経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

スコット・サムナー 「どこかがおかしい我が愛車・・・とFedの金融政策」(2019年5月21日)

●Scott Sumner, “There’s something wrong with my car”(TheMoneyIllusion, May 21, 2019)


先週の話になるが、カーディーラーのもとを訪れてきた。買ったばかりの新車の調子がいまいちなのだ。

「高速道路で本線に合流しようと思って制限速度いっぱいの時速65マイル(時速およそ104キロ)まで加速しようと試みたんですが、どうもうまくいかないんです。ブレーキペダルを9回ほど軽く踏んだんですが、それでもうまくいかないんです。時速65マイルまで加速しないんですよ。どこか故障してるに違いないと思うんです」。

・・・と我が愛車が抱える問題について伝えたところ、珍妙な顔をするディーラー。ブレーキペダルを踏んだら希望する速度まで車が加速しないのも当然ですとかなんとか口からでまかせを言い出す始末。

「Fedにはインフレ率を2%にまで引き上げる能力は備わっていない」。そんなコメントがひっきりなしに寄せられる。Fedはインフレの抑制を狙って2015年以来計9回にわたって政策金利を引き上げた。そして2019年現在、インフレ率は未だに2%に届かずにいる。Fedに搭載されている「インフレ加速メカニズム」のどこかにおかしなところがあるに違いない。


コメントを残す