経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「リチャード・ギル ~経済学者にして遅咲きのオペラ歌手~」(2010年10月29日)

●Tyler Cowen, “Richard T. Gill”(Marginal Revolution, October 29, 2010)


リチャード・ギル(Richard T. Gill)氏が月曜日に亡くなった。メトロポリタン歌劇場のステージで計86回にもわたって歌声を披露したことのあるハーバード大学出の経済学者はおそらく彼くらいのものだろう。・・・(略)・・・享年82歳。

全文はこちら。ギルは大学の講義でもよく使われた教科書をたくさん書いているが、ボイストレーニングをはじめたのは何と40歳間近になってからということだ。それまで(40歳間近になるまで)はクラシック音楽についても疎くて、タバコを一日2箱半(50本)は吸うヘビースモーカーだったらしい。彼の(オペラ歌手としての)初舞台はハーバード大学で公演された「フィガロの結婚」(演出はジョン・リスゴー、音楽の指揮はあのジョン・アダムズ)。フィリップ・グラス制作の「サチャグラハ(サティアグラハ)」の初演にも出演している。オペラ歌手としての活動を続けている間も教科書の執筆・改訂はやめなかったということだ。

ギルはオペラに専念するためにハーバード大学で手にしていたテニュア(終身在職権)を投げ打つ決断をした。彼が大学を去ったのは1971年のことだ。1984年から1985年にかけてはPBS(米公共放送サービス)で放映された経済学のテレビ講座で司会を務め、1990年代に入ると2冊の本を出版。一冊は人口問題がテーマでもう一冊はアメリカにおける家族の衰退がテーマだ。彼が提案している「父母援護法案」はこちら(pdf)を参照。ギルはアトランティック・マンスリー誌およびニューヨーカー誌に短編のフィクションを寄稿しており、彼の作品はあちこちの選集の中に収録されているとのことだ。2003年には処女作となる小説も発表している。

ギルのホームページはこちらだ。亡くなる間際まで三~四巻本の自伝を執筆していたらしい。ハーバード大学の学部生時代はボクサーとしても好成績を残したとのこと。21歳の若さで(大学の運営管理職員として)部長補佐(Assistant Dean)に任命され、その後はレベレットハウス(ハーバード大学の学生寮の一つ)のマスター(寮長)も務めたということだ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください