経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「大統領選挙と鮫」(2012年10月29日、2016年10月29日)/「大統領選挙と雨」(2016年11月4日)

●Tyler Cowen, ““Blind Retrospection Electoral Responses To Drought, Flu, and Shark Attacks””(Marginal Revolution, October 29, 2012)


「『干ばつ、インフルエンザ、鮫の襲撃』に対する有権者の盲目的な回顧投票」。クリストファー・アチェン(Christopher Achen)とラリー・バーテルズ(Larry Bartels)の二人が2004年に執筆した論文(pdf)のタイトルだ。今週か来週あたりにその真実味が明らかになる可能性があるかもしれない。

有権者は苦難が起こるとその責任を取ってもらうために現職の政治家を罰するものだ。民主政治の研究にいそしむ学徒たちの間では長らくそう信じられている。現代の政府は経済(景気)の良し悪しに責任を負っているが、無能な(国家経済の)管理者を引き摺り下ろして有能そうな代わりを(選挙で)選ぶことは物事に通じた合理的な行為のように思える。しかしながら、現実の有権者がそのように洗練された行い(回顧投票)1に従っているかというと厳密な検証にはとても耐えられない。現実の有権者は干ばつや洪水、鮫の襲撃といった神の御業(不可抗力、天災)の責任を取ってもらうために現職の政治家を時として罰することがある、というのが本論文で我々が発見したことである。いくら不可抗力であったとしても「その出来事を引き起こした責任は現政府(与党)にある」という筋書きが説得力ある話として世間(世俗文化)で流布するようであれば、有権者はその出来事に遭遇することで鬱積した不満を現職の政治家(あるいは与党の政治家)にぶちまけ、選挙で野党の政治家に票を投じる可能性がある。天災による苦痛にさいなまれるような場合、有権者としては必ずしも非合理的ではなくても科学や政治について無知であるようであれば、野心溢れるデマゴーグ(煽動家)が天災に乗じて名を上げようとたくらむとそれについ騙されやすくなってしまう。民主主義の感応性(democratic responsiveness)に対する従来の理解も回顧投票を合理的な行為として解釈しようとする従来の試みも現実の有権者の投票行動についての本論文での解釈の前にひれ伏さざるを得ないのだ。

私もケヴィン・グリアー(Kevin Grier)と連名で関連する記事をスレート誌に寄稿したばかりだが2、今回取り上げたアチェン&バーテルズ論文はグリアーに教えてもらったものだ。グリアーに感謝。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Do shark attacks really influence presidential elections?”(Marginal Revolution, October 29, 2016)


有権者はこれまで思われていたほどには非合理的ではないようだ。あるいは、少なくともこれまで思われていたようなかたちでは非合理的ではないようだ、とも言えるだろう。

本論文ではアチェン&バーテルズ(2002, 2016)による目を見張る主張――鮫の襲撃は大統領選挙の結果に影響を及ぼす――の妥当性を再検証する。その検証結果はというと、何とも言えないというのがせいぜいのところである。本論文ではまずはじめにアメリカの歴史上で発生した鮫の襲撃事件(鮫が人を襲った事件)のデータを洗いざらい集め、1872年から2012年までの間に行われた米大統領選挙のすべてのケースにおいて鮫の襲撃事件がどのような影響を及ぼしたかを郡ごとに調べ尽くしたが、鮫の襲撃事件が現職の大統領(ないしは現職の大統領が所属する政党)に不利に働いたとの系統的な証拠はほとんど見出すことができなかった。次に検証の対象に選んだのは1916年の大統領選で再選を目指していたウッドロウ・ウィルソン大統領がニュージャージー州の沿岸で起きた鮫の襲撃事件(人命が失われてもいる)のためにその沿岸近くにある(ニュージャージー州内の)郡で大きく票を失ったとのアチェン&バーテルズの発見だが、計量モデルの特定化を変えると(鮫の襲撃事件がニュージャージー州沿岸にある郡でのウィルソン大統領の得票率に及ぼしたと考えられる)効果の大きさもかなり弱まり両者(鮫の襲撃事件とニュージャージー州沿岸にある郡におけるウィルソン大統領の得票率)の間の関係も統計的に有意ではなくなる場合があることが見出された。三番目に検証の対象になったのは(ニュージャージー州)オーシャン郡の沿岸にある町(タウン)レベルのデータに関するアチェン&バーテルズの発見だが、町の境界線変更に伴って生じる誤差を修正すると効果の大きさは大幅に弱まり、ニュージャージー州沿岸の他の郡については鮫の襲撃事件がウィルソン大統領の得票率を減らしたという関係は見出されないとの結果が得られている。最後に鮫の襲撃事件が起きなかった州のデータを使ってプラセボ対照試験を行ったところ、たとえ鮫の襲撃事件が得票率に何の影響も及ぼさないようであってもアチェン&バーテルズが得たのと同様の結果が得られる可能性があることが見出された。鮫の襲撃事件が大統領選挙の結果に影響を及ぼすことを示す説得的な証拠はほとんど見出されず、鮫の襲撃事件が大統領選挙の結果に何らかの効果を持つと仮にした場合にもその効果の大きさはかなり些細なものだ、というのが本論文の全体としての結論である。

以上はアンソニー・ファウラー(Anthony Fowler)とアンドリュー・ホール(Andrew B. Hall)の共著論文(pdf)のアブストラクトだ。この話題についてはアンドリュー・ゲルマン(Andrew Gelman)もこちらの記事でコメントを加えているのであわせて参照されたい。ファウラーはモンターニュ(B. Pablo Montagnes)と二人で大学のアメフトの勝敗が選挙結果にどういう影響を及ぼすか(pdf)についても論文を書いている(こちらの記事もあわせて参照あれ)。

有権者は極めて合理的だ、との結論には飛びつかないで欲しい。私の考えによると、有権者の耳目を集めて票の行方も左右しかねないような非合理性というのは異なるグループ間での社会的な地位の高低をめぐる対立と結び付けられるのが通例なのだ。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “How does bad weather influence elections?”(Marginal Revolution, November 4, 2016)


悪天候は選挙結果に影響を及ぼすだろうか? 答えはイエスだ。具体的にはどのようにして? エリク・デュハイム(Erik P. Duhaime)とテイラー・モールトン(Taylor A. Moulton)の二人が新理論を提唱しているので詳しくはそちらをご覧いただくことにしよう。以下は論文のアブストラクト(要約)だ。

悪天候は投票率を下げる。政治問題の専門家たちは長らくそう主張してきたが、天候の良し悪しが米国内で行われる選挙の最終的な結果にどのような影響を持つのかについてははっきりしないままである。これまでに手掛けられた最も綿密な研究結果によると、雨は共和党側に有利に働き、フロリダで降った雨は2000年の大統領選挙の結果を左右した3、と示唆されている。しかしながら、つい最近になってそのような研究結果に疑問を投げかける声が出てきている。雨が降った場合に投票率が下がるのはあくまでも非激戦州4だけであり、雨は選挙の最終的な結果には大して影響を及ぼさない、というのである。本論文では1972年~2000年までの間に行われた米大統領選挙を対象に泡沫候補(泡沫政党から大統領選に立候補している候補者)――往々にして見逃されがちな存在――を支持する有権者の投票行動に着目することにする。悪天候は投票率への効果を介して――従来の見解――ではなく、浮動票を握っている有権者への心理的な効果を介して最終的な選挙結果に影響を及ぼす、というのが本論文の主張である。具体的には、悪天候は激戦州に住んでいる泡沫候補の支持者の一部の間で後悔を回避しようとする気持ちを高め、泡沫候補の代わりに二大政党(共和党と民主党)の候補者のうちどちらかといえば支持する側に票を投じるように促す効果があることを示す証拠が見出されている。

来る火曜日(11月8日)に雨が降れば(リバタリアン党から大統領選に立候補している)ゲーリー・ジョンソンに投じられるはずだった票の一部が(共和党の大統領候補である)トランプに流れる可能性がある。言い換えるとそういうことだ。

デュハイムのホームページはこちら、モールトンのホームページはこちらだ。二人ともMIT(マサチューセッツ工科大学)のスローン経営大学院で学んでいる最中だ。デュハイムは来年ジョブマーケットに参戦する(研究者としてのポスト探しを始める)予定のようだ(モールトンについてはどうなのかわからない)。

  1. 訳注;「回顧投票」(retrospective voting)というのは政権党(与党)の過去の実績に応じてどの政党(の政治家)に選挙で票を投じるかを決めることを指している。例えば、選挙に先立つ数年(あるいは数ヶ月)の間の景気がよければ与党に票を投じ、反対に選挙に先立つ数年(あるいは数ヶ月)の間の景気が悪ければ野党に票を投じる、といった投票行動がそれにあたる。 []
  2. 訳注;この記事の一部を引用したエントリーは本サイトでも訳出されている。次がそれだ。 ●タイラー・コーエン 「オハイオ州立大学のフットボールチームの勝敗がホワイトハウスへの切符を賭けたレースの行方を決定づける?」(2014年1月9日) []
  3. 訳注;投票日当日にフロリダで降った雨の量がもっと少なかったら(共和党のジョージ・W・ブッシュではなく)民主党のアル・ゴアが大統領になっていたかもしれない、という意味。 []
  4. 訳注;どの候補者が勝利するか投票前からあらかじめわかっているような州 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください