経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ポール・クルーグマン「格差と不況からの回復力のつながり」

Paul Krugman, “The Inequality Connection,” Krugman & Co., November 28, 2014.
[“Inequality and Crises: Scandinavian Skepticism,” November 21, 2014; “The Wisdom of Peter Schiff,” November 22, 2014]


格差と不況からの回復力のつながり

by ポール・クルーグマン

Jonathan Nackstrand/The New York Times Syndicate

Jonathan Nackstrand/The New York Times Syndicate


12月はじめに,コロンビア大学で開かれる格差とその帰結に関するカンファレンスでぼくも話す予定になってる.そこでぜひ取り上げなくちゃいけない問題のひとつは,「格差の拡大によって国々は金融危機に対して弱くなるのか,そうした危機からの回復がいっそう困難になったり,あるいは他のかたちで経済の業績をわるくしてしまうのか」っていう,いま議論になってる問題だ.
[Read more…]

ポール・クルーグマン「苦しむ日本がとるべき道筋」

Paul Krugman “The Right Course for a Troubled Japan,” Krugman & Co., November 26, 2014.
[“Structural Deformity,” The Conscience of a Liberal, November 20, 2014.]


苦しむ日本がとるべき道筋

by ポール・クルーグマン

Stephen Crowley/The New York Times Syndicate

Stephen Crowley/The New York Times Syndicate

日本の安倍晋三首相が消費税増税の延期を模索してるのは,正しい.延期はいい経済政策だし,ぼくにとってはかなり新鮮な経験でもある――国のリーダーと会って,正しい政策の主張をして,その相手がまさにそのとおりにやってるんだもの.(もちろん,同じ主張をしてた人はぼく以外にたくさんいる.)
[Read more…]

ポール・クルーグマン「アルゼンチンのインフレの真相」

Paul Krugman, “The Truth About Inflation in Argentina,” Krugman & Co., November 20, 2014.
[“Inflation Truth, Really,” The Conscience of a Liberal, November 14, 2014.]


アルゼンチンのインフレの真相

by ポール・クルーグマン

Anibal Greco/The New York Times Syndicate

Anibal Greco/The New York Times Syndicate


先日,アルゼンチンに行ってきた.そのとき,MIT の「ビリオン・プライス・プロジェクト」の歴史についてアルゼンチンの人たちが知らないかもしれないことを話してみるといいんじゃないかって思った.
[Read more…]

ポール・クルーグマン「崩壊を待ちながら」

Paul Krugman, “Still Waiting for the Collapse,” Krugman & Co., November 20, 2014.
[“Rage of the Traders,” The Concience of a Liberal, November 13, 2014.]


崩壊を待ちながら

by ポール・クルーグマン

World Economic Forum/The New York Times Syndicate

World Economic Forum/The New York Times Syndicate

ぼくもバカな経済論にはずいぶんと慣れてるけど,それでもたまに,経済の卓見として出回ってる説の馬鹿さ加減がぼくの予想すら上回ってくれることがある.

政府統計にデッチアゲがあると確信してる「インフレの真実」論者の億万長者ポール・シンガーが,「イースト・ハンプトンの不動産をごらんなさい,ハイパーインフレーションが起きているではありませんか」なんてことを言ってたのは,さすがにウォール街だって恥ずかしい話だと思ってしらんぷりして済ますだろうと本気で予想してた.ところがどっこい.どうやらシンガー氏の投資家宛て書簡を,トレーダーや大物たちが熱心に回し読みしてるらしい.まるで,フォアグラのスライス以来の大事件みたいに.
[Read more…]

ポール・クルーグマン「金利をめぐる心配事」

Paul Krugman, “Anxieties Over Interest Rates,” Krugman & Co., November 14, 2014.
[“The Mysterious Fed,” November 10, 2014; “International Mensch Fund,” November 4 2014.]


金利をめぐる心配事

by ポール・クルーグマン

KESHAV/The New York Times Syndicate

KESHAV/The New York Times Syndicate

例によって,メールボックスいっぱいにおたよりがきてる.どれもこれも,アメリカで FRB が利上げする時期についてああだこうだと予想を書いてある.「2015年6月ではないか?」「もっと早期ではないか?」「連銀はすでに待ちすぎているのではないか?」などなど.これまた例によって,なんでそんなことをそもそも話題にしてるのか,ぼくは首をひねってる.そうだね,失業率は下がってる.でも,変化中の人口動態や,応募できる仕事がよくなってるなかで人々が労働力に復帰する度合いに関する不確実性などなどのおかげで,どんな水準の失業率なら維持可能なのかについては,あいまいなところがものすごく大きい.
[Read more…]

ポール・クルーグマン「とにかくいま増税しちゃだめよ,日本さん」

Paul Krugman, “Don’t Raise Taxes Just Yet, Japan,” Krugman & Co., November 14, 2014.
[“Japan on the Brink,” The Conscience of a Liberal, November 4, 2014.]


とにかくいま増税しちゃだめよ,日本さん

by ポール・クルーグマン

Ko Sasaki/The New York Times Syndicate

Ko Sasaki/The New York Times Syndicate

現実の政策をめぐって1国をあげて論争になるとき――アメリカではそういう論争は起きていない.なにしろ,アメリカの右派は自分が「知ってる」ことがすべてで,証拠に目を向けることも間違いを認めることもないからだ――その意志決定は,中身の重要度を上回る意義をもつ.より広くその国が向かう方向をそうした政策が象徴しているからだ.
[Read more…]

ポール・クルーグマン「量的緩和が格差を開いているって批判について」

Paul Krugman, “Blaming the Fed,” Krugman & Co., November 7, 2014.
[“Notes on Easy Money and Inequality,” The Conscience of a Liberal, October 25, 2014]


量的緩和が格差を開いているって批判について

by ポール・クルーグマン

Gabriella Demczuk/The New York Times Syndicate

Gabriella Demczuk/The New York Times Syndicate

ウィリアム・D・コゥハンがジャネット・イェレンFRB議長を攻撃した先日の『ニューヨーク・タイムズ』コラムについて,ぼくのところにもいくらか怒りのメールが届いてる.コゥハンによると,イェレンは,量的緩和によって所得格差をいっそう大きくしたってことになってる.コゥハン氏も,メールの送り主たちも,このつながりは確立された事実だと受け取っていて,格差は批判しつつも,「FRBの政策を支持するやつは誰であろうと偽善者でなければウォール街のいいなり野郎だ」と非難している.
[Read more…]

ポール・クルーグマン「フラット化のフラット化」

Paul Krugman “Flattening Flattens,” Krugman & Co., November 7, 2014.
[“Flattening Flattens,” The Conscience of a Liberal, November 3, 2014.]


フラット化のフラット化

『ハーバード・ビジネス・レビュー』の記事でジャスティン・フォックスがこう書いてる――世界はいまだにフラットじゃないし,それどころか,だんだんフラットになりつつあるわけでもない.あれこれの尺度でみて,グローバルな「つながり」はずっと増えずにいて,グラフの方がフラットになってる.とりわけ,「北どうしの」貿易は膠着してるように見える.
[Read more…]

ポール・クルーグマン「大衆迎合赤字財政垂れ流しの誘惑?」

Paul Krugman “The Temptation to Spend,” The Conscience of a Liberal, November 7, 2014.
[“Why don’t We See More Macroeconomic Populism?,” The Conscience of a Liberal, November 4, 2014]


大衆迎合赤字財政垂れ流しの誘惑?

by ポール・クルーグマン

Meridith Kohut/The New York Times Syndicate

Meridith Kohut/The New York Times Syndicate


このところ何度か指摘してるように,日本銀行がもっとお金を刷る政策について,日本国内に反対意見がたくさんある.それに,増税すべしと政府にかかる圧力も大きい.日本以外の先進国で起きてることも,これとそう大差ない:量的緩和を実施してきた中央銀行は,政治的圧力におされてではなくて,これに対抗しながら,実施してきた.それに,財政緊縮はほぼあらゆる国で強いられてきた.
[Read more…]

ポール・クルーグマン「穏健派ならそこにいる,世間には見えてないだけだ」

Paul Krugman “A Moderate, Hidden in Plain Sight,” Krugman & Co., October 31, 2014.
[“The Invisible Moderate,” The Conscience of a Liberal, October 24, 2014.]


穏健派ならそこにいる,世間には見えてないだけだ

by ポール・クルーグマン

Doug Mills/The New York Times Syndicate

Doug Mills/The New York Times Syndicate


デイヴィッド・ブルックスが先日の『ニューヨーク・タイムズ』に寄せた経済の苦難に関するコラムで書いてたことには,賛成点も多い.
[Read more…]