経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「空港警備は何を物語る?」(2013年6月5日)

●Alex Tabarrok, “Airport Security Signals”(Marginal Revolution, June 5, 2013)


ラルス・クリステンセンが空港警備にまつわる理論〔拙訳はこちら〕を開陳している。

・・・(略)・・・空港の保安検査場で無愛想な役人みたいな職員に出くわしたとしたらその国で開業するには(規制が多いために)手間がかかる可能性が極めて高い。空港警備のあり様はその国の政府規制の厳重さの程度を測る物差しになるように思われるのだ。アメリカの空港で米運輸保安庁(TSA)の職員に出くわすたびにアメリカの長期的な成長見通しについて大いに悲観的になってしまうのもそのためだ(ウクライナにしても同様)。公共部門の規模が大きいにもかかわらずスカンジナビア諸国の経済は「順調な歩み」を続けるに違いないと私が考えるのもこの理論が後ろ盾となっている。

そんなわけでワルシャワ・ショパン空港で愛想もよくて仕事の手際もいい保安職員に出迎えられた時は嬉しい驚きを覚えたものだ。私の理論が正しいとすれば、ワルシャワ・ショパン空港の空港警備の変貌ぶりはポーランド経済が「成熟期」を迎えて政府規制も緩められつつある(規制緩和が進んでいる)証拠でもあるということになろう。朗報だ。ポーランド経済の長期的な成長見通しを上方修正しようかな。そう考えているところだ。

「自分ひとりだけでおばあちゃんの家まで行ける?」 つい最近のことだが我が子(息子)にそう尋ねてみたことがある。「おばあちゃんの家」はカナダのビクトリア市(ブリティッシュ・コロンビア州の州都)にある。飛行機も難なく乗れるし、カナダへの入国も造作ないとの返答。「でもね」と付け加える息子。「アメリカに戻ってくる時に空港で保安検査するおじさん達が怖いんだ」。ちなみに我が息子はアメリカ人だ。

アレックス・タバロック&タイラー・コーエン 「空の旅に潜む『裁定機会』」(2013年9月24日、2015年6月7日)

●Alex Tabarrok, “Venezuelan Arbitrage”(Marginal Revolution, September 24, 2013)


予約が殺到して出発の何ヶ月も前に完売するベネズエラ発の飛行機のチケット(航空券)。しかし、いざ出発という段になると席は半分くらいしか埋まっていないことが多い。なぜ? ベネズエラ政府は「1ドル=6.3ボリバル」の固定為替レート(公定レート)を採用している(2013年9月時点の話)が、闇市場ではドルとボリバルは「1ドル=42ボリバル」近辺の比率(闇レート)で交換されている。ベネズエラ国内ではドルとボリバルを公定レートで交換できる特権はごく限られた人間にしか認められていないが、例外がある。ちゃんとした航空券を持っていれば誰でも公定レートでボリバルとドルを交換できるのだ1。まずは航空会社に予約を入れて航空券を手に入れる。次に航空券を携えて公定レートでボリバルとドルを交換する(ボリバルを手放してドルと交換してもらう)。そして闇市場でドルとボリバルを交換する(ドルを売ってそれと引き換えにボリバルを手に入れる)。するとあら不思議。手持ちのボリバルがあっという間に増殖しているというわけだ2ロイターの報道に耳を傾けるとしよう。 [Read more…]

  1. 訳注;海外旅行に出かける出国予定者に限って公定レートでの両替(ボリバルとドルの交換)が認められているという意味。 []
  2. 訳注;まずは公定レートで6.3ボリバルと1ドルを交換して次に闇レートで1ドルと42ボリバルを交換する。あっという間に6.3ボリバルが42ボリバルに化けることになる。 []

アレックス・タバロック「イルカの資本理論」

[Alex Tabarrok, “Dolphin Capital Theory,“ Marginal Revolution, January 10, 2018]

『ガーディアン』紙》(…)イルカのケリーは、なかなかの評判を立てている。同施設にいるすべてのイルカは、プールに落ちたどんなゴミでもとっておくように訓練されている。あとで飼育員がやってきたらそのゴミをご褒美の魚に交換してもらえるのだ。こうすることで、イルカたちはプールをつねにキレイに保つお手伝いをしている。
[Read more…]

アレックス・タバロック「集団的行動がイノベーションを殺す」

[Alex Tabarrokon, “Collective Action Kills Innovation,” Marginal Revolution, January 4, 2018]

オレゴンで新しい法案が通った。田舎のガソリンスタンドにセルフ給油を許す法案だ(一部の田園部では夕方6時から翌朝6時までしか許されていないのだ) みんなも耳にしたことがあるだろうけど、こういう風に馬鹿げた規制を中途半端に緩和したことで、オレゴン人のあいだに困惑と懸念が生じている。
[Read more…]

アレックス・タバロック 「観光ビザの海外旅行抑止効果」(2013年7月30日)

●Alex Tabarrok, “The High Costs of Travel Visas”(Marginal Revolution, July 30, 2013)


アメリカ人は幸運だ。というのも、ヨーロッパや南アメリカの国々の大半は観光目的で入国してくるアメリカ人にビザの取得を求めなくなっている(ビザなしでの入国を認めるようになった)からだ。しかしながら、海外からの入国者にビザの取得を求めて国境の内側に足を踏み入れにくくしている国はまだかなりの数に上る。驚かされるばかりだ。海外からの訪問客なんてまっぴら御免だという国も中にはあるだろうが、インドのような国――観光業に大きく頼っている民主主義国――までもが観光でやってくる入国者に手間と時間のかかるビザの取得を求めているのだ。ロバート・ローソン(Robert Lawson)&ソーラフ・ロイチョードリー(Saurav Roychoudhury)の共著論文(pdf)での推計結果によると、海外からの入国者にビザの取得を求めることに伴うコストはかなりの大きさになる可能性があるらしいのだ。

本論文では観光ビザの取得要求が海外旅行を抑止する効果を検証するが、その検証にはローソン&レムケ(2012)によって作成された観光ビザに関するデータベースと世界銀行および国連世界観光機関(UNWTO)によって蒐集されている海外旅行者数のデータを利用する。本論文での検証結果によると、ある国が海外からの入国者に求める観光ビザの取得要件の厳しさ(を測る指標)が1標準偏差だけ増すと、その国への外国人旅行者の総数は30%減少する傾向にある。任意の二国間(A国とB国)に話を限定すると、A国がB国からの旅行者に求める観光ビザの取得要件の厳しさ(を測る指標)が1標準偏差だけ増すと、A国を訪れるB国の旅行者の数は70%減少する傾向にある。海外からの旅行者に観光ビザなしでの入国を認めるようにすればそれに伴ってかなりの大きさの便益が生み出される可能性がある。

1914年以前には「パスポートもいらなければその他の形式的な手続きも一切抜きで」世界の大部分を旅して回れた。ケインズも(『平和の経済的帰結』の中で)そう書いていたものだが、そんな時代がまたやってきてほしいものだ。

アレックス・タバロック 「インドを訪れる観光客の数が思いのほか少ないのはなぜ?」(2017年3月30日)

●Alex Tabarrok, “Why Does India Have So Few Tourists?”(Marginal Revolution, March 30, 2017)


インドは観光地(観光サービスの供給者)として大いに有利な立場にあるが、その割にはインドの観光産業の規模はかなりこじんまりとしている。インドは持てる力を発揮し切れておらず、その持てる力を存分に発揮できていたら獲得できたはずの何百億ドルにも及ぶ外貨をみすみす見逃してしまっている。それだけの外貨があれば何百万もの民を貧困から救い出す一助となり得るのだ。

2016年にインドを訪れた外国人観光客の数はおよそ900万人で観光産業の外貨収入は年間でおよそ230億ドルに上る。一見すると、立派な数字に見える。観光産業はインドの輸出産業の中でも最も大規模な部門の一つであり、外貨収入で見るとアパレル産業(2014年度の外貨収入は174億ドル)や製薬産業(2014年度の外貨収入は139億ドル)といった主要な産業を凌駕している。しかしながら、実態をもう少し注意深く検証すると、インドの観光産業の規模はその潜在能力に比べてあまりに小さいことが明らかになってくる。

下の表は外国人観光客の受入数の多い国を1位から10位まで順番に並べたものだ(2015年度版)。1位はフランスで外国人観光客の年間の受入数は8450万人。その数はインドのおよそ10倍。フランスにスペイン、イタリア、ドイツ、イギリスといったヨーロッパの国々は地理的に近いこともあってお互いに助け合う格好となっている。相互に観光客が行き来しているのだ。メキシコにロシア、トルコといった国々を訪れる外国人観光客の数はインドのそれのおよそ3~5倍に上る。中国に関しては6倍超(中国を訪れる外国人観光客の数はインドのそれの6倍超)だ。

インドは外国人観光客の受入数に関しては劣勢にあるが、観光客1人あたりの観光収入(観光支出)ではかなりの好成績を収めている。・・・(略)・・・驚くことに、観光客1人あたりの観光収入(観光支出)で見るとインドは中国よりも上であり、米国とほとんど肩を並べている(その額何と2610ドル)。観光客の数では見劣りするものの観光客1人あたりの観光収入(観光支出)で健闘していることもあり、インドは観光収入総額のランキングで世界9位に食い込む結果となっている(10位はメキシコ)。インドを訪れる観光客一人ひとりは多額のお金を落としていっているわけであり、そのことがかえって(インドを訪れる)観光客の総数の少なさを際立たせる格好となっているのだ。

以上はインドのオンラインマガジンであるプラガティ(Pragati)に寄稿した拙記事からの引用だ。いくつかのごく簡単な改革に乗り出すだけでインドは観光収入を今よりも何百億ドルも増やすことが可能だ。「ごく簡単な改革」の中身1については記事をご覧いただきたいが、もう少し踏み込んだ話についてはアミット・ヴァルマ(Amit Varma)との対話を収めたポッドキャストをチェックしていただきたいと思う。

言うまでもないだろうが、「ごく簡単な改革」に乗り出さなくともインドにはもっと観光客がやってきてしかるべきだ。インドには目に焼き付けておくべきスポットがたくさんあるのだから。

まずはチットガーフォート(チットガー砦)にある寺院。

次にウダイプール市にあるサヘリオン・キ・バーリ庭園。下の写真はその庭園にある18世紀初頭に作られた噴水だ(重力で水が噴き出る仕組みになっている)。

最後にアジャンター石窟群。

  1. 訳注;外国人観光客に対するビザの免除(ビザ無しでもインドに入国できるようにする)。現在は外国人観光客がインドに入国するためにはビザが必要であり、ビザ取得の手続きが煩雑であるために観光客の数も伸び悩んでいる(「インドを訪れる観光客の数が思いのほか少ないのはなぜ?」という表題の問いに対する答え)というのがタバロックの見解。この点については本サイトで訳出されている次の記事も参照されたい。 ●アレックス・タバロック 「観光ビザの海外旅行抑止効果」(2018年1月9日) []

アレックス・タバロック 「そうだ、旅に出よう」(2005年7月3日)

●Alex Tabarrok, “Lunch Matters”(Marginal Revolution, July 3, 2005)


ブライアン・カプランとタイラー・コーエンと私。そんな3人組でランチを一緒にしていた時のことだ(先週の話)。「不滅」の体を手に入れたとしたらどうする? そんな疑問が話題になった。「不滅」ってのは具体的にどういうこと? 死なないけれど場合によっては(重罪を犯して)ずっと刑務所で暮らさなきゃならないケースを指してるんだろうか? それともずっと若いままだけれど運悪くトラックにひかれたりして命を落としてしまうかもしれないケースを指してるんだろうか? くどくどと議論に議論を重ねた挙句に「不滅」というのは前者のケース(不死)を指しているということで意見がまとまった。さて、それじゃあ「不滅」の体を手に入れたらどうする? 「旅に出る回数を増やすだろうね」というのが私の回答。

しばらくして別の疑問が持ち上がった。死期が間近に迫っている(残りわずかしか生きられない)のが判明したらどうする? 「旅に出る回数を増やすだろうね」と再び私。クリック。ブーンブーン(何かが唸る音)。「計算不能、計算不能」。カプランとコーエンに指摘されるよりも前に己の矛盾にはたと気付いた。命の長さが本来よりも長かろうが短かろうが旅に出る回数を増やすつもりなのだとすれば、今の私に残された時間(余命)に照らしてこれから旅に出ようなんてすべきじゃないと言える確率は限りなくゼロに近いはずだ。

というわけで、ペルーに旅に出ることにした。マチュ・ピチュを一人で歩いて回るのだ。出発日は(3週間後の)7月25日。ランチ(の場での会話)ってのは大事だね。

アレックス・タバロック 「訪問先や就職面接でコーヒーが出されたらありがたくいただくべき?」(2018年1月2日)

●Alex Tabarrok, “Should You Accept a Coffee at a Meeting or Interview?”(Marginal Revolution, January 2, 2018)


「真剣な打ち合わせの場や就職面接で『コーヒー(あるいは紅茶)でもいかがですか?』と聞かれたらその提案を受け入れるべきでしょうか?」。Quoraでそんな質問が投げかけられている。「イエス」という答えが大半のようだが、私の答えは「ノー」だ。私の回答を以下に転載しておこう。

百科事典を売って回る営業マンだった時のことだが(大分昔の話だ)、訪問先で「コーヒーでもいかがですか?」と聞かれても丁重にお断りしろと教えられたものだ。その理由はこうだ。あなたが訪問先で百科事典について20分ほど説明したとしよう。その売り込みの間にあなたは相手に「あなたの時間」(20分)と「あなたの知恵」を差し出すことになる。それに対して相手は何かお返しをする必要があるんじゃないかと感じる。百科辞典を買わないと「あなたの時間」を無駄にしてしまうことになるのではないかと少々の罪悪感を覚える。お返しをしなくちゃという必要性に迫られて相手は百科事典を買わなきゃと思ってしまうというわけだ。しかし、訪問先でコーヒーを出してもらってそれをいただいてしまうと等価交換が成立することになってしまう。「あなたの時間」と「コーヒー」とのギブ&テイクだ。「あなたの時間」は「コーヒー」によって報われたので「あなたの時間」は無駄にはならない。その結果、相手は百科事典を買わなきゃという必要性をそれほど感じなくなってしまうのだ。

アレックス・タバロック 「私の好きな子供番組」(2004年3月2日)/「息子から教えられた『経済学の教訓』」(2007年6月17日)

●Alex Tabarrok, “Children’s Television that I like too”(Marginal Revolution, March 2, 2004)


Cyberchase』(「サイバーチェイス」)はPBS(公共放送サービス)で放映されている児童向けの教育アニメ。番組を楽しみながら数学(算数)の知識も学べるように工夫されている。対象年齢は8歳~12歳だが、現在5歳の我が息子も大好きな番組の一つだ。私も感心しながら視聴している。地上から地下へと移動するエレベーターが登場して「『負の数』とは何ぞや?」ということが学べるエピソードもあれば(おかげで我が息子も「負の数」を自分のものにできたようだ)、サイバーキッズたちが「後ろ向き帰納法」(!)を駆使して世界を救うエピソードもある。サイバーキッズたちは交換手段(貨幣)の存在価値まで了解済みときている。お子さんをお持ちのようなら試しにチェックしてみるといい。

もう一つのお薦めは(英語学習番組である)『Between the Lions』(「ライオンたちとイングリッシュ」)。私がこれまでに観たことのある児童向け番組の中でも一番イカした番組だ。(ジャズミュージシャンである)チャーリー・パーカー(Charlie Parker)の音楽にスポットを当てた回もあったりしたものだ。本筋の合間合間にルース・ウェストハイマー(「ルース博士」)演じる「ルース・ワードハイマー博士」が英単語の読み方を指南してくれるコーナーだったり、「マーサ・リーダーとザ・バウエルズ」だとか「ガウェインの言葉」だとかといったミニコーナーが挟まる作りになっている。

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “A Lesson in Economics on Father’s Day”(Marginal Revolution, June 17, 2007)


「お菓子の売り上げはどんな感じ?」1 8歳の息子にそう尋ねると「たくさん売れたよ」とのこと。「チョコレートはいくらで売ったんだい?」と尋ねると「わかんない」との答え。「わかんない? どうしてさ?」とすかさず突っ込む私。「だって値上げし続けたんだもん」と息子。「マジかい? それまたどうして?」としつこく尋ねる私に向かって息子が怒気を含んだ声で一言。「需要と供給だよ」。

  1. 訳注;アメリカではボーイスカウトなどに所属している子供たちが活動資金(だったり寄付金だったり)を集めるためにお菓子(クッキーだとかポップコーンだとか)を売って回る慣わしがある。 []

アレックス・タバロック 「アイン・ランドのクリスマス論」(2014年12月24日)

●Alex Tabarrok, “Ayn Rand on Christmas”(Marginal Revolution, December 24, 2014)


クリスマスに備わる魅力的な側面というのは「善意」を陽気に楽しく思いやり溢れるかたちで自己犠牲を伴わずに表現できるというところにあります。合言葉は「メリークリスマス」。「泣いて悔い改めよ」なんてのじゃありません。そして「善意」 は物質のかたちをとってこの世のものの姿をとって表現されます。友人にプレゼントを贈ったり、クリスマスカードを送って「あなたのことはちゃんと覚えていますよ」と知らせたりというようにしてというわけですね。

クリスマスのうちで(キリスト教)神秘主義の立場の面々に煙たがられがちな側面こそが一番優れた側面です。商業化されたクリスマスという側面がそれです。プレゼントを(買って)交換するという慣わしは単一の目的に奉仕するために人類の知恵を商品の発明(生産)に一斉に差し向ける働きをします。単一の目的とは何か? 人を喜ばせるという目的です。クリスマスになると百貨店などが率先して街並みを飾り付けることになりますが、クリスマスツリーや点滅する電飾、まばゆいばかりの色合いに包まれた街並みは何とも壮観な景色です。「商売欲」だけがそのような景色を作り上げることができます。クリスマスの街並みに備わる素晴らしいまでの快活さに心躍らされないのは気分がかなり塞ぎ込んでいる人くらいのものでしょう。

Ayn Rand Lexiconより引用。