経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「トランプを支持しているのはどんな層?(その2)」(2016年8月12日、10月28日)

●Tyler Cowen, “The roots of Trump support” (Marginal Revolution, August 12, 2016)


自分自身が苦難にされされているというわけでは必ずしもなく、隣人が苦難にされされている。トランプに対する支持の源はどうやらそういうところに求められるようだ。

世論調査の研究で知られるギャラップ社がこの度新たに発表した分析結果は巷間に流布している説の不備を浮き彫りにしている。その分析結果はギャラップ社が過去1年間にわたって計8万7千人を対象に行った聞き取り調査が基になっているが、トランプに好意的な印象を持っている回答者はトランプを嫌悪している回答者に比べて海外との貿易や移民の流入によって大きな痛手を被っているかというとそういうわけではない、というのだ。トランプ支持者は平均するとその他のアメリカ国民と比べて所得が低いわけでも失業にさらされる危険性が高いわけでもない。ギャラップ社の分析結果はそのような可能性を示唆しているのだ。

トランプを支持している当人は経済的に比較的恵まれているかもしれないが、その当人の周囲には何らかの苦難にされされている隣人が数多くいる。ギャラップ社の分析結果はそのような可能性も同時に示唆している。若くして命を失う白人が多かったり、貧困の連鎖からなかなか抜け出せないでいる若者が数多くいる。トランプ支持者はそのような地域の住人である場合が多いのだ。

ギャラップ社の分析結果は誰がトランプを支持しているかを高度な統計分析を応用して探ったこれまでで最も包括的な調査だ。この調査を取り仕切ったのはジョナサン・ロズウェル(Jonathan Rothwell)である。ロズウェルは聞き取り対象者がどこに住んでいるかをZIPコード(郵便番号)に応じて分類した上で高度な統計分析を加え、そうして得られた結果をその他のデータとも照らし合わせてチェックしている。

マックス・エーレンフロイント(Max Ehrenfreund)とジェフ・ギュオ(Jeff Guo)が連名で執筆している(毎度の如くお見事な)Wonkblogの記事からの引用だ。引き続き引用しておこう。

白人は他の層に比べて裕福な傾向にあり、トランプ支持者の大勢は白人である。とは言え、このことはトランプ支持者についてだけ当てはまる話ではなく、共和党員全般についても言えることだ。しかしながら、ロズウェルが白人の共和党員に的を絞って詳しく分析した結果によると、その中でも裕福な回答者ほどトランプに好意的な傾向にあることが見出されたということだ。

・・・(中略)・・・

「お金」の面(低所得)だけではトランプの人気は説明できない。ロズウェルの分析結果はそのことを示唆している。トランプは学歴がそう高くはない男性層にも人気があるが、トランプ支持者の間には学歴とは別の何らかの共通する特徴があるのだろう。

ロズウェルの分析結果は他の分析結果に比べると(トランプ躍進の原因を説明する要因として)「海外との貿易」や「中国」が果たす役割をかなり低く位置付けるものでもある。ロズウェル本人による分析結果の要約はこちらを参照されたい。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “United States fact of the day: who supports Trump?”(Marginal Revolution, October 28, 2016)


(海外との貿易を通じて)「アメリカから職が奪われている」。ドナルド・トランプが何度も何度もそう訴えているのを耳にしたことがあるだろうが、そのようなトランプの訴えを聞いていると「トランプを支持しているのは海外との貿易のせいで苦汁をなめさせられることになった人たちなのだろうな」と思われるかもしれない。ところがどっこい。ギャラップ社が明らかにした最新の分析結果によると、どうやら真実は逆のようなのだ。

・・・(中略)・・・

「トランプを支持しているのは製造業部門で働いていて職を失った経験がある労働者という可能性が高い。そのことを示す証拠は何をどう測っても一切出てこないんです」。ギャラップ社のシニアエコノミストを務めるジョナサン・ロズウェルは電話でのインタビューにそう答えた。

有権者がトランプを支持しているかどうかをうまく予測できる要因には何があるか? ギャラップ社が今回明らかにした調査ではその点が探られているが、有権者が製造業の盛んな地域に住んでいるとその有権者がトランプを支持する確率は1%低下する(人種や所得といったその他の要因をコントロールした上での話)、という結果が得られている。

・・・(中略)・・・

その一方で、有権者が製造業の影が薄い地域に住んでいるとその有権者がトランプを支持する確率は1%高まるという。

詳しくはガス・ルビン(Gus Lubin)が執筆しているこちらのBusiness Insiderの記事を参照されたい。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください