経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

デビッド・ベックワース 「一体何が大恐慌を終わらせたのか? ~クリスティーナ・ローマーの論文を紐解く~」(2008年11月25日)

●David Beckworth, “Monetary Policy Ended the Great Depression…”(Macro Musings Blog, November 25, 2008)


大恐慌を終わらせたのは財政政策ではなく金融政策。1992年にJournal of Economic History誌に掲載された論文(pdf)でクリスティーナ・ローマー(Christina Romer)はそのように結論付けている。どうしてローマーの論文を持ち出したかというとタイラー・コーエンがこちらのエントリーで言及しているからだ。アレックス・タバロックエリック・ローチウェイ(Eric Rauchway)、それにポール・クルーグマンらを中心にニューディール政策をめぐって激しい論争が繰り広げられている最中であり、コーエンがローマーの論文に言及したのもその渦中でのことだが、遅ればせながらではあるがローマーの論文の内容についていくらか詳しく掘り下げることで私も論争に一枚噛ませてもらいたいと思う。

ローマーの発見をまとめると次のようになるだろう。財政政策は1930年代の前半から中盤にかけてだけではなく1942年の段階においてもこれといって重要な役割を果たさず仕舞いだったというのがまず一つ目の発見だ。この発見は第ニ次世界大戦に伴う財政政策1こそが大恐慌を終わらせたとするよく聞かれる見解に疑問を投げ掛けるものである。次に二つ目の発見だが、大恐慌を終わらせた要因は1930年代の中盤ならびに後半に生じた「マネタリーな動向」にあるというのがそれだ。この点についてはローマー本人の言葉を引用するとしよう。

「アメリカ国内のマネーサプライは1930年代の中盤ならびに後半に急速な勢いで増えることになった。その理由はアメリカに向けて大量に流入してきた金が不胎化されなかったためである。1930年代の後半に金が大量に流入してきた主たる理由はヨーロッパにおける政治情勢に求めることができるが、金の流入が一番激しかったのは1934年にルーズベルト政権が平価切り下げに踏み切った直後のことであった。つまりは、アメリカに向けて金が大量に流入してきたのは(ヨーロッパにおける政治情勢という)「歴史上の偶然」の結果でもあり(1934年の平価切下げという)「政策」の結果でもあったということになる。それに加えて、金の流入に伴うマネーサプライの拡大を容認する(金の流入を不胎化しない方針に切り替えた)決定も少なくともある面ではそれ自体独立した一つの政策(政策上の選択)であった。(金の流入を不胎化せずに)金準備の増大が続けばそれに伴って低迷中の経済が刺激されるに違いない。そのような期待を抱いてルーズベルト政権は金の流入を不胎化しない方針に切り替えたのであった。」(pp. 781)

つまりは、事実上の(de facto)金融緩和こそが1933年~37年の景気回復に加えて1938年以降の景気回復をもたらした原因というわけだ。

以上の発見にさらに肉付けするために「拡張的なマクロ経済政策が仮に試みられていなかったとしたらどんな展開になっていたと予想されるか」を問う反実仮想的な(counterfactuals)検証も行われている。つまりは、実際に実質GDPが辿った経路(実線)と仮に拡張的なマクロ経済政策が試みられなかったとした(仮想的な)場合に実質GDPが辿ったであろう経路(点線)とが比較されているのである。これら二つの経路の差は対象となる期間中に試みられた拡張的なマクロ経済政策の重要性(インパクトの大きさ)を表すことになる。まずは財政政策のインパクトから見てみることにしよう。

二つの経路の間にはこれといった差が見られないことがわかるだろう。つまりは、1942年の段階においてでさえも「拡張的」(「景気刺激的」)と形容し得るような財政政策は手掛けられなかったわけである。

次に金融政策のインパクトを見てみることにしよう。

二つの経路の間には大きな違いが見られることがわかる。ローマーは次のように結論付けている。「仮にマネーサプライの伸びが過去の趨勢2と変わらないようであったとしたら(マネーサプライの伸びが過去の趨勢を上回らないように抑えられていたとしたら)3、1937年においては実質GDPは実際よりもおよそ25%ポイント低い水準にとどまり、1942年においては(実質GDPは)実際よりもおよそ50%ポイント低い水準にとどまることになっていたことだろう」。

「第ニ次世界大戦が大恐慌を終わらせた」とする説の真偽を巡る議論はこれでおしまい。・・・といきたいところだが、第ニ次世界大戦は通常語られるのとは異なったかたちで大恐慌を終わらせることに貢献した可能性がある。この点についてローマーは次のように述べている。

「しかしながら、ブルームフィールド(Arthur Bloomfield)やフリードマン&シュワルツ(Friedman and Schwartz)の分析が示しているように、ヨーロッパの国々が戦争に乗り出すのに伴ってアメリカ国内のマネーサプライは急速に増大することになった。その理由は戦争に揺れるヨーロッパの国々から資本逃避が生じてアメリカに向けて金が大量に流入するに至ったためである。戦争はこのような経路を通じてアメリカ国内のマネーサプライの急増をもたらし、その結果として1938年以降のアメリカ経済の回復を後押しすることになった可能性がある。つまりはこう言えるだろう。第ニ次世界大戦はアメリカにおける大恐慌の終息を手助けした可能性がある。ただし、戦争に伴う景気刺激効果は財政政策というかたちをとってではなくマネタリーな動向への影響を介して生じたのである。」(pp. 782)

「金融政策は大事」(monetary policy matters)ということが改めて思い起こされようというものだ。

(追記)一つだけはっきりさせておかねばならないことがある。ローマーが言わんとしていることは「財政政策には景気を刺激するだけの力が備わっていなかった」ということではない。ローマーの真意は「あの当時、財政政策(拡張的な財政政策)はそもそも試みられさえしなかった(景気を刺激するための手段として積極的に利用されなかった)」というに過ぎない。この点について詳しくはマーク・ソーマのエントリーを参照されたい。

  1. 訳注;軍事支出 []
  2. 訳注;1923年~1927年までのマネーサプライ(M1)の伸び率(年率)の平均。ちなみに、その値は2.88%。 []
  3. 訳注;マネーサプライ(M1)の実際の伸び率はどのくらいだったかというと、1933年~1937年までの期間に関してはマネーサプライは平均すると年率で10%近くのペースで増加し、1940年代初頭に入るとマネーサプライの伸び率はさらに上昇したとのこと。 []

コメントを残す