経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「カンフーの経済学 ~香港でカンフー人気に陰りが見え始めているのはなぜ?~」(2016年8月23日)

●Tyler Cowen, “The economics of Hong Kong kung fu”(Marginal Revolution, August 23, 2016)


香港の街中は近年になってますます安全になってきており、あの「三合会」――カンフー映画でおなじみの凶悪な犯罪組織――による殺人事件も減少傾向にある。さらには、香港は世界の中でも不動産の価格がトップクラスに高い都市の一つであり、カンフー教室を開くために道場を借りようにも賃貸料が高くてそれもなかなか難しい状況となっている。

「カンフーが香港人の文化や余暇の大きな割合を占めていた」時代も最早過ぎ去ろうとしている。そう語るのは香港のマーシャルアーツ(格闘技)の歴史に関する著書もある麥勁生(Mak King Sang Ricardo)氏だ。「仕事が終わるとマーシャルアーツの道場に足を運び、そこで他の練習生たちと一緒になって夕食を作って食べ、夜の11時ごろまでカンフーの練習に汗を流す。そういう生活がおきまりの一つでした」。

マーシャルアーツに対する好みに変化の兆しが見え始める(マーシャルアーツ人気に陰りが見え始める)のと並行して、香港の若者の間ではビデオゲームの人気が高まりを見せている。10代の若者たちの間では回し蹴りの習得に励むよりも公園でポケモンGOに興じる方が人気となっているのだ。若者たちの間では「カンフーは『クール』じゃない」との認識が広まっており、マーシャルアーツに長年携わっている関係者たちの間では「カンフーの未来は暗いのではないか」と懸念する声が広がっている。

道場の賃貸料が高いことも大きな問題となっている。

・・・(略)・・・梁挺(Leung Ting)氏が会長を務める国際詠春拳協会(International WingTsun Association)が掴んでいる情報によると、かつて香港の道場で(中国武術の一つである)詠春拳を習った元練習生たちが世界各国に散らばって詠春拳の道場を開いており、その数は世界65カ国以上で計4000にも及ぶという。しかしながら、香港にある詠春拳の道場の数は現在のところたったの5つに過ぎないという。

・・・(中略)・・・

「カンフーはどちらかというと定年退職した叔父や祖父たち世代のためのものなのです」。

全文はこちら。このニューヨーク・タイムズ紙の記事は全編を通して面白いが、私が聞いたところによると記事を書いているCharlotte Yangは正規の記者ではなく(夏季休暇を利用してインターンでニューヨーク・タイムズ社で働いている)インターン生ということだ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください