経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

第3期決算報告

一般社団法人経済学101第3期決算のご報告を致します。

当期はこれまでボランティアであった翻訳に一定のルールのもとで翻訳料を支払うこととし、翻訳の質・量の充実とそれにともなう寄付の増加を図りました。その結果、新たな翻訳者の参加や翻訳料の拡大が実現されました。しかしながら、クルーグマンコラムの終了に伴い、毎月の定額寄付はわずかながらではあるものの減少傾向にあり、定額寄付の拡充が課題となっております。

毎月の定額寄付の60%と定めた翻訳料と税金が主な支出となっており、不定期な大口の寄付もあることから、トータルでの収支状況は健全な状態を保っております。この結果、期末における剰余金は約330万円となっており、今後のシステム改善等に役立ててまいりたいと思っています。

今後とも経済学101の活動へのご理解とご協力をお願い申し上げます。

第3期資金収支表

 自平成27年1月1日至平成27年12月31日
収入の部3,708,918
前期繰越金2,241,426
寄付金1,467,426
利息270
借入金収入0
支出の部401,575
翻訳料328,767
手数料2,808
税金等70,000
次期繰越金3,307,343

第3期貸借対照表

   平成27年12月31日現在
現預金3,307,343借入金0
剰余金3,307,343
合計3,307,343合計3,307,343


About Takayuki Takinami

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください