経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「自己非難に伴う過度の自賛 ~ノーマン・メイラーの場合~」/「『三島の死』と『川端の死』」

●Tyler Cowen, “Beware self-deprecation”(Marginal Revolution, August 14, 2007)


自己非難には時に過度の自賛が伴うことがある。

なぜノーベル文学賞を受賞できずにいるのか? ノーマン・メイラー(Norman Mailer)はその理由について自分なりの考えを披露した。

彼の考えはこうだ。これまでノーベル賞を手にする機会に恵まれなかったのは政治的な理由のためではない。その原因は1960年に起こった事件にある。懐中ナイフで二番目の妻を刺してしまったのだ。ノーベル賞を受賞できずにいる原因はこの事件にある、と。メイラーは語る。「スウェーデンの人々は大変知的であり、ノーベル賞のことを自国の誇りと考えています。そんなスウェーデンの人々が自分の妻をナイフで刺した過去があり、かくも気難し屋で邪険な人間にノーベル賞を与えてもよいと考えるなんて思いもよらないことです。(ノーベル賞をくれないからといって)スウェーデンの人々を非難することなどできないというのが私の考えです。」

メイラーはあまりにも過小評価されている作家だ――彼の作品の中でも『Harlot’s Ghost』は特にそう(過小評価されている作品)だ――とは私も思うが、妻をナイフで刺したことがノーベル賞を受賞できずにいる主な原因となっているというのは違うだろう。

上の文章はこちらの記事から引用したものだ。この記事ではメイラーではなくギュンター・グラス(Günter Grass)にスポットが当てられているのだが、彼もまた自己非難がややこしいかたちをとって表れている別の例である。
——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Model this (a continuing series)”(Marginal Revolution, October 31, 2011)


フィナンシャル・タイムズ紙でドナルド・キーンの半生が辿られている1

「ご存知のように、三島由紀夫は45歳で亡くなりました。彼の作品は小説や戯曲、批評、詩といったジャンルにわたっており、彼が残した作品の数は少なくとも45本に上ります」。三島は天皇の復権を目指して茶番めいたクーデターを企てたものの、その試みが失敗に終わるや(1970年に)割腹自殺を遂げたわけだが、キーン氏の考えでは三島が自殺した理由はノーベル賞の受賞を逃したためではないかという。1964年に東京オリンピックが開催されている最中にキーン氏は三島から手紙を受け取っている。その中に次のような文章が綴ってあったという。『文学にもかういふ〔運動競技の勝敗のような;訳者注〕明快なものがほしい、と切に思ひました。たとえば、僕は自分では、Aなる作家は二位、Bなる作家は三位、僕は一位と思つてゐても、世間は必ずしもさう思つてくれない』2。キーン氏は語る。「手紙の中ではこれだけしか書かれていませんが、彼が何を言わんとしているかははっきりとわかりました」。何とも皮肉なことだが、1968年に日本人初のノーベル文学賞を受賞した川端康成も三島と同じく(1972年に)自殺というかたちでその生涯を終えている。その理由はノーベル賞受賞作家という新たな名声に恥じない仕事をせねばならないとの重圧に押しつぶされたためだと考えられている。

  1. 訳注;次の記事もあわせて参照されたい。 ●ドナルド・キーン、“【ドナルド・キーンの東京下町日記】ノーベル賞と三島、川端の死”(東京新聞、2013年10月6日) []
  2. 訳注;原文は“I envy the athletes who know if they are first, second or third.”(「自分が一位なのか二位なのか、それとも三位なのかがはっきりとわかる運動選手たちが羨ましい」)となっている。訳注1で触れた記事の中でキーン氏が引用している手紙の文章を英訳したのがこの英文だろうと考えて、英文をそのまま訳すのではなく東京新聞の記事の文章に置き換えさせてもらった。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください