経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『チューリングの大聖堂』」(2012年3月8日)

●Tyler Cowen, “*Turing’s Cathedral*”(Marginal Revolution, March 8, 2012)


今回のエントリーのタイトルはジョージ・ダイソン(George Dyson)の新著(邦訳『チューリングの大聖堂: コンピュータの創造とデジタル世界の到来』)から拝借したものだ。副題は「デジタル宇宙の起源」。最上級のあっぱれな一冊だ。コンピュータシステムの起源、初期のコンピュータと核兵器システムとのつながり、天才にやる気を出させる術、そしてジョン・フォン・ノイマンの経歴。本書を読むとそういった一連のあれこれについて考え直さざるを得なくなる。ほんの少しだけだが、内容の一部を引用しておこう。機会があればまた話題にするかもしれない。

ビゲロー(Julian Bigelow)は1943年にMIT(マサチューセッツ工科大学)を去り、その後はウォーレン・ウィーバーからの誘いもあって国家防衛研究委員会(NDRC)に設置された応用数学パネル統計研究グループの一員に加わることになる。コロンビア大学の後援を受けたそのグループには全部で18名の学者(数学者および統計学者)―――何名か名前を挙げると、ジェイコブ・ウォルフォウィッツハロルド・ホテリングジョージ・スティグラーエイブラハム・ワルド、そして(しばらくして経済学者に転身することになる)ミルトン・フリードマン――が集った。このグループは戦時下で巻き起こる様々な問題に取り組んだが、例えば次のような質問とともに議論が開始されるのが常だった。「戦闘機に12.7ミリ重機関銃(ブローニングM2重機関銃、通称「キャリバー50」)を8丁搭載するか、それとも20ミリ機関砲を4丁搭載するか。どちらにすべきでしょうか?」

フランシス・スパフォード(Francis Spufford)による書評はこちらだ。お薦めだ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください