経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「経済学の発展が遅れたのはなぜ?」(2008年4月5日)

●Tyler Cowen, “Why economics was late in starting”(Marginal Revolution, April 5, 2008)


「経済学がそれなりに発展を遂げるまでには18世紀の中頃まで待たねばならなかったのはなぜか?」。つい先日そんな疑問を投げかけたばかり〔拙訳はこちら〕だが、それとの関連で二点ほど指摘しておきたいと思う。まず一点目。グレゴリー・クラークの研究が明らかにしているように、西洋世界が(「マルサスの罠」を抜けて)持続的な経済成長の段階(人口1人当たりの所得が継続的に拡大していく段階)に足を踏み入れたのはようやく17世紀になってから(17世紀のイングランド)。経済問題を考察の対象にしようとの気運が急速に高まりを見せたのはその段階に至って以降のことだ。まずはじめに登場したのが重商主義者のグループであり、その後に続いたのがアダム・スミスをはじめとした自由貿易論者たち。ダドリー・ノース(Dudley North)だとかニコラス・バーボン(Nicholas Barbon)だとかといった面々だ。

次に二点目。18世紀の経済思想(ひいては社会科学)の世界で中心に位置していたのは「私悪すなわち公共善」とのアイデアだった。そのアイデアの起源は1720年に出版された(フランスで流行していたジャンセニスムの影響を色濃く受けて書かれた)バーナード・マンデヴィルの『蜂の寓話』1。マンデヴィルが暮らしていたのは同時代の他の国に比べて公権力による検閲が緩いオランダ共和国だったというのは偶然ではないだろう。私はシュトラウス(レオ・シュトラウス)主義者ではないが、検閲が思想(経済思想)の発展に及ぼした影響という視角はしばしば見過ごされがちだ。

17世紀のスペインではサラマンカ学派の面々によって限界効用理論が高度な段階にまで発展させられていたが、その後が続かなかった。同じように時代を下って19世紀のイギリスではサミュエル・ベイリー(Samuel Bailey)だとかマウンティフォート・ロングフィールド(Mountifort Longfield)(主著の『経済学講義』が出版されたのは1834年)だとかという面々が(後にマーシャル(Alfred Marshall)が築き上げた体系の重要な一部と似通った)重要な貢献を成し遂げていたが、同時代人には見向きもされなかった。彼らの貢献の重要性が周囲には理解できなかったためだ。「なぜ周囲に理解されなかったのだろう?」という疑問は「経済思想(経済学)が発展を遂げるのにこんなにも時間がかかったのはなぜか?」という問題を考える時の中心テーマとなることだろう。

単なる過去の話というにとどまらないかもしれない。今現在も我々の周囲には非常に重要なアイデアが転がっているのにその価値に誰も気付けていない。そういう可能性だってある。もしかしたらそのアイデアの生みの親自身でさえもその重要性がわかっていないかもしれないのだ。

  1. 訳注;この点については本サイトで訳出されている次の記事も参照されたい。 ●アレックス・タバロック 「経済学者の間で脈々と受け継がれる『既成道徳の転倒』という伝統芸」(2016年7月25日) []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください