経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「スウェーデン風ミートボールはなぜかくも小粒なのか?」(2009年11月2日)

●Tyler Cowen, “Why are Swedish meatballs so much smaller than their American counterparts?”(Marginal Revolution, November 2, 2009)


この話題がブログ界でにわかに注目を集め出しているようだ。

貴君のブログを長年愛読させていただいている一人なのですが、しばらく前から不思議に思っていた疑問があります。「国ごとにミートボールの大きさに違いがあるのはなぜか?」というのがその疑問なのですが、この件について貴君のお考えをお聞かせ願えたらと思っています。先日のことです。ガールフレンドが夕食を作ってくれたのですが、その時出された料理というのがスウェーデン風ミートボールでした。スウェーデン風ミートボールってこんなに小粒なのかとその時初めて知りました。ひき肉をこんな感じに小さく丸めるのは手間がかかって効率が悪いんじゃないでしょうか? アメリカ風のミートボールのように一粒一粒をもっと大きめのサイズに丸めた方がいいんじゃないかと思うんですがどうでしょうか? 

遠い過去の出来事(歴史)に履歴効果が付け加わった。そのようなメカニズムが働いている可能性がある。ヤン=オイヴィン・スバーン(Jan-Ojvind Swahn)の『Mathistorisk Uppslagsbok』によると、スウェーデンでミートボールという料理がその姿を現したのは1754年に遡る(1754年に出版されたカイサ・ヴァリ(Cajsa Warg)のレシピ本の中でミートボールが初めて登場した)ということだが、スウェーデンでは20世紀初頭に入っても牛肉は依然としてぜいたく品のままだった。それにひきかえアメリカでは肉は容易に手に入った。アメリカはスウェーデンに比べると気候が穏やかだったこともあって(牛をはじめとした)食用となる獲物にも牛を養うための草(天然の餌)にも恵まれていた。さらには、1920年代に起こった冷凍輸送革命のおかげで1それまでよりもたくさんの肉が多くの家庭の食卓に届けられるようになったが、冷凍輸送革命の恩恵がスウェーデンの地に及ぶまでにはしばらく時間を要したのであった(そのような遅れが生じたのはヨーロッパの鉄道網から切り離されていたことと相まって人口がごく少数の都市に密集していたためだ)。そんなこんなの結果が2小粒のミートボールであり、その伝統が今日までずっと続いてきているというわけだ。

このようなロックイン効果3について純理論的な観点から説明をつけようと思えば、固定的な生産要素の存在に足場を置いたリカード流の説明(あるいはソロー流の説明と形容すべきだろうか? ソロー流の新古典派成長モデルを細かくつつくとその背後に非対称性が控えていることがわかる。あるところまでいくと「資本」(資本ストック)の限界生産性はゼロになるのだ。そういう意味でソロー流の新古典派成長モデルは現代版のリカードモデルだと言える)が可能だろう。スウェーデン風ミートボールにはそれ以外の国のミートボールに比べるとずっと多くの乳製品が入っているのがおきまりのようになっているが、こと料理に関しては「規模に関する収穫一定」の仮定は概して成り立たないのだ4。流体をそのうちに含む緩く結び付いている球状の物体についてはなおさらそうなのだ。

スウェーデン風ミートボールの謎(なぜかくも小粒なのか?)については侃々諤々の議論が続けられているようだが、不思議なことに今回私が挙げた要因に言及している例は見られないようだ。

(追記)コメント欄でLennartが次のように指摘している。「スウェーデン風ミートボールは油で揚げるので表面がカリカリです。そのことだけからしても他の調理法で作るミートボールよりもずっとおいしく味わえます。ノルウェーやデンマークのミートボールは油で揚げずに熱湯で茹でるだけです。ミートボールのサイズが大きければ大きいほど表面をカリカリに揚げるのに手間がかかることになりますが、熱湯で茹でるだけならサイズにこだわる必要もありません。ノルウェーやデンマークのミートボールが大粒なのは(そしてスウェーデン風ミートボールに味で敵わないのは)そういう事情ゆえなのです」。

  1. 訳注;肉の冷凍輸送が技術的に可能になり、そのおかげで遠隔地にまで肉が届けられるようになった、という意味。 []
  2. 訳注;稀少な肉をできるだけ節約しようと工夫した末に生み出されたのが、という意味。 []
  3. 訳注;一旦確立された慣行が周辺状況の変化にもかかわらずその後も続くこと。今回の場合で言うと、肉を手に入れるのが容易になったにもかかわらず、スウェーデン風ミートボールは昔ながらに小粒のままの状態が続いている、ということ。 []
  4. 訳注;「規模に関する収穫一定」の仮定が成り立つ場合はすべての生産要素の投入量を例えば2倍に増やすと生産物の量も2倍になることになる。今回の場合は生産物の「量」ではなく「サイズ」が問題にされているので、「規模に関する収穫一定」の仮定が成り立たない=(ミートボールを作るために使用する)材料の量をすべて例えば2倍に増やしてもミートボールの大きさは2倍にならない、ということになるだろう。乳製品を多めに入れても使用される肉(固定的な生産要素)の量の少なさをカバーできず、その結果としてスウェーデン風ミートボールは他の国のミートボールに比べると小粒になる、といったことが言いたいものと思われる。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください