経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「クリスマスゲーム理論」(2009年12月27日)

●Alex Tabarrok, “Christmas Game Theory”(Marginal Revolution, December 27, 2009)


愛しき妻へのクリスマスプレゼントに宝石を買っておいたのだが、妻曰く「返品してきてちょうだい」とのこと。「高価すぎるわ」(高価すぎて受け取れない)というのだ。素晴らしい。実に素晴らしい応答だ。こうして私はクレジットカードを使わずして妻からクレジット(信頼、信望)を勝ち得たというわけだ1

「ゲームの木」を慎重に辿った挙句に(後ろ向き帰納法を駆使した挙句に)宝石を買うという選択に至ったのだが2、そんな裏事情があるなんてことは妻には絶対に明かすまい。

(追記)真似はしないように。ゲーム理論や自分の配偶者のことは細かいところまでよく知っているというなら話は別だが、そうでもないのに私の戦略を真似ると懐事情に大打撃が加えられる恐れがある(詳しくはトーマス・シェリング(Thomas Schelling)の瀬戸際戦略(brinkmanship)を参照のこと)。

  1. 訳注;お金を一銭も使わずに妻からの信頼を勝ち得た、ということ。宝石を返品すればその代金を支払う必要もなくなる(クレジットカード払いで宝石を買っていた場合は宝石の代金が後日預金口座から引き落とされずに済む)が、その一方で妻には「夫は大枚をはたいて私に宝石をプレゼントしてくれようとした」という好印象を持ってもらえる可能性がある。 []
  2. 訳注;妻に宝石をプレゼントしても決して受け取らないだろう(「高価すぎて受け取れないわ。返品してきてちょうだい」と応じるだろう)と見越した上で宝石を買った、という意味。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください