経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「サンタの正体は?」

●Alex Tabarrok, “Father Christmas?”(Marginal Revolution, December 24, 2007)


6歳と9歳の二人の息子が次のような会話を交わしていた。

「丸々と太ったデブがトナカイに乗って世界中を一晩で飛び回るっていうんだぜ? そんな話信じられる? 馬鹿げてるよ。」

「僕もそう思う。」

「じゃあ誰がプレゼントを用意してくれてるんだろう? パパかなあ?」

「違うんじゃないかなあ。パパならお金をくれるはずだもん1。」

  1. 訳注;経済学者であるパパ(タバロック)は「クリスマスの死重的損失」の話題をよく知っているはずだ。だからわざわざプレゼントを買うはずがなく、直接お金を渡すはず。毎年のように枕元に(お金ではない)プレゼントを届けてくれるサンタの正体がパパのはずがない、という意味。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください