経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「硬貨の起源 ~産業革命黎明期のイギリスにおける硬貨不足はいかにして解消されたか?~」

●Alex Tabarrok, “On the Origin of Specie”(Marginal Revolution, August 23, 2012)


エコノミスト誌の記事(本エントリーのタイトルはこの記事のタイトルを拝借したものだ1)が語るところによると、貨幣――その中でも特に硬貨(コイン)――は「取引に伴うコストをできるだけ低く抑えるための手段として民間部門において自生的に発展してきたわけではなく、政府がその発行を引き受けることを通じて発展してこざるを得なかった」ということらしい。しかしながら、過去の歴史を振り返ると民間部門において硬貨(私鋳銭)が鋳造された例は数多い。かつてジョージ・セルジン(George Selgin)の傑作である『Good Money』を話題にしたことがあるが、その時のエントリーの一部を以下に引用しておこう。テーマは産業革命黎明期のイギリスにおける私鋳銭の鋳造である。

産業革命の到来とともに多くの人々は生まれ故郷(の農地)を離れて都市部の工場で労働者として働き始めることになるが、それに伴って交換手段に対する需要が劇的に高まることになった。それまでは労働の報酬は現物(農作物)で支払われていたが、都市部で働く労働者たちは生活必需品を購入するための手段を得るために労働の対価を現金で支払うよう求めたのである。しかしながら、民間の銀行が独自の銀行券(小額の銀行券)を発行することは法律で禁じられており、硬貨を鋳造する独占的な権限を付与されていた英国王立造幣局(Royal Mint)は労働者や雇用主が求める質の高い硬貨(銅貨)を十分に供給できずにいた2

王立造幣局は工場で働く労働者たちの求めに応じる(十分な量の硬貨(銅貨)を鋳造する)意思もなければそのために必要な能力(技術)も欠いていた。とある歴史家が当時の王立造幣局が直面していたインセンティブについて次のように説明しているが、旧ソ連時代の製釘工場(釘を製造する工場)が置かれていた状況を彷彿とさせるものがある。

王立造幣局は硬貨の鋳造を受け持つ公的な機関だったが、王立造幣局に課せられていた年間のノルマは枚数単位(何枚の硬貨を製造するか)ではなく総額単位(総額でいくらの硬貨を製造するか)で決められていた。50万4千枚の半ペンス銅貨を鋳造するよりは1000枚のギニー金貨を鋳造する方がずっと簡単で楽な作業だ3ということはその当時の先端科学の知識がなくとも容易に理解できたことだった。タワーヒル地区の(働き過ぎとは決して言えない)住民たち4はこのことに気付いて大喜びした。・・・(中略)・・・仮に王立造幣局がもっと協力的であり、それゆえ(工場で働く)賃金労働者たちの求めに応じる意思をあともう少しだけ持ち合わせていたとしても銅貨不足の解消に一役買うことは困難だったことだろう。それというのも王立造幣局が硬貨の鋳造に用いていた機械は遠い昔から受け継がれてきた時代遅れの代物だったからである。

・・・(中略)・・・

公の機関が投げ出した問題の解決に乗り出したのは民間の企業家たちであった。

銅貨不足の解消に乗り出したのはバーミンガムを拠点とするボタン製造業者たちだった。ボタン製造業者たちが鋳造した銅貨(私鋳銭)はやがて幅広い範囲で流通するようになったものの、偽造が至るところで蔓延る始末だった。質の高い銅貨(良貨)が不足していることに不満を募らせていたマシュー・ ボールトン(Matthew Boulton)はある時妙案を思い付いた。ビジネスパートナーであるジェームズ・ワット(James Watt)が発明した蒸気機関の力を借りたスチームプレス機なら質の高い銅貨が鋳造できるのではないかと考え、そのアイデアを実行に移したのである。蒸気機関を利用したこの新たなプレス機は従来機よりもずっと大きな圧力を加えることができ、硬貨の縁を正確に整えたり硬貨を正確にくり抜くことが可能であった。こうしてボールトンは偽造が困難な銅貨の製造にこぎつけたわけだが、この銅貨は大量生産することも可能であった。ボールトンの物語についてはセルジンの件の本の中で大変巧みに跡付けられているが、ここではボールトンが製造した銅貨はイギリス国内においてだけではなくインドやシンガポール、バミューダ諸島といったその他の至る地域を含めてそれまでに製造されたいずれの銅貨よりも優れたもの(最高品質の銅貨)であったと指摘しておくだけで十分であろう。民間部門において硬貨(私鋳銭)が鋳造された例というのはボールトンのケースだけに限られるわけではない。セルジンが自らのブログで指摘しているように、アメリカや日本をはじめとしたその他の国でも私鋳銭が鋳造された例を見出すことは可能なのだ。

ボールトンがソーホー鋳造所で製造した硬貨の写真をいくつか掲げてエントリーの締め括りとしよう。

SohoMint1SohoMint31SohoMint21

  1. 訳注;原題は“On the Origin of Specie”となっているが、このタイトルはダーウィンの『種の起源』(“On the Origin of Species”)を意識してつけたものと思われる。 []
  2. 訳注;言い換えると、銅貨が不足する事態が続いたということ。当時の労働者の賃金は低く、そのため賃金は額面の小さな硬貨(=銅貨)で支払う必要があった。 []
  3. 訳注;1ギニー=21シリング、1シリング=12ペンス。総額で1000ギニーの硬貨を製造する場合、1ギニー金貨であれば1000枚で済むが、半ペンス銅貨だと50万4千枚(2×12×21×1000)もの枚数を製造しなければならない。硬貨の鋳造に関するノルマが総額単位で決められていたために王立造幣局は額面の大きな硬貨(金貨)を鋳造してできるだけ仕事量を減らそうとする(硬貨の製造枚数をできるだけ少なく抑えてノルマの達成を図ろうとする)インセンティブに直面していたという趣旨のことが言いたいのであろう。 []
  4. 訳注;王立造幣局の所在地はタワーヒル地区。「タワーヒル地区の住民たち」というのは王立造幣局で硬貨の鋳造を担当していた役人のことを指している。 []

Comments

  1. いま大英博物館を見学中です。
    ジェームズワットの工場で作成されたコインを見て、私の英語の理解は正しいか確認したくてこちらのページにたどり着きました。
    かなり大きく重いコインなため、長い期間は流通しなかったようですね。
    詳しいご説明を拝見できて良かったてます。
    ありがとうございました。

コメントを残す