” Marginal Revolution, September 26, 2016]

wonder-woman-power-pose

ダナ・カーニーが共著者となっている有名な論文(被引用数462)が発端となって,のちに〔アイミー・カディによる〕有名な TED トーク(3600万再生)につながり,さらに「パワーポーズ」に関する一般向け記事が無数に世に出回ることにもなった(たとえば「このシンプルな『パワーポーズ』であなたの人生とキャリアが変わるかも」).そのカーニーが,証拠を検討したのちに (pdf) こう書いている:

1. 私は「パワーポーズ」の身体的な効果を信じていない.その効果が現実にあると考えていない.

2. 私はパワーポーズの身体的効果を研究していない.

3. 私は他の人たちがパワーポーズを研究するのをよしとしない.

4. 私はもう自分の授業でパワーポーズを教えていない.

5. 私はメディアでパワーポーズについて今後語らないし,過去5年間も(懐疑論がでてくるよりずっと前から) 語っていない

6. 自分のウェブサイトにもCVにも,パワーポーズの効果について懐疑論を載せているし, Ranehill et al. による再現の失敗や「効果ない」を示唆する Simmons & Simonsohn のp曲線論文にリンクを貼っている.

書くのは容易でなかったにちがいない.すばらしい.