経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ラルス・クリステンセン 「日本庭園、セックス、フリードマン」(2011年10月7日)

●Lars Christensen, “Sex, flowers and Friedman”(The Market Monetarist, October 7, 2011)


まずはミルトン・フリードマンの言葉を引用しておこう。

「貨幣理論は日本庭園と似ている。多様性に富んでいながらも多様性の中から生まれる審美的な統一とでも呼べるものを備えているところ。簡素な(シンプルな)見た目でありながらその背後には複雑極まりない現実が潜んでいるところ。目に映る表層にその奥底に潜伏する世界観が染み出ているところ。貨幣理論にしても日本庭園にしても色んな角度から検証してみてはじめて、焦らず慌てず根掘り葉掘り調べ尽くしてみてはじめてその醍醐味を味わうことができる。貨幣理論にしても日本庭園にしても全体から切り離してそれ単独で堪能できる個別の要素を持ち合わせている。しかしながら、個別の要素について真の理解に至るためには(全体から切り離してそれ単独で鑑賞するのではなく)全体を構成する要素(全体の一部)として位置付けた上で鑑賞せねばならない。」(『The Optimum Quantity of Money』, 1969年)

次にミルトン・フリードマンに関する言葉を引用しておこう。

「何を見てもマネーサプライのことが頭に浮かぶ。それがミルトン・フリードマン。何を見てもセックスのことが頭に浮かぶ。それが私。しかし、私は(フリードマンとは違って)頭に浮かぶそいつを論文の中から締め出すように心掛けている。」(by ロバート・ソロー


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください