経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「運にも味方された我が学者人生」(2006年5月26日)

●Alex Tabarrok, “Getting Lucky on My Way to the Top”(Marginal Revolution, May 26, 2006)


私が大学院(ジョージ・メイソン大学)を卒業した(博士号を取得した)当時、経済学者を対象とする雇用市場はいわゆる買い手市場で就職先を見つけることが難しい状況だった。運良くもバージニア大学で客員のポスト(講師)をゲットし、その後しばらくしてインディアナ州マンシーにあるボールステイト大学でテニュアトラックの助教授の地位に就くことができたが、他に選択肢(採用のオファー)はほとんどない状態だった。ボールステイト大学の同僚たちは好人物ばかりだったが、そこで何年か過ごしているうちに次第に不満が募るようになり、「ええい、ままよ!」との思いでカリフォルニア州オークランドにある(シンクタンクの)インディペンデント・インスティテュートに身を移す決断を下したのだった。インディペンデント・インスティテュートでは研究部長のポストが用意されていたが、その当時は「私の学者人生はここで終わるのだろう」と考えていたものだ。

ところがそうはならなかった。インディペンデント・インスティテュートの創設者であるデビッド・セロー(David Theroux)の励ましもあって――私の学術的な研究がインディペンデント・インスティテュートの活動方針の一つ(研究活動の推進)に沿うものだと判断してくれたようだ――私はとにかく論文を書き続けた。そうこうしているうちにあれやこれやの出来事が重なって(中でもコーエンの助けもあって)何ともありがたいことにジョージ・メイソン大学に今度は教授として再び戻ってくることができたのだった。

これまでの話はオースタン・グールズビー(Austan Goolsbee)がニューヨーク・タイムズ紙に寄稿しているコラムを紹介するための前置きのようなものだ。このコラムでは学校を卒業した時点での景気の状態が新卒者のその後の所得に対して驚くほど尾を引くかたちで影響を及ぼし続ける可能性があることを示唆する最近の研究結果1が紹介されている。

例えば、1988年度にスタンフォード大学経営大学院を卒業した学生たちは1987年の株価大暴落(ブラックマンデー)の直後に就職戦線に入ることになった。民間の銀行は新卒採用に消極的であり、そのためもあって(高給な銀行業の世界への就職が例年よりも狭き門だったこともあって)1988年度卒業生全体の(卒業してから数年後の)平均賃金は1987年度卒業生全体の(卒業してから数年後の)平均賃金を下回るだけではなく、株式市場が回復した後に卒業を迎えることになった学生全体の(卒業してから数年後の)平均賃金も下回る結果となったのだった。卒業してから10年以上経過した後でも1988年度卒業生全体の平均賃金はそれ以外の年度に卒業した学生全体の(卒業後10年以上経過した後の)平均賃金を大きく下回ったままなのだ。1988年度の卒業生たちはスタートの時点で割りのいい仕事を取り逃がしてしまい、その後も失地を挽回できずにいるというわけだ。

・・・(略)・・・

これら一連のデータによると、同じ職場にとどまって出世の階段を上った(昇進した)としても(景気がよかった年に就職戦線入りした学生との)賃金格差を埋めることはできないことが確認されている。というのも、スタートの時点で割のいい仕事にありつけた学生たちも同じく昇進するからであり、そのため追いつくことは難しいのだ。景気が悪い年に卒業したにもかかわらず(景気がよかった年に就職戦線入りした学生との)賃金格差を埋めることができたケースもあるが、同じ職場にとどまって昇進を目指そうとするのではなく別の職場(あるいは別の業界)に転職することを選んだ人物がそういうケースに当てはまる傾向にあるようだ。

私自身の経験とグールズビーが紹介している研究結果から3点ほど教訓めいたことを引き出しておくとしよう。大学から一旦離れる(シンクタンクであるインディペンデント・インスティテュートに身を寄せる)という選択は似たような境遇に置かれたその他大勢から自らの身を切り離す(大勢とは違った道を行く)ための方法そのものだった。そうするしかなかったというわけではないが、平均の値が低い時には平均から外れたことをやってみる必要がある。これが一つ目のポイントだが、ファイナンス(金融工学)の理論家であれば「それはオプション価格評価理論から得られる教訓そのものだ」と言うことだろう。

私はおよそ10年をかけてアメリカ大陸を東から西、西から東へ(フェアファックス2⇒シャーロッツビル3⇒マンシー⇒オークランド⇒フェアファックス)と(時には妻を伴い、時には単身で)一往復したことになる。頻繁にあちこち移動する経験を積んでいるうちに書店で本を買う時には値段よりも重さを重視するようになったものだ。それはともかく、一所にとどまらずに頻繁にあちこち動き回る(職場を変える)という選択はスタート時点での劣勢を跳ね返す助けとなったとは言えるだろう。これが二つ目のポイントだ。

最後に三つ目のポイントは「運は大事」4ということだ。

  1. 訳注;Paul Oyer, “The Making of an Investment Banker: Stock Market Shocks, Career Choice and Lifetime Income”(pdf)および Philip Oreopoulos, Till Von Wachter and Andrew Heisz, “The Short- and Long-Term Career Effects of Graduating in a Recession”(pdf) []
  2. 訳注;ジョージ・メイソン大学の所在地 []
  3. 訳注;バージニア大学の所在地 []
  4. 訳注;現在の地位(ジョージ・メイソン大学の教授)に辿り着くまでの道のりは決して平坦なものではなく運に助けられた面もあるということに加えて、学校を卒業する時点での景気の良し悪し(という求職者個々人の力ではいかんともしがたい運的な要素)如何によって(生涯所得をはじめとする)その後のキャリアの行方が大きく左右されかねない、という意味が込められているものと思われる。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください