経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「ノーベル賞と研究費助成」(2010年2月21日)

●Tyler Cowen, “Sources of funding for Nobel Prize work”(Marginal Revolution, February 21, 2010)


Athina Tatsioni&Effie Vavva&John P. A. Ioannidisの三人が興味深い論文を物している。

資金(研究費)の確保は科学研究にとっても重要な意味合いを持っており、画期的な研究成果の輩出に貢献するようなこともあるかもしれない。本論文ではノーベル賞の受賞対象となった画期的な科学論文に焦点を当てて研究費の出所についての分析を試みた。2000年から2008年までの間に生理学・医学、物理学、化学の三分野において合計70名の研究者にノーベル賞が授与されている。ノーベル賞の受賞対象となった業績と関わりのある93本の論文のうち65本の論文(70%)で研究費の助成を受けている旨が報告されており、そのうち(65本のうち)53本(82%)は米国政府による助成、19本(29%)は米国以外の政府による助成、33本(51%)は非政府機関による助成という内訳になっている。研究費の助成を一切受けていない論文もかなりあるが、研究費の助成を一切受けていない論文の著者(であるノーベル賞受賞者)に連絡を取ったところ13名の受賞者から応答があり、研究費の調達プロセスや研究費の調達に付き纏(まと)う難事について各人に知見を披瀝してもらう機会を得た。ノーベル賞の受賞対象となった業績を研究費の助成を通じて支えた機関はかなり多岐にわたっており、その数は合計で64ヶ所に上る。その中でも突出しているのはアメリカ国立衛生研究所(NIH)(研究費を助成した論文の数は26本)やアメリカ国立科学財団(NSF)(研究費を助成した論文の数は17本)といったいくつかの公共機関である。しかしながら、研究費の助成を一切受けていない場合であってもノーベル賞級の業績が生み出されることがあり、研究者が所属する機関が研究に打ち込める環境を整えることに力を尽くす場合においてとりわけそうである。

この論文の存在を教えてくれたMichelle Dawsonに感謝。

タイラー・コーエン「今年のノーベル経済学賞の受賞者は誰?」

●Tyler Cowen, “Who will win Monday’s Nobel Prize in economic science?”(Marginal Revolution, October 7, 2017)


以下はウォールストリートジャーナルより。

トムソン・ロイターから独立したクラリベート・アナリティクスは,研究論文の引用数に基づいてノーベル賞を受賞する可能性のある候補のリストを作成している。そのリストに今年新たに加わったのは,カリフォルニア工科大学のコリン・カメラーとカーネギー・メロン大学のジョージ・ローウェンシュタイン(行動経済学と神経経済学に関する先駆研究),スタンフォード大学のロバート・ホール(労働者生産性の分析,景気後退と失業に関する研究),ハーバード大学のマイケル・ジェンセンとMITステュワート・メイヤーとラグフラム・ラジャン(企業融資における意思決定局面に対する着目への貢献)だ。

クラリベートのリストには,ほかにも数十名のノーベル経済学賞候補の名前が挙げられており,ドナルド・トランプ大統領がFED議長への任命を検討していたと言われている金融政策の研究者であるジョン・テイラー,経済成長の専門家であり,世銀のチーフエコノミストであるニューヨーク大学のポール・ローマー,ロナルド・レーガン時代の大統領経済諮問委員会委員長で,年金,税などの財政分野について研究を行っているマーティン・フェルドシュタイン,気候変動について研究しているイエール大学のウィリアム・ノードハウス,生産性について研究している ハーバード大学の デイル・ジョルゲンソン,経済成長について研究しているハーバード大学のロバート・バロー,元IMFチーフエコノミストであるピーターソン国際経済研究所のオリビエ・ブランシャール,行動経済学を研究しているシカゴ大学のリチャード・セイラーなど,アメリカの経済学界の著名人もそこには含まれている。

大恐慌に関する研究業績から,過去には元FED議長であるベン・バーナンキの名前も過去に挙がったことがあり,バーナンキの古くからの共同研究者であるニューヨーク大学のマーク・ガートラーもクラリベートのリストに記載されている。法と経済学の関係についての研究家であり,最近連邦裁判所判事を引退したリチャード・ポズナーもまたリストに含まれている。

僕の予想は当たったことがないけど1 ,今年はウィリアム・ノードハウス(「環境会計」)とマーティン・ワイツマン(気候変動とリスクの経済学)と予想しよう。

  1. 訳注;2015年の予想(拙訳)と2016年の予想(hicksianさんによる訳) []

タイラー・コーエン 「ノーベル賞の政治学」(2004年9月15日)

●Tyler Cowen, “The politics of Nobel Prizes”(Marginal Revolution, September 15, 2004)


ホルヘ・ルイス・ボルヘス(Jorge Luis Borges)は世界を代表する最も偉大な作家の一人だったにもかかわらず、ノーベル文学賞を手にすることなくその生涯を終えた(ボルヘスの作品を読んだことがないようであれば試しにこちらの短編集(邦訳『伝奇集』)に挑戦してみるといい)。どうしてなのかずっと疑問だったのだが、その理由が遂に判明した。

(ピノチェトが軍政を敷いている)チリを訪問したことでボルヘスがノーベル文学賞を手にするチャンスも潰えることになってしまった。チリを訪問したその年はおろか、それ以降の生涯を通じてボルヘスをノーベル文学賞の受賞者候補に推す声に異を唱える人物がいたのである。その人物とはノーベル文学賞の古参の選考委員であり、社会主義者の作家であるアーサー・ルンドクビスト(Arthur Lundkvist)。ルンドクビストはチリ共産党員の詩人で1971年にノーベル文学賞を受賞したパブロ・ネルーダ(Pablo Neruda)の長年の友人でもあった。ルンドクビストはボルヘスの伝記の作者でありチリ共産党の議長を務めたこともあるV. テイテルボイム(Volodia Teitelboim)に後年になって次のように説明している。「ボルヘスがピノチェトによる軍政を公認したことは決して許さないだろう」。

ボルヘスは民主主義の信奉者だったということはきっちりと指摘しておくべきだろう。それにもかかわらずボルヘスがピノチェトによる軍政を支持した理由はあの当時の状況においてはピノチェトによる軍政がいくつかある選択肢の中でも最善のものだと考えたためだったのだ。比較までにパブロ・ネルーダに関する次の(いくぶんか誇張されたところのある)記述もご覧になられたい。

1973年に今にも亡くなろうとしている直前のことだ。その段階に至ってもネルーダは依然としてスターリンのことを「かの賢明で冷静沈着なグルジア人」(“that wise, tranquil Georgian”)と語り続けていたという。ネルーダは毛沢東率いる中国に対しても同じく寛大な姿勢を貫いた。ネルーダは中国の広い大地に住む人民の誰もが青色の人民服を着用している光景を目にするのが大好きだったのだ。

ちなみに、はじめの引用はエドウィン・ウィリアムソン(Edwin Williamson)によるボルヘスの優れた伝記である『Borges: A Life』の426ページから抜き出したものである。

タイラー・コーエン 「ノーベル賞選考委員会の目的は何?」(2006年10月7日)

●Tyler Cowen, “What do prize committees maximize?”(Marginal Revolution, October 7, 2006)


賄賂をかき集めるという目的はとりあえず脇に置くとして――スウェーデン王立科学アカデミーに関してはこのことを目的としていないことは間違いないところだ――、ノーベル賞選考委員会が追求し得る目的にはどのようなものがあるだろうか? 考え得る候補をいくつか挙げるとしよう。

a) 何らかの政治目標(political agenda)の推進を図る。

b) 自らの評判(ひいてはノーベル賞という賞の評判およびノーベル賞の対象となっている学問分野の評判)を高める。

c) 識者からの批判をできるだけ避ける(批判の最小化)。これは b) と似てはいるが、識者全体の意見を集約した平均的な見解ではなく意見分布の左裾1に位置する見解に注意を払うという違いがある。

少なくともノーベル経済学賞に関する限りでは、b)とc)の組み合わせに照らして受賞者が選ばれているのではないかというのが私の考えだ。もう少し詳しい話は拙著の『What Price Fame?』を参照していただきたいと思う。

c)という要因はポール・クルーグマンに賞が授与される可能性を低める方向に働くだろう2。クルーグマンだけではない。遺憾ながらゴードン・タロックにしてもそうだ。彼は思ったことを迷わず口にしてしまうところがあるのだ3。一方で、b)という要因はオリバー・ハートをはじめとした多くの理論家に賞が授与される可能性を低める方向に働くだろう。ロバート・ウィルソン&ポール・ミルグロムは――彼らの研究は現実のオークションの設計に応用されていることもあって――数ある理論家の中では受賞のチャンスがいくらか高いかもしれない。オリバー・ハート4やジャン・ティロール5の研究は非常に質が高いことは言うまでもないが、彼らが受賞したところでノーベル経済学賞にさらに箔(はく)がつくことになるかというと何とも言えないところだ6。ハートやティロールの研究を理解できる人が世間にどのくらいいるだろうか? 彼らの研究は現実の政策に影響を与えているだろうか? そういう疑問が頭をよぎるのだ。ポール・ローマーの研究(および彼の研究に連なる収穫逓増のアイデア)は時の試練に耐えてきたと果たして言えるだろうか? アフリカの国々を除外して考えると、世界各国の経済成長率は(内生的経済成長理論から予測されるところとは違って)時とともに収束に向かいつつあるように見えるのだ。

今年度(2006年度)はユージン・ファーマ7とリチャード・セイラーの二人が共同で受賞するのではないかというのが私なりの予想8。オリバー・ウィリアムソン9が受賞する可能性も多くの一流経済学者が考えている以上に高いのではないか。そうも思える。ジャグディーシュ・バグワティーという線も十分考えられるが、その場合には何とも厄介な疑問に答えねばならなくなる。クルーグマンとの共同受賞(貿易理論の分野での貢献)というかたちをとるべきか、それともタロックとの共同受賞(レントシーキングにまつわる業績)というかたちをとるべきか、という疑問である。ノーベル経済学賞の選考委員の面々はハーバードやMIT(マサチューセッツ工科大学)といった主流派グループには属しておらず、それゆえ時の試練に耐え得る業績は何かという点についてアウトサイダー寄りの視点を持ち合わせていることも記憶にとどめておきたいところだ。

ところで、グレッグ・マンキューが「ノーベル賞選考委員会は何を目的にすべきか(何を最大化すべきか)?」という規範的な問いを投げかけている。「シングルヒット」(単打)級の(地道な)研究に取り組む研究者が一人でも多く増えることが望ましいにもかかわらず、ノーベル経済学賞は研究者たちに「ホームラン」級の研究をぶっ放そうという気を起こさせることになっているのではないか? マンキューはそう語っているが、経済学の分野における多くの偉大な貢献はノーベル経済学賞を獲ることを意識して手掛けられてなどいないというのが私の考えだ。一流の科学者は外的なインセンティブに恵まれているばかりではなく強烈な内発的な動機づけにも突き動かされているものなのだ。ノーベル賞が研究者に対して何かをする気を起こさせるとすれば、スウェーデンへのロビー活動を促すことにはなるだろう。ハーバード大学に籍を置く某経済学者が毎年スウェーデンに向けて(自分の名前を売り込むために)「休暇旅行」に出掛ける慣わしになっていることはよく知られているところだ。

世間に向けて経済学を宣伝する。科学を学ぶ人の数を増やす。科学研究に対する政治家や世間、マスメディアの信頼を高める。ノーベル賞を厚生の最大化のために役立てるとすれば今挙げたようなことを目指すべきだろう。そのためには理路整然としていて語り口がわかりやすくて学究的で現実世界と関わりのある話題を研究テーマとしている人物に賞を授与すべし、ということになろう。この点に関してノーベル経済学賞の選考委員会はこれまでのところはいい仕事をやってのけてきている。今回もまた絶妙な判断が下されることを祈るとしよう。

  1. 訳注;おそらくは受賞者候補に対する批判的な意見、という意味。 []
  2. 訳注;クルーグマンは2008年度にノーベル経済学賞を単独受賞している。 []
  3. 訳注;クルーグマンにしてもタロックにしても歯に衣着せぬ物言いのために「敵」が多く、彼らにノーベル賞を与えようものなら多くの批判の声が持ち上がるに違いなく、仮にノーベル賞選考委員会が周囲からの批判を避けようとするのであれば二人に賞を与えることには二の足を踏むだろう、という意味。 []
  4. 訳注;ハートは2016年度にホルムストロームと共同でノーベル経済学賞を受賞している。 []
  5. 訳注;ティロールは2014年度にノーベル経済学賞を単独受賞している。 []
  6. 訳注;世間一般における評判を高めることになると言えるかどうか微妙という意味。世間の普通の人々はハートやティロールの研究を十分には理解できず、それゆえ二人がノーベル賞を受賞しても世間におけるノーベル経済学賞の評判が高まるとは限らないといったことがおそらくは言いたいのであろう。 []
  7. 訳注;ファーマは2013年度にロバート・シラーおよびラース・ハンセンと共同でノーベル経済学賞を受賞している。 []
  8. 訳注;ちなみに、2006年度のノーベル経済学賞はエドムンド・フェルプスに贈られた。 []
  9. 訳注;ウィリアムソンは2009年度にエリノア・オストロームと共同でノーベル経済学賞を受賞している。 []

タイラー・コーエン「多くの児童は算数を使って市場での問題を解いているのに学校の問題は解けないでいる」

[Tyler Cowen, “Many Indian children can use math to solve market problems, but not school problems,” Marginal Revolution, September 8, 2017]

「インドの働く児童の活用されざる数学スキル:証拠,考え得る説明,含意」(Abhijit V. Banerjee, Swati Bhattacharjee, Raghabendra Chattopadhyay, & Alejandro J. Ganimian):
[Read more…]

タイラー・コーエン「アメリカ政府は NFL にお金を払って国歌斉唱のときに起立してもらってるんだって」

[Tyler Cowen, “The American government pays the NFL to tell its players to stand during the national anthem,” Marginal Revolution, September 27, 2017]

アレックス経由のネタ(そう,あのアレックス).記事はこちら.抜粋しよう:
[Read more…]

タイラー・コーエン「インドの児童労働禁止は逆効果だった?」

[Tyler Cowen, “Was banning Indian child labor counterproductive?” Marginal Revolution, September 25, 2017]

著者は Prashant Bharadwaj, Leah K. Lakdawala, Nicholas Li で,アブストラクトは次のとおり:
[Read more…]

タイラー・コーエン「社会保険の一形式として再分配を支持するロールズ的な論証はあるか?」

[Tyler Cowen, “Is there a Rawlsian argument for redistribution as a form of social insurance?” Marginal Revolution, September 23, 2017]

そういう論証を提示した一例がこれ (pdf).ただ,次の点に留意しておこう:
[Read more…]

タイラー・コーエン「今日の小ネタ:日本のオピオイド消費量」

[Tyler Cowen, “Japan (America) fact of the day,” Marginal Revolution, September 20, 2017]

(…)そこで,日本ではオピオイドの一日当たり標準消費量がどれくらいなのか考えてみよう.次に,それを2倍する.さらに2倍.またまた2倍する.そしてまた2倍.とどめに5回目の2倍.これだけやると,日本の消費量は世界2位になる.アメリカはその上の1位だ.

Vox の German Lopez 執筆記事から.

[Read more…]

タイラー・コーエン「ピアレビュー制度はみんなが思ってるより新しい」

[Tyler Cowen, “Peer review is younger than you think,” Marginal Revolution, September 17, 2017]

ベン・シュミットのブログによると,「ピアレビュー」という言葉が一般的になったのは1970年代になってのことにすぎない〔※グラフはグーグル ngram viewer の検索結果〕:

実際に学術誌での慣習がどうなっていったのか詳細を知りたいところだけど,ぼく個人の感覚だと,ごく最近になって外部査読者のチームによる査読が一般的になるまでは編集部による査読が基本だったと思う.たとえば,1956年に American Historical Review は投稿論文のコピーを1部しか求めていなかったし,1970年ごろまでずっとそれは変わっていなかったようだ.おそらく,編集の方で写真複写をつくってたんだと思う.どうやらシュミットの考えでは,政府による資金提供の慣行によって,大学専門職が複数査読者によるレポートを含むもっと正式なピアレビューへと背中を押されていったということらしい.

少なくとも,ピアレビューが論文掲載の値打ちがあるかどうかを決定している以上,さらに調べてみる必要があるね(すごく高齢の人たちに聞いてみるのはどうだろう?).率直に言うと,そういう調べ物は編集部による査読での方が掲載される見込みがあるんじゃないかと思う.

こちらは,まさか Twitter をやってるとは知らなかった Judy Chevalier〔イェール大学教授,金融・産業組織論〕のツイート

39ページの論文についたコメントに28ページの「査読者と編集部の疑義への返答」をやっと書き上げたところ.

それなら Judy にもう一本論文書いてもらう方がぼくはありがたいけどね.

ところで,科学論文はだんだん読みにくくなっているとの話だ.